• Fea170e68d50b4742646a8644a43dd1edd7bc74e
  • C0249e720ec43c4980e295fa9fea1bde6a4bb737
  • D78af985499d5b33f6ff4075a07319c6f4cfff03
  • F4c97d3a5351f935846540b83063ba9281fe34e3
  • 60f1c8466c017f930fd91418c3fd453d5a62f40c

【口コミで話題】電子タバコのおすすめ人気ランキング5選

世界的に禁煙や分煙が進む中、おすすめなのが電子タバコ。vape(ベイプ)とも呼ばれますが、禁煙グッズとしても人気があり、JT、ego、kamryなどいろいろなメーカーから販売されています。また電子タバコにも多くの種類があり、マルボロなどの葉を蒸すもの、ニコチンなしでリキッドを加熱し水蒸気を楽しむものやコンビニでも買えるものまで様々です。

そこで今回は、通販で購入できる人気の電子タバコを比較して、おすすめなものをランキング形式で5つご紹介していきます。選び方も紹介するので、自分に合った電子タバコを手に入れてくださいね!

最終更新日:2017年03月17日 | 253,888views

電子タバコの種類

電子タバコは大きく2種類に分けることができます。

この2種類は何を加熱するかによって分けられ、1つはタバコの葉を加熱して蒸気を発生させるタイプ、もう1つは香りや味のついた液体を加熱するリキッドタイプです。

それぞれの特徴をみていきましょう。

タバコの葉を加熱するタイプ

タバコの葉の入ったカートリッジを加熱して煙を吸い込むタイプです。火を使用しないので、イヤな煙や灰が発生することなく使用することができます。タバコの葉を使うため、ニコチンが含まれていることが特徴です。

ニコチンは薬物指定を受けているため販売するのに免許が必要になり、タバコの葉を加熱するタイプはJTやフィリップモリス社以外の製品はほぼないと考えてもよいでしょう。

リキッドを加熱するタイプ

香りや味のついた液体を加熱して蒸気を発生させ、その蒸気を吸って楽しむのがこのタイプです。リキッドタイプは「使い捨て式」と「カートリッジ式」「リキッド補充式」に別れます。ニコチンを含むリキッドタイプは、日本では薬事法で禁止されているので製造も販売もされていません。

しかし海外の製品の中にはニコチンを含むリキッドもあります。購入する場合は海外から個人輸入で取り寄せる形になりますが、品質には十分注意する必要があります。

タバコの葉加熱タイプ電子タバコの選び方

タバコの葉を加熱するタイプの電子タバコについて説明します。

まだまだ種類は少ないのですがこれからの展開が期待されているタイプです。

販売会社を知ろう

タバコの葉を加熱するタイプの電子タバコの構造は、リキッドタイプと比べてもかなりシンプルな作りになっています。

タイプとしては2つにわかれ、1つ目はカートリッジにたばこの葉が詰まったカプセルを差し、そのカートリッジをバッテリーに繋げて使用します。リキッドタイプと違うのは、このたばこの葉が詰まったカプセルだけでなくカートリッジも使い捨てになっていることです。

もう1つのタイプは、ヒートスティックとも呼ばれるタバコの葉が入ったスティックを本体に差し込み、加熱して使うタイプです。このタイプもスティックは使い捨て式です。

どちらのタイプであっても、カートリッジにバッテリーを付けて使うというシンプルな構造のため、リキッドタイプより使いやすいことが特徴です。

構造を知ろう

出典:www.jti.co.jp

先にも少し書きましたが、現在タバコの葉を加熱するタイプの電子タバコを販売している企業のうち、安全性が確認できるのはJTとフィリップモリス社だけです。

注目分野なため今後販売会社が増えていく可能性は大いにありますが、現状ではこの2社だけですので、聞いたことのない会社の危険な電子タバコを選ばないようにしましょう。

リキッド加熱タイプ電子タバコの選び方

電子タバコの中でも、一般的で種類も多いリキッド加熱タイプについて説明します。

注意点も解説していきますので、ここで選び方をマスターしましょう。

リキッド加熱タイプ電子タバコのタイプ

リキッドタイプは「使い捨て式」「カートリッジ式」「リキッド補充式」に分かれます。

それぞれの特徴をみていきます。

使い捨て式

文字通り使い捨てて使うタイプです。最初からカートリッジを交換するタイプの電子タバコを購入したものの、自分に合わなかったらもったいないですよね。そのため電子タバコのお試し的な形で使用するのに向いているタイプです。

しかし香りやデザインなどの種類が少ないため、電子タバコの良さが判断できるかは難しいという欠点もあります。

カートリッジ式

コンビニなどでも購入することができる電子タバコで、カートリッジを交換するだけで使用することができるお手軽感が特徴です。

ただし使い捨て型と同じく香りやデザインの種類が少ないので、あくまでも普段使っている電子タバコのリキッドが無くなった際などの一時的利用と考えておいた方がよいでしょう。

リキッド補充式

電子タバコで最も種類が多く、一般的にイメージされるのがこのリキッド補充式です。デザインやリキッドの種類が大変豊富ですので、自分に合う電子タバコを見つけやすいというメリットがあります。

形状としては「ペンシル型」と「ボックス型」の2種類に分けられます。

ペンシル型は、鉛筆のようにまっすぐな形をしているものをいい、ボックス型はバッテリー部分がボックスの様になっているものをいいます。

両者に性能的な違いはありませんが、ボックス型の方がバッテリー容量が少し大きいという特徴があります。そのためどちらを選ぶかで悩んだ場合は、デザインで選んでも問題ありません。

バッテリー(MOD/モッド)を確認しよう

MOD(モッド)とは、電子タバコのバッテリーのことです。MODには通電するだけのメカニカルMODと呼ばれるものと、電圧や電力などを調整してくれるテクニカルMODに分けられます。

メカニカルMODは安全装置や制御盤が付いていないので、自分で調節しなければならない部分が多いといえます。そのため、中級から上級者向きです。テクニカルMODは安全装置や制御盤などを搭載しているため、蒸気の量なども調整することが簡単です。初心者はとテクニカルMODタイプを選びましょう。

バッテリーの容量はmAh(ミリアンペア)で表記されます。例えばバッテリー容量が650mAh程度だとするとタバコ60本分前後の時間使用することができますが、スタンバイ中にも電池は消費されてしまうので一概にバッテリーの容量だけではバッテリーの持ちは判別できません。

そのため、タバコを1日1箱吸っていたような人は少なくとも650mAh以上を目安にしておくとよいでしょう。

安全性の高いものを選ぼう

電子タバコは水蒸気を吸うため、タバコの有害物質とされているタールを含んでいません。副流煙などで問題になるのもタールが原因なのですが、これを全く含んでいない電子タバコではこの問題は関係ありません。

しかし海外製のリキッドには、タールと同じく体に影響があり中毒性があるニコチンを含んでいるものが存在するので注意が必要です。ニコチンを確実に避けたければ日本製のリキッドを選ぶようにしましょう。

海外製のリキッドでさらに気を付けたいのは、あまりにも安価なものを使用すると、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドが含まれている危険があることです。日本と違って安全基準の設定が緩いこともあるため粗悪なものも多く、健康被害の原因になりかねません。

リキッドの種類を楽しもう

リキッドは様々な香りの種類が発売されています。自分好みのリキッドを見つけるのも、電子タバコを楽しむために必要な事です。

たとえば、ストロベリーやオレンジ、レモンなどのフルーツ系のリキッドは、爽やかな香りで女性に人気があります。他にもチョコレートやキャラメルなどのスイーツ系の甘い香りのリキッド、メンソール系の爽やかなすっきりとするリキッド、コーラなどドリンク系のリキッドがあります。

自分好みの香りのリキッドを使用することでリラックス効果もあります。色々な香りを試してみて、自分好みの香りを探しましょう。

【タバコの葉加熱タイプ】おすすめの電子タバコ2選

ここからは、タバコの葉を加熱して楽しむタイプの電子タバコを2つご紹介します。

タバコの葉を熱していますから、リキッドタイプの電子タバコと違いニコチンが含まれているので注意が必要です。

2位:本物の香りと味を楽しめる!「フィリップ・モルス iQOS(アイコス)」

フィリップ・モルス iQOS(アイコス)
17,880円(税込)

・種類:タバコ葉加熱タイプ
・容量:1回の充電で6分間もしくは14回吸い込むことが可能(本体は満充電で20回分チャージ)
・カラー展開:ホワイト、ブラック、ブルー
・付属品:ポケットチャージャー、ホルダー、USB充電器

匂いと煙がほとんどない!

iQOS(アイコス)は、ヒートスティックというタバコの形状をしたカートリッジを使用します。燃やすのではなく中で蒸すため、燃えるときのような匂いがしません。

葉は通常のフィリップ・モルス社のタバコよりもグレードの高いものを使用しているといわれており、通常のタバコと比べると匂いや有害物質が非常に少ないのが特徴です。

タバコの様にニコチンを摂取できる!

タバコの葉を使っていますのでニコチンはしっかり含まれていますが、タールが含まれていないため体への悪影響が少ないと言われています。

専用のカートリッジのため、現在はマルボロしか種類がないのが欠点ですが、電子タバコでもニコチンを摂取したい人にはおすすめです。

「フィリップ・モルス iQOS(アイコス)」の評判・口コミ

1位:大人気で品薄に!味も使い勝手もよし!「JT Ploom TECH(プルームテック)」

JT Ploom TECH(プルームテック)
9,980円(税込)

・種類:タバコ葉加熱タイプ
・容量:1回の充電で5カプセルを50回吸う(パフする)ことができる。
・カラー展開:ブラック
・付属品:Ploom TECHバッテリー、USBチャージャー、ACアダプター、キャリーケース

日本製だから安心!

Ploom TECH(プルームテック)の特徴は、とにかく扱いやすいということです。これは製造しているのがJTだということも大きいですね。日本企業ならではの利便性を重視した設計は、面倒なことが嫌い!という人にも手間を感じさせない手軽さです。

カートリッジを取り付けるだけなので、リキッドを入れたりする必要もなくとても簡単に使うことができます。

またJTが販売しているものですから、安全面も申し分なしです。安全な電子タバコを探している人は、まずこの電子タバコを第1候補にするとよいでしょう。

吸いたい時だけ吸えばいい!

プルームテックは吸うときに電源が入るように設定されているため、いつでも吸ったり止めたりすることができます。

たとえば車の運転中には、信号待ちの間に少し吸って信号が変われば吸うのをやめることも簡単です。普通のタバコならこの間にもどんどん燃焼していってしまいますが、プルームテックはそういった心配がいりません。

惜しい点はLEDランプの点滅がわかりにくく、カートリッジの交換時期を見逃してしまいがちなことです。この辺りは改良が必要な部分かもしれませんが、それを差し引いても余りある満足度です!

「JT Ploom TECH(プルームテック)」の評判・口コミ

【リキッド加熱タイプ】おすすめの電子タバコ3選

まずはリキッド加熱タイプのおすすめ電子タバコランキング3選をご紹介します。

安全性やデザインなどを考慮し、また様々なリキッドを楽しむことができるタイプを選んでいます。

3位:電子タバコを試してみたい人におすすめ! 「Kamry(カムリ)X8J」

Kamry(カムリ)X8J
3,100円(税込)

・種類:リキッド補充式
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/1500mAh
・カラー展開:ブラック、ブルー、ゴールド、グリーン、パープル、シルバー
・付属品:X8J バッテリー×1、V2 アトマイザー×1、USB バッテリーチャージャー×1、専用キャリングケース×1、取扱説明書×1

電子タバコ初心者に好評

Kamry(カムリ)の電子タバコは、電子タバコに興味がある人がまず試してみるのにおすすめの機種と言われています。上級者には少し物足りない性能なのですが、電圧調整などもできるため初心者には充分の性能です。リーズブルな価格であり、試しやすいですよね。

前モデルでは電源オンオフの使い勝手の悪さが指摘されていましたが、このモデルになってその部分は改善され使いやすくなっています。

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザインも人気の秘密です。

カラー展開も豊富で、スリムな形状は女性にもぴったりですね。メタリックなボディは、見た目にこだわりを持つ人もファッションの一部として取り入れられますよね!

「Kamry(カムリ)X8J」の評判・口コミ

デザインがよく煙も多量に出る。リキッドも好みのものを多数から選べる。
タバコを買うより経済性もよく、健康面の影響もほとんど無いと思う。

出典:Amazonレビュー

2位:普通のタバコと変わらない感覚で楽しめる!「WOLFTEETH 電子タバコ」

WOLFTEETH 電子タバコ
2,588円(税込)

・種類:リキッド補充型
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/145mAh(バッテリーケース950mAh)
・カラー展開:ブラック
・付属品:電子タバコスティック×2、コイルヘッド×4、専用バッテリーケース×1、USB充電用ケーブル×1、専用ボックス×1、日本語取扱説明書×1、コイルヘッド取り外し用専用部品×1

充電しながらスタイリッシュに持ち運べる!

この商品の特徴は、ケースに納めている間も充電しながら持ち運べるため、本体のバッテリー容量は少なくともそれを補えるところです。

バッテリーを抑えた分スタイリッシュで持ちやすく、普通のタバコとほぼ同じ程度のサイズになっています。どうしても大きくなりがちな電子タバコの中において、持ちやすさ、吸っている時の自然さでは群を抜いています。

いかにもな電子タバコ感が苦手な人に!

普通の電子タバコはかなりの大きさになっているため、いかにも電子タバコを吸っているという感じがどうしてもしてしまいます。もちろんその状態を楽しむ人もいるのでしょうが、携帯性では劣ってしまいますね。しかしこの商品は普通のタバコの様に持ち運べるサイズですから、そういった心配もいりません。

しかも普通のタバコにはないたっぷりの噴霧量があるため満足度が高く、もちろん有害な副流煙もなく他人に迷惑をかけません!

「WOLFTEETH 電子タバコ」の評判・口コミ

電子タバコスティック×2、カセット×4、携帯用充電器がセットになっています。スティックは通常のタバコに近い形状となっています。電子タバコスティックが2個セットになっているので、充電切れの時にも、予備のスティックがあるので、続けて吸うことのできる優れものです。

出典:Amazonレビュー

ニコチンやタールなど害がある物が入っていないため、純粋に味と香りを楽しめる、いい電子タバコです!開封時に臭いがあると書いてありましたが、自分の物は最初はあったものの、5分ぐらいで臭いが消えました。吸いかた次第ですが電池持ちがいいですね!1本電池切れになったとしても、予備のもう1本があるので、安心です!

出典:Amazonレビュー

1位:世界有数の電子タバコメーカー製だから安心!「Aspire(アスパイア) スターターキットBVC」

Aspire(アスパイア) スターターキットBVC
3,850円(税込)

・種類:リキッド補充型
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/650mAh
・カラー展開:シルバー
・付属品:Aspire Maxi デュアルカトマイザー(1.8Ω)×1、eGo-T 650mAHバッテリー×1、国産ブランドBI-SO Liquid ハイパーメンソール 15ml、BI-SOブランドオリジナルキャリーケース、USB充電器×1、日本語説明書

有名メーカーAspire(アスパイア)の電子タバコ!

世界の電子タバコメーカーの中でも有数のブランドであるのがこのAspire(アスパイア)です。とても高品質な電子タバコメーカーとして高い評価を集めています。設立自体は2013年と浅いのですが、もともと10年以上電子タバコの開発に携わってきた工場が立ち上げたブランドですから、技術力と製品開発力は圧倒的なものがあります。

Aspire製のデュアルカトマイザーは煙量も申し分なく、また味も格段に楽しめる電子タバコになっています。

国産リキッドが付いてくるからすぐ楽しめる!

国産リキッドが付いてくるので、購入してすぐに楽しむことができます。付属しているリキッドは国産ブランドのものであり、原料も全て国産を使用しているので安全面も申し分ありません。大容量のポーチも付随していて持ち運びも便利ですよ。

電子タバコを始めたいと思っているけど何を購入したらいいかわからない!という人には、このスターターセットがおすすめです!

「Aspire(アスパイア) スターターキットBVC」の評判・口コミ

VAPEを良く分かっている方が考えた最高のコストパフォーマンスを実現するVAPEスターターキットであると思いました。リキッドが同封されているのですぐ雰囲気を楽しめるし、ニコチンリキッドを買えばタバコの代替としても十分期待できます。

出典:Amazonレビュー

電子タバコの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電子タバコのAmazon、楽天、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

電子タバコのおすすめ商品を5つご紹介しました。

タバコの大きな特徴であるニコチンが入っていないリキッドタイプと、タバコの葉を使うニコチン入りタイプがありました。どちらも普通のタバコとは違って有害物質が少ないので、健康に優しく人に迷惑をかけなくて済むという点は、愛煙家にとって頼れる存在になりますよね。

健康にも環境にも優しい電子タバコは、普通のタバコから乗り換える価値ありです!ぜひ電子タバコに変えて健康的な喫煙ライフを送りましょう!

人気の記事

関連キーワード