最終更新日:2017年02月13日 | 451views

【美味しくて機能的!】植物油のおすすめ人気ランキング5選

  • 754f617fd51b89d7d0fac394daf6ace041eead8b
  • 864ccb99440c4957bdebfaf038e05609a47c9fab
  • 65c7a67ea5d4a3aa78f6253d2852e764ecaa0389
  • 63c4a92b4a73b7187122ec471f7402f350313f65
  • 84afa9fe6737180f904b12eb38b88fdf72393657

テレビなどのメディアで最近取り上げられることが多くなった「植物油」。主成分である不飽和脂肪酸に、悪玉コレステロールや血中コレステロールを下げる効果などがあり、健康のために積極的に摂っていきたいと思っている方も多いと思います。しかし、オリーブオイル・亜麻仁油・えごま油など種類がありすぎて、一体どの植物油を選べば良いのかよく分かりませんよね?

今回は、植物油の選び方を解説しつつ、人気商品の成分や特徴などを比較し、おすすめしたい商品をランキング形式でご紹介していきます。この記事を参考に、植物油を生活に上手く取り入れていきましょう♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

植物油の選び方

植物油といっても種類はさまざま。使っている原料によって食用・非食用なのかや特徴・値段などが異なります。植物油を料理に使うのか(料理は加熱調理なのか生食用なのか)、肌に塗るなどして美容のために使うのかなど、用途をふまえて選ぶ必要があります。

また、含まれている成分によって酸化のしやすさも異なります。成分については以下で詳しく紹介しますが、加熱調理をする場合は酸化がしにくい植物油を選んで使用しましょう。

種類と成分に注目しよう

植物油に使われている原料によって、含まれている油の種類(脂肪酸)やその割合は異なります。その中でも特に注目したいのが「オレイン酸」「リノール酸」「α-リノレン酸」という3種類の不飽和脂肪酸。これらは植物油に多く含まれている脂肪酸であり、植物油が身体に良いとされている理由になっているものです。

以下では、これら3つの不飽和脂肪酸の特徴と、それぞれがどの植物油に多く含まれているのかをご紹介します。

オレイン酸(オメガ9)

オレイン酸は善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールのみを減らしてくれる、コレステロールが気になる方におすすめの油です。動脈硬化・心臓病・高血圧予防に効果的。

不飽和脂肪酸は性質上酸化しやすいのですが、オレイン酸には抗酸化成分が多く含まれているので、3種類の不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくく、加熱料理にも使えます。また肌を作るのに重要な働きをする脂肪酸でもあるので、アンチエイジングや美肌にも効果的です。

<オレイン酸が多く含まれている植物油>
・オリーブオイル
・べに花油
・菜種油
・米油

リノール酸(オメガ6)

リノール酸は、血中コレステロール値や中性脂肪を下げる効果のある油です。美容にも効果があり、肌を保湿して保護機能も高めてくれます。ただし、酸化しやすいので加熱調理には向いていません。

リノール酸は身体に必要な脂肪酸ですが体内では作り出すことができないので、食事から摂取しなければなりません(必須脂肪酸)。不足すると成長に障害が出たり、傷が中々治らなかったりすることもあります。しかし、リノール酸は加工食品などにも多く含まれている油なので日本人は摂取しすぎている場合が多く、過剰摂取することによってアレルギーや生活習慣病などを引き起こすことがあり、注意が必要です。

<リノール酸が多く含まれている植物油>
・グレープシードオイル
・コーン油
・大豆油

α-リノレン酸(オメガ3)

α-リノレン酸は血中の中性脂肪を下げ、血栓ができるのを防止し、高血圧を予防するのに効果的な油です。体内では、動脈硬化予防や脳の活性化に効果のあるDHA・EPAの原料にもなっています。ただし、酸化しやすい油なので加熱調理では使用せず、なるべく早く使い切りるようにしてください。

α-リノレン酸もリノール酸と同じく、身体に必要な脂肪酸ですが体内では作り出すことができないため、必須脂肪酸に分類されます。現代の食環境では不足しがちな油なので、食事から積極的に摂取するように心がけましょう。

<α-リノレン酸が多く含まれている植物油>
・亜麻仁油
・えごま油

酸化しにくい容器・搾油法のものを選ぼう

リノール酸・α-リノレン酸を多く含む不飽和脂肪酸が多い植物油は酸化しやすく、酸化すると味や風味が劣化し、身体にも悪影響を与えてしまうことがあります。酸化は主に空気・光・温度の影響によって起こるので、空気や光を通しにくい缶やビンの容器に入れられているものを選びましょう。

特に開封後は空気に触れやすくなるので、酸化が早く進みます。1~2ヶ月以内に使い切ることのできる量の植物油を選び、高温多湿を避けた暗所で保管して下さい。

また、搾油方法によっても酸化のしやすさが違います。搾油する際に熱が発生してしまう方法(圧搾法や遠心分離法)だとそこから酸化が始まってしまうので、熱を加えずに油を作る「低温圧搾法」で抽出された植物油を選ぶのがベストです。

植物油のおすすめ人気ランキング5選

それでは、おすすめの植物油をランキング形式で発表していきたいと思います。色んな種類の植物油を紹介するので、自分に合ったものをぜひ見つけてくださいね♪

5位:ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル(ポーションタイプ)

有機エキストラバージンココナッツオイル(ポーションタイプ)×16袋
994円(税込)

・種類:ココナッツオイル
・内容量:80g(5g×16袋)
・ココナッツオイルの脂肪酸組成
 オレイン酸:8%
 リノール酸:2%
 α-リノレン酸:0%

バッグに入れて持ち歩ける

出典:www.cosme.net

こちらのアイテムは、5gずつの食べきりサイズにパッケージされているのが特徴。バッグに入れてどこにでも持ち運ぶことができるので、外食することが多い方でも気軽にココナッツオイルを摂取できます。

小分けになっていない瓶タイプもあるので、そちらも要チェック!家で頻繁に使う場合には瓶タイプを使用し、外出時には小分けタイプを携帯するなど、生活スタイルに合わせて使い分けてみてくださいね。

ココナッツオイルはダイエット・美肌に効果がある万能美容オイル!

ココナッツオイルは植物油の中では珍しく、α-リノレン酸などの不飽和脂肪酸はほとんど含まず、飽和脂肪酸を多く含む酸化に強いオイルです。その中には中鎖脂肪酸という、消化吸収がされやすい成分が特に多く含まれており脂肪にもなりにくいので、ダイエット中の方でも安心して食べられます。

他にも美肌を作るのに効果的なラウリン酸が入っており、細かな粒子で肌にも馴染みやすいのも魅力。食べて良し、スキンケアやヘアケアに使うのも良し。海外セレブや多くの美容家にも愛される万能美容オイルです。

「ブラウンシュガーファースト 有機エキストラバージンココナッツオイル(ポーションタイプ)」の評判・口コミ

使いやすいです。出掛けるときや旅行先には必ず持っていきます。さっぱりしてて飲みやすいので出先でもそのまま飲んじゃいます(笑)油っぽい食事の前に飲んでおくと胃もたれをしないのでかなりいいですよ。

出典:Amazon.co.jp: 有機エキストラバージンココナッツオイル(ポーションタイプ)×16袋のきんぎょsさんのレビュー

バッグに入れてコンビニやカフェでコーヒーを飲む時に使っています。ちょうど一回分で便利。

出典:Amazon.co.jp: 有機エキストラバージンココナッツオイル(ポーションタイプ)×16袋のAmazon カスタマーさんのレビュー

4位:マルホン 太白胡麻油

マルホン 太白胡麻油 1650g
2,460円(税込)

・種類:食用ごま油
・内容量:1650g
・ごま油の脂肪酸組成
 オレイン酸:40%
 リノール酸:45%
 α-リノレン酸:0%

生絞りだからごま油特有の癖がない!

ごま油なのにごま油特有の癖のある香りや色がほとんどないのが特徴の商品。その秘密は、ごまを生のまま絞って製造しているから。通常のごま油は煎ることで香りや色が生まれますが、こちらの商品は煎らないことでごま本来の旨味を最大限に生かしています。そのため素材の持ち味を引き出してくれ、どんな料理にも使える万能オイルと言えます。

普段の料理にはもちろん、バターの代わりとして使うことができるほど癖がなく乳化しやすいので、シフォンケーキといったお菓子作りやパン作りにも向いてますよ。

ごま油は酸化しにくく、特に高温加熱に強い

ごま油はオレイン酸やセサミン・セサミノールといった抗酸化物質が多く含まれている、酸化しにくい植物油。高温加熱にも強いため、揚げ物油としても使うことが可能です。

ごまに含まれている健康成分として有名なセサミンには、肝臓を守って機能を高めたり、疲労回復・美肌育毛効果などが期待できます。日常的にいろんな料理で使いたいという方におすすめの油です。

「マルホン 太白胡麻油」の評判・口コミ

無臭なのでクセがないため、クッキーを焼く時にバターの代わりに使ったり、
揚げ物用に使ったりと用途が広く大変重宝しています。
揚げ油として使っても、油が汚れにくく、2〜3回はきれいな状態なので嬉しいです。

出典:Amazon.co.jp: マルホン 太白胡麻油 1650gのAmazon Customerさんのレビュー

天ぷらがひっくりかえるほど美味しくできました。買ってよかったです。

出典:Amazon.co.jp: マルホン 太白胡麻油 1650gのNめさんのレビュー

3位:ガルシア エクストラバージンオリーブオイル

ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000ml
791円(税込)

・種類:食用オリーブオイル
・内容量:1000g
・オリーブオイルの脂肪酸組成
 オレイン酸:71%
 リノール酸:10%
 α-リノレン酸:1%

たっぷりサイズで贅沢使いができる

24時間以内に収穫から搾油までを行うため、酸度0.7%以下という高い品質を誇るエキストラバージンオイル。加熱をせずにオリーブの果汁から直接作られた、バージンオイルの中でも最高クラスのオリーブオイルです。

オリーブオイルならではのフルーティーな香り・味を感じられますが癖はあまりないので、サラダにそのままかけるのももちろんOK。

値段もお手頃なので揚げ物用など、たっぷりオリーブオイルを使用したいという方にもおすすめの商品です。

オリーブオイルはオレイン酸が豊富!

オリーブオイルは植物油の中でもトップクラスでオレイン酸を多く含んでおり、酸化しにくく悪玉コレステロール値を下げる効果のある油です。また、ポリフェノールという抗酸化物質も多く含んでいるため、揚げ物油にもぴったり。非加熱調理から加熱調理まで、どんな料理にも使いやすいですよ。

便秘解消や美肌効果もあるオリーブオイルは、1日に大さじ1~2杯ほど摂取するのが理想的。いつもの料理にオリーブオイルを少しプラスするだけで、まろやかさとコクも加わります。和食にも意外と合うので是非試してみてくださいね♪

「ガルシア エクストラバージンオリーブオイル」の評判・口コミ

フルーティで苦み少なく、後味がしつこくないので、私好みです。
加熱用にはもったいないので、なるべく生に近く使いたいオイルです。

出典:Amazon.co.jp: ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000mlのAmazon Customerさんのレビュー

ドレッシング、炒めもの等に毎日使うので、軽めの味とリーズナブルさが気に入っています。

出典:Amazon.co.jp: ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000mlのsaphire blueさんのレビュー

2位:レインフォレストハーブ エキストラ バージン フラックスシード オイル(亜麻仁油)

低温圧搾一番搾り エキストラ バージン フラックスシード オイル(亜麻仁油) 170g (first squeeze extra virgin flaxseed oil)1本
1,280円(税込)

・種類:食用亜麻仁油
・内容量:170g
・亜麻仁油の脂肪酸組成
 オレイン酸:20%
 リノール酸:13%
 α-リノレン酸:57%

低温圧搾で丁寧に製造

時間をかけてゆっくり低温で圧搾し、容器には遮光瓶を採用。酸化させないように丁寧に製造・販売されている商品です。

味は亜麻仁油特有の苦みや青臭さが若干あるので、亜麻仁油に慣れていない方だと最初はちょっと戸惑うかも知れません。しかし癖はそれほど強いものではないので、亜麻仁油が苦手な方にもおすすめ。熱に弱い酸化しやすい油なので加熱調理には使用せず、ドレッシングやちょい足しなど、味や風味を生かしてそのまま使ってくださいね。

亜麻仁油はα-リノレン酸が豊富!

亜麻仁油にはα-リノレン酸が約57%も含まれており、現代人が不足しがちなα-リノレン酸を摂取するのに最適な油です。植物油の中でもα-リノレン酸を多く含むものは少なく、レアな油とも言えるでしょう。生活習慣病の予防、アレルギーの改善、美肌・ダイエット効果など、身体にとってうれしい効果がたっぷり詰まっています。

とても酸化しやすい油なので暗所で保管し、開封したらすぐに使い切るようにしましょう。加熱調理は厳禁です。

「レインフォレストハーブ エキストラ バージン フラックスシード オイル(亜麻仁油)」の評判・口コミ

ほのかにナッツのような味と香りがあり、苦味は全く感じません。
そのまま、少量の塩とともに葉物野菜などにかけて食べても美味ですが、手持ちのみかんはちみつと混ぜるとジャムのようになり、バゲットにつけて食べるのが毎朝の楽しみです♪

出典:Amazon.co.jp: 低温圧搾一番搾り エキストラ バージン フラックスシード オイル(亜麻仁油) 170...のAmazon カスタマーさんのレビュー

そのままでも飲みやすく、私好みの香りでした。
最近のお気に入りは、オイル1:ポン酢3 でのドレッシングです。
何にかけても旨い。

出典:Amazon.co.jp: 低温圧搾一番搾り エキストラ バージン フラックスシード オイル(亜麻仁油) 170...のつばめ。さんのレビュー

1位:創健社 えごま一番

創健社 えごま一番 (しそ油) 270g
1,306円(税込)

・種類:食用えごま油
・内容量:270g
・えごま油の脂肪酸組成
 オレイン酸:13%
 リノール酸:15%
 α-リノレン酸:62%

えごま油の味が苦手な方にもおすすめ!ごま油風味

こちらの商品はえごま油100%のものではありません。3%のごま油を入れることでごまの香ばしい風味をプラスし、えごま油特有の生臭さを消してとても使いやすい油に仕上げています。えごま油が身体に良いのは知っているけれど味は苦手、という方におすすめしたい商品です。

加熱調理には使用せず、そのままドレッシングに使ったり、炒め物・味噌汁・煮物の仕上げにちょい足しするのがおすすめですよ。

えごま油はα-リノレン酸を多く含んだ、今大注目の植物油!

出典:oi-shi.com

えごま油は認知症予防や美肌・ダイエット効果、動脈硬化・高血圧予防など、さまざまな健康効果があるα-リノレン酸を特に多く含んでいる油です。老若男女問わず魅力的な効果が期待できる、今大注目の健康食品なんです!

熱や光に弱く酸化しやすいので、開封後は冷蔵庫に保存するのが最適。加熱調理も厳禁です。タンパク質と一緒に摂取すると、さらに健康効果がアップしますよ。

「創健社 えごま一番」の評判・口コミ

おいしいです!さすが圧搾絞りです。ごま油風味のおかげで食べやすいです。

出典:Amazon.co.jp: 創健社 えごま一番 (しそ油) 270gのAmazon カスタマーさんのレビュー

私は、内臓特に腸が悪いのと、ダイエットに常用しております。朝と晩に小さじ1杯飲むようにしてます。4ヶ月で食事制限なし間食なしで6kg痩せました。お通じも毎朝あるようになりました。癖もなく飲みやすいです。

出典:Amazon.co.jp: 創健社 えごま一番 (しそ油) 270gのジャックンさんのレビュー

まとめ

今回はおすすめの植物油を5つご紹介しましたが、いかがでしたか?

健康に良いとされる植物油でも種類によって配合されている成分が違い、使い方も効果も異なるということが分かっていただけたと思います。是非この記事を参考に、あなたに合った植物油を選んでより健康的な身体になりましょう♪

しかし、油は油。摂りすぎると肥満や生活習慣病の原因になってしまうこともありますので、過剰摂取には注意してくださいね。

この記事に関連するキーワード