• 4e6acf7fe0fbb344b718fef2c10c1a12b4f61a53
  • A92a5a2d3964dc971a07b266b8d1f667c35ec041
  • 99eb566b451d57af2ebbe56b8f17dd9235686e42
  • 1535fb6d59794dc88cb5fba48bf0792dac8002ad
  • 62029fa4791447563eea8ca7cc4b9c049dcaf544

ワインオープナーのおすすめ人気ランキング7選

ワインを飲むために欠かせないのがコルクを抜く「ワインオープナー」。イマイチうまく使えない!もっと簡単なものはないの?と思っている方も多いのではないでしょうか?ありますよ!最近は電動タイプで力が要らないものや、コルクの屑が入ってしまいにくいものなど、いろいろな製品が選べるようになっているんです。

そこで今回は、初心者でも簡単に使える電動式やエアー式から、ソムリエが使うような本格派まで、人気のワインオープナーを徹底調査!使い方のアドバイスも添えて、おすすめ順にご紹介していきます!高級ワインにぴったりなおしゃれなアイテムも登場しますよ。お楽しみに~♪

最終更新日:2017年06月15日 | 1,450views

ワインオープナーの選び方

なんだか使うのが難しそうな気がするワインオープナー。でも、心配はいりません。プロが使うようなものだけでなく、初心者でも簡単に使えるものもたくさんあるんですよ。ちゃんと選べば、使いやすいものが見つかります!

そこで、どんなワインオープナーを選んだら良いかわからないという方のために、まずはワインオープナーの賢い選び方をご紹介していきたいと思います!

ワインオープナーの種類を知ろう

ワインオープナーには大きく分けて7つの種類があります。それぞれの特徴・使い方を理解して、どのタイプがあなたのスタイルに合っているのか決めていきましょう!

とってもシンプル!T字型コルクスクリュー

らせん状の金属に柄を付けた、ワインオープナーの中でも最もシンプルなタイプ。よく見かけますよね。このタイプはシンプルゆえに扱い方が難しく、コルクに刺すのも引き抜くのも自力で行うため、力もかなり必要です。また、引き抜いた際にボトルが倒れたり、コルクの屑がワインの中に入ってしまうこともあるので注意しましょう。

・使い方:コルクにスクリューを真っ直ぐ差し込み、柄を持って力に任せて真っ直ぐコルクを引き抜きます。

初心者でも使いやすい!スクリュープル

初心者でも簡単に開けられるようにと開発されたのが、このスクリュープル。ガイドがあるのでスクリューがコルクの中に真っ直ぐ入りやすく、力をあまり入れずにクルクル回すだけで勝手にコルクが外れるしくみになっています。ただしコルクの屑がワインの中に入ってしまうことがあるのが難点です。

・使い方:ボトルにセットし、上部のハンドルを一定方向に回します。

テコの力で楽々!ウイング式オープナー

テコの力を使ってコルクを引き抜くのがウイング式オープナー。バタフライ型とも呼ばれ、力の弱い人でも簡単に開けることができます。

ただし引き抜く際にはテコの力に頼るため、力の加減ができません。コルクが柔らかくなっている場合には壊してしまう危険性があるので注意しましょう。

・使い方:ボトルにセットし、ハンドルを回します。すると両側の柄が上がってくるので、その柄を引き下げるとテコの力でコルクが抜けます。

上下させるだけの簡単操作!レバー式オープナー

横に付いているレバーを動かすだけで、ほとんど力を入れずにコルクが抜けるのがレバー式オープナー。デザインもおしゃれなものが多く、レバーを上下させるだけでオープナーからも簡単にコルクを外すことができる商品もあります。

ただしレバー部分が大きく、収納するときにかなりのスペースが必要になってしまうのが難点です。

・使い方:ボトルにセットし、レバーを上下させるとコルクが勝手に上がってきます。アイテムによって、1度の上げ下げで良いもの、何度も上下させるものなど操作方法が異なります。

プロも愛用!ソムリエナイフ

ナイフとスクリューが付いており、テコの原理を使ってコルクを抜きます。その名の通り、ソムリエがワインを開ける時に使うアイテムです。折りたたむことができるので収納スペースも最小限ですみます。

使い方が難しいので慣れるまでに時間はかかりますが、使い方さえマスターすれば最も失敗しにくいワインオープナーだと言えるでしょう。

・使い方:ナイフでキャップシールをはがし、スクリューをコルクに真っ直ぐ差し込みます。コルクの下まで突き抜けないように差し込んだら、フックをボトルの口に引っかけてテコの力を使ってコルクを引き上げます。最後は優しくゆっくりと手で引き抜いたら完成です。

簡単!安全!電動式オープナー

全く力を使わず、自動でコルクを抜いてくれるのが電動式オープナー。安全性にも優れているので、小さなお子さんでも使えます。手が疲れるということもないので、1度に何本も開けたいという時にもおすすめのタイプです。

ただし使う時には乾電池が必要。また、サイズが大きいものが多いので、収納スペースをしっかり確保してから購入するようにしましょう。

・使い方:ボトルにセットし、スイッチを押します。

ほとんど失敗なし!エアー(ガス)式オープナー

コルクに針を刺してガスや空気を注入。その力で簡単にコルクを引き抜くというタイプです。力もコツもほとんどいらず、コルクの屑が中に入ってしまうといった失敗もほとんどないので初心者におすすめです。

ただし値段が高いものが多く、ガスを使うタイプだとさらにガスカートリッジが必要になるので、ランニングコストも高くなってしまうのが難点です。また、柔らかいコルクではボトルとの間に隙間ができてしまい、上手くエアーを注入することができないので注意が必要です。

・使い方:コルクに針を真っ直ぐ突き刺し、空気またはガスを入れます。空気の場合はポンピング、ガスの場合はスイッチオンすると勝手にコルクが上がって抜けます。

収納しやすいサイズを選ぼう

キッチンツールであるワインオープナー。限られたスペースに収納するためにも、あまりにも大きなアイテムを選ぶのはおすすめできません。使い勝手の良さで選ぶとともに、収納性もチェックしながら選ぶようにしましょう♪

ワインオープナーのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、人気のワインオープナーを価格・口コミ・使いやすさなどから総合的に比較し、おすすめ順にランキング形式でご紹介していきます!誰でも簡単に使える電動式から本格的なソムリエナイフまで、様々なワインオープナーが登場。きっとお気に入りのアイテムが見つかりますよ♪

7位:レミニセンス エクスプローラー

レミニセンス エアーポンピング式ワインオープナー エクスプローラー BK9NKB01
1,980円(税込)

・タイプ:エアー式ワインオープナー
・サイズ:4.8×4.8×21cm

空気を注入!ポンと弾ける音がするエアーポンピング式オープナー

エアー式と言われるとなんだか使い方が難しいような気もしてしまいますが、操作はとっても簡単。コルクにピンを刺してセットしたら、ハンドルを持って何度かポンピングするだけ。すると徐々にコルクが上昇し、最後にはポンッという気持ち良い音と共にコルクが抜けます。

ポンピングにも力は要らず、女性でも簡単にワイン開けが可能。ガスカートリッジや電気も必要とせず、家族みんなが使えるアイテムです。

しかし、コルクが柔らかくボトルとの間に隙間ができやすいワインでは、空気が漏れてしまい上手く開けることができません。また、ピンを真っ直ぐ指すのが難しく、慣れないうちは使いづらい点はちょっぴり残念なワインオープナーです。

6位:ルクルーゼ テーブルモデル

ルクルーゼ テーブルモデル 59993-01-10
2,224円(税込)

・タイプ:スクリュープル
・サイズ:14.6×7×2.5cm

飾らないデザインが美しい!機能性もバツグンのスクリュープル!

クルクルと右に回していくだけで勝手にコルクが抜ける、スクリュープルタイプのワインオープナー。飾らずに洗練されたデザインが大人な雰囲気を演出し、デザイン性と機能性の高さからニューヨークの近代美術館にも永久収蔵されるほどの逸品です。

使いやすさのポイントは、表面に施されたNASA開発の特殊コーティング。このコーティングによりスクリューがスルリスルリとコルクに入り込み、より軽い力で操作することが可能になっています。

5位:メトロケイン バーティカルラビット

Rabbit メトロケイン バーティカルラビット ワインオープナー
3,280円(税込)

・タイプ:レバー式オープナー
・サイズ:15×14×5cm

コツは全く必要なし!ワンタッチでオープナーからコルクも外せる!

レバーを上げた状態でセットしたら、下げてまた上げるだけ。たったこれだけでスルッとコルクが抜けちゃいます。さらにもう1度レバーを上下させれば、オープナーからもコルクが外れるとう優れもの。いままでの苦労はなんだったのか、というほどあっけなく簡単に、誰でも使いこなせるアイテムです。

レバーには滑り止めのグリップが付いており握りやすく、ウサギの耳のような可愛いデザインなので、テーブルの上にそのまま置いてもとってもおしゃれ。フォイルカッターも付属しているのでキャップシールを切ることもできます。

ただし、レバーがあるため幅が広くなってしまい、収納時には少し邪魔になってしまうかもしれません。またコツは要りませんが、レバーを押し込むときにはちょっとばかり力が必要です。

4位:IPOW ウイング ワインコルク抜き オープナー

IPOW ウイング ワインコルク抜き オープナー
1,200円(税込)

・タイプ:ウイング式オープナー
・サイズ:全長約18cm

ドリルのようなスクリューでスルッとコルクに突き刺さる!

上部の栓抜きを使えば、ワインだけでなくビールだって開けることができるこちらのウイング式オープナー。見た目は至って普通ですが、細かいところまで計算しつくされたアイテムなんです!

まずはスクリューの形状。ドリルのような溝が付いたスクリューは抵抗が少なく、コルクにスルッと刺ささり余計な削り屑を出しません。そして重さ。ワインオープナーにしては重めである230gほどの重量が、テコの原理でコルクを抜くウイング式オープナーの操作をサポートしてくれています。

耐久性に優れた素材と厚いサポートアームのおかげもあり、安心して長期間使い続けることができますよ。

3位:レコルト イージーワインオープナー

récolte イージーワイン オープナー EWO-1(BD)
3,240円(税込)

・タイプ:電動式ワインオープナー
・サイズ:約5×26.2cm

ボタン1つで簡単自動運転!

誰でも驚くほど簡単に使える電動式ワインオープナーがこちら。コルクをボトルから抜くのもオープナーから外すのもスイッチをポチッと押すだけなので、力は全く必要なし!力の弱い方やお子様でも楽しく簡単に使える、最先端なワインオープナーです。

先端部は中が見えるようスケルトンデザインになっており、万が一失敗した時でも素早く止めてやり直すことができるのも安心して使えるポイントです。サイズは500mlペットボトルほどと大きめですが、今まで苦労していたコルク抜きのことを考えれば気にならないことでしょう。

使用には単3電池が4本が必要。上部にホイルカッターがセットできる一体型になっているので、ホイルカッターを無くしてしまうこともないですよ♪

2位:Firlar ソムリエナイフ

Firlar ソムリエナイフ ステンレス ワインオープナー
950円(税込)

・タイプ:ソムリエナイフ
・サイズ:約12×3×1.5cm

カッコ良さナンバーワン!コスパも抜群のソムリエナイフ

高級感たっぷりで使い勝手も良いのにお手頃価格。そのコストパフォーマンスの高さから、ソムリエナイフ部門でAmazonのベストセラーに1位に選ばれているのがこちらの商品です。ラベルを切るためのナイフとスクリューが一体になっており、ボトルの口の太さも選ばず使えるので、どんなワインでもこれ1本持っているだけで開けることができますよ。

折りたたんでコンパクトに収納可能。サッと取り出してスマートに使いこなせば、一流ソムリエ気分にもなれちゃうアイテムです。

1位:バキュバン コルクスクリュー ツイスター

バキュバン コルクスクリュー ツイスター 68814
1,328円(税込)

・タイプ:スクリュープル
・サイズ:20×4.8×8cm

驚きの使い心地!コルク抜きが楽しくなるワインオープナー

出典:amzn.asia

誰がやってもスクリューが真っ直ぐコルクに突き刺さり、軽い力だけでどんなコルクもスルリと抜けると評判なのがバキュバンのコルクスクリューツイスター。その秘密は左右のデザインが異なる、魚のようなユニークなフォルムにあります。

ボトルを押えるためのゴムグリップの位置がズレていることでホールド力がアップ。余計な力を入れなくても、ただ回し続けるだけであっという間に作業は完了します。また、先端部分が末広がりなので口径の違うボトルにもスルリとはまるんです!

1度試してみたら他のワインオープナーには戻れないという方も続出中!コルク抜きが楽しくなること請け合いの優秀ワインオープナーです。

まとめ

いかがでしたか?なんだか、私もうまく使えそう!という気がしてきたのではないでしょうか?

今回はおすすめしたワインオープナーは、どれも軽い力で綺麗にコルクを抜くことができる優秀なものばかり。どうしても迷ってしまう方は、好きなデザインで選んでみるのも良いかもしれません。ワインを楽しむ時には、使い勝手だけでなく雰囲気も大切ですよね。お気に入りのワインオープナーを手に入れて、おしゃれで優雅なワインタイムを楽しんでくださいね♪

人気の記事

関連キーワード