最終更新日:2017年03月14日 | 2816views

電気フライヤーのおすすめ人気ランキング10選

  • 8bafbad73b4528a399e36e7b2b6c8b4878b31e60
  • 1e9531becea6a55f2918bbc7caf86723f2142af4
  • Cbbd9585b851284e4be17bd795baec3959aafd7a
  • D6db8d0e172360269d158513d909e04e28b937a1
  • 3e3ad6a9a050cf97638d2e8031b0b086e3af7c7c

お家で簡単においしい揚げ物がつくれる「電気フライヤー」。油なしで使える人気のノンオイルフライヤーから油を使う定番の電気フライヤーまで、様々なものが売られています。価格も幅広く、クイジナート・フィリップス・象印・レギュールなど、メーカーやブランドもたくさんあって、購入する際に迷ってしまいますよね…。

そこで今回は、市販や通販で人気の電気フライヤーを徹底比較して、おすすめ順にランキング形式でご紹介したいと思います。お家でカリッとジューシーに!出来立てアツアツの揚げ物を手軽に作っちゃいましょう♪

電気フライヤーは使うべき?メリットとデメリット

数ある調理家電の中でも、電気フライヤーはまだまだ新しいジャンルの商品。キッチンのメジャー・アイテムとは言えません。あったら良いなとは思うけれど、実際に便利なのかどうか…、買うべきかどうか…、などと迷いつつ商品探しをしている方も、きっと多いと思います。

そこで、最初に少し、電気フライヤーのメリットとデメリットを簡単にまとめておきますね。その後で、選び方のポイントを紹介していきますよ!

電気フライヤーのメリット

電気フライヤーを使うメリットは主に、「火を使わないから安心」「温度の管理が簡単」「卓上でも使え、揚げたてをすぐに食べられる」「ノンフライヤーなら油を使わないで済む」の4点です。

特に温度の管理は、揚げ物をするときの重要なポイントですよね。温度次第で揚げ物のおいしさが変わると言っても過言ではなく、時には失敗の原因にもなりかねません。電気フライヤーなら温度管理はバッチリおまかせ。上手く活用すれば、ホームパーティーなどの楽しい演出もできますよ!

電気フライヤーのデメリット

電気フライヤーを使う主なデメリットは、「大量の油が必要」「鍋に比べると手入れが大変」「かなりの収納スペースが必要」の3点です。特に考えておくべきなのは油の量。油を使うタイプの電気フライヤーの場合、揚げる材料にかかわらず規定の量を入れなければいけないので、後処理も大変になってしまいます。

このようなデメリットもあることを理解しておくと、より納得できる商品選びができるはず。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

電気フライヤーの選び方

では、ここからは電気フライヤーの選び方のポイントについて解説していきます。おすすめランキングは、この後でご紹介しますのでお楽しみに!

タイプをチェック

電気フライヤーは、大きく分けて、油を使うタイプと油を使わないタイプ(ノンオイルフライヤー)の2種類に分けられます。自分の用途などに遭ったものを選びましょう。

油を使うオーソドックスタイプ

鍋に油を入れて使用する、一般的な電気フライヤー。温度を自動調節してくれるため失敗が少なく、卓上で使えば家族みんなでワイワイと揚げたての揚げ物が食べられます。

コンパクトなフライヤーを使えば普通の鍋を使って揚げ物をするよりも少量の油で済み経済的。後始末も楽で、火を使わないので安全です。1人暮らしの方にもぴったりのタイプです。

油を使わないノンオイルフライヤー

最近人気なのが、油を使わないノンオイルフライヤー。高温の熱風を循環させることで、油を使わなくても揚げ物が作れるようになっており、食材をバスケットの中に入れて、温度や時間をセットして使用します。温度を下げて使えば、揚げるだけでなく焼くこともできるのでとても便利です。

その上、食材が持っている余計な油を落としてくれる効果も!ヘルシー志向の方やダイエット中の方にもぴったりなタイプです。

サイズ・容量をチェック

使う頻度や収納や使用する場所、揚げたい食材などを考えながら、適切なサイズや容量を選びましょう。サイズが大きすぎると出し入れが大変になるので、毎日使うならできるだけコンパクトなアイテムを選ぶのがおすすめですよ。

油を使うタイプの電気フライヤーの目安としては、お弁当用など少量の揚げ物をしたい場合には0.5ℓ以下、卓上で気軽に使いたい場合には0.5~1ℓ、キッチンで本格的に使いたい場合には1ℓ以上の油が入るものを選ぶと良いでしょう。

ノンオイルフライヤーのバスケット容量は、2人分の揚げ物が作れる2ℓ前後が一般的。容量が大きくなるほど1度に作れる揚げ物の量は増えますが、本体のサイズもかなり大きくなってしまいます。収納スペースや設置場所のことをしっかり考慮して選んでくださいね。

お手入れのしやすさをチェック

使った後のお手入れが面倒な調理器具を購入してしまい、だんだんと使用回数が減っていった…。そんな経験をしたことがある方も多いと思います。電気フライヤーに限らず、調理器具を選ぶ時には、洗いやすくお手入れが簡単に行えるアイテムを選びましょう。

特に油を使うタイプの電気フライヤーは、本体から内鍋を外すことができない商品も多いので要チェック!内鍋も丸洗いできるものを選ぶことをおすすめします。

温度調節機能をチェック

温度調節ができると食材に合った適切な温度で調理できるため、カラッとしたおいしい揚げ物を簡単に作れます。細かく設定するためにも強弱という調節ではなく、具体的に何度と設定できるものを選ぶと良いでしょう。低温調理を行いたい場合には最低温度も確認しておくと良いですね。

また、安全に使用するためにも、温度が上がり過ぎないように制御機能が付いているかもチェックしておきたいポイントです。

付加機能をチェック

揚げ物以外にも焼いたり炒めたりと、1台で何種類もの調理が行える多機能タイプも登場しています。揚げ物だけできれば良いのか、それ以外の調理にも使いたいのかを考えながら選びましょう。

電気フライヤーのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、人気の電気フライヤーを価格・使い勝手の良さなど総合的に評価し、本当におすすめできる商品のみをタイプ別にランキング形式で発表していきます!特に気になるポイント、洗いやすさについては◎〇△の3段階で評価してみました。

まずは油を入れて使うタイプのオーソドックスな電気フライヤーから見ていきましょう♪

5位:レコルト ポットデュオ エスプリ

レコルト ポットデュオ エスプリ レッド RPD-2R
4,400円(税込)

・タイプ:電気フライヤー
・サイズ:21.5×20.5×17cm
・容量:記載なし
・洗いやすさ:〇
・温度調節:3段階

1人で使うのに丁度良い!4WAY電気調理鍋

パーツを取り換えることで「揚げる」「焼く」「煮る」「蒸す」の4つの調理方法ができちゃう、4WAY小型鍋。波形の揚げものカバーも付属しているので油はねを防止してくれるのはもちろん、串揚げ時には隙間にフィットし安定感も抜群です。サイズが小さいので、寒い時期には1人用の鍋としても活躍しそう。

温度調節は3段階。一定温度に達したら自動停止しますが、温度が分からないのが難点です。

「レコルト ポットデュオ エスプリ」の評判・口コミ

ちょっとした炒めものやフライに大活躍してます
コンパクトで幅をとらないのも魅力です

出典:Amazon.co.jp: レコルト ポットデュオ エスプリ レッド RPD-2RのCOOさんのレビュー

電気だから保温もできるし、焼き蒸し色んな調理できるしなおかつ安いからオススメです。

出典:Amazon.co.jp: レコルト ポットデュオ エスプリ レッド RPD-2Rのいぷ☆さんのレビュー

4位:象印 電気フライヤー EFK-A10

象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ
5,815円(税込)

・タイプ:電気フライヤー
・サイズ:30×17×18cm
・容量:1ℓ
・洗いやすさ:△
・温度調節:160~200℃

広々設計で大きな食材も丸ごと投入!

大きな食材も丸ごと入れられるゆとりのあるサイズ感と、手頃なお値段が魅力。19cmの特大エビフライも入り、キッチンでも卓上でも揚げたてがすぐに食べられますよ。大きな取っ手が付いているので、持ち運びも油の移し替えもとっても簡単。

ただし内鍋は取り外すことができません。油を移し替えた後には洗剤を含ませた布でふくなどしてお手入れを行いましょう。

「象印 電気フライヤー EFK-A10」の評判・口コミ

少量の油で調理できて、ちょっとしたスペースで使えますので油の飛び散り対策も容易です。
洗いのほうも使用する部分には加工がされているので簡単です。
おかげで揚げ物が食卓に並ぶことが増えました。

出典:Amazon.co.jp: 象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJの仮面ライダAmazonさんのレビュー

定温になっており調理するのが簡単。また、電気なのでガスと違い引火する可能性が少ないので安心。

出典:Amazon.co.jp: 象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJのAmazon カスタマーさんのレビュー

3位:ツインバード工業 コンパクトフライヤー EP-4694PW

TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PW
3,444円(税込)

・タイプ:電気フライヤー
・サイズ:23.5×18.5×21cm
・容量:(約)0.5ℓ
・洗いやすさ:△
・温度調節:3段階

コンパクトで使う油も少量!お弁当作りにぴったり

お弁当を作るときなど、少量の揚げ物をしたいという方におすすめなのがこちらのフライヤー。最小で300mlの油があれば使えるコンパクトサイズで、置き場所にも困らず油の節約もできちゃいます。その使い勝手の良さで、amazonの電気フライヤーのベストセラーにも選ばれました。

注ぎ口と大きな取っ手が付いているのもポイント。使い終わったら周りを汚すことなく、スムーズに油を移し替えることができますよ。

「ツインバード工業 コンパクトフライヤー EP-4694PW」の評判・口コミ

2人家族なので、このコンパクトさがとっても重宝してます。
さっと使えて、周りが油はねで悩むこともなくいいですよ~。
お手入れも簡単~!

出典:Amazon.co.jp: TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PWのviolaさんのレビュー

お安いのにいい仕事してくれます!揚げたてサクサクをみんなでワイワイ食べるのは最高!
片づけもとっても簡単!油も少なくて済むし、このサイズで十分でした!

出典:Amazon.co.jp: TWINBIRD コンパクトフライヤー パールホワイト EP-4694PWのたどさんさんのレビュー

2位:クイジナート 電気フライヤー CDF-100JBS

Cuisinart (クイジナート) 電気フライヤー 【バスケット付】 CDF-100JBS
8,238円(税込)

・タイプ:電気フライヤー
・サイズ:19.5×28.5×20.5cm
・容量:1ℓ
・洗いやすさ:△
・温度調節:90~190℃

油切りに便利なバスケット付き!

キッチンでもテーブルの上でも使える、中型サイズのフライヤーです。深さがあるため、少量の油でもきちんと揚がると評判。付属の油切りバスケットを使えば、簡単にお店のようなフライドポテトを作れますよ。

取り外し可能な蓋には脱臭フィルターが付いており、においや油はねの防止もバッチリ。温度調節は90~190度まで対応しているので、低温調理をしたいという場合にもぴったりですね。

「クイジナート 電気フライヤー CDF-100JBS」の評判・口コミ

驚くほど少ない油でとても綺麗なフライが手軽に作れるようになり、
蓋をした状態で揚げることができるのて、キッチンが汚れません。
我が家ではフライデーが増えました。

出典:Amazon.co.jp: Cuisinart (クイジナート) 電気フライヤー 【バスケット付】 CDF-10...の逆立ち狸さんのレビュー

とても便利♪
使いたいときに油を入れて電源をつければいつでも揚げ物ができます。
コンパクトで邪魔にならないのも素敵です!!

出典:Amazon.co.jp: Cuisinart (クイジナート) 電気フライヤー 【バスケット付】 CDF-10...のたかの ちひろさんのレビュー

1位:タイガー 電気フライヤー CFE-A

タイガー 「はやあげ」 電気フライヤー CFE-A100-T
7,180円(税込)

・タイプ:電気フライヤー
・サイズ:(約)26.4×21.1×22.4cm
・容量:1ℓ
・洗いやすさ:◎
・温度調節:なし

内鍋が取り外せる!使い勝手も洗いやすさも◎

揚げ物好きのあなたにおすすめしたい、本格派の大容量電気フライヤー。機能は至ってシンプルで温度調節機能などは付いていませんが、自動で油の温度を調整してくれるから安心感抜群。また、コードの長さが3mもあるので置き場所を選ばず、キッチンやダイニングさらにはベランダなど色々な場所で揚げ物を手軽に楽しめますよ。

そして最大の魅力はなんといっても、内鍋が取り外せるという点。汚れを気にせず思う存分使うことができ、本体も凹凸が少ないので手入れがとっても楽になるでしょう。

「タイガー 電気フライヤー CFE-A」の評判・口コミ

からっと、おいしく揚がります。
うち鍋が、はずれて洗えるのがGoodです。

出典:Amazon.co.jp: タイガー 「はやあげ」 電気フライヤー CFE-A100-Tのkenさんのレビュー

油はねも僅かだし、調理後は蓋を閉めて翌朝に油を濾し器に入れ替えれば、
内なべがフッ素加工なので処理も掃除も手間が少なくて済みました。

出典:Amazon.co.jp: タイガー 「はやあげ」 電気フライヤー CFE-A100-TのAmazonのお客様さんのレビュー

ノンオイルフライヤーのおすすめ人気ランキング5選

お待たせしました!次に発表するのは、油をほとんど使わずに揚げ物を作るヘルシーなフライヤー、ノンオイルフライヤー!

5位:わがんせ マルチエアーフライヤー WGMF899

マルチエアーフライヤー WGMF899
9,608円(税込)

・タイプ:ノンオイルフライヤー
・サイズ:(約)25.5×26.5×32.5cm
・容量:(約)2.8ℓ
・洗いやすさ:〇
・温度調節:65~200℃

トーストだって焼けちゃう!デジタルパネルで簡単操作

重厚感のあるデザインが魅力的なこのアイテムは、オーブントースターのように蓋が開きます。たっぷり食材が入る大容量タイプです。

食洗器OKの付属品、トーストスタンドや仕切り板などを使えば、揚げ物だけでなくパンを焼いたり、1度に違う食材を揚げたりもOK!使い方のバリエーション豊富なのがうれしいところです。温度や時間はデジタルパネルで設定し、細かな設定もワンタッチで誰でも簡単に行えますよ。

「わがんせ マルチエアーフライヤー WGMF899」の評判・口コミ

揚げ物をする際、キッチンから離れることが出来ませんでしたが、具材をセットして、スイッチを押せば出来上がってる。。
油ものが少ないものは少し油を塗れば揚げ物になります。助かっています。
このお値段なら買って良かったです。

出典:【楽天市場】マルチエアーフライヤー エアフライヤー 電気フライヤー 電気揚げ物機 WGMF899 わがんせ 【送料無料】(シズショッピングサイト楽天市場店) | みんなのレビュー・口コミ

4位:ティファール アクティフライ

ティファール 電気フライヤー 電気鍋 「アクティフライ」 揚げ物 炒め物 煮込み レッド FZ205588
13,200円(税込)

・タイプ:ノンオイルフライヤー
・サイズ:27×40×25cm
・容量:-
・洗いやすさ:◎
・温度調節:-

特徴は自動回転する羽!「揚げる」「炒める」「煮込む」の3WAY機能

熱風を食材に吹き付け、かくはん用の羽が回転。温度や羽の回転速度を変化させることにより、「揚げる」「炒める」「煮込む」の3つの調理法ができるという便利アイテムです。スイッチを押すだけで自動調理をしてくれるので、忙しいときの時短にもつながりますよ。

いつでも中の様子を見ることができるように、蓋が透明になっているのも②。失敗が少なくなりますよ!1台でから揚げ・とんかつなどの揚げ物はもちろん、スープ・チャーハン・カレーなどが、放っておくだけで出来上がり!毎日でも使える多機能ノンオイルフライヤーです。

「ティファール アクティフライ」の評判・口コミ

朝の弁当作りに大活躍しているようです。これに一品任せて、洗濯や掃除などなど・・・・・

出典:Amazon.co.jp: ティファール 電気フライヤー 電気鍋 「アクティフライ」 揚げ物 炒め物 煮込み レ...の副田政志さんのレビュー

本当に使う油の量が減りましたし、
スイッチ入れて、買い物から帰ってくると出来上がってるってのは良いもんですw

出典:Amazon.co.jp: ティファール 電気フライヤー 電気鍋 「アクティフライ」 揚げ物 炒め物 煮込み レ...のAmazon カスタマーさんのレビュー

3位:わがんせ ノーオイルフライヤー RJ874WH

ノーオイルフライヤー ホワイト RJ874WH
11,653円(税込)

・タイプ:ノンオイルフライヤー
・サイズ:32×29.5×36cm
・容量:(約)2.2ℓ
・洗いやすさ:◎
・温度調節:90~210℃

簡単操・シンプル!難しい操作は必要なし!

できるだけシンプルなノンオイルフライヤーが欲しい!そんな方におすすめしたいのがこの製品です。食材を入れて温度と時間を設定するだけの単純仕様。パーツ数も少なく、セラミックコーティングが施された内鍋とバスケットは食洗機使用もOK。お手入れの手間もほとんどかかりません。

時間・温度の設定も、ダイヤルを回すだけの簡単操作。機械が苦手という方でも使いやすい、ノンオイルフライヤーです。

「わがんせ ノーオイルフライヤー RJ874WH」の評判・口コミ

冷凍のポテトも試しました。噂通り、おいしくお手軽にできました。
子どもの友達が遊びに来たときのおやつとして簡単に出せます。そしてウケがいい

出典:Amazon.co.jp: ノーオイルフライヤー ホワイト RJ874WHのたまさんのレビュー

タイマーと温度設定の2つしかダイヤルが無いので、機械音痴の人でも感覚で使うことができます。
加熱中に中を開けると、自動で停止する安全設計。
作動音もそこまで大きくなく、隣の部屋でTVを見ていても気にならないくらいです

出典:Amazon.co.jp: ノーオイルフライヤー ホワイト RJ874WHのナナミさんのレビュー

2位:イサムコーポレーション ハロゲンノンオイルフライヤースタイルII NC41672

イサムコーポレーション ハロゲンノンオイルフライヤー2 NC41672
9,800円(税込)

・タイプ:ノンオイルフライヤー
・サイズ:(約)29×40×36.5cm
・容量:(約)5ℓ
・洗いやすさ:◎
・温度調節:50~250℃

みんなでできたてを楽しめる!5ℓの大容量バスケット

なんとバスケットの容量は5ℓ!4人分の料理なら1度で出来るほどの大容量アイテムで、少量ずつしか作れないというノンオイルフライヤーの悩みを吹き飛ばしてくれます。お値段も安く、コストパフォーマンスではトップクラスのアイテムです。

グリルネットが回転するため焼きムラになりにくく、食材の旨味をギュッと凝縮。とってもジューシーな仕上がりになります。ただし、大容量な分、他商品よりもサイズは大きめ。収納スペースをしっかり確保したうえで購入するようにしましょう。

「イサムコーポレーション ハロゲンノンオイルフライヤースタイルII NC41672」の評判・口コミ

一度にたくさん揚げられるこれを選びましたが、大正解でした。
手始めに揚げた手羽先も180℃25分でしっかりおいしく揚がり、子どもたちも喜んでいます。
手羽先は一度に10本は余裕で入ります。

出典:Amazon.co.jp: イサムコーポレーション ハロゲンノンオイルフライヤー2 NC41672のgekliaさんのレビュー

1位:フィリップス ノンフライヤー プラス ダブルレイヤーセット HD9531

フィリップス ノンフライヤー プラス ダブルレイヤー セット【デジタル表示/ダブルレイヤーで調理量が2倍】 レッド HD9531/62
23,813円(税込)

・タイプ:ノンオイルフライヤー
・サイズ:31.5×28.7×38.4cm
・容量:(約)2.2ℓ
・洗いやすさ:◎
・温度調節:60~200℃

使いやすさにこだわったパーフェクトノンオイルフライヤー

ノンオイルフライヤーのパイオニア的存在、フィリップス社製の最新ノンオイルフライヤーです!消費者の声を参考にして改良を重ね、洗いやすさや使い勝手の良さをアップさせたという優れものです。60度から200度まで5度刻みで設定できる温度調整機能と、60分まで1分単位で調節できるタイマーで、じっくり焼き上げる低温調理も行えますよ。

専用のダブルレイヤーを使えば、1度に2倍の量を調理することも可能。これだけ高性能なのに容量も十分という、まさにパーフェクトなノンオイルフライヤー。お値段なりの価値あるアイテムです!

「フィリップス ノンフライヤー プラス ダブルレイヤーセット HD9531」の評判・口コミ

熱風だけでこれだけ美味しく出来上がるのが未だに信じられませんけど、オイルレスで美味しく調理できるノンフライヤーは画期的

出典:Amazon.co.jp: フィリップス ノンフライヤー プラス ダブルレイヤー セット【デジタル表示/ダブルレ...のやきまんじゅう②さんのレビュー

今のところ、鶏のから揚げ中心ですが、外はカリカリで中身はジューシー感が残っている感じでとっても気に入りました。

出典:Amazon.co.jp: フィリップス ノンフライヤー プラス ダブルレイヤー セット【デジタル表示/ダブルレ...のとしさんのレビュー

まとめ

油の処理が面倒だし、家で揚げ物をするのはちょっと…と思っていた方は、きっと多いはず。でも、これを読んでいただけば、便利な製品がいろいろ出てきていることが、お分かりいただけたのではないでしょうか?

一番おいしい揚げたてが食べられないなんて、もったいないです!電気フライヤーを賢く使って、日々の料理をもっと楽しく、そしておいしく簡単にしちゃいましょう♪

この記事に関連するキーワード