最終更新日:2017年03月10日 | 10015views

【本当に美味しいのはどれ?】カプセル式コーヒーマシンのおすすめ人気ランキング10選

  • 879ea2aaac9c5b4a56231cfc871a17025f57cad3
  • Edec13f02fc3dc480ab2a32c9a356445fc743fa1
  • 382e748bd36337d58433cec1554a33b67ac069c2
  • 0409fed6f5e282790f0fc6b08ac2fc4932b36e08
  • Ec9469e11c1dd734075f82a00173032bdcf81d49

カプセルを本体にセットするだけで、手軽に本格的なコーヒーなどが楽しめるカプセル式コーヒーマシン。ネスレのネスプレッソやネスカフェをはじめ、メリタ、象印など多数のメーカーの商品が存在し、どの商品を買えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?今回は人気商品の機能や価格を比較して、おすすめのカプセル式コーヒーマシンをランキング形式でご紹介したいと思います。本当においしい商品はどれ!?

カプセル式コーヒーマシンの選び⽅

カプセル式コーヒーマシンはいつでも同じ味わいを簡単に作れるところが魅⼒的ですよね。カプセル式コーヒーマシンを購⼊する際は以下のポイントに注意して下さい!

1杯あたりコスト

カプセル式コーヒーマシンはその名の通り「カプセル」を使います。カプセルはそれぞれのメーカーから専⽤のものが販売されているため、カプセル代がいくらかかるのか、という1杯あたりのコストを考える必要があります。

有名メーカーのネスレであれば、ネスプレッソのカプセル代が約 70 円ほどに対して、ネスカフェは約 60 円ほどです。

またコストだけでなく、カプセルの買いやすさもチェックしたいポイントです。例えばネスカフェはスーパーや通販でカプセルを買うことができますが、ネスプレッソは専⽤サイトでないと購⼊できません。

コーヒーはやっぱり味にこだわりたいですよね!

カプセル式コーヒーマシンはもちろんメーカー(カプセル)によって味が異なるのですが、それ以外に知っておきたい味に関わるポイントとして、ドリップ式の抽出⽅法かエスプレッソ式の抽出⽅法かという点があります。

エスプレッソと⾔うと「苦いやつでしょ?」と⾔うイメージからカフェインがたっぷりと思う⽅も多いですが、⾼い圧をかけて短時間で抽出しているため、意外にもカフェインの含まれる量は普通のドリップ式のコーヒーよりも少ないです。味はキレが良く、濃厚な⾵味が特⻑です。

⼀⽅ドリップ式の抽出は コーヒー本来の持つ⾹りとテイストを味わいやすく、飲みやすい仕上がりになります。ご⾃分の味の好みで選ぶようにしましょう。

エスプレッソ抽出を選ぶのであれば、気圧も確認しておきましょう。内部ポンプの気圧は 15〜18、抽出時の気圧は9〜10 が理想と⾔われています。イタリアでは抽出時に9気圧あることが最適と⾔われているようです

使いやすさ

毎⽇使うものですから、使いやすいものを選びたいですよね。

特に注⽬したいのはお⼿⼊れのしやすさ。基本的にカプセル式コーヒーマシンはお⼿⼊れが簡単なことが⼈気の理由でもあるのですが、使⽤済みカプセルの処理のしやすさや、抽出⼝のお⼿⼊れのしやすさなども、毎⽇使うのであればチェックしておきたいポイントです。

その他の機能

コーヒーやエスプレッソだけでなく、カフェラテ、カプチーノ、ラテマキアート、チョコチーノ、緑茶や紅茶なども飲みたい!という⼈は多いと思います。

それぞれの機種によって対応している飲み物がありますので、⾃分が飲みたい飲み物が対応している機種かは事前に確認するようにしましょう

カプセル式コーヒーマシーンの最強おすすめ人気ランキング

それでは、さっそくカプセル式コーヒーマシーンの最強おすすめ人気ランキングをチェックしてみましょう!

1位:NESPRESSO イニッシア

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE
8,354円(税込)

一流が認める技術をわずか2.4kgのマシンに搭載

ネスプレッソの中で最小で最軽量のタイプ。最大19気圧(業務用とほぼ同じレベル)の抽出機能で安定した味わいを提供してくれます。25秒の抽出準備時間でエスプレッソカップかロングカップのコーヒーを提供。無操作が9分経過すると自動で待機モードになるので省エネです。23種類のコーヒーカプセルがあるので、お好みの味が必ず見つかりそうですね。1つあたり約76円から。洗練されたマシンやカプセルホルダー(別売り)などデザインも人気です!

2位:illy FrancisFrancis! Y3

イリー(illy) フランシスフランシス Y3 ホワイト
17,800円(税込)

140カ国以上の国々で愛されるブランドの最小モデル

横幅10cm、奥行き31cmのコンパクト設計で19気圧の本格マシン。水のタンクは1リットルです。抽出時間は約21秒。すっきりとしたスタイリッシュなデザインも印象的。ルンゴエスプレッソとショートエスプレッソの2種類のボタンで、簡単にカフェで飲むような味わいが楽しめます。オリジナルのカプセルは1つ約97円。厳選された味は4種類で、イタリアブランドのこだわりを感じますね!

3位:KEURIG ネオトレビエ BS200

ネオトレビエ (BS200) クイーンレッド 1台
6,000円(税込)

蒸らし機能によりバリスタの技術を再現

コーヒー、紅茶、緑茶など18種類のカプセルが1つあたり約86円から楽しめるネオトレビエ。抽出量はお好みで70〜170mlまで自由に調整できます。抽出時間は約30秒で、10分操作しないと自動的にオフになる安心設定。圧力式ではないので軽めな味わいで日本人好みとも言えます。水タンクは1リットル。開閉しやすい大型ハンドルは使いやすいですね。カプセルはUCC上島珈琲の国内工場で製造しています。

4位:ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2 プレミアム ワインレッド MD9771-WR
8,580円(税込)

オートストップ機能が付いた可愛らしいドルチェグスト

このマシン1つでラテマキアートやチョコチーノなど、カフェでしか飲めないようなメニューが気軽に飲めます!ドルチェグストの中では抽出後のオートストップ機能が付いているタイプ。カプセルの価格は1つあたり約58円から。スーパーでも手に入るのは嬉しいですね。抽出時間は約25秒で、操作5分でオートオフ。抽出レバーを使って自由に抽出温度の調整が可能です。可愛らしさもポイントですね。

5位:ネスカフェ ドルチェグスト ピッコロプレミアム

ネスカフェ ドルチェグスト 本体 「Piccolo(ピッコロ)プレミアム」 ワインレッド(MD9744-PR) 012148535
4,700円(税込)

シンプル機能と低コストのカプセルでリーズナブルに

15気圧の高圧ポンプ、オートオフ機能の搭載はジュニオ2プレミアムと同じ。ただし抽出量が手動になります。シンプルな機能だけで十分という方や抽出量を自分で調節したい方には人気です。カプセルの金額、本体の金額、共に抑えたいけれど味にはこだわりたいならピッコロプレミアムがおすすめです!期間限定のフレーバーを入れて15種以上あるカプセルは1つあたり約58円で、スーパーでもコンビニでも手に入ります。

6位:NESPRESSO ラティシマ・タッチ

ネスプレッソ コーヒーメーカー ラティシマ・タッチ ホワイト F511WH
20,416円(税込)

ハイレベルなコーヒーに加え、ミルクを使ったドリンクも作れる

取り外し可能なミルクタンク(400ml)が付いたモデル。これによりカフェラテ、カプチーノも本格的に作れます。スチームの量を調節して、ミルクの泡立ちをお好みに合わせて抽出できます。カプセルは1つあたり約76円です。水タンクは950mlで、ボタンを押して抽出開始まで25秒で、無操作9分で待機モードになる省エネ設計。世界のファーストクラス機内でも愛飲されているネスプレッソブランドのラティシマ。決して高くはありませんね!

7位:メリタ コーヒーポッドマシーン MKM-112/B

【カートリッジ式 コーヒーメーカー メリタ ドリッパー】 メリタ コーヒーポットマシン MKM-112/B(B426)
10,800円(税込)

たった2.3kgで2杯作れてオフィス使いでも大活躍

メリタでも唯一、1杯づつ淹れられるカプセルと同様のカフェポッド型のマシン。抽出口とカフェポッドを入れる部分が2つあり1杯でも2杯同時でもコーヒーを作れます。水の容量も1リットル入るので急な来客にも良いですね。抽出量は好みに合わせて調整可能。純粋にレギュラーコーヒーを楽しみたい方にはぴったりです。コーヒーの鮮度を保つ窒素ガス充填された専用カフェポッドは4種の味があり、お得な約35円からです。

8位:タイガー コーヒーメーカー カフェバリエ

タイガー コーヒーメーカー カフェバリエ バーミリオン ACT-B040-DV
10,249円(税込)

レギュラーコーヒーメーカーとしても使える!

なんと4杯までならレギュラードリップで作ることもできる、コーヒー粉から淹れるペーパードリップ式と、1杯ずつ抽出するカフェポッド式の両方に対応した商品です。1杯抽出の場合はUCCのドリップポッドか、メリタやフィリップスでも対応している60mmレギュラーコーヒー用のカフェポッドが使える計3wayのマシンです。ドリップポッドとカフェポッドは3段階で抽出量を選べます。ドリップポッドは23種類の味が1つあたり68円から。マシンの高さ調整機能が4段階あり、タンブラーにも直接注入できて便利です。

9位:UCC ドリップポッド DP1

UCC上島珈琲 ドリップポッド ハニーホワイト DP1(W)
19,440円(税込)

静音設計でグッドデザイン賞受賞

幅13.0×奥行28.8×高さ22.4cmはカプセル式コーヒーマシンの中でもかなり小さめです。表示はわかりやすく、コーヒー・紅茶・緑茶を表示。抽出時間はメニューによって変えてあり、ボタン1つでバランスの良い味を作ります。70〜200mlの間で抽出量は調整可能。電源を入れて90秒で完成。本格蒸らし機能が素材の良さを引き出す効果を発揮します。ドリップポッドのカプセルは1つ68円から。

10位:象印 コーヒーメーカー EC-PA10

象印 コーヒーメーカー カフェポッド式 EC-PA10-RA
3,480円(税込)

見やすい表示とパーツがしっかり洗えて常に清潔に

ポッド受けセットや吐出口ケースまで外して洗えます。容量は775ml。誰にでもわかりやすいボタンと自動で抽出終了するので操作も簡単。無操作10分でオートオフします。1つあたり約35円から売られているカフェポッド(60mm)をセットし、約3分の抽出時間でキメの細かいコーヒーが完成。たった3kgなので置き場所を移動するのも楽ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したカプセル式コーヒーマシンは、どれも難しい操作はなく、カフェで飲むような味わいが簡単に楽しめます。時間が無い忙しい朝や急な来客時でも、ボタン1つで美味しい飲み物が飲めるのは嬉しいですね。また、豊富なカプセルメニューから選ぶ楽しさもありますよね。

ご自分の好みに合うコーヒーやエスプレッソが飲める機種をぜひ選んでください。

この記事に関連するキーワード