最終更新日:2017年01月10日 | 511views

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

  • C9ca1e82a9544b619f93cf2d149eb66b0201afaf
  • C3b9c82278bb43ca647a5fb271279a9d16f0845f
  • 8b06f80a1536877a5004e42bb73e0c4b0f4d418d
  • D820438922a74aec48797e7e096d0ed3671f6fda
  • 38f4ee09c00d1888cfc513cfbcd0773dddb8ae91

腸内環境の改善や便秘の解消、ダイエットにも効果のある「オリゴ糖」。現在では低カロリーのため糖尿病対策としても注目されていたりします。しかし市販のオリゴ糖商品は種類も様々ですので、どれを選べばいいのかわからないと思っていませんか?

そこで今回はオリゴ糖の効果と選び方を解説したうえで、市販されている人気のおすすめオリゴ糖商品を6つご紹介していきます!安全性の高いものばかりですので、赤ちゃんや妊婦の方も安心して飲むことができますよ。ぜひ参考にしてみてください♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

オリゴ糖の基礎知識

便秘やダイエットなど様々な健康効果があるといわれているオリゴ糖ですが。実際のところどういった成分なのでしょうか?「糖」というからには甘味はどうなのでしょう?

気になることはたくさんありますが、まずはオリゴ糖について知っていきましょう。

オリゴ糖と砂糖の違い

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

砂糖はご存知のとおり、サトウキビからつくられていますね。一方オリゴ糖は野菜に含まれている糖分の一種です。含んでいる野菜はタマネギやゴボウなど多岐に渡り、少しずつ違いがあります。大きな特徴は、胃や小腸では消化されずに大腸まで届くということです。

大腸に存在する善玉菌・ビフィズス菌は糖をエサとして生きていますが、砂糖は小腸で吸収されてしまうので大腸まで届きません。オリゴ糖は大腸まで届くので、ビフィズス菌のエサとなり増殖をサポートします。

このようにして、オリゴ糖には腸内環境を整える作用があるのです。

オリゴ糖の効果

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

オリゴ糖を摂取することによりどのようなメリットがあるのでしょうか?驚きの効果をご紹介します。

便秘解消効果

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

善玉菌が減少した腸では正常な消化活動ができなくなり、便秘を引き起こします。そして老廃物が溜まると、むくみや冷え、血行不良などが発症し、膨満感・肌荒れが起こってしまいます。

前述のとおりオリゴ糖は、ビフィズス菌の増殖をサポートする働きがあります。腸内の常在菌のバランスを整え、きちんと排泄が行われる環境にしてくれるのです。またオリゴ糖自身にも、腸内の不要物を吸収し排出する効果があります。

ダイエット効果

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

オリゴ糖は砂糖よりも甘味が強いので、少ない量でしっかりと味付けができます。たとえば同じ強さの甘味を味わうにあたり、砂糖であれば大さじ4杯必要な場合、オリゴ糖であれば大さじ1杯で済ます。商品によって甘味の強さは異なりますが、オリゴ糖の量の方が圧倒的に少なくて済むのです。

カロリーも砂糖より低いので、同じ味付けにするのであれば砂糖よりもオリゴ糖を使用するほうがカロリーを抑えることができます。

オリゴ糖商品の選び方

ダイエットや便秘解消という、女性にうれしい効果がいっぱいのオリゴ糖。

しかし実はオリゴ糖には種類がたくさんあり、選び方にコツがいります。ポイントをおさえてしっかり効果を得られるオリゴ糖商品をゲットしましょう。

「難消化性オリゴ糖」がおすすめ

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

せっかく摂取するのだからしっかり効果を感じたいですよね。そんな方はオリゴ糖の種類に注意してみてください。

オリゴ糖は「消化性オリゴ糖」と「難消化性オリゴ糖」の2種類があります。この2つの内で、大腸まで届くのは難消化性オリゴ糖です。消化性オリゴ糖はカロリーは抑えられますが、小腸で吸収されてしまいますので便秘解消効果は期待できません。

便秘解消効果・ダイエット効果をしっかり実感したい方は、難消化性オリゴ糖が含まれているかブレンドされている商品を選択しましょう。

難消化性オリゴ糖

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

難消化性のオリゴ糖は5種類です。それぞれ効果が違いますので、商品を選ぶ際にはオリゴ糖ごとの特徴を知ったうえで購入しましょう。

■フラクトオリゴ糖:虫歯の原因菌の増殖を抑え、歯を健やかな状態に整えます。

■ガラクトオリゴ糖:ビフィズス菌を増殖させるので便秘や下痢に効果があります。乳製品アレルギーのある方は注意が必要です。

■ビートオリゴ糖(ラフィノース):腸内の悪玉菌を減少させます。免疫機能を活性化する作用もあります。

■キシロオリゴ糖:虫歯予防のキシリトールの原料になっているオリゴ糖です。オリゴ糖のなかでも優れた整腸作用があります。

■乳糖果糖オリゴ糖(ラクトスクロース):オリゴ糖の中ではもっとも甘味が強いです。カルシウムの吸収を促進する作用もあります。

オリゴ糖の含有量にも注目しよう

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

薬の飲めない赤ちゃんや妊婦さんですが、便秘に悩まされることが多いようです。そんな場合にもオリゴ糖がおすすめですが、より安全に気をつけたいですね。商品名に「オリゴ糖」と記載があっても、成分のほとんどが砂糖や合成甘味料ということもあります。

表示をよく確認し、オリゴ糖の含有率が高いものを選びましょう。また、消費者庁から許可を得た証である「トクホ(特定保健用食品)マーク」をひとつの目安とするのも手です。

効果で選ぶ!オリゴ糖ランキング3選

便秘改善やダイエット、それによる美肌効果などたくさんの効果を期待できるオリゴ糖ですが、どんな商品が人気なのでしょうか?今回は高い効果を実感できたと評判の商品とより安全性の高い商品を、タイプ別にランキング形式でご紹介します。

まずは、実際に効果があったという商品の上位3位の発表です。オリゴ糖の種類や配合のバランスにこだわり、効果を実感できる商品がランクインしました。ぜひチェックしてくださいね。

3位:独自のブレンドと安全素材が人気の秘密「ハグクミプラス はぐくみオリゴ」

超濃密な5種のオリゴ糖を厳選 はぐくみオリゴ 150g
3,200円(税込)

内容量:150g
1日あたり5~10g:約122~245円

5種類のオリゴ糖がお互いを補いながら働く

オリゴ糖の種類は多岐に渡り、もちろん働きは個々で違います。代表的な働きとしてビフィズス菌のエサとなり、善玉菌を活性化させるというものがあります。ビフィズス菌にもいくつかの種類があり、オリゴ糖の種類によってはオールマイティに菌に作用するものと特定のものにしか作用しないものがあります。これは他のオリゴ糖では補うことができません。

そこで、「はぐくみオリゴ」では何種類ものオリゴ糖の研究を重ね、厳選した5種のオリゴ糖から黄金比ともいえるブレンドを配合しました。それぞれの効果を助け合いながら作用するので、腸内環境の改善にまんべんなく働きかけてくれます。

効果がギュッと凝縮のオリゴ糖100%!

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

「はぐくみオリゴ」に配合されている成分は「ガラクトオリゴ糖」「キシロオリゴ糖」「ラフィノース」「フラクトオリゴ」「乳化オリゴ」のみです。5種のオリゴ糖の黄金バランスは前述のとおりですが、添加物・着色料はもちろん、安定剤も配合していません。

1日あたりの推奨量は5~10gですが、効果を重視する方は商品中のオリゴ糖の割合が気になるところだと思います。「はぐくみオリゴ」はオリゴ糖100%でできており、効果をしっかり得ることができそうですね。

「ハグクミプラス はぐくみオリゴ」の評判・口コミ

便秘は改善されたので腸内細菌を整えて免疫力を高めるために、はぐくみオリゴ毎日続けてます!インフルエンザ対策として。

出典:お客さまからのお声(はぐくみオリゴ)|便秘解消等の口コミ多数

甘さがちょうどよいので紅茶に入れて毎朝飲んでいます。産後も便秘にならずすっきりです。

出典:お客さまからのお声(はぐくみオリゴ)|便秘解消等の口コミ多数

2位:効果もコスパも抜群だから続けたい!「塩水港精糖 オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ」

塩水港精糖 オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ 6g×15本
488円(税込)

内容量:90g
1日あたりスティック1包:約32円

難消化性のオリゴ糖で効果抜群!

「オリゴのおかげ ダブルサポート」に含まれているオリゴ糖は「乳果オリゴ糖」です。牛乳とサトウキビから得られる難消化性のオリゴ糖で、消化されずに大腸まで届きます。乳果オリゴ糖はオリゴ糖の中では甘味の強いタイプですが、カロリーは砂糖の半分ほどです。

砂糖の代わりに料理やお菓子作りに使えば、甘味を損なうことなくカロリーオフが実現できます!

カルシウムの吸収促進効果あり!

「オリゴのおかげ ダブルサポート」をカルシウムを含む食品と一緒に摂取すると、カルシウムの吸収を促進する効果があります。商品名の「ダブルサポート」はここからきているんですね。ヨーグルトにかけたり牛乳を入れたカフェオレに混ぜたりすれば、お腹の調子を整えながらカルシウムも効率的に摂取できます。

1日1本約32円という続けやすい価格なうえ、外出先でも使いやすい個包装タイプですので根強いリピーターがいるのも納得の商品です。

「塩水港精糖 オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ」の評判・口コミ

お腹の調子や健康のために、ヨーグルトやハーブティーに入れています。熱い紅茶などに入れてすぐは、少し白くなったりだまができることがありますが、よく混ぜればとけます。味もくせがなく砂糖よりすっきりしていて好きです。

出典:Amazon.co.jp:オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ 6g×15本:ドラッグストア

半信半疑で救いを求めてみたのですが、一週間後くらいから便が緩くなり、一日一回、一日出ない時は次の日にしっかり二日分出るようになりました。とても喜ばしいことです。

出典:Amazon.co.jp:オリゴのおかげ ダブルサポート 顆粒タイプ 6g×15本:ドラッグストア

1位:圧倒的実力で売り上げNo.1「北の快適工房 カイテキオリゴ」

カイテキオリゴ
3,000円(税込)

内容量:150g
1日あたり5g:約94円

善玉菌の生息域に着目!隅々まで働きかける

「カイテキオリゴ」もすでにご紹介した「はぐくみオリゴ」のように、複数のオリゴ糖をブレンドしている商品です。

「カイテキオリゴ」には4種類のオリゴ糖(ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖)が配合され、いずれも難消化性・天然由来のものです。それぞれのオリゴ糖がやはりお互いを補い合いながら働くので、約30種類の善玉菌に作用します。

特筆すべきは、腸内の善玉菌の生息域を判断して働くということです。善玉菌は菌によって好む場所があります。「カイテキオリゴ」のオリゴ糖は、自分と相性のよい善玉菌の居場所を察知して積極的に向かっていくことができるのです。

水分バランスも調整しすっきり感アップ

腸内環境を整えるためには、腸内フローラの改善といった善玉菌と悪玉菌のバランスが重要とされますが、もう一つ大切なことがあります。それは腸内の水分バランスを整えることです。水分が抜けて固くなった便は排泄しづらく、便秘になってしまうのもうなずけますね。

「カイテキオリゴ」は必要な水分を便に与える成分も配合し、効率の良い水分確保を実現しました。これにより便を柔らかい状態に整え、排泄しやすい状態に整えてくれます。

腸内フローラと水分バランスの両面でサポートしてくれる点が期待大です。甘味も強くなく食べ物の味を変えないので、飲料に混ぜて摂ることもできますね。

使い切れる嬉しさ!最後のひとさじまでさらさら

オリゴ糖食商品として販売されている粉末は数多くあります。

これまでに購入した方の中で、最後の方になると粉が溶けて規定量を測れなくなってしまったという経験をしたことがあるのではないでしょうか?途中で使えなくなってしまうのはとても残念ですね。特に複数のオリゴ糖を配合した商品は吸湿性が高く、固まりやすいのです。

しかし「カイテキオリゴ」は特別な処理を施すことで、最後までさらさらの状態が続きます。1日あたり100円以下の商品ですが、余すことなく使い切れるのはうれしいことですね。

「北の快適工房 カイテキオリゴ」の評判・口コミ

妊娠中に飲んでいて効果は感じていたので、便秘気味になった時に子どもにミルクに混ぜて飲ませるために購入。嫌がらずに飲んでくれましたし、飲んだ後はすっきり出ました☆

出典:【楽天市場】『カイテキオリゴ』150g(約1ヵ月分)

妊娠6ヶ月です、毎日ホットミルクに混ぜて飲んでますこのおかげなのか、毎日ちゃんとお通じがあります。無くなったらまたリピします。

出典:【楽天市場】『カイテキオリゴ』150g(約1ヵ月分)

安全性の高いオリゴ糖ランキング3選

健康を気遣って摂るものですから、より安全性には気を配りたいものです。特に妊婦さんや赤ちゃんなど、便秘薬や整腸剤を使用できないという理由からオリゴ糖商品に興味を抱いている方も多いでしょう。

こちらでは、特に安全性において信頼のおけるオリゴ糖商品をランキング形式でご紹介します。

3位:高コスパながら高い安全性「NICHIGA(ニチガ) フラクトオリゴ糖」

内容量:500g
1日あたり5g:約24円

出典:monipla.jp

NICHIGA(ニチガ) フラクトオリゴ糖 500g (計量スプーン付)
2,444円(税込)

内容量:500g
1日あたり5g:約24円

こだわりの原料とこだわりのパッケージング

今回ご紹介している商品のなかでは、1回あたりの金額が最も安価な商品です。安いということは魅力を感じる一方、品質に不安を感じる方もいるでしょう。しかし、ニチガの「フラクトオリゴ糖」は上質なオリゴ糖を使用しているのでご安心ください。

「フラクトオリゴ糖」はサトウキビ由来のオリゴ糖で、長く食用として使用されてきました。もちろん難消化性のオリゴ糖です。さらに厚生労働省が許可した農薬のみを使用しているため、栽培の段階から安全な商品です。

品質を損なうことがないように、遮光性・防湿性・ガスバリア性に優れたチャック付スタンドアルミパッケージを採用しています。

赤ちゃんにも安心!粉ミルクにも使われるオリゴ糖

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

「フラクトオリゴ糖」は赤ちゃんの粉ミルクメーカーも甘味料として使用しています。

意外かもしれませんが、赤ちゃんの便秘に悩むお母さんは多いんです。お腹が張って苦しむ赤ちゃんの様子をみてかわいそうに思っても、薬を与えることに抵抗を感じるでしょう。そんなときは、粉ミルクにも使われている本商品を使用してみてください。薬とは違った自然なお通じを期待できます。

甘味も強くないので、ミルクに溶かしても赤ちゃんは違和感なく飲むことができます。

「NICHIGA(ニチガ) フラクトオリゴ糖」の評判・口コミ

胃腸が弱くて便秘や下痢を繰り返す方、顔や手足に湿疹の出来やすい方にお勧めです。自分の場合は、無糖のヨーグルトに混ぜて一日2回ほど食べています。定期的にお通じがあるので胃がむかむかしたり、便秘で困ることもなくなりました。

出典:Amazon.co.jp:フラクトオリゴ糖 500g (計量スプーン付)

何か調子が良くなったように感じます。私は毎日、ココアに入れて飲んでます。価格も手ごろで無くなったらまたリピしようと思ってます

出典:Amazon.co.jp:フラクトオリゴ糖 500g (計量スプーン付)

2位:長きにわたる経験が生んだ安全なオリゴ糖「nichei(ニチエー) ミルクオリゴ糖」

nichei(ニチエー) ミルクオリゴ糖 200g 5ccスプーン付 UB
2,160円(税込)

内容量:200g
1日あたり4g:約43円

高純度のオリゴ糖で残留農薬試験もクリア

「ミルクオリゴ糖」は牛乳や乳製品から摂れるオリゴ糖です。古くから食用として使用されており、安全が確認されているオリゴ糖ですが、ニチエーのオリゴ糖はさらに安全にこだわった商品です。

厚生労働省による残留農薬の試験をクリアし、さらに不純物を取り除いた97%の高純度オリゴ糖です。安心して腸内環境の改善のために摂取することができますね。

熱に強く活用場面が幅広い

ミルクオリゴ糖の耐熱温度は120℃です。熱による分解をほとんど受けないので、飲み物に溶かすだけではなく煮物などの日々の食事に気軽に取り入れることができます。

味に関しては、砂糖の甘味の半分以下と抑えめなので料理の味を変えてしまうこともありません。乳酸菌と一緒に摂取すると効果をより実感できますので、ヨーグルトはもちろんみそ汁に溶かして摂ることも効果的です。

「nichei(ニチエー) ミルクオリゴ糖」の評判・口コミ

ヨーグルトにかけて食べています。2日ほどでお腹の張りがなくなり、ガスも軽減しました。いつもお腹に不快感があったのですがそれがなくなり気持ちがいいです。今まで乳酸菌やオリゴ糖などいろいろ試しましたが、ミルクオリゴ糖はすごいですね!

出典:【楽天市場】ミルクオリゴ糖 200g

便秘が酷くいつも下剤がかかせません。生理前は特に酷くなるので困っていました。しかし、このオリゴ糖を飲むようになってからは以前より軽くなったと思います。自分の体に合ったオリゴ糖が見つかって本当に嬉しいです。

出典:【楽天市場】ミルクオリゴ糖 200g

1位:シンプルな処方で愛用者多し「NICHIGA(ニチガ) 天然ビートオリゴ糖」

NICHIGA(ニチガ) 天然ビートオリゴ糖 200g入り
1,480円(税込)

内容量:200g
1日あたり5g:約37円

厳しい自然の中で育まれたオリゴ糖

ラフィノースとも呼ばれる「ビートオリゴ糖」は、北海道で多く栽培されるビート(甜菜)から摂れる難消化性のオリゴ糖です。ビートは秋になると次第に気温が下がる北海道の気候に合わせて、凍結を防ぐために細胞内に糖を蓄え始めます。この糖がビートオリゴ糖です。

このようにニチガの「ビートオリゴ糖」は、北海道の過酷な環境で生き抜く植物のたくましさと知恵をもとに商品化されたオリゴ糖商品なのです。

合成剤不使用!世界レベルの高純度オリゴ糖だから安全

一般に販売されているオリゴ糖商品の多くは、オリゴ糖の含有率が30%と半分以下です。他の部分は砂糖などの甘味料で補うので、オリゴ糖の効果が得られないのはもちろんカロリーを抑える効果も期待できません。

しかしニチガのオリゴ糖は、商品成分の98%が天然のオリゴ糖です。添加物や砂糖が入っていないのは、安心して使用するために重要なポイントですね。

さらに北海道の厳しい環境の中で育った「ビートオリゴ糖」の高い純度を誇っています。世界的に見てもハイレベルな商品です。

カロリーも甘さも控えめで活躍の場が多い

「ビートオリゴ糖」のカロリーは砂糖の約半分、甘味は2割ほどで、料理や飲み物の味を変えないほどのほのかな甘みです。さらに熱にはもちろん酸にも強いオリゴ糖ですので、活躍の場は幅広くあります。

メーカーのおすすめはご飯を炊く際に混ぜる方法です。お米1合に対して1~3gのオリゴ糖を混ぜて炊くと、艶と旨味がぐっとアップするそうですよ。

「NICHIGA(ニチガ) 天然ビートオリゴ糖」の評判・口コミ

ネット上に数ある商品の中でこちらの商品が断トツのナンバーワンです☆天然オリゴ糖を続けたいけど値段が高いときになっている方におすすめですよ!

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー

市販の便秘薬は自分に合わなかったようで下痢やめまいがあり、また、薬局でも売っているシロップ状のオリゴ糖は甘すぎたためこちらを注文。あんまり甘くない!飲み物にもすぐ溶ける!2日続けてお通じがありとってもhappyです

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー

オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖商品のおすすめ人気ランキング6選

オリゴ糖は熱に強く、調理に使っても砂糖と同じように使用することができます。しかし使いやすい反面、過剰摂取は下痢を引き起こすことがありますので、大人でも1日あたり大さじ1杯が目安です。

また、朝食後に摂取するのがより効果を実感できるタイミングです。ヨーグルトに混ぜたり、朝のコーヒーに砂糖替わりに入れたりするなど工夫しながら続けてみましょう。

まとめ

ひとくちにオリゴ糖といってもたくさんの種類があり、さらに商品によってそれぞれ特徴がありましたね。

オリゴ糖自体は腸内環境の改善やダイエットなど、上手に選んで使用すればうれしい効果が期待できるものです。自分のライフスタイルや使用目的に合わせてぴったりの商品を選びましょう!

この記事に関連するキーワード