最終更新日:2017年03月21日 | 17046views

漂白剤の最強おすすめ人気ランキング5選

  • D431f5a2185f2b1fbbb247a7c42b72a70b8c928f
  • F1be5ee31027481be83d2484123e63557fd90289
  • Ed93af81737a9a0908178ccb61c952784d6dacc4
  • 17b26ef784ee65473b12576dc7bfb307331ac447
  • Eae67b6843cf9eedb3f5fbfc581aa42f0f2a99dc

洗濯はもちろん掃除でも大活躍してくれる「漂白剤」。黄ばみやカビ、気になる匂いの対策としても有効です。色落ちが怖いですが、酸素系漂白剤か塩素系漂白剤か、または液体か粉末か、さらに配合成分に気を付けて選べばその心配もいりませんよ♪

今回は漂白剤の選び方を解説してから、通販で購入できる商品を価格や成分で比較して、おすすめ順にランキング形式で5つご紹介していきます!最強に汚れを落としてくれる主婦の味方はどの商品!?

頑固な汚れ落としに役立つのが漂白剤!

洗濯洗剤も漂白剤も汚れを落とすという効果は同じです。しかし、汚れの落とし方に大きな違いがあります。洗濯洗剤は洗剤の主成分の界面活性剤が汚れに吸着して汚れを落とします。衣類に付いた汚れを引き剝がすように落とすようなイメージですね。

一方漂白剤は、汚れそのものにアプローチをかけます。漂白剤に含まれる「過酸化水素」や「過酸化ナトリウム」などの成分が化学的に汚れを分解して、汚れの色素を破壊します。直接汚れに働きかけることで洗濯洗剤では落としきれなかった汚れを落とすことができますので、頑固な汚れやシミを落とす際に大活躍するんですよ。

漂白剤の選び方のポイント

漂白剤の中でも液体タイプ・粉タイプなどの違い、また配合成分にも違いがあります。以下のポイントに注意して漂白剤を選ぶと、衣類を傷めずに汚れをキチンと落とせる漂白剤が選べます!種類ごとに効果の違いを詳しく解説します。

色柄ものには「液体タイプの酸素系漂白剤」

液体タイプの酸素系漂白剤は、消毒オキシドールと同じ成分の「過酸化水素」が主成分です。基本的には衣類の黄ばみ落としとして効果を発揮しますが、白から色柄の衣類まで幅広く使用でき色落ちの心配がありません。塩素系漂白剤よりも漂白力は劣りますが、衣類を傷めずに汚れを落とせる漂白剤と言えるでしょう。また殺菌効果もあります。

さらに塩素系漂白剤との違いとして注目したいのが「匂い」。プールの消毒液のようなあのツンとした匂いがないのも酸素系漂白剤の特徴です。塩素系の独特な匂いが苦手な方でも匂いを気にせずに使用できますよ。

液体タイプよりも強力「粉末タイプの酸素系漂白剤」

出典:www.kao.com

「粉末タイプの酸素系漂白剤」は主成分が「過炭酸ナトリウム」で、液体タイプよりも漂白力が高いです。過炭酸ナトリウムは水に溶けると炭酸ナトリウムと過酸化水素に分かれ「アルカリ性」になります。このアルカリ成分は色落ちの心配がありますので、このタイプの漂白剤は白物衣類に使用する事をおすすめします。

また、ウールやシルクなどの生地に含まれる動物性の油脂分は、分解しやすく手触りが悪くなる可能性がありますので使用は避けましょう。

白物のみ!強力漂白「塩素系漂白剤」

出典:www.kao.com

塩素系漂白剤は主に台所やトイレ用の汚れ落としに使用するのが一般的で、衣類用として使われることはほとんどありませんが、濃度を薄めて衣類用として使用できるものも販売されています。漂白力は非常に高いですが、ツンとした匂いが強く、色落ちもしますので白色の衣類にしか使用できません。色柄ものには絶対に使用しないようにしましょう。

木綿・麻・ポリエステルなど使用できる生地も限られていますので、使用前には商品パッケージ裏の使用可能生地をきちんと確認しましょう。

漂白剤の最強おすすめ人気ランキング5選

ここからは人気の高い漂白剤をランキングでご紹介していきます!リーズナブルな商品から定番商品まで幅広くランクインしていますので、漂白剤選びの参考にしてみてくださいね。

5位:太陽油脂 パックス酸素系漂白剤

パックス 酸素系漂白剤 430g
347円(税込)

タイプ:酵素系漂白剤 粉末タイプ
内容量:430g

洗濯&お掃除に大活躍!おむつの漂白にも使える!

衣類・キッチン両方の漂白に使用できる酸素系漂白剤です。通常の洗濯洗剤で落とせなかった衣服のシミ・黄ばみ・黒ずみの漂白はもちろん、まな板・ふきん・食器などの消臭・除菌にも効果を発揮します。匂いの少ない酸素系漂白剤なので、赤ちゃんの肌着やおむつの漂白にも安心して使用できるのが良いですね。

省資源パックを使った詰め替え用もあり、経済的なのも嬉しいポイント。大きく空いた広めの口が使用しやすいと高評価です。

「太陽油脂 パックス酸素系漂白剤」の評判・口コミ

近所のオーガニック系のお店で見つけて以来、家事用品の必須アイテムになっています。匂いが殆ど無いという点も、気に入っています。

出典:Amazon.co.jp: パックス 酸素系漂白剤 430gの11:11さんのレビュー

高校生の息子のワイシャツも、スッキリ!今まで毎日もみ洗いしていたのに、この漂白剤を使うようになってからもみ洗い知らず。
白いものが蘇ります。

出典:Amazon.co.jp: パックス 酸素系漂白剤 430gのAmazon カスタマーさんのレビュー

4位:エスケー石鹸 すっきり漂白剤

すっきり漂白剤 500g
400円(税込)

タイプ:酸素系漂白剤 粉末タイプ
内容量:500g

溶けやすさに特化したすっきりシリーズ

環境に配慮した多目的な洗浄剤シリーズのひとつ。酸素系漂白剤なので手肌への優しさが◎!お洗濯やキッチン、お風呂と幅広い用途で使用できます。

粉末タイプの漂白剤は溶けにくさが難点の商品もありますが、こちらの商品はあっという間に溶けると愛用者からの声が多いですよ。

「エスケー石鹸 すっきり漂白剤」の評判・口コミ

リピート買いです。酸素系漂白剤なのでつんとした匂いもなく、すっきり漂白してくれます。粉末タイプなところも、扱いやすくて好きです。

出典:Amazon.co.jp: すっきり漂白剤 500gのjuicy_mangoさんのレビュー

エスケーの酸素系漂白剤はイイです!溶けやすく、シュワシュワ~がたまりません。

出典:Amazon.co.jp: すっきり漂白剤 500gの元彦禰さんのレビュー

3位:ライオン ブライトW

ブライトW 衣類用漂白剤 本体 600ml
193円(税込)

タイプ:酸素系漂白剤 液体タイプ
内容量:600ml

次の汚れも落ちやすく!部屋干しの匂いも抑えます!

付いた汚れをしっかり落とし、次の汚れも落ちやすくしてくれる漂白剤です。ウール・シルクなどのデリケートな衣類や色柄ものにも使用できる酸素系の漂白剤で、消臭・除菌効果はもちろん抗菌・防臭効果も高いので、におい残りも防げる万能さがGood!汗や皮脂汚れが原因の黄ばみ・黒ずみ・シミを防ぎ、衣類の白さがずっと長続きします。

部屋干しや残り湯での洗濯でも、イヤなニオイの発生を抑えられると主婦からの評価が高い漂白剤です。

「ライオン ブライトW」の評判・口コミ

コチラは、Tシャツに直接掛けるなんて面倒な事をしなくても普通に洗剤と一緒にキャップ1杯入れただけでちゃんと消臭が出来ていました!

出典:Amazon.co.jp: ブライトW 衣類用漂白剤 本体 600mlのAmazon カスタマーさんのレビュー

凄い!汚れが落ちる!これを入れると、白く濁って、反応し始めます。効果ありますよ!

出典:Amazon.co.jp: ブライトW 衣類用漂白剤 本体 600mlの私がるーるぶっくさんのレビュー

2位:花王 ワイドハイター 粉末タイプ

ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末 本体 750g
456円(税込)

タイプ:酸素系漂白剤 粉末タイプ
内容量:750g

大定番の漂白剤!つけ置きにもおすすめ

ドラッグストアには必ずある超定番の漂白剤です。酸素系の粉末タイプ漂白剤で、洗剤だけでは落としきれない汚れや菌までしっかり落としてくれます。

絹・毛以外の繊維製品にも使用可能で、色柄ものにも安心して使用できます。臭くなってしまったタオル類などは、つけ置きすることでにおいの除去に効果を発揮。毎日の洗濯時に臭い予防として使用するのもおすすめです!

「花王 ワイドハイター 粉末タイプ」の評判・口コミ

汗でびっしょりになったり、血がついた柔道着もこれでつけおきすればみちがえるようにきれいになり、臭いもとれました。

出典:Amazon.co.jp: ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末 本体 750gのt_endoさんのレビュー

生乾きの臭いにはこれ!洗濯物の生乾きの臭いに悩まされてました。漂白剤入れてしばらくつけ置きしておくと、臭いが消えて、これまでが嘘のようでした。もう手離せません。

出典:Amazon.co.jp: ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末 本体 750gのイクブケロウさんのレビュー

1位:シャボン玉石鹸 酸素系漂白剤

シャボン玉 酸素系漂白剤 750g
655円(税込)

タイプ:酸素系漂白剤 粉末タイプ
内容量:750g

色々な場面で使える!人気ダントツの漂白剤

おすすめの漂白剤ランキング第1位はこちら!「シャボン玉石鹸 酸素系漂白剤」です!

洗濯からふきんやまな板などの台所用品の除菌・漂白と、幅広い用途に使用できる万能漂白剤。酸素系の漂白剤なので白物衣類だけでなく、色落ちが心配な色柄ものにも使用OK!

お湯+「シャボン玉石鹸 酸素系漂白剤」でお風呂の掃除や洗濯機本体のお手入れにも大活躍!これひとつあれば家中のカビや汚れがスッキリ落とせますよ。抜群の漂白力もさることながら、溶けやすさも抜群で手間がかからないのも人気の秘密です。

「シャボン玉石鹸 酸素系漂白剤」の評判・口コミ

漂白剤の注意点

漂白剤を使用する時には、色柄ものの衣類に使用してもOKかきちんと確認しましょう。

また、幅広い衣類に使用できる酸素系漂白剤でも「ファスナー」や「ボタン」などの金属製の付属品が変色してしまう場合がありますので、注意事項の確認もしっかり行うようにしましょう。

汚れ度合によって漂白方法を変えるのがポイント!

全体的に漂白したい場合は、通常の洗濯と同じように洗濯機を使いましょう。洗濯機の表示水量に従い、適量の衣類用洗剤+漂白剤を入れてください。

食べこぼしのシミや、襟・袖の汚れなどの部分的な汚れを漂白したい場合には、液体酸素系漂白剤を汚れに直接塗布して染み込ませた後にすぐに洗剤で洗います。

黄ばみやシミなどの頑固な汚れを落とすのに有効な「つけおき漂白」の場合は、漂白剤+洗剤を溶かした液に30分~2時間ほどつけ置きした後、漂白液ごと洗濯機に入れて洗濯してください。

落としたい汚れの度合いによって漂白方法を変える事で、より効果的に漂白剤の効果を感じることが出来ますよ!

まとめ

今回は人気の高い漂白剤をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?!

洗濯で落とせなかった頑固な汚れ落としに抜群の効果を発揮してくれて、しかも酸素系漂白剤の場合は匂いを気にせず使えるので安心ですね。使用前には必ず使用可能な場所・生地かを確認してくださいね!

この記事に関連するキーワード