最終更新日:2017年03月23日 | 9028views

【高精度】口臭チェッカーのおすすめ人気ランキング5選

  • 0f202577e5c39408aa2bb8269552fcf97437715f
  • B50cbcedb1c6053d7c267828ce705050271fe22a
  • 0c9e392b1a9547c6d28202f94201cc929d691f13
  • 1518b62aaaf9efd32ba798f7bfde9059430359ed
  • 9d1707f7f916489632d29f7c291f3c5aa0f29706

口臭は人の印象まで変えてしまう恐るべき臭い…。そこでおすすめなのが、自分の口臭を測定してくれる「口臭チェッカー」です!最近では判定精度も上がって価格も手頃になっており、口コミでも人気を集めています。

今回は通販で購入できる口臭チェッカーの中から、おすすめの人気商品をランキング形式で5選ご紹介していきます♪有名なタニタ製の口臭チェッカーの効果にも注目して読んでくださいね!

口臭チェッカーの選び方とポイント

口臭チェッカーとは、センサー部分に息を吹きかけることで口臭があるのかどうか判定する機械です。判定のための液晶画面やLEDがあり、他には開始ボタン・口臭センサーといった部分から作られています。

迷わず選ぶために、口臭チェッカーのどこを見ればいいのかポイントをご説明します。

精度で選ぶ

市販の口臭チェッカーの精度を比べると、物によっては明らかに口臭があっても反応しない場合があります。また、同じ会社で複数の口臭チェッカーを出しているケースもありますが、同じ半導体センサーを使っているので精度には差がほぼなく、この場合はデザインで選ぶと良いでしょう。

歯科医院でも口臭を診てもらえますが、判定には高価な口臭測定器を使う場合が大半です。市販されている口臭チェッカーはそれらに精度で劣りますが、十分に活用できる精度なので問題ありません。

測定値の細かさで選ぶ

測定値の細かさで選ぶのもポイントのひとつです。口臭チェッカーの測定値はメーカーごとに違っていて、6段階表示や3段階表示などが一般的になっています。基本的には、6段階がより詳細で分かりやすいのでおすすめです。

表示法もメーカーによって違うので注意しましょう。LEDを点滅するだけのものもあれば、イラストで表示されるものもあります。LEDの場合は点滅が早すぎて確認が難しい物もあるようです。イラストで表示されるほうが見やすく分かりやすい場合が多いですよ。

手軽に使える物を選ぶ

測定は短時間で結果が出て手軽に使える物のほうが、使用シーンも増えて役に立ちますね。

デザインや重量も手軽に使うために重要な要素です。持ち運びに邪魔にならないような形だと、どこにでも持っていけて便利ですし、重量も軽いほうが助かります。

口臭チェッカーのおすすめ人気ランキング5選

今回は口臭チェッカーを5選に絞ってランキング方式でご紹介します。

口臭はエチケットの基本です。口臭チェッカーで口臭を確認して、人間関係をより円滑にしましょう!

5位:旭電機化成 スマイルキッズ ひとふき口臭チェッカー

自分ではなかなか気づかない口臭の強さを簡単チェック! スマイルキッズ ひとふき口臭チェッカー ABT-04
2,094円(税込)

・サイズ:約33×26×64mm
・重量:約19g
・使用電池:単4型アルカリ乾電池×2個
・検知方式:半導体ガスセンサー

シンプルで使いやすい口臭チェッカー

重量が19gと軽量で、サイズも小さく持ち運びに適した口臭チェッカーです。判定は3段階で、それぞれのLEDが色違いに光るので暗闇でも確認が容易です。

基本的な機能は一通り揃っていて、精度のほうも問題ありません。デザインは掴みやすいように突起があるので、滑って落としてしまわないように配慮されています。

デメリットとしては、LEDの点滅時間が短いため見逃してしまうことがあり、3段階なので判定が大雑把なものになってしまうことです。しかし、値段から考えても機能的には十分でしょう。ごちゃごちゃしているのが苦手な方には、シンプルに使えるのでおすすめです。

「旭電機化成 スマイルキッズ ひとふき口臭チェッカー」の評判・口コミ

4位:サンコー ポータブルニオイチェッカー2

サンコー ポータブルニオイチェッカー2 PRTDOR8V
1,782円(税込)

・サイズ:103×37×19mm
・重量:40g
・使用電池:単4電池 2個 (別売)
・検知方式:半導体センサー

●輸入品のため名称やメーカー名が違うだけで、デザインや機能がほぼ一緒の物がいくつか販売されています。

可愛らしいイラストで結果が分かりやすい

大きな特徴は、5段階のイラスト表示による細かい判定が可能なことです。本体は丸みを帯びた形になっているため握りやすくなっています。

ただしイラスト自体は5段階とも似通っており、判別がしにくいというデメリットがあります。ただ、数値や英語表示によってもどの段階なのか分かるので、イラストは補助的な位置付けとして使うと良いでしょう。

精度に関しては問題がないレベル。センサーに向けて息を吐くのは3秒ほどでOKですので手軽に使えます。

「サンコー ポータブルニオイチェッカー2」の評判・口コミ

まだ使って間もないのですが、役に立ちそうです。半信半疑でした。有り難うございました。

出典:Amazon.co.jp: サンコー ポータブルニオイチェッカー2 PRTDOR8Vのmasaさんのレビュー

スイッチを入れたあと、10秒程度待ち、本体のスリットに向けて息を吹きかけるだけで0~4の5段階のレベルで臭さを判定します。
私は、歯を磨いたあとの息では「1」、寝起きの状態では「3」、ニンニクを食べた後だと「4」になりましたのでそこそこ精度はあると思います。仲間内での冗談ネタとして使えると思います。

出典:Amazon.co.jp: サンコー ポータブルニオイチェッカー2 PRTDOR8Vの4級の人さんのレビュー

3位:ロゼンスター 口臭チェッカー

ロゼンスター 口臭チェッカー SR-104
1,670円(税込)

・サイズ:58×200×20mm
・重量:50g
・使用電池:アルカリ乾電池2本(別売)
・検知方式:半導体ガスセンサー

スマートなデザインの口臭チェッカー

ロゼンスターから販売されている口臭チェッカーは、シンプルでスマートなデザイン。サイズは58×200×20mmと口臭チェッカーの中ではやや大きめで重量も50gですが、ポケットサイズで持ち運びに便利です。

測定結果の通知では6段階のイラスト表示によって細かく判定してくれます。イラストがあることで、見やすくわかりやすくですね。なにより価格が安いのが魅力なので、コスパが良くてデザインも良い物を使いたいという方におすすめです。

測定が手軽で手早くできる

息を吹きかけてから約5秒ほどで測定できるので、手軽に使えるのがメリットです。なおセンサーの部分は、画像にあるように上部に付いているのでそこを目掛けて息を吐き出します。

精度については多少のばらつきがありますが、息の吐き方による影響が大きいので色々と試してみると正確な測定ができます。また測定してから5秒ほどで自動的に電源がOFFになる機能が付いているおり、無駄な電気を使わず長持ちするのもポイントです。

センサーの寿命は測定回数が500回くらいか、使用開始から約1年ぐらいが目安です。

「ロゼンスター 口臭チェッカー」の評判・口コミ

いくら家族でも臭くない?とハァ~♪と息を吹きかけると嫌がりますので、買いました。珈琲や刺激があるものが好きなので…

出典:Amazon.co.jp: ロゼンスター 口臭チェッカー SR-104のハチわれねこさんのレビュー

他社製品に比べ 安い価格で購入できました。

出典:Amazon.co.jp: ロゼンスター 口臭チェッカー SR-104のうりぼうさんのレビュー

2位:タニタ ブレスチェッカーミニ

タニタ ブレスチェッカーミニ HC-212M-BL(ブルー)
1,836円(税込)

・サイズ:61×41.6×20.7mm
・重量:35g
・使用電池:アルカリ単4乾電池1本
・検知方式:半導体ガスセンサー

●ブルー・グリーン・ピンクのカラーバリエーションがあります。

カラーが選べる口臭チェッカーはこの商品だけ!

口臭チェッカーではカラーバリエーションが乏しい商品が多く、1種類のカラーしかない商品がほとんどです。しかし、「タニタブレスチェッカーミニ」は3色のカラーから好きなものを選ぶことができます。カラーが選べる口臭チェッカーは現時点ではこれしかありません。

なお、同じ形でホワイトカラーのものがタニタから出ていますが、そちらのほうは口臭チェッカーではなくアルコールチェッカーなので間違えないように注意しましょう。

センサーを保護するスライド式で故障しにくい

パッと見た感じ、この商品にはセンサーが見当たりません。実は「タニタブレスチェッカーミニ 」は、上部がスライド式になっており、センサーを保護しています。センサー部分はデリケートなため、ゴミや水分などから守ることでより長く使用可能です。

またボタンいらずで、スライドをずらすと電子音と共に計測が始まります。2回目に電子音が鳴ると準備OKのサインですので、センサーを目掛けて息を吐き出しましょう。そこからは4秒ほど待てば、計測結果がすぐに画面に出てきますので手軽に計測できます。

高い精度と分かりやすい表示

タニタ製の口臭チェッカーは精度が高く、他社の口臭チェッカーが反応しない場合でもきちんと判定してくれます。

数字と顔のイラストによる6段階の判定になっていますが、ごちゃごちゃしていないので分かりやすい表示です。液晶画面も粗悪なものではなく、すっきりとしていて確認しやすくなっていますよ。

1位もタニタ製ですが性能自体はあまり変わりません。値段もほぼ一緒なので、他とは違うデザインやカラーバリエーションが気に入ったという方はこちらがおすすめです。

「タニタ ブレスチェッカーミニ」の評判・口コミ

自分でもだいたい今は臭いとか臭くないとか見当がつくようになり、心配なく人と近寄って話ができるようになりました。良い買い物だったと思います。

出典:Amazon.co.jp: タニタ ブレスチェッカーミニ HC-212M-BL(ブルー)のhempyaさんのレビュー

ポケットに入れておけるサイズで、0〜5までの6段階表示がわかりやすく気に入ってます。今のところ数値も信頼できる値を示しますね。

出典:Amazon.co.jp: タニタ ブレスチェッカーミニ HC-212M-BL(ブルー)の匿名さんのレビュー

1位:タニタ ブレスチェッカー ホワイト

タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー ホワイト HC-212S-WH
1,845円(税込)

・サイズ:112×19.6×17.2mm
・重量:32g
・使用電池:単4アルカリ電池1本
・検知方式:半導体ガスセンサー

Amazonでベストセラー1位の人気口臭チェッカー!

「タニタ ブレスチェッカー ホワイト」は、Amazonのアルコールチェッカー・ブレスチェッカーのカテゴリで、長い間ベストセラー1位になっている口臭チェッカーです。

性能やコスパを見てみると、これだけの人気になる理由が見えてきます。まずはその精度。タニタ製の口臭チェッカーは精度が高いので、しっかりと測定できて安心です。

コスパから見ても値段が2000円を切っていてこの性能なので、人気なのも納得です。安い割に性能もしっかりしていて、デザインも清潔感のある作り。持っていても違和感がありません。長らくベストセラー1位になるのも当然ではないでしょうか?

なお、同じタニタ製の同価格帯ということで、実は2位の商品とは性能差がありません。それでもこちらを1位にした理由は、ベストセラー1位という実績や、目立たず違和感が無いデザインでどこでも使いやすいからです!

ペン型でかさばらず持ち運びやすい

形がペンのように細長い形になっているため、画像のようにポケットに入れて持ち運ぶことができます。口臭というものは、一定ではなく1日中変動しています。そのため、携帯してこまめにチェックすることで、自分の口臭をよりはっきりと把握できますよ。

もちろん、持ち運びが簡単でも検査に時間がかかっては意味がありません。その点も「タニタ ブレスチェッカー ホワイト」は、センサー部分に息を吹きかければ数秒で結果が表示されます。

口をすぼめて一気に息を吐き出すのではなく、口を少し大きく開けてゆっくりと息を吐き出さないと正確な結果にならないので気をつけましょう。

センサー保護キャップや保護袋で故障を防ぐ

口臭チェッカーで壊れやすい部分が、匂いを判定する口臭センサーです。この部分を保護するため、キャップや保護袋が付いていてゴミや水分などから守っています。他社の口臭チェッカーでは保護袋が付いてくる場合もありますが、キャップが付いていない場合がほとんどです。

なおキャップの取り外しができない設計なので、取れて無くなってしまう心配がありません。口臭チェッカーを使う場合は、画像のようにキャップを上に押し上げることで口臭センサーが出てくるので、そこに息を吹きかけましょう。

コスパ良くしっかりした性能の口臭チェッカーを使いたい場合は、「タニタ ブレスチェッカー ホワイト」がおすすめです。

「タニタ ブレスチェッカー ホワイト」の評判・口コミ

仕事上、お客様と話す機会が多いのでカバンに常備してます。コンパクトなのでポケットに入れても邪魔にならず使いやすいです。
口臭によって体調の変化もわかるので重宝してます。

出典:Amazon.co.jp: タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー ホワイト HC-212S-WHのAmazon カスタマーさんのレビュー

購入して、口臭にとても気を使うようになりました。取り扱いも簡単で、ほぼ正確だと思います。毎日使ってます。

出典:Amazon.co.jp: タニタ 口臭チェッカー ブレスチェッカー ホワイト HC-212S-WHのハピコさんのレビュー

口臭チェッカー購入前に知るべきこと

口臭を手軽にチェックできる口臭チェッカーは便利です。しかし、その特性をよく理解しておかないと間違った使い方をしてしまい、せっかくの性能を活かない場合があります。

口臭チェッカーを購入する前に知っておくべき注意点についてまとめました!

口臭チェッカーの仕組みと特性

口臭チェッカーの仕組みは、半導体センサーを使って「発揮性硫化物」という口臭の原因になる物質を測定するようになっています。ところが、現在でも完全に口臭を測定できるような機器はまだありません。医者や研究者が使うような臭いを測定できる高価な機器でも完全には測定できず、人間が鼻で直接判定しているほどです。

なぜ口臭の測定がそこまで難しいのかというと、口臭は発揮性硫化物以外にも何十種類もの物質が集まった複雑なものだからです。また画像のようなセンサーで臭いを検出しますが、物質の数が多いほどそれぞれに合ったたくさんのセンサーが必要になります。

市販の口臭チェッカーは簡易版で、何十種類もの匂いの中から特に口臭に関係のあるものを検出しています。そのため、「だいたいの匂いを測るだけ」という前提なのを理解しておきましょう。簡易版ということを理解されていないのが、レビューで評価が極端に分かれる原因です。

口臭チェッカーをしっかり理解して使う

口臭チェッカーでは残念ながら、匂いの「良い・悪い」といった判定はできません。そのため、たとえば歯磨き粉のように人間からすれば不快ではない臭いにも反応してしまいます。もし歯を磨いた直後にチェックしてみて反応があったのなら、口臭ではなく歯磨き粉に反応しているだけかもしれません。

簡易版ということで細かい匂いの判定はできないため、あまり気にしすぎないようにしましょう。測ってみてもし強い反応だったら、「何か強い匂いがしている」ぐらいに受け止めることが大切です。

まとめ

今回は口臭チェッカーの選び方のポイントと、ランキング5選をご紹介してみました。

市販されている口臭チェッカーは臭いの良い・悪いを判定することはできません。ただし、臭いの強さは測定できるので、客観的に口臭の判断ができますよ。口臭に悩んでいる方に役立つので、ぜひ使ってみてくださいね!

この記事に関連するキーワード