最終更新日:2017年02月16日 | 10605views

折れないシャーペンのおすすめ人気ランキング5選

  • 374d47761a2aad802dce6690bb414140a5399504
  • 49b04fd1b6fcfbf67d4eedebd612e1375cfeab14
  • 4de27a08c11a0362eeb2c8cc4c9a67c1483c5e1e

「折れないシャーペン」なら文字を書いてる途中に芯が折れるストレスから開放されますよ!「デルガード」「オレンズ」「オ・レーヌ シールド」「クルドガ」といったブランドから様々な商品販売されていますが、果たしてどのアイテムが一番使いやすいのでしょうか?

今回は市販・通販で購入可能な人気の折れないシャーペンの中から、使い心地、価格、性能を比較して、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。あなたに最も適した商品を見つける参考にして下さいね♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

折れないシャーペンの選び方

まずは折れないシャーペンの選び方のポイントをご紹介していきます!これらのポイントを参考に、あなたにぴったりの折れないシャーペンを選んでいきましょう♪

芯の折れにくさ

芯の折れないシャーペンで一番気になるのは、もちろん芯の折れにくさですよね。芯が折れない理由は「筆圧や角度に合わせてサスペンションが効く」「芯をほとんど出さない」「先端で芯をしっかり支える」など、メーカーやモデルによってさまざま。

ものによっては3回ノックした状態で書いても折れにくいというものもありますが、通常のシャーペンよりは少し折れにくい程度のものもあるので、しっかり口コミや評判もチェックしておきましょう

持ちやすさ

持ちやすいと思うシャーペンは人によって異なります。しかし一般的にはどんなものが持ちやすいと言えるのでしょうか。ここでは太さや重さのポイントごとに、癖や筆圧などに合ったシャーペンの特徴を解説していきます。

太さ

握りやすさや疲れにくさに影響するのがシャーペンの軸の太さです。

太い軸は力を入れずに楽に握ることができるので、筆圧が強めの方におすすめ。また、持ち方を正しやすいのも太い軸です。逆に筆圧が弱めの方におすすめなのが細い軸。力を入れて握りやすく、細かな文字を書くのに最適です。

重さ

シャーペンのコントロールに関わってくるのが重さです。

重いものほどシャーペン自体の重みで楽に文字を書くことができ、コントロールも簡単だから安定した文字や線を描くことが可能。軽いものほど素早くシャーペンを動かせるので、文字を書く速度を速くしたい方におすすめです。

重心の位置

重心がペン先にあるものと上部にあるもの、一体どちらのほうが書きやすいシャーペンなのでしょうか?答えは、重心がペン先にあるもののほうが書きやすいんです。ペンの上部に重心があると動かすたびに手元がブレてしまい、余計な力を使ってしまいます。スムーズに文字を書くためにも、ペン先に重心があるものを選びましょう。

グリップの滑りにくさ

滑りやすいグリップは握るために余計な力が必要になり、使っていくうちに疲れがどんどん溜まってきてしまいます。楽にシャーペンを使い続けるためにも、滑りにくく、手にしっかりフィットするグリップのものを選びましょう。

また、ペンだこを作りたくない方は柔らかいグリップを選んでみるのもおすすめです。

折れないシャーペンのおすすめ人気ランキング

それでは早速、おすすめの折れないシャーペンをランキング形式でご紹介していきたいと思います!

仕組みも値段もそれぞれ違いますが、どれも普通のシャーペンと比べたら折れにくいアイテムばかりなので、ぜひお気に入りの逸品をぜひ見つけてくださいね♪

3位:とっても書きやすいお手頃アイテム「プラチナ萬年筆 オ・レーヌ シールド」

プラチナ オレーヌ シールド シャープペン メタリックブルー 2868539
164円(税込)

普通のシャーペンと同じような書き心地

見た目は普通のシャーペンと同じで、使い方も書き心地も特に変化はないのに芯が折れにくいのがオ・レーヌ シールドの特徴。この中で1番価格が安いのもポイントです。

先端部分を強化

どうして芯が折れにくくなっているのかというと、
1. 先端部分を強化し、外からの衝撃が芯に伝わりにくくなっている(オ・レーヌ ガード機構とオ・レーヌ シールド構造)
2. スプリングで強い筆圧をかけても力を吸収する(セーフティースライド機構)
3. MR樹脂で硬度と耐候性を高めて、移動時の衝撃から芯を守る
この3つがポイントがあるから芯が折れにくくなっています。

1の「オ・レーヌ ガード機構」と「オ・レーヌ シールド構造」は、外からはあまりよくわかりませんが先端部分を分解して見てみると、ペン先が2重構造になっていたりと通常のシャーペンよりも複雑な構造になっているのがわかります。

2の「セーフティースライド機構」は垂直方向からの力には強いのですが、斜めや横からの力には弱く折れやすいので注意が必要です。

今回紹介する3つのアイテムの中では最も芯が折れやすいですが、通常のシャーペンと比べると圧倒的に折れにくいのでとってもコスパの良いアイテムと言えるでしょう。

長時間でも使いやすいラバーグリップ付き

ラバーグリップが付いているので、手にフィットして滑らず握ることできるのもオ・レーヌシールドの特徴です。長時間使用しても疲れにくいので、たくさん文字を書く場合や普段使いのシャーペンに最適。

また、次の芯が補充されている場合には芯の残りが0.5mmになるまで使うことができるので、とってもエコでお財布にも優しいアイテムです。

「プラチナ萬年筆 オ・レーヌ シールド」の評判・口コミ

確かに書いてて芯が折れません。これまで、筆圧に気をつけながら書いていたのが、そんな心配がなくなったので、書く内容に神経を集中させることができます。

出典:Amazon.co.jp: プラチナ オレーヌ シールド シャープペン メタリックブルー 2868539のuraさんのレビュー

父に頼まれて購入したのですが、芯が折れずとても書きやすいそうです。200円でこのクオリティに大満足だそうです。

出典:Amazon.co.jp: プラチナ オレーヌ シールド シャープペン メタリックブルー 2868539のれいらさんのレビュー

2位:細かな作業にはこれ!「ぺんてる オレンズ」

ぺんてる シャープペン オレンズメタルグリップ 0.2mm ネイビー XPP1002G-C
714円(税込)

0.2mmの極細芯

芯の太さが0.2mmと0.3mmから選べる、小さな文字・小さなスペースでもスッキリ綺麗に書けるのがオレンズ。手帳用のシャーペンにぴったりなアイテムです。先端のパイプから芯を出さずに使うことができるため芯が折にくくなっています。

パイプから芯を出さずに使う

オレンズのシャーペンがどうしてパイプから芯を出さずに使えるのかというと、通常のシャーペンであれば、芯を出していない状態で文字を書こうとするとパイプの先が尖っているので引っかかり、紙の上をスムーズに滑らせることはできません。しかしオレンズはパイプの先がボールペンのように滑らかなので、芯を出さずにスルスルと書けるというわけです。


また芯の消費と同時にパイプも短くなっていくのですが、パイプが短くなったらノックを1回するだけで元の長さに戻るので何回もカチカチとノックをする必要がないのもうれしいポイント。

この作業は慣れないと使いにくいかもしれませんが、慣れてしまえばノックの音も気にならずノックによって作業を中断させずにしようできるのでとっても便利です。

グリップの有無を選択可能

芯の太さの違いはもちろんカラーの種類も多く、さらにはグリップの有無が選べるのも魅力的。グリップ付きのタイプのほうが太く滑りにくいので、細い軸が苦手であったりより安定して文字を書きたいという方におすすめです。

「ぺんてる オレンズ」の評判・口コミ

文房具好きなのでつい買ってみたけど、、、0.2mmの細さはクセになります!そして他のものよりも折れにくい!!

出典:Amazon.co.jp: ぺんてる シャープペン オレンズメタルグリップ 0.2mm シルバー XPP1002G-Zのうずまきさんのレビュー

自分は筆圧が強いので0.2はダメだと思ったけど、折れなくて感動しました。さらに低重心で思ったよりサラサラかけます。買って良かったと思っています。

出典:Amazon.co.jp: ぺんてる シャープペン オレンズメタルグリップ 0.2mm ブラック XPP1002G-AのAmazon カスタマーさんのレビュー

1位:芯の折れなさNO.1「ゼブラ デルガード 」

ゼブラ シャープペン デルガード 0.5 P-MA85-BL ブルー
316円(税込)

マークシート用にもぴったり

垂直方向からの強い筆圧はもちろん、斜めからの力にも強いのがデルガード。好きな角度で力強い筆圧で使用しても芯が折れにくく安定感も抜群なので、マークシートの塗りつぶし用にもぴったりなアイテムです。

横からの圧力にも強い

どうしていろんな角度からの圧力に強いのかというと、
1.たて方向からの力には、スプリングが効いてクッションのように力を吸収
2.よこ方向からの力には、スプリングによる吸収と先端の金属部分が出てきて芯をガード
この2つのポイント(デルガードシステム)があるからなんです。

強い筆圧を与えてもほかのシャーペンよりも芯が折れにくく、デルガードが最も芯の折れないシャーペンと言えるでしょう。ただし、4回以上ノックしてしまうと芯が折れやすくなるので注意してくださいね。

好みに合わせて太さも選べる

芯の太さは0.3、0.5、0.7mmと幅広い太さから選べるのもうれしいポイント。また、金属グリップを採用したデルガード タイプLxも登場しており、より低重心になっているのでブレにくく安定した文字を書くことが可能です。

「ゼブラ デルガード 」の評判・口コミ

ほんとうに折れないのにはびっくり!おかげで集中力も折れません。
主力のシャーペンは全部これに変えました。

出典:Amazon.co.jp: ゼブラ シャープペン デルガード 0.5 P-MA85-P ピンクのにゃんこさんのレビュー

もう、折れない。
そんな言葉を聞いて、最初は「いや折れるだろー(笑)」なんて思っていましたが、とんでもないです。
ぐっと押し付けるとしっかり先端が出て芯を守ってくれます。また、ノック部分も金属製で高級感があり、色合いなどもとても気に入りました。
とてもおすすめのシャーペンです。

出典:Amazon.co.jp: ゼブラ シャープペン デルガード 0.5 P-MA85-BL ブルーの佐々木 真さんのレビュー

まとめ

おすすめの折れないシャーペンランキングはいかがでしたでしょうか?どのアイテムも優れた仕組みで芯を守ってくれるものばかり。1度使用したら普通のシャーペンに戻れないこと間違いなしです。値段もそれほど高くないので試しに購入してみるのもおすすめ。

是非あなたのスタイルに合った折れないシャーペンを見つけてくださいね♪

この記事に関連するキーワード