最終更新日:2017年02月13日 | 3616views

【狙い目車種はどれ?】中古軽自動車のおすすめ人気ランキング10選【2017年最新版】

  • 22780d5043968e5f4c140befe49b26acb1d17550
  • Ee41cea5f53bf6bf0e38b2ef278ba0557454a3aa
  • 0756e9ff05033dbf5bafc6ea3e3437da0db5aea8
  • 192e3db3f0f84efa47adb0c9e864369289999a62
  • 2d999fbd431aea4364f3aaaa9df89bd10020e176

中古車販売の中でも大人気の軽自動車。いろんなモデルが出ていて選ぶのも楽しいですよね。中古で軽自動車を購入しよう!と思っても、日産・三菱・ホンダ・トヨタ・スバル・マツダ・ダイハツ・スズキと様々なメーカーが存在し、どの車を選べばいいのかわからないというかたも多いのではないでしょうか。

そこで今回は中古軽自動車の選び方を解説したうえで、相場・価格・人気などから厳選したおすすめの中古軽自動車をランキング形式でご紹介しますよ!この記事を読めば、お気に入りの1台と出会える可能性がグンと上がります♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

中古軽自動車の選び方

中古車市場でも人気のある軽自動車は、販売店でも多くの車種を取り扱っています。選択の多さが魅力の一つですが、いったい何をポイントにして選べばよいのか悩むところでもあります。

まずは中古軽自動車の選び方のポイントとなる4点をご説明します。

走行距離は年間1万キロペースを目安に

中古車市場において、車の価値を決める一つの目安となるのが総走行距離です。総走行距離とは車が製造されてから現在までに走った距離の事で、一般的に5万キロをボーダーラインに価値が変わると言われています。中古車市場でも5万キロ以内の軽自動車は比較的価値が高く、高値で取引されています。

ですが、一口に5万キロと言っても、車によっては10年で5万キロの場合もあれば2年で5万キロの場合もあります。そこでもう一つ目安になるのが年間の走行距離です。車のエンジンというのは走行距離が多すぎても少なすぎてもダメージを受けてしまうものなので、通常は1年間で1万キロペースで走行するのが理想です。

年式と照らし合わせて、年間1万キロペースで走行してる軽自動車を選ぶのがおすすめです。

車の状態をじっくり見る

近年では大手中古車販売店の公式サイト等からインターネットで気軽に中古車を購入できる時代となりました。わざわざ店頭に出向かなくても購入できるため便利ですが、現物を一度も見ずに契約を交わしてしまうのは大変危険です。そもそも中古車とは誰かが所有していた車ですので、大なり小なり汚れや傷と言ったものがあるものです。

購入後に後悔しないためにも実際に車を見せてもらい、塗装の状態や内装の汚れなど気になるところは全て細かくチェックをしておきましょう。できればエンジンをかけさせてもらったり、シートのリクライニングなどの動かせる部分は全て動かしてみると良いでしょう。また修復暦などの確認も忘れないようにしましょう。

燃費の良さを選ぶなら5年以内の年式がおすすめ

中古軽自動車を選ぶなら燃費の良さも選ぶポイントに入れたいところです。例えばガソリン代が150円/Lとした場合、20km/Lの軽自動車にかかる1年間のガソリン代はおよそ9万円(年間12000kmで算出)で、これが30km/Lの軽自動車の場合になるとおよそ6万円となり、その違いは年間3万円ほどの差になります。

月に換算すると1回程度余分に給油をするイメージとなるので、ガソリン代をなるべく抑えたい方はできる限り燃費の良い軽自動車を選ぶのがおすすめです。

軽自動車はアイドリングストップやエネチャージなどの採用によりここ数年でさらに飛躍的に燃費が向上していますので、中古車で選ぶなら5年以内の年式のモデルを参考にして選ぶと間違いが無いでしょう。

予算を抑えたいなら人気の裏をかく

中古車購入で気になるのはやはり購入価格では無いでしょうか。中古軽自動車と言えども人気の車種は100万円を越えるものが多く、気軽に購入するには敷居が高い場合もあります。販売店と値引き交渉する方法も良いですが、車種に強いこだわりがなければあえて不人気車種を狙い、予算を抑えるのも一つの方法です。

中古軽自動車の人気傾向として「年式が新しい」「室内空間が広い」「燃費が良い」「安全性能に優れている」「ボディカラーは白か黒」などが挙げられます。この傾向の裏をかけば想定していた価格よりも安い価格で中古軽自動車を購入することも不可能ではありません。

特にボディカラーは、白か黒とそれ以外の場合を比較すると数十万ほど差がある場合もありますので、狙った車種がある場合には白か黒以外のボディカラーを選んでみるのもおすすめです。

見積書はきちんと確認を

販売店と商談する上で欠かせないのが見積書です。本体価格や手数料などの諸経費が細かく書かれているもので、この見積書を見ながら最終決定をするケースがほとんどだと思いますが、その内訳は販売店によって異なります。特に手数料の部分は販売店によって大きく差がありますので、どの項目にどのくらいの経費がかかっているのかはしっかりと確認しておく必要があります。

悪質な中古車販売店ともなると販売価格を口頭のみで提示し見積書を出さないといったこともありますので、そういった販売店では契約しない方が無難です。

見積書の疑問点があれば細かく確認し、その対応が誠実であるかどうかも判断材料になります。

中古軽自動車のおすすめ人気ランキング10選

前半では中古軽自動車の選び方をご説明しましたがいかがでしたか?後半はおすすめの中古軽自動車をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

今最も人気のある中古軽自動車がどれなのか気になりますね!

10位:ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

平均販売価格:75.8万円

第3のエコカーとして登場、価格の安さが最大の魅力

出典:kakaku.com

ダイハツの主力ラインナップだった「ミラ」をベースにした、ハッチバック型の軽自動車です。ミラのカタログ落ち(新車のカタログに掲載されなくなること)と同時に新たにラインナップに加わり、価格の安さから人気があります。基本グレードはG・X・L・Dと4タイプあり、最も低いグレードのDを選べば新車でも80万円を切ってしまう驚きの安さです!

ダイハツが推進してきた「e:Sテクノロジー」を採用し、ハイブリッド車やクリーンディーゼル車に続く「第3のエコカー」として2011年の発売当初から注目されてきました。軽自動車トップクラスの燃費35.2km/Lを誇っていましたが、現在ではスズキ・新型アルトが発売され燃費№1の座を奪われる形になってしまいました。

とはいえ、価格の安さでまだまだ人気のある軽自動車ですので、できるだけ予算を抑えて購入したい方におすすめです!

「ダイハツ ミライース」の評判・口コミ

この車は本当に良い車ですね、後期モデルはFバンパーが私的にはスポーティーな感じがして良いですね!室内も前の普通車に比べれば広々してます!室内音も市道を走っている時はエンジン音当の雑音もしません(前の車に比べればです)!

出典:価格.com - 『『良』車です。』 ダイハツ ミラ イース 2011年モデル vagrancyさんのレビュー評価・評判

9位:スズキ アルト

平均販売価格:65.8万円

軽自動車No.1の低燃費を実現

スズキが1979年から製造を続けているアルトの8代目モデルとして、2014年12月に誕生した新型アルトです。街を走っていても一瞬で目を引く個性的なスタイリングが特徴で、これまでの女性的な丸いイメージを一新し、男性が乗っても似合うようなクールなデザインに変更されました。

徹底した車体の軽量化に成功し、軽自動車でNo.1の燃費37.0km/Lを実現。全グレードにフロントUVカット機能ガラスを採用するなど気になる紫外線対策にも配慮した作りとなっています。

個性的過ぎるデザインに好みが分かれるところですが、燃費・デザイン共におすすめな軽自動車です。

「スズキ アルト」の評判・口コミ

8位:ホンダ N‐ONE

平均販売価格:109.8万円

豊富なカラーバリエーションで選ぶのが楽しい

ホンダからNシリーズの派生車種として2012年に発売され大人気となった軽自動車です。ヨーロピアンテイストなスタイリングと豊富なカラーバリエーションから男性・女性共に支持が高く、中古車市場でも需要の高い軽自動車です。

デザインは同社のN360をベースとしており、丸いヘッドライトとラジエーターグリルでN360を感じさせる雰囲気が漂っています。高級感のあるインテリア・安定した走行性・燃費の良さと、どれも軽自動車の標準的水準を上回る性能で、予防安全性能評価において最高ランクを獲得するなど安全性にも優れています。

中古車市場でも値崩れしにくく、まだまだ高価格な傾向ではありますが、長い目で見た場合コストパフォーマンス的に優れた車と言えます。


「ホンダ N‐ONE」の評判・口コミ

丸い目に愛嬌のある外観は妻のお気に入りです。カラーがディープ・モカなので、子狸っぽいです。

出典:価格.com - 『購入後3年半が経ちました。主に妻が使用してます。』 ホンダ N-ONE 2012年モデル ジェイセン・ピエールさんのレビュー評価・評判

昔のクルマN360をイメージさせつつ、車高は高くして十分な広さを得ています。車高は低めに見える上手いデザインです。軽自動車に必要なものはこのGグレードで揃います119万円でオートエアコンまで揃います。これで装備は十分なもので、何一つ不足はありません。

出典:価格.com - 『Gグレードはオススメです。』 ホンダ N-ONE 2012年モデル 10年寝たろうさんのレビュー評価・評判

7位:ダイハツ ムーブ

平均販売価格:87.5万円

通勤・日常の買い物などフルに使える乗りやすい車

ダイハツを代表する軽自動車として人気のムーブ。1995年の初代発売開始以来モデルチェンジを繰り返し、時代と共に進化を遂げてきたハイトワゴンタイプの軽自動車です。走行性能・燃費に優れながらも、より室内空間の広いスーパーハイトワゴンタイプの車種に押され影を潜めがちになってしまいましたが、全てにおいて程々感のある心地よい車ですよ。

安定した走りをしてくれるので通勤・通学から日常のちょっとした買い物にもフルに使うことができ、自分の足のように気軽に運転することができるので行動の幅が広がります。

中古車市場では1995年の初代モデルから現行モデルまで幅広くある年式の中から選ぶことができますが、走行性能・燃費・安全性能に優れた現行モデル(2014年以降)を購入するのがおすすめです。

「ダイハツ ムーブ」の評判・口コミ

とりあえず最新の車で燃費がいいモノあとは見てくれが納得できるものそれだけで決めちゃいました とにかく驚いたのは燃費の良さ往復35キロほどの通勤に使ってますが21キロは走ります 前の軽が11しかはしらなかったので驚きです

出典:価格.com - 『思ったより いい車』 ダイハツ ムーヴ 2014年モデル にっこり もうすぐ定年さんのレビュー評価・評判

普段履きのスニーカーのような軽快さが良いです。
結構な力があります。街中では、難なく流れについて行くのが驚きです。

出典:価格.com - 『セカンドカーに最適』 ダイハツ ムーヴ 2014年モデル Dachikenさんのレビュー評価・評判

6位:スズキ ジムニー

平均販売価格:79.4万円

悪路走行を得意としたラダーフレーム構造

軽自動車の中でも一際異彩を放つ本格クロカン軽自動車、スズキ・ジムニー。オフロードなどの悪路走行を得意とし、今なおラダーフレーム構造で作られている唯一の軽自動車です!

1970年から製造されながらもフルモデルチェンジはたったの2回。1998年に2回目のフルモデルチェンジが行われた現行モデルは、約20年も続くロングセラーとなっています。3ドア仕様と不便ながらも中古車市場では人気が高く、常に品薄状態で値崩れしにくくなっています。無骨なボディと力強い走りが唯一無二の存在を感じさせ、固定ファンがいるほどです。

2017年に約20年ぶり3回目のフルモデルチェンジが囁かれているので、今後は中古車市場がどう動くのかが気になるところです。

「スズキ ジムニー」の評判・口コミ

車高調入れていた車からの乗り換えてで、初めは車両操作のフィーリングが、普通のものと違い戸惑いましたが、走って30分位でこんな感じか~とか、馴染んできました。手足を使ってこれを操作する、走らせるという事に楽しみ喜びを感じる人には、最高の車だと思います。

出典:価格.com - 『日常が楽しい実用車』 スズキ ジムニー 1998年モデル これから先さんのレビュー評価・評判

5位:日産 デイズ

平均販売価格:104.1万円

日産の軽自動車至上最高人気を記録!

親しみやすいスタイリングと日産の最新技術が搭載されたことで話題となったデイズは、発売わずか1ヶ月で30,000台を受注し、日産の軽自動車至上最高の受注ペースを記録した人気の軽自動車です!

「毎日を昨日までと違う楽しい日々に変えていく」をコンセプトに「デイズ」と名づけられ、軽らしからぬ力強い走りと躍動感のあるスタイリングが特徴です。

三菱自動車の燃費不正問題発覚で、同社と提携していたデイズも一旦販売中止となった経緯がありますが、認証を受けデーターを修正することにより再販開始となりました。燃費では他のライバル車種に見劣りする形となってしまいましたが、燃費を気にしない方にとっては購入価格が安かったり、使い勝手の良さから再販を待っていた方が多かったようです。

安全性能をフルに搭載、毎日の運転が楽しい

軽自動車で初の自動ハイビームアシストを採用したことで、暗い夜道でもいち早く歩行者や障害物を認識することが可能になりました。さらに衝突を回避するエマージェンシーブレーキも搭載しており、ペダルの踏み間違いによるうっかり事故を防いでくれるのが魅力です。

アラウンドモニターが縦列駐車をサポート、狭い駐車場でもすいすい駐車することが可能。他にもデイズだけの特別な装備がたくさんあり、毎日運転するのが楽しみになる車です!

「日産 デイズ」の評判・口コミ

ハイウェイスターX乗りですが、燃費は20kmは常に達成していますし、走行安定性も抜群に良いです。

出典:価格.com - 『良い車ですよ〜』 日産 デイズ 2013年モデル デイズ乗りさんのレビュー評価・評判

ハイウェイスターのブランドイメージによるものが多いでしょうが、他の軽にありがちな、いかにもDQNが好みそうなチープなカッコよさではなく、上品なカッコよさがあると思います。

出典:価格.com - 『悪評の割には…』 日産 デイズ 2013年モデル 紗凪たん大好きさんのレビュー評価・評判

4位:スズキ ハスラー

平均販売価格:130.4万円

海へ川へアクティブな遊びがしたくなる車

ハスラーは「遊べる軽」をコンセプトに、2014年に誕生したSUVタイプの軽自動車です。同社のワゴンRと共通のプラットフォームを採用することで広々とした室内空間を確保し、大人4人が乗っても圧迫感を感じさせません。

アウトドアシーンにも似合うスタイリングと自由度の高い収納スペース、遊び心のあるインテリアなど、どれをとっても個性的で他の軽自動車には無い魅力を持っています!また、ベースとなったワゴンRよりもタイヤサイズを1インチ大きくすることで、SUVらしい雰囲気と悪路でも走れる走行性を兼ね備えました。海や川へガンガン出かけたくなる軽自動車です!

軽自動車で初めてのグリップコントロールを搭載

中古車市場で見るハスラーは、発売開始からまだ3年ほどしか経っていないこともあり、価格相場は100万円以上が基本となっています。

可愛らしいスタイリングとは裏腹に、レーダーブレーキサポートや誤発進抑制機能などの安全に配慮した装備、抗菌処理タイプのフルオートエアコン、シートヒーターなども標準装備されるという徹底振りで、安心してドライビングを楽しむことができます。

軽自動車では初めてのグリップコントロール(雪道や凍結等の滑りやすい路面での走行をサポートする装置)を搭載しており、悪路にも強い走行性能を持っているのも魅力のひとつです。

「スズキ ハスラー」の評判・口コミ

3位:ホンダ N‐BOX

平均販売価格:129.5万円

スーパーハイトワゴンタイプNo.1の広さを実現!

全長・全幅・全高のどれをとっても軽自動車の規格を最大限に生かしたサイズをもち、スーパーハイトワゴンと呼ばれる軽自動車の中でもNo.1の室内空間の広さを実現しています!両側に開口部の広いスライドドアを設けることにより、狭い駐車場でも安心して乗降できます。

また助手席のシートを前方に動かせば27インチの自転車を積み込むことも可能で、お子さんの送り迎えや旅行先でサイクリングを楽しむ際にとても便利です。高級感のある室内インテリアで幅広い世代から人気の高い車ですよ!

発売開始から人気トップをキープ!

2011年11月の初代発売開始以降、圧倒的な人気で軽自動車トップの販売台数を記録し、今なお変わらぬ人気を維持しています。軽自動車の可能性を最大限広げることに成功し、使い勝手の良さ・かっこよさ・利便性で常に軽自動車人気のランキング上位です。

中古車市場では、年式が浅く状態が良いものが数多く出回っているので、気に入った1台が見つけやすいのも魅力。同社のステップワゴンを小さくしたようなホンダらしいメカニカルなデザインも人気のひとつです!

「ホンダ N‐BOX」の評判・口コミ

2位:ダイハツ タント

平均販売価格:92.6万円

ベビーカーも折りたたまずに楽々積める広さが人気!

どれも似たような性能のスーパーハイトワゴン軽自動車の中で最高の燃費を誇るのがこのダイハツ・タント。室内空間の広さではライバル車のN‐BOXに僅かに劣るものの、27インチの自転車を楽々積み込むことが可能です。

さらに助手席側のセンターピラーを無くし、スライドできるミラクルオープンドアを採用したことでタントならではの大開口を実現しました。ベビーカーを折りたたまずにそのまま乗せることができますよ!赤ちゃんのオムツ替えや着替えなども楽にできるので、小さなお子さんを持つファミリー層に絶大な人気を誇っています。

女性に人気のパステルカラーのラインナップが揃っているのも魅力です。

予防安全性能評価で最高クラスの安心感!

出典:kakaku.com

2003年の初代発売開始以降、フルチェンジモデルは2回ほど行われていますが、タントらしい可愛いスタイリングはそのまま維持されています。多くのユーザーに愛され、現在はダイハツのエースポジションです。グッドデザイン賞を受賞しているほか、予防安全性能評価において最高クラスを取得するなど軽自動車の性能として申し分ありません。

タントの代名詞ともなっているミラクルオープンドアは2007年12月に製造された2代目モデルから採用されているので、中古車で購入するなら2代目以降の年式がおすすめです。さらに燃費の良さを考慮するなら2013年からの現行モデルが最もおすすめですよ!

「ダイハツ タント」の評判・口コミ

子育て時期に対応する為、このクラスの全車種を試乗、検討して購入しました。人気は納得で、バランスが良いですし、特に子育てカーとして秀逸な印象です。X SAにした理由は、フロントのデザインがスッキリしている点でベースにし、オプションで、両側電動スライドドア等を設置しました。

出典:価格.com - 『人気は納得。子育てカーとして秀逸。』 ダイハツ タント 2013年モデル ジュライジュライさんのレビュー評価・評判

1位:スズキ ワゴンR

平均販売価格:99.5万円

運転性能の良さで多彩なシーンに対応できる!

「クルマより楽しいクルマ」をコンセプトに、スズキが1993年から発売している軽自動車です。「男性にも好まれる軽自動車を」とスズキが開発してきた、ハイトワゴンタイプ軽自動車のパイオニア的存在でもあります。

小回りの効く運転性能と高速道路でもひるむことなく走行できるエンジンパワーから、多様なシーンに対応できると幅広い年齢層から人気を集めています。男性にも女性にも好まれるシンプルかつスタイリッシュなデザインもワゴンRの魅力ですね!

現行モデルではS‐エネチャージを搭載し、燃費33.0km/Lを実現。ガンガン走っても環境にもお財布にも優しく、ユーザーに嬉しい仕様となっています。

自分だけのオリジナルカーを楽しめる!

今中古車市場で最も人気のある軽自動車が、このスズキ・ワゴンRです。コンパクトで運転しやすい・価格が手ごろ・安全性と快適性ともに完璧、といった理由が挙げられますが、そのほかにもアクセサリーパーツの多さで人気があります。純正パーツから社外パーツまで豊富に揃っているためカスタムしやすく、特に自分だけのオリジナルカーを楽しみたい若年層の男性から圧倒的な人気があるようです。

もちろん新車でも人気のあるワゴンRですが、車体価格は中古車で抑えておいてアクセサリーパーツにお金をかけるという方も多く、自由度の高い軽自動車という点ではこれ以上の軽自動車はないといっても過言ではありません!

「スズキ ワゴンR」の評判・口コミ

エネチャージ搭載モデルに試乗。さすがに3人乗車で登りはキツかったが、平地はストレス無く走ります。走りの安定感や静粛性は素晴らしかったです。少なくとも出来の悪い普通車よりも確実に上回っている印象です。

出典:価格.com - 『普通車と遜色ない乗り味』 スズキ ワゴンR 2012年モデル たかABCさんのレビュー評価・評判

ウィッシュの現行を車検に出したら、2015モデルのSエネチャー搭載のワゴンRを代車で貸してくれました。乗り出して気づいたのは、かなり静かな軽だということ。街乗りじゃウィッシュと静粛性はほとんどかわらない。

出典:価格.com - 『普通車からの乗り換えもいけるかな。』 スズキ ワゴンR 2012年モデル マクバイバーさんのレビュー評価・評判

まとめ

いかがでしたか?

車選びは楽しいものですよね。自分に合う1台を見つけられれば毎日の行動も楽しくなるはずです。上記を参考に中古軽自動車を賢く選んで、あなただけのカーライフを楽しんでみてくださいね♪

この記事に関連するキーワード