最終更新日:2017年01月10日 | 10092views

【使いやすい!】おすすめのカメラバッグ12選

  • A7e3c6f2038e0cd0e3f0f1ee5bf25a1e48cc3403
  • 0bd22c0c8d6ac67748db2d49a629ad6546610339
  • 6f90b987f1ff05cd0fb5c00f619084b3652d248b
  • 1a16f971761ab797a9cca516d5bc101e912aa6f0
  • 4e6ceb2c20a9547f3afc1d7ce04fe275c8607e39

一眼レフやミラーレスなどのカメラにハマッたら、次に買いたくなるのが「カメラバッグ」ですよね。でも、リュックタイプ・ショルダータイプ・メッセンジャータイプ・キャリーバック・インナーケースなど種類が豊富で、小型のものから三脚も収納できる大容量タイプ、防水などの機能性が高いものもあり、一体どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね

そこで今回は、人気があるカメラバッグの価格や性能・口コミなどを比較し、メーカー別におすすめの商品をご紹介したいと思います。選び方のポイントも解説するので、最近デビューしたばかりのカメラ女子からカメラ歴の長い方までぜひご参考ください!おしゃれでかっこいい・かわいい、お気に入りのバッグを見つけて、街歩きや旅行などで大活躍させちゃいましょう♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

カメラバッグの選び方

デジタル一眼レフやミラーレスなどレンズ交換式のカメラにハマるようになると、カメラバッグが欲しくなってきますよね。カメラバッグはただカメラを入れて運ぶだけのものではなく、カメラやレンズを整理・保護し、写真撮影がスムーズに行えるようにサポートしてくれる大切な道具の一つです。

そこで、まずはカメラバッグの選び方をご紹介したいと思います。これから紹介するポイントをチェックし、あなたに合ったカメラバッグを選んでいきましょう♪

1.デザインが好みであること

いつも持ち歩くものですから、バッグのデザインが好みかどうかは重要なポイントの一つです。おしゃれなカメラバッグなら持ち歩くモチベーションも上がりますが、そうでなければせっかく購入しても日の目を見る機会が少なくなり、撮影する写真にも影響が出てしまうかもしれません。

ただし、どんなにおしゃれで気に入ったデザインのカメラバッグでも、機能性が劣っていれば使いにくくて不便ですよね。後術する機能性とデザインのバランスを取ることも、非常に大切です。

2.カメラバッグのタイプが撮影スタイルに合っていること

カメラバッグと一口に言っても、様々なタイプがあります。

たくさんの機材を運び込んでどっしり腰を据えて撮影するのであれば、リュックタイプやキャリーバッグタイプが良いですし、カメラをサッと取り出せるようにしたい場合は、ショルダータイプやメッセンジャータイプ、ウェストバッグタイプが便利です。

以下では、カメラバッグの主なタイプとそれぞれの特徴をご紹介しますので、自分の撮影スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

ショルダータイプ

カメラバッグの中で最もポピュラーなタイプで、カメラバッグと言えば肩掛け・斜め掛けで使用するこのタイプを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ポピュラーな分ラインナップも非常に豊富で、デザインもカジュアルなものやカメラ女子向きのもの、高級感溢れる革張りのものなど幅広く、大きさもカメラ1台+交換レンズ1本程度の小さなものから、カメラ2~3台+レンズ数本が入るような大きなものまで用意されているので、自分に合ったデザイン・大きさのものが探しやすいです。

ショルダーバッグの長所は、何といっても機材の出し入れのしやすさとレンズ交換のスムーズさ。カバンからスッと出せる便利さと携帯性で、ちょっとした街歩きやお出掛けにはなくてはならないバッグです。

ただし、どうしても左右のどちらかに負担が掛かるので、肩や腰を痛めている人には不向きです。大きなサイズのバッグになると、長時間の移動やカメラを肩にかけたままでの撮影には不向きというデメリットもあります。

リュックタイプ(バックパックタイプ)

ショルダータイプに次いで多いのが、リュックタイプです。見た目は普通のリュックサックでありながら、しっかりとカメラを保護して収納・携行できるのが特徴です。大きさも幅広く用意されており、本体+数本のレンズやアクセサリを収納できる小型のものから、カメラやレンズ、三脚といった撮影機材だけでなく旅行の荷物なども一緒に入れられる大型のものもあります。機材が増えてきてショルダータイプでは足りなくなってきたら、このタイプを選ぶと良いでしょう。

またリュックタイプは大きく分けて、「1室タイプ」と「上下2室タイプ」があります。1室タイプは全スペースに撮影機材を収納することができます。上下2室タイプは下部にカメラ機材を、上部に他の荷物を入れることができます。

リュックタイプは背負うことで両手が完全にフリーになり、ショルダータイプと違って左右のどちらかに負荷が掛かることがないため、体への負担も比較的小さくなります。特に上下2室タイプは上部に着替えなどを入れておくこともできるので、本格的な登山や旅行など、長距離の徒歩移動で体への負担を極力減らしたいシーンで重宝します。

ただし、一旦リュックを降ろさなければ機材を取り出せないため、頻繁にカメラやレンズを出し入れするには不向きで、大型のものは人混みや混雑する公共交通機関では動きにくく周りの方の迷惑になりやすいという欠点があります。アウトドアで撮影を行いたい方にはおすすめです。

メッセンジャータイプ(ボディバッグタイプ)

体にピッタリと密着させ、斜めにたすき掛けして使用するタイプです。バッグ部分を背中で固定するため一見リュックタイプと同じように見えますが、必要な時にはクルッとバッグを胸の前に回すことができ、ショルダータイプとリュックタイプの良いところを併せ持ったバイブリッドタイプとも言えるでしょう。

体に密着するため機動性が高く、自転車やバイクでの移動を行う方に愛用者が多いです。町歩きにも便利ですよ。

ただし、サイズはどうしても小型~中型になるので、レンズをいくつも持ち歩いたり、超望遠レンズなどの大型レンズを収納することはできません。気軽に持ち歩きたい方、多くても本体+レンズ2~3本程度までしか携行しないという方にはおすすめです。

トップローディングバッグタイプ

出典:lowepro.jp

レンズを装着したカメラだけを、レンズを下向きにして縦に収納できるタイプのカメラバッグで、ショルダータイプやウェストバッグタイプのように肩に掛けたりお腹に固定するタイプが多いです。

基本的にはズームレンズを装着して収納し、レンズ交換は行わない前提のものが多いですが、製品によっては小物が収納できるポケットがついているものや、1~2本のレンズなら収納できるものもあります。

過酷な環境下で頻繁にカメラを出し入れしながら撮影をし、埃や雨、雪からカメラの保護をするという使い方をするため、登山やロッククライミング、雪山やバイクツーリングなど、環境がハードで携帯する機材も制限されるというシーンで活躍します。逆に、町歩きなど日常の中での写真撮影に敢えてこのタイプを選択する意味はあまりありません。

ウエストバッグタイプ

出典:shop.vic2.jp

腰にベルトで装着するタイプのカメラバッグです。バッグが体の後ろ側に回るものは「ヒップバッグ」と呼ばれることもあり、メッセンジャータイプのように敢えて斜め掛けで使用する方もいらっしゃいます。

リュックタイプと同じように両手を自由に使うことができる上、サッと取り出して撮影ができるという利便性の高いタイプですが、入れられるのはカメラ本体+交換レンズ1本程度と収納力が低く、ファッションとのコーディネートが難しい場合もあります。

ただし、両手がフリーになるので山歩きや町歩き、サイクリングやツーリングなどのアウトドアにちょっとカメラを持って行こうというときには重宝します。

多目的タイプ

上記でご紹介した様々なタイプを使い分けられる2WAYや3WAYのカメラバッグです。

シーンに合わせてカメラバッグを使用できるのが最大の魅力ですが、中にはどのタイプの機能も中途半端で、他のタイプのバッグより機能と使い勝手が良いものを探すのに苦労することがあります。

バッグのサイズは中型以下のものが多いので、シーンによってはサブバッグとして使用することができるなど、様々な活用方法があります。

キャリーバッグタイプ

たくさんのカメラやレンズなどの機材を収納できる、プロカメラマンやハイアマチュア御用達のタイプです。

ローラーが付いていて移動に便利で衝撃にも強く、飛行機や電車を乗り継いでの長距離移動に向いています。ただし、本格的な撮影旅行や海外旅行には重宝するものの、価格が非常に高くかなり大袈裟なバッグなので、初心者の方や日常でカメラを楽しみたいという方には全く必要がないものです。

3.バッグのサイズ・容量が合っていること

カメラバッグの容量に余裕があったり外ポケットなどの収納が多いと、財布やスマホ、飲み物など、普段のお出掛けの荷物も一緒に収納できて一石二鳥です。では、大きめのカメラバッグを選べば良いのかと言うと、一概にそうとも言えません。

大き過ぎるカメラバッグはバッグそのものの重量もありますし、機動力も落ちてしまいます。また、カメラバッグは大きくなるほどスタイリッシュさが失われていく傾向もあります。特にミラーレスの場合は一眼レフよりも小型なので、一眼レフユーザと同じカメラバッグでは大き過ぎる場合もあります。

機材を増やす予定があればある程度余裕のあるサイズを選ぶのも手ですが、お持ちのカメラや用途に合わせて適切なサイズのカメラバッグを選ぶようにしましょう。

4.荷室の仕切りも確認しよう

カメラバッグのタイプによっては、カメラ本体やレンズを一つ一つ包み込んで収納できるよう、荷室にクッションが付いた仕切りが取り付けられています。

この仕切りが可動式であれば、一眼レフでもミラーレスでもしっかりと本体やレンズを固定することができ、傷がついてしまうのを防ぐことができます。

5.機材が出し入れしやすいこと

機材を出し入れしやすいか、つまりレンズ交換が素早くできるかどうかもカメラバッグ選びでは非常に重要です。開口部を広く開けることができ、立ったままでもスムーズに機材を出し入れすることができるものを選ぶようにしましょう。

6.衝撃に強く、防水・防塵機能の付いたものが安心

カメラもレンズも、衝撃や水、塵は大敵です。クッション性のある衝撃に強い作りのもので、撥水加工された生地を使っていたりレインカバーが付属しているなど突然の雨にも対応できるものを選びましょう。

デザインも機能も申し分ないのにバッグの素材そのものにクッション性がないという場合は、後述のインナーケースを利用するという方法もありますよ。

7.インナーケースという選択肢

インナーケースとは、カメラバッグから荷室だけを取り出したようなクッションケースで、「インナーボックス」や「インナーバッグ」と呼ばれることもあります。

カメラバッグの荷室の仕切りが足りないときやサイズが大き過ぎるときに、インナーケースを入れることでカスタマイズできますが、何よりの利点は手持ちのバッグをカメラバッグとして利用できるようになる点です。

カメラやレンズに重量があるので使用するバッグにもある程度の強度が必要になりますが、カメラバッグを購入するよりはるかに安価ですし、お気に入りのバッグやよりおしゃれなバッグを使いたい方におすすめです。

MOUTHのおすすめカメラバッグ3選

ここからは、7つのメーカー別におすすめのカメラバッグをご紹介していきます。色々な商品が登場しますので、初めてカメラバッグを買うカメラ初心者さんからカメラバッグの買い替えを検討している方まで、ぜひご参考ください!

まずは、MOUTHのおすすめカメラバッグをご紹介します。

出典:mouth-jp.com

MOUTH(マウス)は、2009年に大阪梅田のスニーカーショップの片隅で誕生した、新たなカメラバッグの形を提案するバッグブランドです。スニーカーショップで商品の撮影をしているときに感じた「なぜおしゃれなカメラバッグがないのか?」というふとした疑問から、「ありそうでないモノ」をテーマにファッション性と機能性が両立したカメラバッグを提案しています。

おしゃれにも妥協したくないカメラ女子からの人気も高いブランドです。

バケットマウス MSB09112

カメラバッグ MOUTH ショルダーバッグ バケットマウス
7,560円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ
【カメラバッグ】上辺約31cm×底辺約28cm×底面奥行約14cm
【ショルダーストラップ】65~129cm
【インナーケース】上辺約33cm×底辺約21.5cm×底面奥行約12cm×高さ約14cm
・素材:900デニールナイロン、合成皮革
・本体重量:約590g

タフで可愛いカメラバッグ

2016年に発売されたばかりの、ちょっとお散歩に行くときなどに気軽に持ち歩けるコンパクトでデザイン性が高いカメラバッグです。

生地はしなやかで強度のあるものが使用され、底板も付いているので型くずれしにくく、付属のインナーケースも四角ではなく舟形をしているため、バッグの内側にピッタリとハマってバッグの形に影響しません。せっかく可愛いカメラバッグを購入しても、カメラの重量やインナーケースのせいで四角く変形してしまったら悲しくなってしまいますが、そんな心配は不要なバッグです。
また生地が丈夫な上、背面にキャリーケースのハンドルを通せるので、旅行にも安心して持って行くことができます。

コンパクトなのに収納力抜群!

インナーケースの中の2枚の仕切り板はマジックテープを使った可動式なので、デジタル一眼レフでもミラーレスでもカメラ1台と交換レンズ2本、カメラと小物類など、カメラのサイズや収納方法に合わせた収納が可能です。

インナーケースの巾着を閉じておけば、上に長財布を入れることも可能です。
バッグの中にファスナー付のメッシュポケットが1つ、外にポケットが1つ、そして蓋の外側にファスナー付のポケットが2つと収納も多く、特に蓋の外側はレンズキャップや予備のメディアを入れておくのにピッタリ。

目立たないので見落としがちですが、肩当てにもマジックテープ式のポケットがついていて、こちらにはiPhone6などを収納することができます。

カラーバリエーションが豊富で性別を選ばない

カラーは人気定番の4色に底面にシンセティックレザーを採用した5色が新たに加わった9色展開で、デザインも一見カメラバッグには見えないので、最近デビューしたばかりのカメラ女子からカメラ歴の長い男性まで、性別や年齢、ファッションを問わず使用しやすくなっています。恋人や夫婦、家族間での兼用にも最適です!

「MOUTH バケットマウス MSB09112」の評価・口コミ

カメラバッグっぽくなく使えるところがスゴく良いです!色味もバッチリでした!

出典:Amazon.co.jp: カメラバッグ MOUTH 一眼レフ おしゃれ ショルダーバッグ ミラーレス バケット...の今村さんのレビュー

Delicious mark-1

MOUTH 日本製 カメラバッグ 一眼レフ ショルダーバッグ ミラーレス Delicious mark-1
17,820円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ
【カメラバッグ】幅約30cm×高さ約17.5cm×奥行約12.5cm
【インナーケース】(底面)幅約28cm×高さ約13.5cm×奥行約12cm(最上面)幅約32cm×奥行約14cm
・素材:8号帆布、ターポリンES200(裏地部分)
・本体重量:約670g(+インナーケース約140g)

丈夫で高品質!使い込むほど味の出る素材を採用

生産工場はもちろんのこと、使用する素材も日本製にこだわった純国産カメラバッグです。

素材は跳び箱などにも使われるキャンバス8号帆布という丈夫な生地を使っており、底面やパイピングには牛本革が使用されています。どちらも高品質で耐久性が高く、使い始めは固さを感じますが使えば使うほど柔らかく馴染んでくる経年変化を楽しめる素材です。

バッグの内部をジッパーなどで閉じることができませんので、激しい雨に降られると隙間から雨が入り込んでしまう恐れはありますが、キャンバス8号帆布は防水性が高いので多少の雨では中まで染みてしまうことはありません。

クラシカルで飽きのこないデザインとカラーバリエーションも豊富なので、カメラ女子だけでなく男性でも違和感なく持つことができます。

ミラーレスにおすすめの収納量

インナーケースは「バケットマウス MSB09112」と同じくバッグにピッタリサイズの舟形で、仕切りは可動式です。持ち歩く機材がカメラと交換レンズ1本だけならインナーケースの空いたスペースに二つ折り財布程度も収納できますが、開口部に奥行がないので「バケットマウス MSB09112」のように長財布を入れるのは難しいです。

ミラーレスと交換レンズ1~2本程度を持って撮影に行く場合や、普段のお出掛けグッズに加えて念の為カメラも持って行きたいときなど、気軽なお出掛けにピッタリのカメラバッグです。
バッグの内部にファスナーポケットと3つの小ポケット、フロントと蓋の表裏両方にそれぞれファスナーポケットが付いています。どのポケットも平面的で小さめなのでたくさんは入りませんが、レンズキャップやスマホは十分収納することができます。

インナーケースの高さは内部のポケットよりも低く設定されているので、インナーケースを入れてもポケットへのアクセス性は損なわれません。

ちょっとした気遣いが嬉しい使いやすさ

蓋の留め具は、片手で開閉しやすいスナップボタンとマジックテープの両方が付いており、収納量が少ないときはスナップボタンを使用しますが、収納量が増えてスナップボタンに届かなくなってしまっても、マジックテープで留めることができます。

また、背面にはサッとバッグを手に取りたいときや、ショルダータイプでのレンズ交換の際に意外と便利な持ち手がついているなど、ちょっとした嬉しい工夫が施されています。

「MOUTH Delicious mark-1」の評価・口コミ

バッグは、丁寧な作りで、頑丈。たくさんポケットもあってとても機能的です。それでいて、見た目はすっきりしています。
インナーケースもマジックテープで仕切りが自在に変えられたり、底板が動かないようになっていたりして、シンプルながら工夫ありのケースです。

出典:【楽天市場】チカオ3さんのMOUTH マウス カメラバッグ 日本製 ショルダーバッグ インナーケースセット Delicious mark-1 pack デリシャスパック MJS11019 MJC12024 [一眼レフ/ミラーレス/おしゃれ/レンズ2本/帆布/キャンバス/MadeinJAPAN/保護/船形/舟/兼用/男女兼用/かわいい/カメラ女子](BOSTON CLUB 楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ

Delicious 106 トートバッグMサイズ

MOUTH 日本製 カメラバッグ 一眼レフ トートバッグ 106トート Mサイズ
15,444円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ
【カメラバッグ】幅約45cm×高さ約30cm×奥行約18cm
【ショルダーストラップ】約61~110cm
【インナーケース】(底面)幅約28cm×高さ約13.5cm×奥行約12cm(最上面)幅約32cm×奥行約14cm
・素材:8号帆布、ターポリンES200(裏地部分)
・本体重量:約980g(+インナーケース約140g)

抜群の収納力!デジタル一眼レフカメラ+レンズ2本を入れてもまだ余裕

「Delicious mark-1」と同じキャンバス8号帆布製のトート型カメラバッグです。

A4サイズが楽々入るMサイズは、デジタル一眼レフカメラ本体と交換レンズ2本、それもズームレンズや広角レンズもすっきり収納できる舟形インナーケースを入れてもまだ余裕。さらに財布やスマホ、化粧ポーチ、ペットボトルなど必要なものをどんどん収納できるので、本当にこのバッグ一つで出掛けることができます。ポケットもバッグの内側に2つ、外側に3つ、大きめのものが付いています。

とにかく収納力が高いので、インナーケースを外して普段使いできるのはもちろんのこと、旅行でも大活躍間違いなし。取り外し可能な敷板も付属しており、これを使用すれば収納したカメラや荷物がより安定して楽に持てます。また、付属のショルダーストラップを付ければ肩掛けも可能です。

セキュリティ対策も雨天対策もバッチリ

トートバッグを使用するときは、カメラバッグでなくてもその大きく空いた口がセキュリティ上不安に感じられることがありますが、Delicious 106 トートバッグには上蓋ファスナーがついているので、その点でも安心です。

ゲリラ豪雨など激しい雨の中では、上蓋とバッグのフチの隙間から雨が入り込んでしまう恐れがありますが、キャンバス8号帆布製とインナー素材に使用されている防水性・耐候性の高いESターポリンのお陰で、多少の雨ならへっちゃらです。

小振りなSサイズもおすすめ

がっしりとした耐久性の高い作りで収納力も抜群のDelicious 106 トートバッグですが、それゆえに本体重量とインナーケースの重量を足すと約1,120gとショルダータイプとしてはちょっと重め。これにカメラや荷物の重量が加わるので、人によっては長時間使用し続けるのが辛くなってしまうかもしれません。

もう少し収納力を下げても良いのであれば、Mサイズと同じサイズのインナーケースが付属しているSサイズもおすすめです。こちらはB5サイズ以下であれば収納が対応可能で、ポケットの数はMサイズと代わりありません。

「MOUTH Delicious 106 トートバッグMサイズ」の評価・口コミ

外出や旅行時の手荷物をこれ1つのみにしたい為あえて大きいものを選びました
思ったより大きめですが中にカメラ、レンズはもちろん水筒や傘、タオル、財布等を入れられるので使い勝手がいいです。

出典:【楽天市場】購入者さんのMOUTH マウス カメラバッグ 日本製 トートバッグ インナーケースセット 106トートパック Mサイズ MJT13032 MJC12024 [一眼レフ/ミラーレス/おしゃれ/レンズ2本/帆布/キャンバス/MadeinJAPAN/保護/船形/舟/兼用/カメラ女子](BOSTON CLUB 楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ

Manhattan Portageのおすすめカメラバッグ1選

次に、Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

Manhattan Portageは1983年にニューヨークで誕生し、「A Bag For Everyone」「New York Tough」をコンセプトにクールで頑丈、実用的な鞄を生み出し続けているバッグブランドです。シンプルで可愛過ぎないクールなデザインを好む男女に人気で、特に学生を中心に支持されています。真っ黒なボディに赤いロゴがワンポイントでついたバッグを街で見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

そんな長い歴史があり変わらぬ支持を集め続けているManhattan Portageがついにカメラバッグを出す!2013年にその情報が発表されたときには、カメラ愛好家の間でも話題になりました。

Gracie Camera Bag MP1545

[マンハッタンポーテージ] Manhattan Portage Gracie Camera Bag MP1545
12,960円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ
【カメラバッグ】縦18cmx横28cmx幅11cm
【ショルダーストラップ】全長134cm
・素材:(メイン素材)ナイロン(表地)ナイロン(留め具の種類)デルリンバックル
・本体重量:450g

軽量なのにタフなナイロン製カメラバッグ

無駄を省いたシンプルで機能的でありながら、デザイン性も高いManhattan Portageらしいカメラバッグです。公式では「メッセンジャーバッグ」とされていますが、実際にはショルダータイプのように肩に掛けたり斜め掛けをして使用します。

軽量なナイロン製ですが、使用されているのは耐久性の高いコーデュラナイロンで、裏地にも耐水性のある420Dナイロンが使用されているなど、「軽いナイロン製」と聞いて連想するような「ペラペラの弱いバッグ」ではなく、ハードな使用にも耐えうる耐久力を持っています。

収納力はミラーレスやAPS-C機向け

荷室には可動式のクッション材入りの仕切りが2枚付いており、収納する機材によって仕切り方を自在にアレンジできます。仕切りには高さがあるので、仕切り1枚を使用して2室にする場合、残った仕切りを簡易的な内ポケットとして使用するなど面白い使い方もできますよ。

フルサイズのデジタル一眼レフカメラはレンズを外さなければ収納できず、小型フルサイズでもキツく感じられますが、ミラーレスやAPS-C機であればサイズにもよりますが、本体+交換レンズを収納してもまだ余裕が感じられます。
荷室の中に2つのポケットがついており、蓋を開けたバッグのフロント部分に1つとバッグの両サイドにも小さなものが1ずつの計3個ファスナーポケットが付いています。どのポケットも必要なときに中身をサッと取り出しやすいので、スマホや財布、レンズキャップなどを入れておくのに便利です。

静かに開閉できるバックルを採用

蓋の開閉にはデルリンバックルが採用されており、開ける際には片手で行うことができ、ベルクロ(マジックテープ)のように開閉の度にベリベリと音がしてしまう事もありません。

また、ショルダーストラップは金属製のDカン仕様で取り外し可能です。別売りのショルダーパッドを取り付けて肩への負担を軽減させても良いでしょう。

シンプルながらも機能的で、ユーザの好みにアレンジしやすいタフで軽量な、使いやすいカメラバッグです。

「Manhattan Portage Gracie Camera Bag MP1545」の評価・口コミ

SONY ミラーレスカメラ(単焦点付き)と交換ズームレンズ1本、長財布、iPhoneを入れられて、サイズはイメージ通りでした。デザインもカメラバッグらしくなく、普段も持ち歩く様にしました。

出典:【楽天市場】購入者さんの【日本正規品】マンハッタンポーテージ Manhattan Portage カメラバッグ 一眼レフ ショルダー マンハッタン メンズ レディース ショルダーバッグ MP1545【あす楽対応】【送料無料】楽天 ポイント10倍 10P05nov16(gallery of GALLERIA) | みんなのレビュー・口コミ

赤いタグが印象的なマンハッタンポーテージらしいシンプルで飽きのこないデザインだと思います。
小型の一眼レフを入れるのに丁度良い大きさで、女性でもバランスよく身に着けられるのではないでしょうか。

出典:【楽天市場】Rabbit123さんの【日本正規品】マンハッタンポーテージ Manhattan Portage カメラバッグ 一眼レフ ショルダー マンハッタン メンズ レディース ショルダーバッグ MP1545【あす楽対応】【送料無料】楽天 ポイント10倍 10P05nov16(gallery of GALLERIA) | みんなのレビュー・口コミ

DOMKEのおすすめカメラバッグ3選

出典:tiffen.com

次に、DOMKE(ドンケ)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

「カメラバッグといえばDOMKE」と言われるほど、有名で根強い支持を受けているブランドです。新聞社の報道カメラマンであったJim Domkeが、軽量・コンパクトで体によく馴染み、バッグを掛けたまま走り出すことができるようなカメラバッグを求めて、自宅のガレージで試作を繰り返して作り出したところが始まりです。このコンセプトが世界中の報道カメラマンから爆発的に支持され、現在に至っています。

クッションやパッドを限界まで削ることによりシンプルで高い収納力と軽量さを実現し、コットンキャンバス生地であるからこそ自分で修繕や洗濯機での丸洗いも可能と、他社のカメラバッグとは全く違った方向性を持つカメラバッグブランドです。使い込むほどに味が出る、デニムや革製品のように経年変化を楽しめるのもDOMKE製品の魅力です。

F-2

DOMKE ショルダーバッグ F-2
24,698円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ:(外寸)40×17×23cm(内寸)35×15×22cm
・素材:コットンキャンバス(BBのみバリスティックナイロン)
・本体重量:約1.2kg

収納力ピカイチ!これ一つで旅行にも行けるカメラバッグジプシー最後の砦

DOMKEの中で最も定番のカメラバッグであり、多くのカメラユーザに「最後はここに辿り着く」とまで言われているのがこのF-2です。

デジタル一眼レフカメラ2台とレンズ4本は余裕で入り、2泊程度の旅行であればカメラも旅行の荷物も全てF-2の中に入れることができるくらいの収納力があります。報道カメラマン向けに、ペン挿しも付いているんですよ。
ポケットはフロントに大きく深いものが2つ、サイドにミラーレスが入るサイズのものが蓋付きで1つずつ、背中部分にも1つ、そして蓋の裏側にファスナーポケットがついており、どれも大きなポケットなので、スマホや予備のメディア、長財布、タブレット、レンズやストロボなど、思いつくものはほぼ全て収納できると思って良いでしょう。

体にフィットして使いやすい

カメラバッグそのものの重量は1kgを越えていて、これに荷物を入れると肩への負担が大きそうですが、柔らかく体にフィットするため重さが緩和され、ショルダーストラップの滑り止めもしっかりしているので機動力が損なわれません。

また、ショルダーストラップのベルトはストラップの両側についており、肩掛けでもたすき掛けでも、右利きでも左利きでもバッグを掛けたままスムーズに長さの調節を行うことができるようになっており、持ち方を変えたときなどにもサッと体にフィットさせることができます。
素材はベーシックなコットンキャンバスの他に、耐久性と耐水性の高いワックスウェア、コットンよりも引き裂き強度があって汚れに強く撥水性能も備えたバリスティックナイロン(BBブラック)の3種類が用意されているので、好みやファッションに合わせて選ぶことができます。なお、ワックスウェアにはお手入れ用ワックスも付属しています。

「DOMKE F-2」の評価・口コミ

サイズからは想像できないほどの機材を詰め込むことができ、なおかつ軽量。
このカメラバックのよさは使ってみなければ分からないかもしれない。

出典:Amazon.co.jp: DOMKE ショルダーバッグ F-2 11.5L サンド 700-02Sのよしぽんぽんさんのレビュー

F-5XB

DOMKE ショルダーバッグ F-5XB
12,881円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ:(外寸)25×12×18cm(内寸)23×12x17cm
・素材:コットンキャンバス
・本体重量:約0.5kg

小型でもしっかり入る機能的なカメラバッグ

F-2ほどの収納力は必要ないという方、ミラーレスや小型一眼レフをお使いの方には、DOMKEのカメラバッグの中で最小クラスのF-5XBがおすすめです。

小型の一眼レフカメラ本体1台と交換レンズ2本程度を収納でき、ポケットは荷室とフロントに1つずつついており、荷室のものは7インチのタブレットが入るサイズ、フロントのものは縦に入れたスマホやICカードの頭が出るくらいの深さです。

クッション&可動式の仕切りもしっかり搭載

小型でF-2のように他の荷物をクッション代わりに使えない分、F-5XBはフロントとバッグ部分にクッションが入っています。

F-2のようにインナーボックスが付属しているのではなく、可動式の仕切りが2枚付属しているので、携行するカメラやレンズに合わせて仕切りを移動させたり、スペースを空けて小物を収納することもできます。

底面には底板も入っているので、荷物を入れても安定します。サイドからの衝撃だけは気を付けましょう。

小型ならでは!ウェストバッグタイプにも変身可能

F-5XBの蓋はカメラバッグの裏側でスリットになっており、この部分に別売りのベルトを取り付けてウェストバッグ・ヒップバッグとして使用することもでき、バイクや自転車での移動に便利です。ベルトは5cmと幅広でしっかりした作りになっていて、ウエストも100cmまで調節可能です。

使い方次第でちょっとしたお散歩から目的を持った撮影まで、小型ながら幅広く活躍できるカメラバッグです。バッグそのものの重量も500gと軽量なので、ご夫婦やカップルでの共有も可能です。

「DOMKE F-5XB」の評価・口コミ

さすがDOMKE、予想以上に使い勝手の良いカメラバッグだと感じました!!
他の方のレビューにもありますが、コンパクトなサイズながらバッグの中に旅行のガイドブックや手帳、携帯電話にペンを収納出来て本当に便利です。

出典:Amazon.co.jp: DOMKE ショルダーバッグ F-5XB 3.9L サンド 700-52Sのricohファンさんのレビュー

新品で購入したのは、15年ほど前のことですが、まだ現役で使ってます。
飽きのこないデザインかつロングセラー商品なので長く使えるのでしょう。
使い込むほど味が出てくるところもいいですね。

出典:Amazon.co.jp: DOMKE ショルダーバッグ F-5XB 3.9L ブラック 700-52Bのmonoさんのレビュー

F-3X

DOMKE ショルダーバッグ F-3X
19,800円(税込)

・ショルダータイプ
・サイズ:(外寸)34×18×26cm(内寸)24×14×22cm
・素材:コットンキャンバス(BBのみバリスティックナイロン)
・本体重量:約1.0kg

特殊な作りでありながらも自由度の高い荷室

デジタル一眼レフカメラ1台と交換レンズ2~3本ほどを収納することができる、F-2とF-5BXの中間サイズです。

荷室は3つに分けられており、左右それぞれに70mmのレンズでも余裕で入るスペース、中央に可動式の仕切りが付いた広いスペースが一つ取られています。左右にスペースが取られているため、中央のスペースには広さがありませんがその分深さがあり、70~200mmの大口径ズームレンズを立てて入れても余裕があります。

カメラ本体と標準レンズ、望遠レンズ、単焦点レンズを同時に収納することもできるので、多くのシャッターチャンスに対応できる装備を携行することができます。

iPadもスッポリ!安心してお出掛けできる収納力

本体の両サイド、バックとフロント、そして蓋の裏側にも大きなポケットが付いています。両サイドのポケットは蓋付きで、500mlのペットボトルが2本入る広さ・深さがあるので、クッション性はありませんがサイズによっては交換レンズも収納可能。フロントのポケットにはiPadがすっぽり入ります。

さすがに旅行バッグにもできるF-2ほどの収納力はありませんが、荷室以外の収納もたっぷり取られているので、カメラ本体と交換レンズの他にストロボや予備バッテリー、財布やスマホなど、撮影やお出掛けに必要なものは一通り入れることができます。

ちょっとしたときに便利なハンドル付

F-3Xのショルダーストラップと本体を繋いでいるDカンには、ショルダーストラップだけでなく手さげ用の持ち手も付いています。置いていたカメラバッグをサッと持ち上げたいときや、掛けていたカメラバッグの位置を変えたいときなど、ちょっとした瞬間に非常に便利です。

持ち手が蓋ではなく本体のショルダーストラップを繋げるDカンに付けられているので、持ち上げた瞬間に蓋が空いて中身が散乱してしまうという悲劇と無縁なのも嬉しいですね。

「DOMKE F-3X」の評価・口コミ

とにかく軽いし、頑丈で、たっぷり入ります。耐久性もデザインも文句なし。
レンズ付き一眼レフ1台、交換レンズ2~3本、サイドのポケットにメンテ用具、バッテリー等。小物がまだまだ入ります。
これまで色々なバッグを使ってきましたが、これが最高に良いです。

出典:Amazon.co.jp: DOMKE ショルダーバッグ F-3X 7.3L サンド 700-30Sののんびりぃさんのレビュー

ボディーとレンズ4本は入ります。サイドにポケットがあるので、電池やドリンクを入れられるので使い勝手はいいですよ。肩に掛けても、赤く鬱血することなく、利用できます。

出典:Amazon.co.jp: DOMKE ショルダーバッグ F-3X 7.3L サンド 700-30Sのさゆりさんのレビュー

Manfrottoのおすすめカメラバッグ2選

次に、Manfrotto(マンフロット)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

Manfrottoはイタリアの三脚メーカーです。Manfrottoのカメラバッグの存在は知らなくても三脚や雲台を愛用しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。Manfrottoは三脚メーカーでありながら、実は様々な場面にマッチするカメラバッグも展開しているんですよ。

MB MS-BP-IGR Street バックパック

Manfrotto カメラリュック Streetコレクション MS-BP-IGR
13,655円(税込)

・リュックタイプ
・サイズ:(外寸)高さ46cm×横幅28cm×奥行15cm(内寸)高さ45cm×横幅27.5cm×奥行10cm(ノートPC収納スペース)高さ45cm×横幅27.5cm×奥行3cm
・素材:ナイロン、合成繊維
・本体重量:1,100g

一般的なリュックサックにもできる上下2室タイプ

タウンユースとしても十分に使用できる、一見カメラバッグには見えないストリートカジュアルなデザインの四角いリュックです。

インナーは迷彩柄で、上段が小物など、下段がカメラの収納部になっている一般的な上下2室タイプのカメラバッグですが、上段と下段を分けているファスナーを開けることで1室になり、カメラがないときには普通のリュックサックとして使用することもできます。

防水性はありませんが、ナイロン部分には撥水加工されているので、土砂降りには対応できないものの小雨程度なら怖くありません。

最低限の撮影機材と撮影小物をバッチリ収納!

下段のカメラ収納部は取り外しできるボックスになっており、ボックス内の大小5枚の仕切りも可動式なので、収納するカメラやレンズに合わせて最適なセクションに分けることができます。デジタル一眼レフカメラなら標準レンズ付の本体と交換レンズ2本ほどの収納力がありますが、望遠レンズの収納は難しいので大荷物になる場合には不向きです。
上段はB5サイズまでなら何でも収納できるスペースですが、四角い形なので一般的なリュックよりもキレイに収納しやすいです。蓋側にはペン挿しや、小物を収納できるポケットが背中側にもポケットがついています。

背面には15インチ程度までのノートパソコンを収納できるスペースも用意されています。ノートパソコンやタブレットはもちろん、折らずに収納したいA4サイズの書類にもピッタリです。
外側には、上段と下段の蓋部分とサイドにそれぞれ1つずつファスナーポケットが付いており、スマホやバッテリー、予備メディアやフィルター、パスケースや財布などのお出掛け小物なども整理しておきやすいです。

左サイドには三脚を固定するストラップも付いています。左側のポケットに三脚を突っ込んで上側をストラップで固定する形になるため、ポケットに三脚を入れるのに抵抗のある方やポケットはポケットで収納したいものがある方には不向きですが、50cm程度までのトラベル三脚なら上手く支えられます。

体にフィットして重さを感じさせないデザイン

カメラに交換レンズにノートパソコンに小物にと、たっぷり収納すると心配になるのが重量ですが、ショルダーストラップが肉厚で体にフィットする形に作られているので、重さを感じさせず疲れにくくなっています。背面もメッシュ素材になっているので通気性がよく、長時間背負っていても蒸れにくいです。

胸元にはショルダーストラップを固定するベルトが付いているのですが、Dカンにベルトを通して留めるタイプなので、パチンと留めるタイプと比べると着脱に手間が掛かってしまいます。体に負担のかからない作りのリュックなのでベルトは留めなくても支障ありませんが、ベルトを簡単に着脱したい方には少し不便かもしれません。

「Manfrotto MB MS-BP-IGR Street バックパック」の評価・口コミ

思っていた通り、軽く、使いやすい収納。デザインも色もタウンからアウトドアどちらにも合う。

出典:Amazon.co.jp: Manfrotto カメラリュック Streetコレクション 12L 15インチPC...の林 孝至さんのレビュー

カメラ用ではない上部スペースも、バッグサイズの割には大きめで、500mlペットボトルも縦に入れることができます。
背中側には15インチが入るノートPCスペースもあり、デザインも普段使いできるレベルだと思います。
2気室タイプの、軽い撮影用バッグとして、オススメです。

出典:Amazon.co.jp: Manfrotto カメラリュック Streetコレクション 12L 15インチPC...のすぺんさーさんのレビュー

MB PL-3N1-25 スリングバックパック

Manfrotto マンフロット MB PL-3N1-25
27,994円(税込)

・リュックタイプ
・サイズ:(外寸)高さ46cm×横幅26cm×奥行26cm(内寸)高さ44cm×横幅22cm×奥行16cm(ノートPC収納スペース)高さ40cm×横幅20cm×奥行4cm
・素材:ナイロン
・本体重量:1,650g

考え抜かれた収納設計が秀逸

黒と赤の組み合せが非常にクールな上下2室のリュックタイプのカメラバッグです。

身の回りのものを収納できる上段は、リュックの上部からガバッと開けることができるので視認性がよく、ものを取り出すためにリュックを寝かせる必要がありません。蓋部分のファスナーポケットを含め3つのポケットが付いていますが、大きく開く開口部のお陰で背中側のポケットに入れたものも非常に出し入れしやすくなっています。

外ポケットは右サイドに2つ、左サイドに1つと、フロントにも大きなものが2つあり、サイドポケットはフィルターや予備メディアなど細々したものを、フロントのポケットは充電器など少しかさ張るものを収納しておくのにピッタリ。背面にはノートパソコンの収納スペースも用意されています。
下段のカメラ収納部は、レンズを付けたカメラ本体と交換レンズ3~4本が入るくらいの収納力があります。下段の左サイドにはファスナーがついていて、レンズを装着したメインカメラは基本的に左サイドに収納するようになっており、可動式の仕切りを動かすことでズームレンズを装着した本体でも収納できるようになっています。
また、三脚を装着するためのコネクションが付属しており、これを使用することでフロント部分に三脚を取り付けることができます。フロントのポケットは外側から開閉するので、三脚を付けていても全く影響ありません。

3WAYでメインカメラへのアクセスが抜群!

※写真は、少し大きなPL-3N1-35のものですが、PL-3N1-25でも使い方は変わりません

さらなる特徴として、このカメラバッグはそのまま背負うだけでなく、胸元でショルダーストラップをクロスさせて重量を分散させる背負い方や、スリング(肩掛け)など3通りの持ち方ができるようになっています。

スリングは利き腕を問わず左右どちらでもできるようになっていますが、左サイドが上になるようにリュックを体の前に持ってくれば、リュックを降ろすことなく素早くカメラの出し入れが行えます。もちろんそのまま背中に回してメッセンジャータイプのように背負っておくこともできます。

「一旦降ろさなければアクセスできない」というリュックタイプのデメリットを克服した、本当に使いやすいリュックタイプです。

専用レインカバー付属で雨の日も安心

生地には特別なコーティングで撥水加工されたものが採用されており、小雨や霧程度なら心配無用です。専用のレインカバーも付属しているので、畳んでカメラバッグのポケットに収納しておけば、突然ゲリラ豪雨に襲われても機材をしっかり守ることができます。

この専用レインカバーはUVプロテクト加工されており、雨の日だけでなく直射日光で黒いカメラバッグの中が高温になってしまう心配のあるときにも、機材をオーバーヒートから守ってくれます。

「Manfrotto MB PL-3N1-25 スリングバックパック」の評価・口コミ

以前はKATAの3N1の20を使っていましたが少し用量が足りなかったのでこちらに買い換えました。収納ポケットも増えて、作りもしっかりしていて重宝しています。あと、三脚ホルダーも最初から付いているのはいいですね。

出典:【楽天市場】購入者さんの【送料無料】【あす楽対応】【即納】 マンフロット MB PL-3N1-25 Pro-light PL 3N1-25 スリングバックパック(写真屋さんドットコム) | みんなのレビュー・口コミ

縫製も雑さはなく、ポケットやワンスリングにもなる多機能的なところ等は満足です。一眼レフ2台(レンズ付き)+小物でも十分収納可能です。

出典:【楽天市場】購入者さんの【送料無料】【あす楽対応】【即納】 マンフロット MB PL-3N1-25 Pro-light PL 3N1-25 スリングバックパック(写真屋さんドットコム) | みんなのレビュー・口コミ

chromeのおすすめカメラバッグ1選

次に、Chrome Industries(クローム・インダストリーズ)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

Chrome Industriesはメッセンジャーバッグのブランドです。アメリカはコロラド州で暮らしていた二人の男性がガレージで最高の素材を使用したシンプルで実用的なメッセンジャーバッグを作り始めたのが始まりです。現在はアーバンサイクルカルチャー発祥の地であるサンフランシスコに拠点を移し、プロのメッセンジャーやアーバンサイクリスト、自転車通勤者など、自転車とともに都市で生きる人たちのためのタフなバッグやウェア、シューズなどを展開しています。

NIKO Nylon Black BG-134

[クローム] CHROME ショルダーパック NIKO BG-134
11,055円(税込)

・メッセンジャータイプ
・サイズ:縦39cm×横22cm×幅15cm
・素材:1,000デニールナイロン
・本体重量:1,090g

格好良くて機能的なデザイン

まさかカメラが入っているとは思えないくらい格好良いデザインのメッセンジャータイプのカメラバッグです。

ショルダーストラップを留める金属製のバックルが特徴的ですが、これは車のシートベルトと同じ仕様で、ワンタッチでカチッと付け外しできます。長さ調節が非常に簡単で、少し緩めてバッグ部分をくるっと前に持ってくると、バッグを降ろさなくてもカメラの出し入れを行うことができます。
ストラップが太めでバッグが体にしっかりフィットするので機材を入れても肩への負担も少なく、自転車でも歩きでも使用できます。さらに、脇には細いサブストラップも付いていて、これを留めることで安定感が増します。うっかりショルダーストラップが緩いまま自転車で悪路を走っても、バッグが跳ねたりズレてしまうことがありません。

ただし、おしゃれな金属製バックルはこれだけでかなり重量があり、バッグを肩掛けすると胸の中心辺りに来るため、首から下げたカメラがバックルに当たってしまうことがあり注意が必要です。

三脚も取り付けられる全天候型カメラバッグ

出典:mr-oldman.com

鞄の上部には持ち運びが楽になる持ち手が付いているほか、サイドには三脚を取り付けるためのかなりしっかりしたベルクロ(マジックテープ)も付いています。カメラバッグとのバランスを考えると、取り付ける三脚は縮めた状態で40cm前後のものがおすすめです。

生地には表裏にそれぞれ防水性・耐久性の高い素材が使用されており、下部には止水ジッパーが採用されているので、長時間雨に打たれても収納されている機材をしっかりと守ってくれます。ただし、上段のジッパーは止水ジッパーではないので、上段に限りここから雨水が浸入してしまうのが難点です。

メッセンジャータイプとは思えない高い収納力

Nylon Blackの収納は、リュックタイプのような上下2室になっています。

上段は小物や身の回りのものを収納できるスペースになっており、背面にはメッシュポケットも備え付けられています。見た目以上にたっぷり入り、上着や500mlのペットボトル、単焦点のような小型レンズを付けた中型一眼レフカメラも収納することができます。
下段はカメラ収納部です。レンズを装着したカメラ本体と交換レンズ3本は余裕で収納できるくらいに広々していて、レンズを1~2本しか入れないのであれば、ストロボや予備バッテリー、メンテナンス用品などを入れておくことができます。

右側にメインカメラを収納しておけばジッパーを全開にしなくてもカメラの出し入れが可能で、ジッパーを開けすぎて中身がこぼれ落ちてしまわないようにするためのベルトも付けられています。逆にジッパーを全開にすると、蓋部分にメディアやフィルタを収納しておくのにピッタリなポケットが現れます。

「chrome NIKO Nylon Black BG-134」の評価・口コミ

かついだ状態から瞬時に前に持っていきカメラを取り出せるのでいちいち鞄をおろす必要がないのは本当にありがたいです。
素敵な鞄なので、複数のレンズを持ち歩きながらカメラをさっと取り出し撮影するスタイルの他に、複数のコンパクトカメラを使い分けたりする特殊な使い方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp: [クローム] CHROME ショルダーパック NIKO BG-134-BKBK Bl...のmichaelさんのレビュー

Parcfermeのおすすめカメラバッグ1選

次に、Parcferme(パルクフェルメ)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

Parcfermeは、カメラグッズ専門サイトPhoto M(フォト・エム) のオリジナルブランドです。Photo Mでは、「カメラグッズはゴツくてダサイ」というイメージを覆す、おしゃれで性別を問わず使用できるカメラグッズを展開しており、おしゃれなカメラ男子・カメラ女子からの支持を集めています。

8号帆布の一眼用3Wayカメラバック

Parcferme(パルクフェルメ)8号帆布の一眼用3Wayカメラバッグ
6,980円(税込)

・多機能タイプ
・サイズ:(外寸)幅約31cm×高さ約18cm×奥行き13.5cm(内寸)幅約26cm×高さ約15.5cm×奥行き約10.5cm
・素材:8号帆布
・本体重量:約600g

ミラーレスユーザにおすすめ!一眼のサブバッグとしての利用もアリ

ショルダー・メッセンジャー・ウエストバッグの3WAYで使えるおしゃれなカメラバッグです。

8号帆布のナチュラルな風合いは性別を選ばず使用でき、アーシーな色使いで揃えられたカラーバリエーションはコーディネートにも合わせやすいです。
サイズは小型で、デジタル一眼レフカメラは小型なら標準レンズ付の本体+交換レンズ1本、中型~フルサイズならレンズ付本体のみ収納できますが、やはりこのバッグが一番生きるのはミラーレスでしょう。

ミラーレス機であればレンズ付の本体に加え、交換レンズも2本収納することができ、交換レンズの数が少ないのであれば、空いたスペースに財布やスマホを入れて気軽にお出掛けすることができます。カメラ本体は首に掛けてサブバッグとして使用するのであれば、大口径レンズ3本も収納可能です。

荷室には可動式の仕切りが2枚付けられており、底面には厚手の緩衝材が敷かれています。この緩衝材も折り畳み可能で、カメラが不要なお出掛けでもスリムなバッグとして使用することができます。

気遣いが見える工夫がされた使いやすいポケット

フロントに大きなポケットとパスケースを入れるのに丁度良いサイズのポケット、両サイドには330mlのペットボトルを挿しておくことのできるメッシュポケットが付いており、どれもジッパー式になっています。

フロントのポケットは内部に2つのメッシュポケットが付いているので、細々としたものがポケットの中で迷子になりにくい嬉しい仕様です。
背面には7インチのタブレットを収納できる専用スペースも用意されており、タブレットは持ち歩かないという人でも、ノートや手帳などを入れておくのに最適なスペースとなっています。長財布の収納にももってこいですよ。

人間工学に基づいたストラップで機材へのアクセスもストレスフリー

3WAYバッグを使う上で、使用しないストラップの扱いは気になるところですよね。

8号帆布の一眼用3Wayカメラバッグは、ショルダーストラップが取り外し可能なだけでなくウェストバッグのストラップをバッグの背面にスッキリと収納することができるので、どのタイプで使用してもシルエットが損なわれず、ストラップが邪魔になることがありません。
また、ウェストストラップは人間工学に基づいて少し角度を付けた設計になっており、体にピッタリとフィットするだけでなく、ウェストバッグとして使用してもメッセンジャーバッグとして使用しても機材へアクセスしやすくなっています。カメラ収納部には蓋がないので、急なシャッターチャンスにも慌てる必要がありません。

小型のカメラバッグとしては珍しくレインカバーが付属しています。レインカバーは荷室内部のポケットに収納することができるので、お守りとして入れておけば安心です。

「Parcferme 8号帆布の一眼用3Wayカメラバック」の評価・口コミ

ミラーレス用に購入しました。
おしゃれなデザインで気に入りました。思ったより収納力もあり、カメラ本体に交換レンズ2本、財布やその他小物類をまとめて入れても余裕があって、お出かけに大変便利です。

出典:【楽天市場】購入者さんのParcferme カメラバッグ カメラバック 8号帆布 3Wayカメラバッグ 一眼レフ ミラーレス ボディバッグ ミラーレス一眼 女子 おしゃれ カメラバック ショルダー バッグ ボディバッグ 男女兼用 カメラ女子 帆布【送料無料】532P17Sep16(カメラLIFE応援Shop -Photo M-) | みんなのレビュー・口コミ

PeakDesignのおすすめカメラバッグ1選

出典:twitter.com

最後に、PeakDesign(ピークデザイン)のおすすめカメラバッグをご紹介します。

クラウドファンディングを利用して、カメラクリップや多機能カメラストラップなどシンプルで機能的なカメラアクセサリを次々と開発しているPeakDesign。

そのビジネスモデルもさることながら、自身もアウトドアで撮影を行っている創業者のPeterが提案する、カメラ好きの「欲しい」を目一杯詰め込み既存の商品にありがちな不満を解消した商品が支持を集め、世界中にその名を轟かせています。

エブリデイメッセンジャー15インチ

PeakDesign エブリデイメッセンジャー 15インチ
35,400円(税込)

・メッセンジャータイプ、ショルダータイプ
・サイズ:(外寸)40.5cm×29cm×15cm(PC収納サイズ)32cm×22.5cm×2.5cm
・素材:(本体)Kodraナイロン-500d(本体ボトム)PVCコーティング済みPOLY素材-900d(インナー素材)EVAフォーム(ジッパー)YKK製プレミアム止水ファスナー
・本体重量:1.1kg

まさに機能美の塊!徹底的に追及された機能性の数々

クラウドファンディングサイトKickstarterで、史上最高額の486万ドル(約5.8億円)という出資を集めたことで話題を集めたエブリデイメッセンジャー。発売前にもかかわらずナショナルジオグラフィックのGear of the Year: Fall/Winter 2015を受賞するという快挙を成し遂げました。

「デザインとは問題解決である」という言葉もありますが、エブリデイメッセンジャーは、これまでのカメラバッグに対する不満を徹底的に解決する、まさに機能美の塊です。
まず、従来のカメラバッグは携行する機材が少ないとバッグそのものがかさ張ったり、逆に機材が増えてくると容量が足りなくなって、複数のカメラバッグを使い分けるのが当たり前でした。

しかし、エブリデイメッセンジャーの荷室に使用されている仕切りは取り外し可能なだけでなくマチの幅を自由に変更でき、収納する機材の大きさや量に応じてバッグの厚みを変えることができます。これにより、たくさんの機材を入れられるだけでなく、機材が少ないときやお出掛けバッグとして使用するときはシャープでスマートなシルエットを維持することができます。
仕切りは3枚なので、レンズ付のデジタル一眼レフカメラ本体と交換レンズ2本を収納することができます。仕切りは上部を折り曲げて屋根のようにすることもできるので、その上に上着やバッグの幅以下に縮められる小型の三脚を収納することもできるなど、見た目以上の収納力を持っています。ちなみに、それ以上の大きさの三脚はバッグのフラップ部分に取り付けられるようになっていますよ。

もちろんポケットもフロント部分にたっぷり付いており、背面には15インチのノートパソコンを収納できるスペースも用意されています。サイドにはPeakDesignの代名詞的な大ヒット商品「キャプチャーカメラクリップ」も装着できるようになっています。

閉め忘れも中身がこぼれる心配もない開閉ギミック

ささやかな部分だからこそストレスの有無がモノを言うのが蓋の開閉ギミックです。ベルクロ(マジックテープ)式のものは片手で開閉できるけど音がうるさく汚れや劣化が心配、バックル式のものは閉じるときに両手が必要になったり機材の出し入れに手間取りがち。そこでエブリデイメッセンジャーでは、マグネットとフックを組み合わせた独自のフラップを採用。

留め具がマグネットになっており、爪も付いているので留め具が触れるだけでカチッとロックされ閉め忘れの心配がなく、開けるときも片手でフックを持ち上げるだけと、開け閉めが非常に簡単で静かです。

収納の量によって留める場所を4段階で変えることができるので、携行する機材が増えても蓋が浮いて格好悪くなってしまう心配はありません。
さらに、鞄上部に取り付けられたジッパーを開ければ蓋を開けずに機材にアクセスすることもできるようになっています。

町歩きから登山まで幅広く活躍する、まさにエブリデイなメッセンジャー

レインカバーは付属していませんが生地は撥水加工が施されており、ファスナーも防水仕様なので、雨が降っても安心です。

ショルダーストラップは肩への負担を軽くするクッション材が入れられた幅広なもので、ショルダーバッグとしてもメッセンジャーバッグとしてもワンタッチで体にフィットするように伸縮させることができます。メッセンジャータイプとして使用するときは、さらにしっかりとバッグを体に固定するためのサブベルトも内蔵されているので、自転車に乗るときはもちろん、海岸や登山など水濡れやバッグの揺れが心配な環境でも安心して使用できます。

今回ご紹介したカメラバッグの中で群を抜いて高価格ですが、それだけの価値は十分にあるのでぜひ使ってみて欲しい商品です。

「PeakDesign エブリデイメッセンジャー」の評価・口コミ

カメラバッグとしては今までで一番使いやすいと思います。
色々なギミックが満載で本当に使い勝手をよく考えている商品だと思います。カメラバッグとしてだけ宣伝するのはもったいない、「カメラも入る、優れた収納・機能性のメッセンジャー」だと思います。

出典:Amazon.co.jp: PeakDesign エブリデイメッセンジャー 15インチ チャコール BS-BL-1のgaussman_xさんのレビュー

まとめ

いかがでしたか?

カメラバッグは撮影スタイルや機材の量によって、合うものが一人一人違います。自分がカメラを持って行きたい場所や撮影している様子などを想像しながら、最適なものを選ぶようにしましょう。シーンに応じて複数のカメラバッグを使い分けるという方法も有効です。

おしゃれで自分に合ったカメラバッグがあれば、今まで以上にカメラを持って出掛けたくなりますよ♪

この記事に関連するキーワード