最終更新日:2017年03月28日 | 3897views

家庭用金庫の最強おすすめ人気ランキング5選

  • 895d1d952f1a41f2a523d4ada3154846d8f0cda7
  • 838d39aaff6bc340438aba37325ebc8a24874b73
  • Bfde4e8a181556def6925cd226b36ee1a9ac0dda
  • Fdd8ecd125585353051d86254b98bb08eed6354b
  • 6fba35efdd7427b73dcff466941860c941f61d3c

盗難防止はもちろん、自然災害の増加も相まって注目が高まっている「家庭用金庫」。耐火・防水・防盗などの性能万全の据え置きタイプから小型の手提げタイプまで、いるいろな種類のものが登場しています。また、伝統的な鍵式やダイヤル式に加えて、テンキーによる暗証番号認証や指紋認証、磁気カード認証など、セキュリティ面でも最新技術を取り入れたものが出てきています。

そこで今回は、通販でも購入可能な金庫を徹底調査。性能・価格・使いやすさなどをチェックして、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも解説しますので、万が一に備えるための一台をぜひ見つけてください!

家庭用金庫の選び方

ひと口に金庫と言っても、その種類は様々。特にご家庭で使う金庫は、用途や目的に合ったものでないと使い勝手が悪く、結局無駄になってしまった…などというケースも少なくありません。

そんな失敗をしないためにも、まずは購入時にチェックすべき点を知っておきましょう。以下に、金庫の選び方の3つのポイントとして、ご説明していきます!

1.用途に合ったタイプで選ぶ

まず、金庫を選ぶにあたって迷ってしまうのが金庫のタイプですよね。部屋に設置する「据え置き型」か、持ち運び可能な「手提げ型」に分かれます。ともに大きさや重さ、収納できる量などが異なりますので詳しく解説していきます。

どっしりと構える安心の「据え置き型」

据え置き型を選ぶにあたって大切なのは何といっても設置場所です。小型金庫でも40kgから50kgの重さがありますので、ちょっと移動させるのも大変ですよね。最適な場所はご家庭によって変わりますが、重要なのは金庫の重量と部屋の耐荷重を確認することです。

まず、金庫の購入前に設置する床の耐荷重を確認します。これをおろそかにしてしまうと床がだんだんとへこんだり、最悪の場合、床板が抜けてしまう可能性もあります。耐荷重は住居の施工業者に教えてもらえますので、大家さんや管理会社などを通じて確認しましょう。金庫の重量は説明書に書いてありますが、中身の重さも加わるので耐荷重ギリギリの金庫は避けるようにしてください。

また、重い据え置き型であっても数人がかりなら運び出されてしまう可能性もあります。防犯上、どうしても心配な方は押し入れなどに収まるサイズの金庫を選ぶと良いでしょう。ただし、押し入れの床は耐荷重が弱い場合が多いので、こちらも必ず確認してから購入してくださいね。

どこでも保管できるお手軽な「手提げ型」

手提げ型の特徴は、持ち運びが楽で収納も簡単に行えること。反面、侵入者の目に止まれば金庫ごと盗まれてしまう可能性があります。どれだけ性能の良い金庫でも手提げ型である以上、盗難のリスクは避けられません。

そこで手提げ金庫を購入する前に、あらかじめ部屋のどこに保管するか決めておくと良いでしょう。保管するスペースのサイズを測っておけば金庫のサイズも選びやすいですね。一般的なのは鍵付きの書庫やタンス、押し入れなどです。また、部屋の床下や階段下に収納スペースがある場合は、上手に活用すると発見されるリスクが軽減します。ただし、どこにしまったか忘れてしまわないように気を付けてくださいね。

2.鍵の種類で選ぶ

金庫を選ぶ時には、鍵の種類もチェックしましょう。昔ながらのシリンダー錠やダイヤル式の鍵に加え、最近ではテンキーや磁気カードによる電子ロックが増えてきました。鍵による開閉が無くなったことで、より手軽に操作できるようになり、セキュリティ性能も格段にアップしています。

安全性を高めるためには、ダブルロック、マルチロックといった複数の施錠システムを備えた金庫もおすすめです。

鍵を回すだけの簡単解錠【シリンダー式】

鍵を差し込んで回すタイプのシリンダーキーの金庫では、つくりによっては簡単にこじ開けられてしまいかねません。できるだけ高性能な鍵を使ったものを選びましょう。

ディンプルキーと呼ばれる鍵にくぼみがついたタイプの鍵を使うものを選ぶと、複製やピッキングが困難になり、安全性が高まりますよ。

金庫の鍵と言えばこのタイプ【ダイヤル式】

金庫の代表とも言えるのが、ダイヤル式。操作は少し大変ですが覚えてしまえばスムーズに開閉できます。長く使われているだけあって、その精密な構造はとても優れたものだと言えます。

ダイヤル式を選ぶ時に重要なのは、ダイヤル自体の操作性。軽すぎてカチカチと回らないものの場合、数字を合わせるのが大変な場合があります。可能な場合は、購入する前に実際に触れてみるのがおすすめですが、通販の場合は口コミを入念にチェックしましょう。

暗証番号を入力するだけでOK!【テンキー式】

今では主流となった暗証番号入力タイプは、テンキー入力だけで開けられるので人気です。

テンキー式では、ほとんどが2重、3重のロックができるようになっており、指紋認証システムを搭載している製品などもあるので、セキュリティは万全です。ただし、電池が切れると開かなくなりますので予備の電池を必ず準備しておきましょう。

スッとカードを通すだけ!【磁気カード式】

磁気カードによる電子ロックタイプは、セキュリティ会社の防犯ロックにも使われており、その安全性の高さが特徴です。

磁気カードには、普通のカードサイズのものや細長いタイプがあります。カードをスライドさせるだけで解錠できるので、とても便利。テンキーなどと組み合わせてさらに強固にした製品も多くなっています。このタイプでも電池が必要ですので、くれぐれも準備をお忘れなく…。

磁石の力で簡単操作!【マグネット式】

最後は磁石の特性を活かした高性能タイプです。特殊なマグネットキーを使用していて、面倒な操作が一切不要。差し込んだり、タッチするだけでロックの開閉ができてしまいます。マグネットキーも携帯に便利な作りになっていて、キーケースなどに収納できますよ。

金庫自体の見た目もすっきりシンプルなので、お部屋のインテリアにも合わせやすいですね。

3.耐性で選ぶ

金庫の「耐性」というとちょっと難しい感じの言葉ですが、具体的には火事などに耐え中身を守る「耐火」と、金庫を開けられて盗まれないようにする「防盗」のふたつがあります。

それぞれの過酷な試験をクリアしたものだけが、「耐火金庫」「防盗金庫」と称することができるようになっています。その試験について、以下に紹介していきますね。

耐火金庫の加熱試験

耐火性能には日本基準のJIS規格、国際基準のUL規格があり、どちらも信頼できる基準です。耐火時間は金庫によって違いますが、家庭用の場合は30分から1時間が主流。規定時間の加熱試験を行い、試験後に金庫が壊れていないこと、施錠できていること、中に入れた新聞紙が読めることをテストします。

例えば金庫に「UL1時間耐火」という表示があった場合は、国際基準であるUL規格の加熱試験をクリアし、1時間は火災に耐えられるということを示しています。

防盗金庫の破壊試験

防盗性能には耐工具試験、耐溶断試験などがあり、検査員が工具を使ったり溶かしたりして金庫の破壊を試みます。もちろん何時間もかければ金庫は壊れてしまいますので、それまでの時間を計測します。

例えば、「耐工具1時間」の認証があれば金庫をこじ開けるのに最低1時間はかかるという意味。テストでは、検査員があらかじめ金庫の弱点を探り、こじ開けに最適な工具を使用して行われるというもの。かなり厳しい基準だと言えますね。

おすすめの金庫ランキング5選

金庫にはいろいろなチェックポイントがあること、おわかりいただけたでしょうか?

ここからは、いよいよおすすめの金庫ランキングの発表です!人気の売れ筋商品の中から、セキュリティレベルの高い高機能な金庫だけを選びました。どれもコスパに優れ、使い勝手の良いものばかりですよ。

5位:Sentry(セントリー) 耐火金庫 JF123CT

Sentry(セントリー) 耐火金庫 JF123CT
29,480円(税込)

■サイズ
外寸:幅41.5×奥行き49.1×高さ45.3(cm)
内寸:幅31×奥行き28×高さ34.9(cm)
■重量:39kg

■鍵の種類・耐性
ダイヤル式
UL1時間耐火テスト合格・UL爆発テスト合格
ETL落下衝撃テスト認定
ETLデジタルメディア耐火テスト認定

アメリカ生まれの高耐久金庫!

米国Sentry(セントリー)社製のダイヤル式小型耐火金庫です。解錠して扉を開けると、庫内の広さが際立ちます。これは同社独自開発のピロノックスという特殊な耐火素材を使うことで、金庫壁が薄くなっているからなんです。A4ファイルもすっぽり収納できるので、重要な契約書なども保管OK。他社の同型と比べると、収納物の幅がグッと広がりますよ。

もちろん、壁は薄くても耐火・防盗性能はバッチリ。過酷な耐火テストをクリアして火災時でも1時間は耐え、急加熱による爆発や破裂がしないかの爆発テストにも合格しています。さらに、扉には同社従来比の60%UPという太さを誇るカンヌキが4本も装備されています。

蝶番側にもこじ開け防止の工夫が施されていて安心の防盗性能となっています。扉の内側にキーフックや収納スペースがあるのも使いやすく、うれしいですね!

「Sentry(セントリー) 耐火金庫 JF123CT」の評判・口コミ

重いです。防盗用ではないですが、生半可な泥棒は運ぶことはできない重さです。
なんとか一人で二階へ運び、設置しましたが、女性、お年寄りには無理でしょう。
しっかりした存在感のある金庫で、アメリカ製の嬉しさもあります

出典:Amazonカスタマーレビュー

ダイヤルがスムーズに動きにくいのは気になりますが、許容範囲です。大切なメディアを保管できる耐火金庫としてはベストだと感じています。

出典:Amazonカスタマーレビュー

4位:アイリスオーヤマ SBX-B5T

アイリスオーヤマ SBX-B5T
7,900円(税込)

■サイズ(約):幅31.5×奥行22.5×高さ13.5cm
■重量:3100g

■鍵の種類・耐性
テンキー式・シリンダー式
防犯ブザー搭載

充実したセキュリティ機能と使いやすさで大人気!

手提げ型の高機能な金庫です。蓋を開けるとコインカウンターとお札入れのダブルトレーになっていて、使いやすさ抜群!トレー下にも通帳やパスポートなどを収納できますよ。

セキュリティには、テンキー式の電子ロックとシリンダー錠を搭載。万全のダブルロックなので安心です。普段はテンキーの暗証番号だけで開閉できますので、鍵を使う煩わしさもありません!

さらに、防犯ブザー付で、持ち去りによる盗難をアラームで防いでくれるという親切設計。手提げ型では抜群の性能と言っていいでしょう。手軽に使える家庭用金庫をお探しの方には、おすすめです!

「アイリスオーヤマ SBX-B5T」の評判・口コミ

通帳、ハンコ、パスポートなど今までばらばらになっていたものが、この金庫のおかげで集約できました。テンキーでオープンできるので便利です。

出典:Amazon.co.jp: アイリスオーヤマ 金庫 手提げ A4 テンキー SBX-A4T ダークブルーのVOP爺さんのレビュー

お札は2種類のトレーしかないですが、小銭は金額が一目瞭然で使い勝手が良い。鍵穴は非常用のもので、普段は暗証番号による開錠で便利。ヒンジ部分も前の物とは比較にならないくらい強固。

出典:Amazonカスタマーレビュー

3位:EIKO(エーコー)小型耐火金庫 D-FACE 【DFS2-FE】

EIKO(エーコー)小型耐火金庫 D-FACE【DFS2-FE】
49,300円(税込)

■サイズ
外寸:幅48.4×奥行46.7×高さ37.2(cm)
内寸:幅35.4×奥行25.7×高さ21.4(cm)
■重量:58kg

■鍵の種類・耐性
テンキー式・指紋認証式・内臓シリンダー錠
一般紙用1時間耐火性能

家庭用の据え置き型で抜群の信頼性!

出典:amzn.asia

スタイリッシュでシンプルなデザインは、和洋室問わずどんなお部屋にも違和感なく似合います。

肝心のセキュリティも、テンキー入力の暗証番号と指紋認証によるマルチロック。実物の鍵が無いと不安という方のために、内臓シリンダー錠による施錠も可能になっています。また、指紋認証は10指まで登録可能なので、万が一のためにご家族の指紋も登録しておくと安心ですよ。

防盗性能は、このサイズにしては頑丈なダブルカンヌキを使用していて、ちょっとやそっとではこじ開けることはできません。耐火性能も火災発生から1時間の耐久テストに合格しています。また、扉にストッパーをつけて開きすぎを防止し、金庫や家具の破損や転倒を防いでくれます。

お値段を考えると簡単に購入するのは難しいかもしれませんが、機能は据え置き型では抜群です。ご予算や設置場所の条件が合う方には、ぜひおすすめしたい金庫です。

「EIKO(エーコー)小型耐火金庫 D-FACE【DFS2-FE】」の評判・口コミ

指紋認証式がとても便利。日常的に出し入れする用途にも使いやすい

出典:Amazonカスタマーレビュー

コンパクトで取扱い易いです。それなりに重量もあり、盗難防止にもなり、扱いは簡単で面倒ではありません。いい意味で、ちょうどいいと思います。

出典:楽天市場みんなのレビュー

2位:Sentry(セントリー)手提金庫 SCB-8

Sentry(セントリー) 手提金庫 SCB-8
1,699円(税込)

■サイズ: 幅19.7×奥行16.1×高さ9cm
■重量: 約1.06kg

■鍵の種類・耐性
シリンダー式

Amazonベストセラー1位の人気の手提げ金庫!

Amazonベストセラー1位を誇る手提げ金庫。購入しやすいお手頃な価格、そしてコンパクトで使いやすいサイズが人気の理由です。

トレーは10円から500円までの硬貨が収納可能で、10枚ごとに角度がついているので一目で計算OK。トレー下のスペースには、紙幣を折りたたまずに保管することができます!ご家庭での簡単な保管金庫としては、かなり完成度の高い金庫です。

ただ、あくまで簡易的なもの。防盗、耐火の性能はありません。人目に付かないところ、緊急時に持ち出しやすいところを選んで保管するようにするといいでしょう。例えば鍵付きの引き出しや戸棚などにしまっておくのがおすすめです!

「Sentry(セントリー)手提金庫 SCB-8」の評判・口コミ

自宅に現金を置いておく事があり、子供のいたずら防止のため購入しました。
それほど頻繁に大きな金額を出し入れする事も無いので、このサイズがジャストでした。

出典:Amazonカスタマーレビュー

小銭入れは外して使っていますが、ケースはとても良い。内側もちゃんとしていて、とても良い買い物をしました。

出典:Amazon.co.jp: Sentry 手提金庫 フラットキー SCB-8のkajishさんのレビュー

1位:EIKO(エイコー)耐火・防水プロテクターバッグ2013 bc4184

EIKO(エイコー) 耐火・防水プロテクターバッグ2013 bc4184
4,594円(税込)

■サイズ:幅35.5×奥行28.1×高さ15.3(cm)
■重量:6.0kg

■鍵の種類・耐性
シリンダー式
30分耐火金庫
防水機能(水深20cmで8時間耐久)

小さいながらも耐火と防水機能を備えた優れもの!

最後に、堂々の第1位はEIKO(エイコー)のプロテクターバッグ2013です!

耐火・防水機能を備えた金庫で、耐火試験では30分、防水試験では水深20cmで8時間をクリア。最近は自然災害も多くなっていますが、大切な中身をしっかりと守ってくれます。もちろん現金だけではなく、貴重品なども収納可能。あらゆる場面で活躍すること間違いなしです。

簡易なポータブルサイズの場合、長期間保管していると湿気などが厄介ですが、この製品は万全な防水機能があるため、地権書、保険証券などの書類も安心して保管することができます。

第1位に選んだ理由は、なんといっても小さいながらも強い防災機能。お値段もとてもお手ごろなので、いつ起こるかも分からない天災・人災に備えて、一家に1台は置いておきたい商品です。ぜひおすすめします!

「EIKO(エイコー)耐火・防水プロテクターバッグ2013 bc4184」の評判・口コミ

家用に購入しました。人が持てる重さではありますが耐火・防水に期待して利用してます。

出典:Amazonカスタマーレビュー

今まで他社の同価格帯の物を使っていましたが、何故か閉じても隙間が開いていて、虫の侵入やカビの発生が心配でした。こちらの商品は防水仕様なのでそういった心配が無く、安心して紙類なども保管できます。

出典:Amazonカスタマーレビュー

まとめ

さまざまなタイプの金庫をご紹介しましたが、いかがでしたか?

金庫というとちょっと特別な感じもしますが、上手く活用すればとても身近で便利なものだということ、きっとご理解いただけたと思います。近年、地震や台風などの被害が多くなっていますが、通帳などが塗れて使えなくなってしまい被災後の生活に困った…などという話も聞きます。そうならないためにも、災害対策の一環として、日頃から金庫の活用を強くおすすめします。

また、盗難被害に遭っても盗まれたものが戻ってくる可能性はほとんどありません。自分の財産は、自分で守るしかありません。その意味でも、万が一を考えて金庫の購入を考えてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するキーワード