最終更新日:2017年01月10日 | 3080views

ドッグフード保存容器のおすすめ人気ランキング10選

  • F79d4ea2f10076ec6c7c9d79b8c94f338b5cad43
  • 4f77e5f3b8b5543315ba9bf68a1652f74e273445
  • 838d7304b3f5eba03b6e5933b77c0220615c3e25
  • A51b4cb2c96d4472ad92c1d523f45b1264a8d719
  • F50e76e21c9c63c44395698e7fe2d0fba8bac9d6

ワンちゃん用の餌を保管しておく「ドッグフード保存容器」。保存容器なんてどれも同じと思っていませんか?ワンタッチで真空状態がつくれるもの、ロック機能付きで密閉性の高いもの、サイズ展開豊富で整理整頓しやすいものなど、いろいろな商品があるんですよ。適切な容器を選んで正しく保存すれば美味しさも長持ち!ワンちゃんも大喜びしてくれるでしょう。

そこで今回は、市販や通販で手に入る人気のドッグフード保存容器を価格・密閉性・口コミなどで徹底比較。本当におすすめできるもののみをランキング形式で発表します。ドライ・ウェットとタイプ別の保存方法や保存容器の賢い選び方もご紹介。これを読めば機能性も使い心地もバッチリの保存容器がきっと見つかりますよ!

ドッグフードのタイプ別保存方法

ドッグフードには大きく分けて、「ドライタイプ」「ウェットタイプ」の2種類があります。それぞれ保存方法が異なり、間違った方法で保管すると湿気や酸化により味が落ちやすくなってしまいます。またカビや雑菌が繁殖して、大切な家族であるワンちゃんの健康を脅かす原因となってしまう可能性もあるんです。

保存容器を選んでいく前に、まずはタイプ別の正しい保存方法をチェックしていきましょう♪

ドライタイプは涼しい場所で密閉保存

ドライタイプのドッグフードは、長期保存に適したタイプ。開封後でも1か月ほど保存しておくことが可能です。おいしさを損なわず衛生的に保管するためには、空気が入らないように密閉性の高い保存容器に入れ、直射日光の当たらない涼しくて風通りの良い場所に置いておくようにしましょう。ペットボトルやジッパー付きの保存袋に小分けにしておくのもおすすめですよ♪

冷蔵庫に入れているという方もいるかもしれませんが、実はNG。温度差が大きくなってしまうと冷蔵庫から取り出した際に結露が発生しやすく、湿気やカビの原因となってしまうんです。必ず常温で保管するようにしてくださいね。

ウェットタイプは使い切るのが基本

缶詰やレトルトパックに入っているウェットタイプのドッグフードは、開封前なら長期間保管することが可能。しかし、水分の多いウェットタイプは菌が繁殖しやすいので、開封後は1日で使い切るのが基本です。

残ってしまった場合や、小分けにしてドライフードと混ぜて使いたいという場合には、保存容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。それでも1~2日以内に使い切ってしまうのが理想です。

何日も使いたいという場合には、冷凍保存しても良いでしょう。ただし、1か月以内には消費してくださいね。また、食べる前にはしっかり常温にもどすようにしましょう。

ドッグフード保存容器の選び方

ドライタイプとウェットタイプ、それぞれの保存方法を確認したところで、それに適した保存容器の選び方をご紹介します!

ドライタイプ

フードの好き嫌いが多いワンちゃんは、味の劣化にも敏感。ドライタイプのドッグフードを長期間おいしいく食べてもらうためにも、適切な保存容器を選んであげてください。

サイズをチェック!

比較的長期間保存できるドライタイプのドッグフードは、1kgのものから20kgのものまで様々な容量の商品があります。購入するフードの容量に合ったサイズの保存容器を選びましょう。

しっかり密閉できるものを選ぼう!

ドッグフードは空気に触れると酸化し、劣化が早まります。また、すぐにフタが空いてしまうと虫が入ったり、ワンちゃんがイタズラしてしまう危険性もあるので、そうならないためにも密閉性の高い保存容器を選ぶことが大切です。

フタが大きいほうが補充しやすい!

容器にドライフードを補充するのは、結構な重労働ですよね。そんな補充作業を楽にするためにも、フタが大きい保存容器を選びましょう。袋の口ごと容器に入れられるので周りにフードがこぼれることがありません。また、フタが大きいとフードの取り出しもしやすいなど、どんな作業もスムーズに行えますよ♪

ウェットタイプ

開封したら生ものと同じなのが、ウェットタイプのドッグフード。タッパーのような保存容器を使うのがおすすめですが、人間が使うものとはしっかり区別をして使用するようにしてくださいね。

小さめサイズが使いやすい!

ウェットタイプでは、残りや小分けにしたフードを冷蔵庫や冷凍庫で保存することになるので、それほど大きなサイズの容器は必要ありません。手に収まるような、小さなサイズの保存容器を選びましょう。サイズが小さいとこまめに洗えるので、より清潔に保存することができますよ。

しっかり密閉できるものを選ぼう!

空気に触れさせずにおいしさを長持ちさせるのはもちろん、水分量が多いウェットタイプのドッグフードは保存容器から中身が漏れやすいもの。しっかり密封できて、冷蔵庫の中でも綺麗に保管できるものを選びましょう。

ドライタイプドッグフード保存容器のおすすめ人気ランキング7選

お待たせしました。ここからは、おすすめのドッグフード保存容器をタイプ別にランキング形式でご紹介していきます!

まずはドライタイプのドッグフードに最適な商品から見ていきましょう。

7位:伊勢藤 ザドックフードボックスL

伊勢藤 ザドックフードボックスL4kg
1,050円(税込)

・サイズ:18×33×34cm
・容量:4kg
・密閉性:△

袋ごと入るスリムでかわいい保存容器

かわいくて安い、そんなアイテムを求めている方におすすめしたいのがこちら。縦長のスマートな形状だから、どこに置いても邪魔になることはないでしょう。4kgまでなら袋ごと入れることができるので、袋にチャックが付いていないドッグフードを保存しておくのにもぴったりですね!

ロック機能や湿気防止用のパッキンが付いていますが、密閉性はイマイチという評価。乾燥材を一緒に入れておくとより長く安全に保管することができます。容量2kgのSサイズも販売されていますので、購入するドッグフードに合わせて選んでみてください。

6位:セイエイ ポップンディスペンサー

Seiei ポップンディスペンサー ブラック 112541
2,357円(税込)

・サイズ:約19×41.5×16.5cm
・容量:約3.5ℓ
・密閉性:〇

ドッグフードをおしゃれに保存してみませんか?

こちらのとってもスタイリッシュな保存容器は、ハンドルを1回まわすごとに30~40gほどのドッグフードが出てくる仕組みになっています。ワンちゃんのご飯を用意するとき時、一般的な保存容器のように毎回蓋を開け閉めしなくても良いんです!中身が減ったときは上から足すことができるので、面倒な作業は一切ありません。

入口も出口も密閉性が高く、湿気てしまうこともないと口コミでも高評価を得ています。置いておくだけでも絵になる見た目なので、インテリアのようにおしゃれに飾っておけるのも魅力ですね♪

5位:オーエフティー ドライフードストッカー スタッカブル 18k

ドライフードストッカー スタッカブル 18kg
6,260円(税込)

・サイズ:31×46×40cm
・容量:17ℓ
・密閉性:〇

大袋のドッグフードも楽々入る!大容量サイズの保存容器

なんと17ℓという大容量サイズ。15kgなど大袋のドライドッグフードを購入する方に最適な保存容器です。スクリュー式の蓋を採用しており、ワンちゃんがいたずらをして開けてしまうという心配もなくなるでしょう。

大きなフタが横に付いているのもポイント。縦置き・横置き、どちらでも好きなように置くことができて、容器を重ねたり上に物を置いた時にもスムーズに中身を取り出すことができるようになっているんです!他のアイテムに比べると値段は高いですが、安定感は抜群の商品です。

4位:グッドスマイルインターナショナル 真空キャニスター 5L

グッドスマイルインターナショナル 真空キャニスター CK008 プラステチックジャー 5L
4,004円(税込)

・サイズ:14.3×19.3×39cm
・容量:5ℓ
・密閉性:◎
・電源:単3電池2本使用、単3電池用アダプタ付属

一瞬で真空状態にして新鮮保存!

フタの上に付いているボタンを押すだけで、空気を自動排出。一瞬にして、誰でも簡単に真空状態にできるアイテムです。酸化や湿気を気にすることなく、いつまでも新鮮な状態をキープ。最後まで香りの変化がなかったという口コミもあるほど、抜群の保存能力を誇ります。

ただし使用するには電池が必要なので、維持費がかかってしまいます。開閉回数によって異なりますが、2か月ほどは電池を交換しなくても使うことができるでしょう。5ℓの他、3.5ℓ・2ℓもあります

3位:オーエフティー グリーンフードコンテナ M

オーエフティー グリーンフードコンテナ M
4,171円(税込)

・サイズ:約41×25×56cm
・容量:35ℓ、15kg
・密閉性:〇

フルオープンするフタで補充がスムーズ

大きくてフルオープンするフタは、袋から移し替える時にフードがこぼれにくく補充がスムーズ。フタの裏側には、専用のスコップを収納するためのスペースもあり、毎回手を汚すことなく清潔にドッグフードを扱うことが可能。とっても便利だと評判も上々のアイテムです。

Mサイズ以外に、XS ・S・ Lサイズ(容量各容量4・9.7・27kg)も選ぶことができます。これだけサイズが豊富なら、どんな容量のドッグフードを購入する方でも、きっとぴったりの保存容器見つかりますね。

2位:オクソー ポップコンテナ ビッグスクエア トール 5.2L

OXO 保存容器 密閉 プラスチック 5.2L ポップコンテナ ビッグスクエア トール 1071393
2,903円(税込)

・サイズ:約16×16×32cm
・容量:5.2ℓ
・密閉性:◎

ワンプッシュで開け閉め簡単!

スクエア型のこちらのアイテムは、開けるのも閉めるのもフタのボタンを押すだけの簡単操作。片手で素早く開閉できるうえに密閉力も抜群で、ドライドッグフード保存にぴったりの容器です。また、フタの内側は取り外し可能なので、毎回清潔に使うことができるのも魅力です。

高さやフタの形が異なる様々なサイズが登場しており、好きな量を好きな分だけパッキングできるので、保管スペースもスッキリすること間違いなしですよ♪

1位:アイリスオーヤマ 密閉容器 MY-3

アイリスオーヤマ 密閉容器 パープル/クリア MY-3
1,308円(税込)

・サイズ:26.5×25.5×25.5cm
・容量:8.2ℓ、3kg
・密閉性:〇

コスパも使いやすさもナンバーワン!

ランキング1位に選んだこの商品のすごいところは、フタの内側。除湿剤を取り付けられるメッシュケースが付いており、スコップを付けておくこともできるんです!いやな湿気やスコップの汚れと、おさらばできちゃいますよ♪

また、丈夫なパッキンが付いているので長年使っても密閉性が落ちることなく、大きなフタで補充作業がしやすいのもうれしいポイント。安さで選んでも使いやすさで選んでも、ナンバーワンのアイテムです。

ウェットタイプドッグフード保存容器のおすすめ人気ランキング3選

次にご紹介するのは、ウェットタイプのドッグフード保存容器です!余りの保存に適したものから、小分けに便利なものまで、様々な商品が登場しますよ。

3位:スケーター ペットフードアレンジ 小分け&保存ミニシール容器S

スケーター 小分け&保存 ミニシール容器 S 6個入
315円(税込)

・サイズ:6.2×6.7×3.1cm
・密閉性:〇

小分け保存にぴったりサイズ!

こちらの手のひらサイズのタッパーは、残ったドッグフードを入れておくのにも、小分けに保存しておくのにも最適な大きさ!容器が透明なので中身が見やすく、メモリも付いているので、管理も楽に行えると口コミでも高評価を得ているアイテムです。

かわいいワンちゃんのイラストが描かれているので、家族が間違って開けてしまうということもなくなることでしょう。お出かけ時のおやつ入れとして使うのもおすすめです♪

2位:リッチェル 犬用缶詰のフタ 2個入り

リッチェル 犬用缶詰のフタ 2個入り
130円(税込)

・サイズ:直径8×1cm(直径約7.5cmの缶詰に適合)
・密閉性:◎

缶詰のままで保存ができちゃう!

この商品は保存容器ではありませんが、開封した缶詰をそのまま保存できるという優れものなんです!使い方はとっても簡単で、缶詰の蓋を剥がしてこのカバーを取り付けるだけ。空気が入らないほどピッチリ閉まり、他の容器に移し替える必要がないので、面倒な洗い物も減らすことができますよ。

直径約7.5cmの缶詰に最適。別途、直径約8.5cmと6.5、6.7cmに合う、サイズ違いの商品もありますので、愛用しているドッグフードに合わせてサイズを選んでくださいね。お値段も手ごろなので、サイズ違いで揃えておいてもいいですね。

1位:パール金属 エアロックコンテナ

パール金属 エアロックコンテナ S型 0.6L H-5861
598円(税込)

・サイズ:約13×13×7.5cm
・容量:0.6ℓ
・密閉性:◎

豊富なサイズ展開でウェットとドライどちらもOK!

高い気密性・防水性を備えたパール金属のエアロックコンテナ。その優れた性能はさることながら、最大の魅力はサイズバリエーションの豊富さなんです!

0.6ℓ~4.6ℓまで、なんと全12サイズを展開。ウェットタイプ・ドライタイプ、どちらのドッグフードの保存容器としても使用でき、ドッグフードを作り置きしている方なども含めて、保存容器を探している全ての人がぴったりなサイズを必ず見つけることができるアイテムです。

ロック用のつまみは出っ張らないようになっており、ふたのパッキンが滑り止めの役割も果たすので、コンテナを重ねておくことも可能。冷蔵庫の中に入れてもスッキリ綺麗に整理整頓できるでしょう♪

まとめ

シンプルなものからおしゃれで使いやすいものまで、様々なおすすめのドッグフード保存容器をご紹介しましたが、いかがでしたか?

保存容器や保存方法をちょっと見直すだけでも、ドッグフードの味や品質は格段に長持ちします。大切なワンちゃんの健康のためにも、フードだけではなく保存容器にもこだわってあげてくださいね♪

この記事に関連するキーワード