最終更新日:2017年03月23日 | 27067views

【赤ちゃんの成長を記録しよう!】おすすめの育児日記10選

  • 639cd2104957edb4cd080412ad73e639a458b913
  • 92e9699998e5885d0c22d5a1b31f9a9a782b224b
  • E2de350214e76802eb215132bed904ba12d925b9
  • C34672b949d5003b734b8b2c455410b8e6ebfac2
  • 8f94e672d052002239501bda2929e3e877a4fc7c

日々成長していく赤ちゃんの様子や、「初めて笑ってくれた」「初めて寝返りができた」といった特別な思い出を書き残こしておけるのが育児日記です。日記をつける期間は妊娠中や赤ちゃんの誕生から1歳までのもの、1歳から始まるもの、3年間使えるものなどがあり、記録する項目も商品によって異なるなど、今やたくさんの種類の育児日記が販売されています。

今回は育児日記の購入を検討している方のために、選び方のポイントを説明しながら、ジャンル別におすすめの商品をご紹介します。自分にあった育児日記を見つけて、楽しみながらかわいい赤ちゃんの成長記録をつけてくださいね♪

かけがえのない思い出を育児日記に書き残そう

出産が終わってホッとしたのも束の間、そこにはもう育児に追われる毎日が待っています。おっぱいやミルクにおむつ替えや沐浴、泣いたらあやして寝たと思ったらまた泣いて…と、ママはゆっくり休む暇もありません。

でも、初めて笑ってくれたことやおもちゃを持ってくれたこと、はたまたおむつを交換しようと開けた途端におしっこされちゃったと言ったあるあるネタなど、今しか経験できない瞬間もたくさんあります。そんな日々を記録に残せるのが育児日記です。

育児日記は、単純に赤ちゃんとの思い出を記録しておけて、あとで見返して懐かしい幸せな気分に浸れるというだけではなく、赤ちゃんの授乳や排泄、睡眠といった生活リズムを掴む手助けにもなり、ちょっとした体調の変化にも気付いてあげられやすくなります。

3~5歳と成長していった時にも、病院にかかる時などに発達の履歴を確認されることもあり、そんなとき慌ただしく過ぎていって曖昧になった数年前の記憶を思い起こす手助けにもなってくれます。

育児日記の選び方

育児日記はたくさんの種類が販売されていて、一体どれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、育児日記選びのポイントについて以下で解説していきます。

育児日記をつける期間

多くの育児日記は1冊で1年間記録できるようになっていますが、半年間のものや3年間、5年間、20年間も記録できるものもあります。

中には妊娠中の記録をつけられるものもありますので、いつからいつまで記録したいかを予め考えてから選ぶようにしましょう。

育児日記に記録したい項目

0歳児であれば、おっぱいやミルクを飲んだ時間、排泄、睡眠の時間の項目が用意されているものが便利です。赤ちゃんの生活リズムも掴めますし、「おっぱいは何時にあげたっけ?」と忘れてしまう心配もなくなります。こういった日々の記録は、赤ちゃんが体調を崩したりして病院にかかる時にも役立ちます。他にも赤ちゃんの手形や足形や、「初めて○○できた日」といった記念の記録が残せるものもあります。

妊娠中から使用できるものであれば、妊娠中の記録や出産祝い・内祝いについての備忘録、エコー写真を貼っておけるスペースがあるものもあります。1歳以降になるとおっぱいや排泄の記録は不要になり、日々のちょっとした様子を記録することがメインになってきます。

日記のように詳細に記録しておきたいか、成長を実感できる記念日などの時だけ記録できれば良いのかを考えてみましょう。

育児日記の大きさ・重さ

育児日記の大きさも様々です。スケジュール帳のような小さいサイズのものもあれば、B5・A5といったノートサイズのものもあります。サイズが小さい方が持ち運びには便利ですが、記入できるスペースは少なくなってしまいます。

また、ページ数が多くなればなるほど重たくなってしまいます。

記録したいことを書けるスペースが十分にあるのか、ご自宅だけで使用するのか、外出時に持ち歩くのかといった点を考慮して、使い方に合った大きさや重さのものを選びましょう。

その他の機能・特徴

育児日記は赤ちゃんの様子を記録するだけではなく、育児に役立つコラムが掲載されていたり、ペンホルダーが付いているもの、母子手帳や診察券を入れられるファスナー付ポケットが付いているものもあります。こういうちょっとした嬉しい機能が育児日記を続けていくモチベーションに繋がりますよね。

また育児日記は普通のノートと同じように、糸で綴じられているものとリング式のものがあります。リング式は育児日記を開いたままにしやすいというメリットがありますが、リングが手に当たって書きにくかったり、万が一赤ちゃんが指を入れてしまった場合に怪我に繋がる恐れもないとは言い切れません。

育児日記を使用するシーンを想像しながら、自分に合った機能や特徴がある育児日記を選ぶようにしましょう。

マタニティ期から使えるおすすめの育児日記

ここからは使える期間別におすすめの育児日記をご紹介したいと思います!

まずはマタニティ期から使えるおすすめの育児日記です。マタニティ期から使える育児日記は、赤ちゃんが生まれてからのことだけでなく、お腹の中で赤ちゃんを育んできた記録も大切に残したいというママにおすすめです。

絵本の定番キャラクターの書きやすい育児日記「学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし」

学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし
1,235円(税込)

【サイズ】
A5サイズ(ビニールカバー・ペンホルダー・ポケット×2付)
【本文項目】
・妊婦検診の記録(体重・腹囲・血圧・エコー写真・メモ)
・お誕生の記録
・生まれた日の写真
・名前について
・生まれた日のこと
・赤ちゃんの毎日の記録(見開き1週間:睡眠・おしっこ・うんち・授乳、離乳食など・メモ)
・お祝いリスト
・初めてできたこと
・赤ちゃんの定期検診
・予防接種の記録
・健康の記録
・1歳を迎えて

妊婦検診前から役立つマタニティページ

今も昔も世界中で愛されている絵本「はらぺこあおむし」がモチーフの育児日記です。

「妊婦検診の記録」のページには検診で先生に質問したいことをメモしておけるスペースがあるので、事前に気になることなどを書いておけば当日の聞き忘れ防止になります。超音波写真を貼れるスペースもありますよ。

項目に沿って記入しやすいものの自由度は低め

「初めてできたこと」のページは、「あやすと笑いました」「寝返りができました」などを記録できるようになっています。フリーの項目が1つしかないので、自分で記念日をたくさん設定したい方には自由度が少ないと感じるかもしれません。

キャラクターのバリエーションが豊富

同じシリーズとして、「くまのがっこう」や「ムーミン」など他のキャラクターのバージョンも用意されています。

「学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし」の評価・口コミ

授乳間隔や便の間隔などを確認したり、検診で聞きたいことを気が付いた時にメモするのに重宝しています。
面倒臭がりでも記入しやすい仕様です。

出典:Amazon.co.jp: 学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし D13016のゆめこさんのレビュー

可愛いし、コンパクトでもち運びやすく、内容も簡潔的で書きやすいので満足してます!

出典:Amazon.co.jp: 学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし D13016のつちこさんのレビュー

見た目も気に入ってます!大きさも、大きすぎない所もイイ!
ただ…離乳食が始まるころは、何を食べたのか書き込めると、更によかったかなぁ

出典:Amazon.co.jp: 学研ステイフル M/M育児ダイアリー 家族 D13015のAmazon カスタマーさんのレビュー

可愛いだけでなく、書きやすくて使い勝手がいい!「クローズピン たけいみき ベビーダイアリー」

クローズピン たけいみき ベビーダイアリー
1,123円(税込)

【サイズ】
B5サイズ(ビニールカバー・ペンホルダー・ポケット×2・ファスナーポケット×1付)
【本文項目】
・マタニティの記録(体重・腹囲・血圧・エコー写真・メモ)
・出産準備チェックリスト
・お誕生の記録
・お祝いリスト
・ダイアリー(見開き1週間:睡眠・おしっこ・うんち・授乳、離乳食など・メモ)
・健康の記録
・予防接種リスト
・初めて出来たこと
・すくすくグラフ(身長と体重の推移)
・1才のお誕生日の記録
・赤ちゃんの定期検診
・かかりつけの病院リスト
・フリーメモ

見ているだけで幸せになれる暖かみのあるデザイン

カラーは、ピンクとブルーの2種類。表紙にも中身にもたけいみきさんの可愛らしく暖かみのあるイラストがふんだんに散りばめられているので、見ているだけでも幸せな気持ちになり、育児日記を書くモチベーションを上げてくれます。
仕様は3位の「学研ステイフル E/C育児ダイアリー あおむし」とほぼ同じですが、サイズが少し大きめのB5サイズで、記録スペースが広く取られているので書き込みもしやすく、あとで見返すときもストレスになりません。

記念日を自分で設定できるのが嬉しい

「初めて出来たこと」のページの項目はフリーになっているので、「寝返りができた」「お座りができた」といったメジャーな内容だけでなく、「指しゃぶりができた」「ベビーカーデビュー」など、個人的に残しておきたい記念日も記録しておくことができます。

ビニールカバーの前後にポケット、そして後ろにはファスナー付ポケットも用意されているので、母子手帳や診察券、医療証などをまとめて入れてくことができ、持ち運びにも便利です。

「クローズピン たけいみき ベビーダイアリー」の評価・口コミ

子育て中は色々あり、時には疲弊することもありますが、このほっこりした絵を見て、いつも癒されています。
みきさんの絵は、本当に沢山のパワーが込められているようで、見ているだけで元気が頂けます。

出典:Amazon.co.jp: クローズピン たけいみき ベビーダイアリー ピンク DI11329のAmazon カスタマーさんのレビュー

色々な育児日記を使ってみましたが、月齢の低いときの細かい授乳回数やオムツ交換などの記録には、記録スペースの広いこちらのノートが1番書き込みやすかったです。

出典:Amazon.co.jp: クローズピン たけいみき ベビーダイアリー ピンク DI11329のAmazon カスタマーさんのレビュー

すごく可愛いダイアリーです!続かない性格ですが書くたびテンションが上がり続けていけそうです。出産祝いや内祝い記入するページもあり買って大満足です。
将来プレゼントしようと思います!

出典:Amazon.co.jp: クローズピン たけいみき ベビーダイアリー ピンク DI11329の坂東実加さんのレビュー

ママの声から生まれた楽しい育児日記「赤すぐオリジナル 育児日記 ~くまのがっこう~」

赤すぐオリジナル 育児日記 ~くまのがっこう~
1,836円(税込)

【サイズ】
縦19.2×横20.3×厚さ1.2cm
【本文項目】
・マタニティの記録(エコー写真・メモ)
・生まれた日のこと
・毎日の記録(見開き1週間:授乳・排泄・睡眠・メモ)
・はじめて○○した日
・育児アドバイス
・1年間の行事
・お祝いリスト
・1歳の誕生日
・2歳の誕生日
・3歳の誕生日
・20歳になったあなたへ
・くまのがっこうシール
など

ママの「嬉しい」「楽しい」「便利」がギュッと詰まった一冊

人気の育児雑誌「赤すぐ」がママたちの声を集めて開発した、ママの「嬉しい」「楽しい」「便利」が詰まった育児日記です。

マタニティ期や生まれた日の記録、赤ちゃんの毎日の記録といった一般的な育児日記の記録項目が網羅されているのはもちろんのこと、育児のQ&A、ベビーマッサージやベビーサイン、赤ちゃん連れでの旅行の持ち物や安全な部屋の作り方、上手な写真の撮り方や今時のベビー服についてなど、赤すぐならではの育児情報が充実しています。

成長に従って記入項目が変化

毎日の記録は、0ヶ月〜3ヶ月までは1時間刻みで目盛りが書かれていますが、生活リズムが安定して徐々に授乳やミルクの回数も減ってくる4ヶ月目からは目盛りがなくなり、その日の様子や授乳やおむつ交換の回数を自由に記録できるようになっています。

1年間しっかり目盛りが書かれている育児日記の場合、事細かに記録するのを止めるタイミングが掴めずズルズル続いてしまうことがありますが、この育児日記では目盛りそのものがなくなるので、頭を切り替える良いきっかけになります。

毎日の記録がつけられるのは1歳までですが、2歳や3歳の誕生日のことを記録しておけたり、20歳になる我が子にメッセージを残せるなど、1歳を過ぎても記念日だけは残したいという方や、大人になったら育児日記を手渡したいという方にぴったりです。

「赤すぐオリジナル 育児日記 ~くまのがっこう~」の評価・口コミ

全てのページが可愛く、三日坊主になりやすい私でもなんとか一年と押して書けました。数ヶ月は細かく記入する事が出来るので一日に何回寝たのか等とても詳しく記入出来、参考になります。また、パパから・ママからとメッセージも書けますのでパパを育児に巻き込む良いきっかけになりましたw

出典:Amazon.co.jp: 赤すぐオリジナル 育児日記 ~くまのがっこう~のAmazon カスタマーさんのレビュー

中身もとても可愛いし、月ごとに色分けされていたり、はじめてシールが付いていたり、ちょっとした育児アドバイスが書かれていたりと、細やかな心遣いを感じる日記帳で、毎日これに書き込むのが嬉しくてウキウキします。

出典:Amazon.co.jp: 赤すぐオリジナル 育児日記 ~くまのがっこう~のstepstepさんのレビュー

あると便利グッズの紹介や、ママがラクになるアドバイスが月例に沿って毎ページに書かれてるので、読むのも楽しかった!

出典:Amazon.co.jp: 赤すぐオリジナル 育児日記 〜くまのがっこう〜のきなこさんのレビュー

誕生〜1歳まで使えるおすすめ育児日記

日に日に成長していく赤ちゃんの姿や赤ちゃんと一緒に試行錯誤してきた日々を記録したい人、3年日記や5年日記はハードルが高いという人には、誕生から1歳までの1年間用育児日記がおすすめです。

特に月齢の低いうちは、授乳や排泄などの赤ちゃんの生活リズムを簡単に記録できるものを選びましょう。

シンプルで自分が好きなようにカスタマイズできる!「ミドリ HFダイアリー A5 育児」

ミドリ HF ダイアリー A5 育児
828円(税込)

【サイズ】
リング式A5サイズ(ビニルカバー・ペンホルダー付)
【本文項目】
・お誕生の記録
・いただいたものリスト
・アルバムページ
・かかりつけの病院リスト
・予防接種リスト
・通院記録ページ
・ダイアリーページ(見開き1週間・項目なし・メモ)
・フリーメモ

パッと書いてサッと確認できる、忙しいママにピッタリの一冊

毎日の赤ちゃんの様子を記録することに特化したシンプルな育児日記です。1時間刻みの目盛りはありますが、授乳・排泄・睡眠といった項目分けはされていないので、「おしっこをしたら○」「授乳・ミルクはM」など自分で決めた記号などをサッと書き込むだけ。

項目が分かれていない分、うんちの様子や飲んだミルクの量などのちょっとしたメモも併記しやすく、パッと見返したときにも内容を把握しやすいので、サッと開いてパッと書きたいという人におすすめです。

余裕のあるときにしっかり書き込めるページもアリ

シンプルながらも誕生の記録や1年を振り返っての思い出の写真を貼っておけるページも用意されていますし、フリーメモのページもあるので、忙しい家事・育児の合間などふと時間が空いたときに思い出を記録しておくこともできますよ。

リング式なので、開いていたのに途中で閉じてしまったり書きにくいというようなストレスがありません。

表紙も中身もイラストはワンポイントで使われているだけなので、キャラものやファンシー過ぎるものは苦手という人にもぴったりです。

「ミドリ HFダイアリー A5 育児」の評価・口コミ

とにかく実用的!お金の計画もきっちり立てられる優れもの「主婦の友社 新版 わたしの育児ノート」

新版 わたしの育児ノート
1,080円(税込)

【サイズ】
A5サイズ(ビニルカバー付)
【本文項目】
・お誕生の記録
・赤ちゃんへのメッセージ
・はじめてできたこと
・”はじめて”イベントの記録
・0ヶ月から1歳までの赤ちゃんの成長図鑑
・ライフプラン(10年分)
・毎日の育児の記録 ママの日記(見開き1週間:授乳・排泄・睡眠・メモ)※横軸

実用性に特化したシンプルなデザイン

毎日の育児の記録ページは一切イラストがないシンプルなデザインで、横書き見開き1週間で授乳・排泄・睡眠の記録を取ることができるほか、「きょうの赤ちゃん」「私のスケジュール」といったメモの項目も用意されています。

生後0ヶ月~1歳までの赤ちゃんがどのように成長していくのかが「赤ちゃん成長図鑑」としてカラーページで紹介されているほか、毎日の育児の記録ページ最下には育児に関するお役立ち一言メモが添えられているなど、初めての育児に奔走するママさんにそっと寄り添ってくれる一冊です。

大切だけど難しいマネープランを考える手助けに

また赤ちゃんが生まれると、気になるのが貯蓄や将来の教育資金などのお金のことですよね。「わたしの育児ノート」なら10年間のイベント(進学など)や資金計画を立てられるページや、赤ちゃんの将来のために上手に貯蓄するコツを紹介したページが用意されているので、じっくりとマネーライフプランを考えて目に見える形で残すことができます。

気になるマネーライフプランのページは以下から立ち読みできますよ。

「主婦の友社 新版 わたしの育児ノート」の評価・口コミ

毎日の赤ちゃんの様子を書けたり、授乳の時間などを記録するのに役立ってます。そんなに可愛さはないけど、実用的です!

出典:Amazon.co.jp: 新版 わたしの育児ノートのAmazon カスタマーさんのレビュー

一週間が見開きになっており、1日毎に授乳と排便、ねんねの時間を記録でき、赤ちゃんの様子、ママのスケジュールが数行ブランクになっていて自由に書き込めます。
ページ下の一行アドバイスも心に刺さり、育児で大変な時に少し読んでいます。

出典:Amazon.co.jp: 新版 わたしの育児ノートのAmazon カスタマーさんのレビュー

1歳から使えるおすすめの育児日記

1歳を過ぎたら授乳や排泄のリズムも安定して細かな記録は不要になってくるので、メモや日記がメインのものがおすすめです。

普通の日記帳で代用することも可能ですが、「そんなに毎日ガッツリ書けない」という人にはこんな育児日記はいかがでしょうか。

持ち運びやすく簡単なメモを残すのに最適「ミドリ HFダイアリー[B6] 育児」

HF ダイアリー[B6] 育児
984円(税込)

【サイズ】
B6サイズ(ビニルカバー・ペンホルダー・ファスナーポケット×1付)
【本文項目】
・写真&メッセージ
・はじめてできたこと
・月間スケジュール
・毎日の記録(見開き一週間:授乳・おしっこ・うんち・睡眠・機嫌)※横軸
・1年を振り返って
・お友達リスト(住所録)
・フリーメモ
など

育児日記とママのスケジュール帳を兼ねられる便利な一冊

ウィークリーのページが見開きになっており、授乳・うんち・おしっこ・睡眠・機嫌を時系列でメモする以外はフリースペースなので、自分が好きな用にメモすることができます。

マンスリーページも用意されているので、赤ちゃんの予防接種や検診などを書き込むだけでなく、ママの予定も書き込むことができ、一冊で育児日記とママのスケジュール帳を兼ねることができて便利です。

サイズが小さい分、一言メモとして活用

本体サイズがB6と小さいので持ち運びには大変便利ですが、どうしても記入スペースが小さくなってしまうので、たくさん書きたい方には不向きかも知れません。

毎日一言ずつでもメモを残していきたい人や、普段は簡単なメモだけ取っておいて、あとから別の育児日記にしっかりと清書したいという人向きです。

「ミドリ HFダイアリー[B6] 育児」の評価・口コミ

こちらはリング綴じ見開き1週間で、罫線なしの横書きです。下に時間軸、右上には顔のイラストがあり今日のご機嫌具合をチェックできます。右下には、おしっこ、うんち、食欲のチェック欄があり内容も充実しています。

出典:Amazon.co.jp: HF ダイアリー[B6] 育児のよこよこさんのレビュー

私は1〜2行くらいしか書かないので、ちょうどよく、「8歩も歩いた!」とか「こんにちは」とご挨拶できるようになった」など書いてます。

出典:Amazon.co.jp: HF ダイアリー[B6] 育児のバンライさんのレビュー

月別&週間見開きで記入可能で、育児日記としても、スケジュール手帳としても使いやすいです。これまで手帳を使うのが好きではなくスマフォでスケジュール管理をしていて、手帳を使っていませんでしたが、産後はスケジュールが多くこちらの手帳が活用しそうです。

出典:Amazon.co.jp: HF ダイアリー[B6] 育児のAmazon カスタマーさんのレビュー

3年使えるおすすめの育児日記

長く育児日記を続けていく予定なら、最初から3年育児日記を使うという選択肢もアリでしょう!

毎年育児日記を買い足す必要もなく、あとから特定の情報を見返したくなったときにも「あれは1歳のときだっけ?2歳のときだっけ?」と何冊も育児日記を引っ張り出さずに済みますね。

毎日の小さな幸せや成長を長く残せる日記帳「ミドリ 日記 3年連用 すくすく」

ミドリ 日記 3年連用 すくすく 水色
1,990円(税込)

【サイズ】
B6サイズ(ハードカバー・ハードケース付)
【本文項目】
・誕生の記録(手形・足形も)
・出産祝いの記録リスト
・写真を貼れる記念日ページ(お食い初め・初節句・クリスマス・誕生日など)
・成長の記録(0〜1才、1〜2才、2〜3才)
・はじめてできたこと
・診療メモ&成長グラフ
・ダイアリーページ
・フリーメモ
など

性別に合わせて選べる2色展開

生まれてから3歳になるまでの記録を残すことのできる育児日記です。

表紙は丈夫なハードカバー&ハードケースで、本体は性別に捕われないイエロー、カバーはブルーとピンクの2色展開で、男女どちらの赤ちゃんにも使うことがき、将来大きくなったときのプレゼントにもピッタリです。

去年の様子を思い出しながら今の様子を書き込める3年比タイプ

「成長の記録」ページでは、各年齢の頃のお気に入りや3ヶ月刻みでその頃の様子を記録できるようになっており、毎日の様子はダイアリーページに書き込みようになっています。

ダイアリーページは可愛らしいながらもシンプルなデザインで、見開き4日分の×3年比タイプなので去年の同じ日のことを見比べることができ、ページをめくる度に思い出に浸ったり子どもの成長を感じることができます。

ただし本体はB6サイズとコンパクトなため、ダイアリーページの書き込みスペースは非常に小さく、たくさん書きたい人には不向きです。また0歳からの育児日記ですが、飽くまで「日記」であり授乳・排泄などの毎日の記録を記入するスペースは用意されていないので、授乳の間隔などを記録しておきたい場合には他の育児日記との併用が必要になります。

「ミドリ 日記 3年連用 すくすく」の評価・口コミ

日記を書く1日1日の欄は小さく、忙しい育児中でもちょうど続けやすい分量でした。3年続けて思いましたが、欄の大きさはけっこう重要かも。この日記は書けない日があっても、欄が小さいので後付で書く時、負担になりませんでした。

出典:Amazon.co.jp: ミドリ 日記 3年連用 すくすく ピンクのいくんさんのレビュー

届いた時は思ったより小さめだなーと思いましたが、使ううちにコンパクトでいいなと思うようになりました
表装もしっかりしてるし、日記の欄も適度で毎日かけます

出典:Amazon.co.jp: ミドリ 日記 3年連用 すくすく 水色のさこさんのレビュー

ただ、日記を書くスペースが少ないので、あまり動かない月齢なら良いけど、
動き回ったり離乳食が始まったり成長していくにつれ、書ききれないこともある。
ここだけマイナス1。

出典:Amazon.co.jp: ミドリ 日記 3年連用 すくすく 水色のahiruさんのレビュー

これさえあればOK!ママの「欲しい」に全て応える最強の育児日記「主婦の友社 My Sweet Baby3年育児日記」

My Sweet Baby3年育児日記
2,052円(税込)

【サイズ】
B5サイズ(22 x 19 x 2.6 cm・ハードケース付)
【本文項目】
・誕生の記録
・赤ちゃんとのふれあい遊び
・お祝いにいただいたもの
・1才になりました!
・2才になりました!
・3才になりました!
・はじめてできたこと
・行事ごとの記録
・健康の記録
・身長・体重の成長グラフ
・予防接種の記録
・生活リズム
・毎日の記録
・離乳食の進み方
・育児アドバイス
など

知りたい情報・残したい情報を完全網羅!

生まれてから3歳までの間にママが知りたい情報、残しておきたい情報全てが網羅されているといっても過言ではない、今回一押しマストバイな育児日記です!

「毎日の記録」は、0歳は最初の1週間が見開き1週間、その後は左ページが1週間分の授乳・排泄・睡眠を記録できる時間グラフと一言メモで右ページがフリーメモ、1歳は1ページ1週間で起床・お昼寝・就寝時刻の記録とメモ、2歳からは見開き1ヶ月で毎日の一言日記と成長に合わせて記入項目が変化します。

各ページには月齢に合わせたふれあい遊びなどの実用的なコラムも充実しており、月齢を重ねるごとに赤ちゃんの心身の発達についての解説も掲載されているなど、赤ちゃんの成長に寄り添った内容になっています。

赤ちゃんの成長や発達を丁寧に残せる細かな項目設定

「はじめてできたこと」は項目が指定されていますが、「動くものを目で追いました」「人見知りをしました」「小さなものをつまめました」「夜中に起きずに朝まで眠りました」など、赤ちゃんの発達を感じることのできる項目が事細かに用意されています。

お宮参りや初節句などの行事ごとの記録には写真も貼っておくことができ、ケース付きで保存もしやすいので、一生もののメモリアルな一冊になること間違いなしです。

「主婦の友社 My Sweet Baby3年育児日記」の評価・口コミ

初めての出産に際し、本屋さんで中身を見て熟考してこちらの本に決めました。
一番のポイントは、かわいすぎないことと書きやすそうであることでした。
結果、こちらの本にして良かったと思っています。

出典:Amazon.co.jp: My Sweet Baby3年育児日記のあかさたなさんのレビュー

時刻軸が横なので狭くて書き難い感はありますが、まあまあ使えています。
一日の出来事を書き込む欄が割と広めに取ってあるのは、嬉しいです。
また、見開き毎にその月齢での赤ちゃんとの遊び方が載っています。これは結構役に立っていますよ♪

出典:Amazon.co.jp: My Sweet Baby3年育児日記のみにみんとさんのレビュー

日記というと少し面倒に思えますが、記憶はなくなるけど記録があれば思い出せます。
要所要所のイベントは写真付きで残せます。
1年ごとに書くスペースが少なくなるのもポイント。

出典:Amazon.co.jp: My Sweet Baby3年育児日記のたろママさんのレビュー

スボラさんにピッタリ!記念日のみのおすすめ育児日記

毎日しっかり赤ちゃんの様子を書き記したい人がいらっしゃる一方、お仕事で忙しかったりズボラさんだったりで成長の記録は残したいけど毎日記録するのは無理!という人もいらっしゃいますよね。

そんなママさんは、記念日のみを書き残せる育児日記がおすすめです。

1年間の思い出を振り返る特別な絵本「福音館書店 ピーターラビットのあかちゃん日記―My first year」

ピーターラビットのあかちゃん日記―My first year
1,296円(税込)

【サイズ】
24.2 x 22.4 x 1 cm
【本文項目】
・誕生の記録
・家族のこと
・お祝い行事
・健康の記録
・はじめて○○できた日
・フリーメモ
など

出産祝いとしても人気の美しい育児日記

ビアトリクス・ポターのイラストの美しさから、出産祝いとして選ばれることも少なくないのが、「ピーターラビットのあかちゃん日記―My first year」です。

生まれたときの記録をはじめ、お祝いの行事やはじめて○○できた記念日にのみ記入する方式なので、こまめに日記を書き記すことができない人でも続けることができます。

記入する項目は全て指定されていますが、一言コメントを入れることができたり、最後にフリーページも5ページ用意されているので、ある程度の自由度さも確保されています。

1年間の記念を書き切ると、美しい挿絵に彩られた世界に一つだけの特別な絵本のようになりますよ。

「福音館書店 ピーターラビットのあかちゃん日記―My first year」の評価・口コミ

こまめに書き込む育児日記ではなく,イベントごとや記念日に書き込むタイプなので忙しいママでも大丈夫です。

出典:Amazon.co.jp: ピーターラビットのあかちゃん日記—My first yearのカスタマーさんのレビュー

娘が大人になったらこの育児日記を手渡そうと思ってます。 お友達にも、そして自分自身の出産の贈りもにも最適です!

出典:Amazon.co.jp: ピーターラビットのあかちゃん日記—My first yearのカスタマーさんのレビュー

見ているだけで幸せな気分になれるメモリアルブック「のら書店 やまわきゆりこのあかちゃん日記」

やまわきゆりこのあかちゃん日記
1,620円(税込)

【サイズ】
20.2 x 18.6 x 1.2 cm
【本文項目】
・誕生の記録
・あなたの家族
・はじめてできたこと
・すきなもの
・おしゃべりの記録
・予防接種の記録
・両親からのメッセージ
・はじめてのクリスマス
・はじめてのおたんじょうび
・2さいのたんじょうび
・3さいのたんじょうび
・両親からのメッセージ
など

「ぐりとぐら」作者のイラストがあしらわれた赤ちゃんのルーツを残せる一冊

「ぐりとぐら」などの絵本で有名なやまわきゆりこさんの優しいイラストがふんだんにあしらわれた育児日記です。

「誕生の記録」は、赤ちゃんの写真と生まれた日時・身長・体重・生まれたときの様子などの項目に続き、手形や足形を貼るスペース、そしてママやパパだけでなく最大7名からのお祝いのメッセージを書いてもらえるスペースが用意されています。

他の育児日記ではあまり見かけない家族についてのページや、好きなものやおしゃべりの記録のページなど、大きくなってから見返すと自分のルーツがわかるような内容になっています。

1歳を超えると基本的に誕生日のときのみ記入するようになっており、書き終えると自分だけのメモリアルブックが出来上がるようになっています。

「のら書店 やまわきゆりこのあかちゃん日記」の評価・口コミ

また文章は苦手という人も 母子手帳を片手に記入するだけのところが多いので簡単です。

出典:Amazon.co.jp: やまわきゆりこのあかちゃん日記のにしちゃんさんのレビュー

日記など、買っても全く続かないズボラな私が、唯一書けたものです。とにかく絵が可愛くて、自分が癒されます。毎日書かなくても良い感じがいいですし、スペースが広いので、忘れたくないことを、おもいだした時に、適当な場所に書き留めてみたりと自由に使っています。

出典:Amazon.co.jp: やまわきゆりこのあかちゃん日記のこあゆさんのレビュー

書く内容が思ったよりも少なくて、筆不精の我が家にはぴったりでした。

とはいえ、充実した内容になっていますので別に他の種類のものと比べても

遜色はないと思います。

出典:Amazon.co.jp: やまわきゆりこのあかちゃん日記の太朗です。さんのレビュー

育児日記を使う際の注意点

育児日記を使う際に、赤ちゃんのエコー写真を記念に育児日記に貼っておきたいという方も多いと思いますが、もし病院でもらったエコー写真が感熱紙にプリントしたものであれば注意が必要です。

感熱紙は濡れると印刷内容が消えてしまいますし、時間の経過でも変色したり消えてしまうことがあります。保存しておきたい場合はコンビニなどで普通紙にコピーし、それを保存するようにしましょう。

病院で育児日記が貰えるかも要確認

病院によっては、赤ちゃんが誕生すると半年分の育児日記がプレゼントされるところも少なくありません。

授乳や排泄の記録とメモが残せるタイプのものが一般的ですが、特に母子同室の場合は入院中の授乳量のチェックなどに毎日提出を求められる事もあるので、「病院でもらえるなら買わなくてもいい」という人はもちろん、「自分で購入したものを使いたい」と希望される場合は、事前に病院に育児日記がもらえるのかどうかを確認をしておくようにしましょう。

育児日記の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、育児日記・育児ダイアリーのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

ジャンル別に育児日記をご紹介しましたが、いかがでしたか?

忙しい日々の中で毎日育児日記を書くのは大変かもしれませんが、あっという間に過ぎていく赤ちゃんとママの日々は、かけがえのない思い出になっていくことでしょう。

日々の赤ちゃんの様子や生活リズム、特別な思い出など書き残したい内容は人それぞれです。自分が書きやすく続けていきやすい育児日記を選んで、あまり気負い過ぎずに楽しく思い出を書き残していってくださいね。その記録は、きっと将来素晴らしい宝物になりますよ♪

この記事に関連するキーワード