最終更新日:2017年03月01日 | 9510views

ペティナイフ包丁のおすすめ人気ランキング5選

  • A12e2cb4656163f70cbc7780e707965119929135
  • 2958a78b76ed79b051e989a1535286689199c68e
  • 4da6f8cb40053a012a78621d15a43f0bb5d85fca
  • 0f84609c948121d51b1a13d70cffa26a50b5a92d
  • 38472c72ccb16987f4d0abca98fdcd0e275e1d82

包丁には三徳包丁や牛刀、カービングナイフなど様々な種類がありますが、キッチンに1本あるととても助かるのが洋包丁であるペティナイフです。しかしいざペティナイフを購入しようと思っても、グローバル・ヘンケルス・ミソノ・藤次郎など多くのメーカーやブランドがあり、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、まずペティナイフの選び方をご紹介し、おすすめの長さや使い方などについて徹底解説します。選び方を押さえたら、口コミも踏まえておすすめのペティナイフをランキング形式でご紹介していきます!ぜひお気に入りの1本を見つけてくださいね!

ペティナイフの基礎知識

普段使っている包丁のミニチュア版のような印象があるペティナイフですが、普通の包丁との違いはどのような点でしょうか?

ペティナイフならではメリットも気になるところです。まずは、基礎知識から解説していきます!

サイズと形状

ペティナイフ洋包丁のなかで最も小さいサイズの包丁です。洋包丁には三徳包丁や牛刀がありますが、これらの包丁の刃渡りが18~24センチであるのに対して、ペティナイフは9~15センチほどの刃渡りです。

包丁自体の形状としては切っ先がすっととがっているものが一般的で、先の丸い三徳包丁よりは牛刀のミニチュア版といった印象です。

果物ナイフとの違い

同じような小さな包丁の部類で「果物ナイフ」という名前を聞いたことはありませんか?果物ナイフとペティナイフにはなにか違いがあるのでしょうか?

実は両者とも刃渡りにはほとんど差はありませんが、厚みに大きな差があります。

果物ナイフの方が刃に厚みがあり、和包丁である出刃包丁を小さくしたような作りです。一方でペティナイフの刃は薄く、厚さ1ミリを下回るようなものもあります。このようなとても薄い刃のナイフはあえてしならせながら使い、果物に彫刻を施す「カービング」で活躍します。

メリットとデメリット

小さいサイズのため、手に馴染み使いやすいペティナイフですが得意分野と苦手分野があります。

あらかじめ知っておくことで、ペティナイフを上手に活用しましょう。

最大のメリットは「小回りが効く」点

ペティナイフを使う上で最もメリットを感じることができるのが「小回りが効く」という点にあります。家庭でまずはじめに用意する包丁は、牛刀や三徳包丁など刃渡りが18センチ以上のものがほとんどですが、ペティナイフの刃は最長でも15センチしかありません。

果物や野菜の皮むきはもちろん、塊でなければ肉や魚もスライスできます。先端がとがっているので、細かな作業がしやすく飾り切りの際にも活躍します。

また刃が小さいということは総重量が軽いということなので、長時間使っていても疲れにくいというメリットもあります。

大きな食材を一刀両断できないデメリットも…

大きな肉の塊やスイカ、カボチャを両断したいときは、残念ながらペティナイフは活躍することができません。また骨付きの大きな魚を捌くこともペティナイフには向いていません。

しかし、このような大きな食材を切るという作業は意外に家庭では少ないものです。一般的な調理の場面を想定するとペティナイフでも十分に活躍の場があると考えられます。

ペティナイフの選び方

ペティナイフについて基本的なことがわかりましたね。

では、使いやすいペティナイフとはどのようなものなのでしょうか。選び方のポイントを押さえて、長く使える1本を見つけましょう。

手の大きさにあった刃渡りを選ぼう

ペティナイフの刃渡りは9~15センチが一般的といわれています。使用者が女性であれば刃渡り12~13センチほどのものが馴染みやすく、最も売れ筋です。対して男性には、13~15センチの刃渡りがおすすめです。

ペティナイフならではの小回りを実感するためには、大きすぎる刃渡りはおすすめではありません。

素材はステンレスがおすすめ

ペティナイフを選ぶうえで、素材はとても重要なポイントです。

ペティナイフは本格的に料理をする場合ではなく、果物やお菓子を切り分けたい場面などに取り出して使うことが多い道具です。そのため、手入れが簡単で耐久性の高い素材がおすすめです。

包丁の素材は大きく分けて3種類あります。

①鋼…切れ味が鋭い。錆びやすいが研げば復活する。
②セラミック…白いプラスチックのような見た目でよく切れる。錆びないが硬質なため、欠けやすい。
③ステンレス…鋼よりは劣るが十分な切れ味。錆びにくい。

ペティナイフの活用場面を考慮するならば、錆びに強くしなやかな「ステンレス製」のペティナイフがおすすめです。

「3,000円以上」がひとつの目安

今は100円均一のお店でも包丁を購入できるような時代です。一方で、刃物専門店では1本1万円以上の包丁も多数扱っています。いったいどの価格帯の包丁を買えばよいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

結論からいうと、ステンレス製のペティナイフのおすすめ価格は3,000円以上です。やはりステンレスは鋼よりも切れ味が劣るので、ある程度の価格のものでないと十分な性能を感じられないリスクがあります。3,000円以上であれば、素材や研磨技術どちらにおいても十分なパフォーマンスのものを入手できると考えられます。

ペティナイフ包丁のおすすめ人気ランキング5選

サイズ・素材・価格の3ポイントをお伝えしたところで、ここからはペティナイフのおすすめ商品をご紹介します。

どれも特徴のある商品ばかりですので、ぜひ気になる1本を見つけてください。

5位:キッチン用品のルックスにもこだわりたい方に「貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ」

貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ 120mm AE-5202
6,048円(税込)

全長:23.0cm
刃渡り:12.00cm
重量:140g

思わず使いたくなる美しい刃

刃本体に美しい波模様が浮かび上がっているのがおわかりでしょうか?これは、素材となるステンレスを32層に折り重ねて刃を鍛えているからです。

層の芯になっているのは、耐水性・摩耗性に優れたV金10号という高級合金。刃物としての機能性はもちろん重要ですが、思わず手が伸びてしまうような美しいルックスも大きな魅力ですね。

握りやすいグリップと食材になじむ刃

グリップ部分は、積層強化木を使用し耐水性に優れています。また口金と尻金にステンレスを使用することで、デザインに一体感が生まれています。グリップの形は逆三角形をしていて、手で握ったときにしっかりとなじみ使い勝手も抜群です。

さらに力を入れずに食材を切れるという点も大きな特徴です。軽さも魅力のペティナイフですが、実はこの商品は他のおすすめ品よりも重め。しかしナイフ自体の絶妙な重さで、力を入れなくても食材にすっと刃が沈んでいきます。

「貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ」の評判・口コミ

一ヶ月たった今でもよく切れます。錆びない、小柄で使いやすく、逆三角の柄もきにいってます。魚用にと本鋼の出刃も買いましたが、結局こちらの方が切れ味がいいので魚もこの包丁をつかってさばいてます。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 貝印 【名刀の極み 関孫六 シリーズ】 関孫六 ダマスカス ペティナイフ 120mm AE-5202

程よい重さに合わせて素材にすとんとおろすだけで簡単に切れてストレス知らず。かといって切れすぎて滑るという感じではなく素材に吸い付いて安定感がある。ある程度の重さと、程よい厚みで非常に使用しやすいです。切ることが楽しくなるとは思いもしませんでした。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 貝印 【名刀の極み 関孫六 シリーズ】 関孫六 ダマスカス ペティナイフ 120mm AE-5202

4位:プロにも愛用者多し「藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込」

藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ 120mm F-883
3,336円(税込)

全長:22.5cm
刃渡り:12.00cm
重さ:65g

複合素材のパイオニア

出典:tojiro.shop

グローバルの包丁がオールステンレスのパイオニアなら、藤次郎は「複合素材」のパイオニアです。

本来は軽くて耐久性の高い素材のステンレスですが、経年劣化というのはどうしても避けられないものです。ステンレス自体は鋼にクロムをあわせた素材。そのステンレスを強化するため、さらに鋼についてとことん研究を重ね、より耐久性が高い複合素材を開発しました。

その素材を用いて精巧な職人によって鍛えられた刃は、切れ味が鋭く衰えることのない逸品で、プロにも長年愛されている商品です。

手になじむ安全設計

丸ごと煮沸消毒も可能で清潔に使えるオールステンレスのペティナイフですが、つるっとした素材のため滑りやすいというデメリットもあります。

その点この藤次郎のペティナイフは、グリップに特殊ならせん模様を彫り込み、滑りにくい工夫が施してあるので安全に使うことができるんです。

またグリップ自体に施されたカーブはしっかりと手に馴染み、端のでっぱりが滑り止め・脱落を防いでくれます。

「藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込」の評判・口コミ

初めて金属一体型の包丁を使いました。感想は、とにかく軽い、刃が鋭くカッター刃の様な感じです。今まで使った包丁の中で一番切れました。普通のステンレス包丁だと、最初は切れても切れ味が続かないのですが、この包丁は切れ味が持続します。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ 120mm F-883

厨房での仕事用に購入。刃の持ちも悪くないです。グリップが中空で丸みを帯びているので見た目より持ちやすく作業しやすいです。普段の手入れもラクなので、軽く使いたい人にはオススメです。研げる人ならば値段以上の活躍をしてくれると思います。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ 120mm F-883

3位:ドイツの老舗刃物メーカー「Henckels(ヘンケルス) HI Style Elite(エイチ・ワイ スタイル エリート) ペティナイフ 」

Henckels HI Style Elite ペティナイフ 13cm ピーチ 16880-431
3,065円(税込)

全長:24.0cm
刃渡り:13.00cm
重さ:71g

海外製品らしいポップな見た目

「ZWILLING J.A.HENCKELS(ツヴィリング・ヘンケルス)」といえば、ドイツの有名刃物メーカーです。主婦にはもちろん、プロのシェフからも根強い人気を誇るメーカーです。

日本ではあまり見かけないカラフルなカラー展開のグリップは、まさに外国製品といったところでしょうか。キッチン回りをかわいくそろえたい女子にはうってつけの商品ですね!

バランスのとれた機能性

かわいらしい見た目に注目してしまいがちですが、機能面でも素晴らしい商品です。

一見ポップなグリップは人間工学に基づいた形状で、抜群のホールド力・手との一体感を発揮します。また、グリップ自体計算された重量ですので、刀身のバランスがとりやすく安定感ある使い心地です。

刃に使用している素材も、高温・低温で鍛えられた耐久性の高い素材ですので購入時の切れ味が長く続きます。

「Henckels(ヘンケルス) HI Style Elite(エイチ・ワイ スタイル エリート) ペティナイフ 」の評判・口コミ

同じラインの三徳包丁と一緒に買いました。こちらは小さい野菜とか果物に使うくらいかなと思っていましたが、実際に持ってみるとちょうど使い勝手の良いサイズで、調理の際はほとんどこちらを使用しています。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Henckels HI Style Elite ペティナイフ 13cm ピーチ 16880-431

ヘンケルスだけあって、切れ味は問題なし、自分の好みにぴったりあったピンクだったのでとても気に入ってます。この色でそろえたいので大きめのサイズもほしいと思いました。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Henckels HI Style Elite ペティナイフ 13cm ピーチ 16880-431

2位:伝統と最先端技術の融合「Misono(ミソノ) 440 ペティーナイフ」

Misono(ミソノ) 440 ペティーナイフ No.832/13cm
6,868円(税込)

全長:24.0cm
刃渡り:13.00cm
重さ:70g

長く付き合える逸品

ミソノは800年以上の歴史をもつ刃物メーカーです。伝統の技術を受け継ぐ職人によって鍛えられた刀身は鋭い切れ味を誇ります。そこに新しい技術を加えたのがこの「440」シリーズです。

一般的に使われているステンレス材は「13クロムステンレス」というものですが、「16クロムステンレス」という、より粘りのある素材を使用しています。このしなやかな粘りが刃こぼれを防ぎます。

さらに錆びにくいステンレス材ですから、お手入れも簡単で長期的に愛用することが可能です。

シンプルで飽きのこないデザイン

切っ先からグリップまですっと伸びたシンプルなデザインはクセがなく、使う人を選びません。また、初心者でも研ぎやすい形状と素材ですから、手入れをしながら長く使いこんでいくことを想定したデザインです。

ペティナイフとしては高価な商品ですが、じっくりと使いこんでいきたい、調理器具にはこだわりたいという方に向いている商品ですよ!

「Misono(ミソノ) 440 ペティーナイフ」の評判・口コミ

切れ味が非常に良い。そして非常に握りやすく取り回しがしやすい。メンテナンスも非常に楽だ。ステンレスなので拭いておけばまず錆びない。包丁の刃と柄の接続部がカーブ状に加工されていて、汚れ難く洗い易い。軽く研いだだけで新品のような切れ味になる。

出典:Amazon|Misono(ミソノ) 440 ペティーナイフ No.832/13cm|ペティナイフ オンライン通販

一般の普通の安物のステンレスのぺティーだと、切れるには切れます。ですが、刃がなくなるのは、材質が柔らかいため早いです。こちらはそれに比べると、材質(モリブデン鋼だったかな?)が固めのため、一回ちゃんと刃をつけると、切れ味はけっこう持続します。使えば使うほど、差が感じられると思います。

出典:Amazon|Misono(ミソノ) 440 ペティーナイフ No.832/13cm|ペティナイフ オンライン通販

1位:オールステンレスのパイオニア「Globai(グローバル) ペティーナイフ」

グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3
6,380円(税込)

全長:26.0cm
刃渡り:13.00cm
重さ:100g

ニューヨーク近代美術館に展示されている

出典:kakaku.com

オールステンレスの包丁は今でこそよく見かけるようになりましたが、実はこのグローバルブランドの生産会社である吉田金属工業株式会社が発案したものです。

スタイリッシュな見た目も人気ですが、機能面でもオールステンレスのため、水によるグリップの腐敗の心配も少なく手入れが簡単で衛生的です。さらに、質の良いステンレスを使用しているので、切れ味も十分で持ちやすいハンドルの形状も大きな魅力です。

この見た目の美しさと機能の両立により、あのニューヨーク近代美術館で貯蔵されています。日本が世界に誇る包丁といえるでしょう。

「くびれ」で使いやすさをアップ

無駄がなく美しい見た目から、料理番組で使用されることも多い商品です。また、機能面で特徴的なのがグリップと刃の境目にあるおおきな「くびれ」です。

ペティナイフを握る際には適切な位置・角度で握らないと、食材に対して刃が斜めになったり手をすべらせて落としてしまったりと、十分に機能を発揮できない場合があります。このくびれに人差し指をしっかりはめるように持つと、ペティナイフと手先がより一体感を増し、滑らかに包丁を動かすことができます。

刃に施された滑らかなカーブがポイント

他の商品と比べると刃先がぐっと上を向いているのがお分かりいただけると思います。このカーブこそが、このナイフの切りやすさの秘密です。

ナイフで食材を切る際は、手前にナイフを引く動作がありますよね?この動きををするときにヒトは肘を平行に動かすよりも、引き上げるような動作の方が楽に動かせます。その時このカーブが肘の動きとぴったり合い、滑らかな切り心地を実現します。

ナイフとしての耐久性ももちろん大切ですが、切れ味・切り心地も重要なポイントですよね。

「Globai(グローバル) ペティーナイフ」の評判・口コミ

今回はプレゼントとしてこちらのペティナイフを購入。とても喜んでもらえました。肉がスッと切れる、オレンジやレモンの果汁が飛び散らないので、目が痛くなりにくい点がとても喜んでもらえました。TVでは速水もこみちさんがMoco's キッチンでも使用しているシリーズです。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

トマト、かぼちゃ、サンドイッチ、フランスパン・・・とにかく何でもこのナイフ自身の適度な重みで気持ち良く切ることが出来ます。ナイフをギシギシ往復させることもガシっと体重をかけて切ることもなく、スゥーっと切れるので短時間で楽に、そしてきれいに料理が出来るようになりました。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: グローバル ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

番外編:熟れたトマトも楽々!「VICTORINOX(ビクトリノックス) トマト ベジタブルナイフ スイスクラシック 」

ビクトリノックス トマト ベジタブルナイフ スイスクラシック レッド 6.7831E
784円(税込)

全長:22.3cm
刃渡り:11cm
重さ:32g

ギザギザにはメリットがたくさん!

おすすめしている価格帯からは外れているのですが、こちらも素晴らしい商品なのでご紹介します。

これまでご紹介してきたペティナイフとは大きく外見が異なりますね。切っ先が尖っていなくて、刃もギザギザと波打っています。それがこの商品の魅力につながっているんです。

トマトなど柔らかいものを切る時、皮が切れないのに実が潰れてしまうといった経験はありませんか?そんなとき、このギザギザが食材の表面にしっかりと食い込むので、滑ることなく簡単に切ることができます。

なんとシュークリームを切り分けることも可能です。もちろん、通常の果物・野菜の皮むきにも使えます。

食卓やアウトドアでも活用したい

ピクニックやキャンプにもっていく包丁は、なるべく小ぶりなものを選ぶ方が多いでしょう。軽くて持ち運び易いペティナイフですから、携帯用に購入する方も多いのではないでしょうか?もちろんペティナイフといっても包丁ですから、切れ味は重視したいところです。しかし持ち運び中に何かあったらと心配な点もありますよね。

このビクトリノックスのペティナイフは、ギザギザな刃のため刀身を引かないと切ることができません。また、切っ先が丸いので刺さらず、荷物を突き破るという心配も無用です。

料理を切り分けるのに食卓に乗せても安心な商品といえます。

「VICTORINOX(ビクトリノックス) トマト ベジタブルナイフ スイスクラシック 」の評判と口コミ

主に卓上でパンを切るのに使用していますが、切りくずが思いの外少なくて、いい買い物をしたと思います。ケーキを切り分けたり、もちろんトマトなどを切ったりもしています。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ビクトリノックス トマト ベジタブルナイフ スイスクラシック レッド 6.7831E

元々「トマト・ベジタブル用」とは知らずに実家で何にでも使っていたナイフでパンを切ったりケーキを切ったり、トマトや野菜以外の食材にも本当に万能に使えます。刃先が波打っているのでキッチンだけでなく食卓にまで運んで使っても安心。ピクニックにも気軽に持って行けます。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ビクトリノックス トマト ベジタブルナイフ スイスクラシック レッド 6.7831E

まとめ

サイズの小ささから活用範囲が狭いと思われがちなペティナイフですが、実際は活躍の場が広く、一本あると万能な包丁であるということがお分かりいただけたでしょうか?手の小さな女性にとっては手に馴染みやすいというメリットもありましたね。

人気商品は形状・素材ともにこだわりたっぷりのものばかり。ぜひ長く愛用できるペティナイフに出会ってください!きっと料理が楽しくなるはずですよ!

この記事に関連するキーワード