最終更新日:2017年01月16日 | 56524views

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

  • D98200a5e2d7d897700e5689dc362e0193966aad
  • 8254defaa43141155f30dd642675eeb752a2ac87
  • 802caf22f4d3a8b67411029d7cbf83f42137109a
  • C1003229be2cbcdfa4f20c87389e552a4c7672d4
  • 047a413b02a2959a2c235097fe95308ed3933704

料理に必須アイテムのフライパン。鉄製、セラミックコーティング、テフロン加工、アルミ製、IH対応など様々なタイプの商品があり、またティファール、リバーライトなどメーカーも様々で、フライパン選びに悩む方も多いのではないでしょうか。

今回はまずフライパンの選び方についてご説明してから、実際に人気のフライパン商品の中から、くっつかない・焦げないのはもちろん、形や使いやすさ、価格などを比較して、おすすめのフライパンをランキング形式で紹介したいと思います!たくさんある商品の中からこだわりのフライパンを探してみてください。

02919e8015dd0d4a0402c4a21a2e5452323db31b
監修者:紅の豚子専業主婦の自称料理研究家。子供ができるまではあまり料理はしないほうだったが、子供にアレルギーがあったことをきっかけに、料理に目覚める。得意料理は和食で、最近はキャラ弁作りにはまっている。座右の銘は「食べない豚はただの豚」

フライパンの選び方のポイント

「焼く、炒める」だけでなく、ちょっとしたものを茹でたり、煮たり、様々な調理方法に対応できるフライパン。毎日欠かさず使う、という人も少なくないのではないでしょうか。材質や大きさも様々、価格もピンからキリまで幅広く揃っているフライパンですが、選ぶ時に注意するポイントをご紹介します!

材質

フライパンは様々な材質のものが売られています。それぞれにメリット・デメリットがあるので、ご自身の使い方と照らし合わせて、何がベストかを考えてみてください。

フッ素樹脂加工のフライパン

ほとんどの家庭料理に対応でき、初心者でも使いやすいのは、フッ素樹脂加工のもの。少量の油でも焦げ付きにくく、お料理をヘルシーに仕上げることができますし、使用後も他の食器と同じように洗剤で洗って乾かせばOKという手軽さも魅力ですよね。

デメリットは、強火や衝撃に弱く、空焚きをしてしまったり、金属製の器具を使用したりすることで、表面のフッ素樹脂加工が剥がれてしまうこと。丁寧に使用していても、2~3年程度で焦げ付くようになってしまうため、消耗品と割り切って使った方がいいかもしれません。

鉄製など、フッ素樹脂加工されていないフライパン

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

フッ素樹脂加工されていないフライパンは、フッ素樹脂加工のものに比べると手入れに手間がかかりますが、熱伝導性・蓄熱性が高く、頑丈なのが魅力です。アルミ製のものは酸や高熱に弱いなど、素材によって特性の違いはありますが、一般的な家庭料理であれば幅広い料理に使えます。

デメリットとしては、お手入れに手間がかかること。初めて使う時には、空焚きして表面のコーティング剤を取り除き、野菜くずなどを炒めて油を馴染ませるといった、準備が必要です。フライパンに油が馴染んでいないと、焦げ付き、錆びの原因となってしまいます。使用後も、せっかく馴染んだ油が落ちてしまうので、洗剤で洗うのはNG。水洗いの後に乾かし、常に表面に油膜がある状態を保つ必要があります。

慣れるまでは面倒かもしれませんが、お手入れ方法が身についてしまえば、10年近く使い続けることも可能です。耐久性の高さも魅力のひとつと言えるでしょう。

大きさ

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

ひとり暮らしでも家族と暮らしていても、チャーハンや野菜炒めなど、一気にしっかりと炒めたいお料理を作る場合、使いやすいのは直径26cm程度のもの。4人家族や食べ盛りのお子さんがいるご家庭では、28cmでもいいかもしれません。大きすぎたり深いものは、重くて扱いにくくなってしまいますし、収納に困る可能性もあるため、要注意です。

朝ごはんやお弁当作りなど、少量のおかずをさっと作る機会が多いなら、直径20cm程度のものを2つ目として持つのも便利。目玉焼きやちょっとした炒め物を作るのにちょうどいいサイズです。

柄の材質、握り心地

中華の炒め物やチャーハンなどは、煽って炒めることも多いですよね。そんな時に重要なのが、柄の握り心地です。

プラスチック製、木製の柄

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

プラスチック製、木製の柄は、使用時に熱くなりにくく、安全なのがメリット。また、プラスチック製の柄は、滑り止めや、握りやすい凹凸がついているものも多く、初心者や握力が弱い女性、お子さんでも使いやすいものが多いです。ただ、ネジ止めしてあるものはネジが緩むとグラグラする、継ぎ目に汚れが溜まる、など、長く使っていく中で劣化が激しいというデメリットも。

金属製の柄

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

金属製の柄は、本体と一体成型あるいは、しっかりと溶接してあるものが多く、耐久性が高いのがメリット。継ぎ目が少ないので、汚れが溜まりにくく、清潔に保てるのも嬉しいですよね。一方で、長時間加熱する時など、柄まで熱くなってしまう場合もあります。鍋掴みを使用するなど、安全に配慮する必要があります。

フライパンの最強おすすめ人気ランキング

それではさっそくフライパンの人気商品の中から選んだおすすめランキングを発表したいと思います。

これまで述べてきたとおり、フライパンの選び方は人それぞれ異なりますので、このランキングを参考に自分にぴったりの一品を見つけて下さい!

15位:ティファール インジニオ・ネオ

ティファール 鍋 フライパン セット 「インジニオ・ネオ」 取っ手の取れる IH ステンレス セット3 L92993
8,608円(税込)

安定の取っ手の取れるシリーズ

コーティングフライパンと言えばティファール、ティファールと言えば取っ手の取れるシリーズ。取っ手を外してそのままオーブン調理に移行しても良し、お皿に移し替える事なく大皿の代わりに使っても良しの自由度が高いフライパンです。もちろんお知らせマークは健在で、温まりにくいコーティングフライパンもこれで食材の入れ時が一目瞭然なのが嬉しいですね。

スタイリッシュなステンレスシルバーは大皿として食卓に出しても映えるのでそこもポイントになっています。

14位:Vita Craft(ビタクラフト) ソフィアⅡフライパン

ビタクラフト フライパン ソフィアII 26cm 1746
3,200円(税込)

全面2層構造で耐腐食性と熱伝導率のバランスが良い

摩擦耐性の高い3層のふっ素樹脂コーティングでもちろん焦げ付きません。またソフィアⅡはステンレスとアルミニウムの全面2層構造なので、丈夫で錆びにくい上にコーティングフライパンの熱伝導率の問題もカバーしています。通常のコーティングフライパンよりも熱が伝わりやすいので時短調理や光熱費の節約が期待できるフライパンです。

もちろん家庭用IHやガス火、その他ヒーターも対応しています。

13位:KEVNHAUN(ケヴンハウン) アルミフォージドフライパン

KEVNHAUN(ケヴンハウン) アルミフォージドフライパン 24cm ピュアホワイト・KDS.580
2,646円(税込)

熱伝導率の優れたアルミ製

優れた熱伝導率のアルミに食材がくっつかず耐熱性が高いセラミックコーティングという良いとこ取りのフライパン。少量の油で調理ができるので料理もヘルシーな仕上がりになります。アルミですぐに温まるのに加えセラミックコーティングは400度まで耐えてくれるので、高温調理が必要な炒め物などには最適のフライパンです。

デンマーク発祥のブランドなのでカラーもレッドオレンジ、ティールグリーン、ピュアホワイトの日本にあまり見られないおしゃれな3色展開でキッチンも明るくなりそうですね。

12位:和平フレイズ レミ・ヒラノ レミパンプラス

【くっつかない!焦げない!】フライパンの最強おすすめ人気ランキング15選

出典:remy.jp

レミパン プラス
12,960円(税込)

元祖深型フライパンのレミパン、その最高傑作が新登場

言わずと知れた料理愛好家の平野レミさん。その平野さんプロデュースのレミパンに2016年3月、新作が誕生しました、その名もレミパンプラスです。「炒める、煮る、蒸す、揚げる、炊く」を1台でこなすレミパンに、世界初の「キッチンツールがくっつくマグネット内蔵ハンドル」を開発、採用しました。

持ち手が鉄のお玉やヘラなどはフライパンの取っ手にくっつくので、もう調理中に一時置きの場所に悩まされることはないでしょう。もちろんレミパン時代から変わらず、置くときに立てられるふたや独自のふっ素樹脂加工なども健在です。

11位:パール金属 軽いねストロングマーブルフライパン

パール金属 軽いね ストロングマーブル フライパン 26cm 【ガス火専用】 HB-1225
1,334円(税込)

やっぱり4層でも軽いフライパンが良い

注目していただきたいのは内面4層と外面3層で約610gという驚きの軽さ。マーブルコートやダイヤモンドコーティングのフライパンはどうしても重いイメージがありますが、ストロングマーブルフライパンは見た目の重厚感やその強度に反して軽いので子どもや女性でも使いやすいです。

ガス火専用ですが、フライパン自体が黒いので底の焼けも目立つ心配がありません。

10位:ティファール セラミックコントロール

ティファール フライパン 「セラミックコントロール」 イエロー 26cm C97505
3,500円(税込)

セラミックコーティングなのでカリッとした仕上がりに

通常ふっ素樹脂コーティングは汚れのこびりつきにくさや落ちやすさの面で性能が高いのが売りです。しかし撥水が良く食材を浮かせてしまうので、焼き色の付きやすさやサクッとした仕上がりは難しいという事が現実でした。

このティファールのセラミックコントロールは1層目が傷や摩擦に強い硬質なセラミック層、2層目は汚れがつきにくい高濃度のカーボンセラミック層というコーティングが施されています。セラミックコーティングはふっ素樹脂よりも水分を弾かないのでフライパンと食材の密着度が上がり、料理がカリッとした仕上がりになります。

9位:京セラ セラフォートフライパン

京セラ セラフォート フライパン 26cm IH対応 CFF-26-BBK
3,480円(税込)

焦げ付きにくいのにしっかり焼ける

熱伝導率や遠赤外線効果の高いセラミックと焦げ付きにくいふっ素樹脂加工のコンビネーションで、焦げ付きにくいのにしっかり焼ける「美食系フライパン」ができました。熱伝導率が良いので、コーティングフライパンの大敵である強火にせずともすぐにフライパンが温まります。

セラフォートとは、京セラのセラミック技術とダイキンのふっ素材料技術を融合させた、京セラの新しい調理器具シリーズです。セラミックの一歩先へ進んだフライパンをぜひお試しください。

8位:リバーライト 極ROOTSフライパン

リバーライト 極ROOTS フライパン 26cm
5,280円(税込)

長く愛用できるのはやはり鉄製フライパン

コーティングフライパンが主流のフライパンですが、やはり忘れてはならないのが鉄製。コーティングがあると熱の伝導率が下がり火の通りが悪くなる上に、無理に温度を上げようと強火にすればコーティングが剥げてしまいます。しかし鉄製であればコーティングを心配する必要もなければ熱伝導率はふっ素樹脂加工フライパンの約217倍なので、早く温めようと強火にする必要もないです。

しっかり手入れを行えば数十年~百年と使用することができるので、間違いなく最強のフライパンと言えます。

7位:パール金属 ブルーダイヤモンドコートIH対応フライパン

パール金属 ブルーダイヤモンドコート IH対応 フライパン 26cm H-8312
3,180円(税込)

取っ手が持ち運びに便利

強力な3層構造コーティングが施されており金属ヘラも使えます。ガス火使用はもちろん、底が分厚いので熱や経年による変形が少なくIHでも長く使える構造です。

柄の部分とフライパンが一体になっているので内部に出っ張りがなく、ネジで留めていないのでゴミや汚れが溜まらず衛生的な事もポイント。柄の反対側に取っ手が付いているので、できた料理をそのまま食卓に持って行く時も安全です。

6位:ニトリ ガス火/IH両用フライパン(CARAT)

ニトリ ガス火/IH両用フライパン(CARAT)
1,533円(税込)

特殊な柄の形で手が前へずれないので安心

ダイヤモンドコーティングなのでこびりつきにくくお手入れも簡単です。超硬質ダイヤモンド配合のふっ素3層コーティングがなされており、油不要で、使ってもかなり少量で済みます。

内側の柄の端がせりあがる形になっているため、振っているうちに手が火の方へずれる心配がなく力を入れやすいデザインです。底に描かれている星の模様も可愛いですね。

5位:SCANPAN(スキャンパン) Classicフライパン

SCANPAN Classic フライパン 26cm 26001200
9,272円(税込)

独自の表層加工技術で圧倒的な耐久性

なんとこのスキャンパンの調理器具には10年保証が付いており、正しく使用した場合のコーティングのはがれや加熱時のフライパンの反り、ゆがみまで保証してくれます。

取扱説明書通りに管理している場合で柄とふたは対象外という制約はありますが、裏を返せばそのくらい自信がある品だという事でしょう。また世界初のGREEN TEKという技術を用いており、通常のふっ素樹脂加工で使用される有害物質であるPFOAを一切使用していない加工のため、安全無害なフライパンである事もポイントです。

4位:協和工業株式会社 スーパーストーンバリア・フライパン

スーパーストーンバリア・フライパン26㎝
5,940円(税込)

月曜から夜ふかしで話題のレジェンド松下さんが紹介

レジェンド松下さんがテレビ番組で紹介してから人気急上昇のフライパン。内側6層、外側4層の構造なので少しの油でも焦げ付かない上に、ガスコンロの火にかかる部分も焦げにくく塗装が剥げにくいので、長く新品同様の見た目を保てます。傷にも強く100万回の耐摩耗テストもクリア済み。この性能でIHとガスコンロ対応なのでとても長く使えそうです。

3位:パール金属 フォアふっ素加工IH対応フライパン

フォア ふっ素加工 IH対応 フライパン 26cm H-1860
645円(税込)

格安なのにしっかりふっ素コーティング

お値段なんと654円です。しかも、この安さでもIH対応なので転勤や転居の予定があってもどこでも使えます。重さも約590gと軽いので女性でも片手で振れそうです。どのフライパンもコーティングは永久ではないので、寿命がくる消耗品と考えると買い替え時にも負担が少ないフライパンと言えます。ふっ素加工で油も少なく済むので健康にもお財布にも優しいフライパンです。

2位:ティファール IHルビー・エクセレンス

ティファール フライパン 「IH ルビー・エクセレンス」 26cm C62205
4,200円(税込)

適温マークで火の通りが均一に!

ティファールのフライパンの中でも最多6層チタン・エクセレンスコーティングが施されており、食材や汚れがこびりつかず洗う時も簡単に汚れが落ちて水切れもよいです。ティファールといえば取っ手が取れるシリーズですが、このフライパンは取れないタイプ。別売りですがふたをかぶせることもできます。

コーティングが施されているフライパンは通常強い火にかけるのはNGですが、このフライパンには適温マークがついているので中火や弱火でもフライパンが適温になるとわかりやすいところも便利です。

1位:北陸アルミニウム IHハイキャストグルメタイプ

IHハイキャスト(グルメタイプ)フライパン26cm
5,600円(税込)

万能の最強フライパン!!ガス、ヒーター、IHまでオール熱源対応

北陸アルミニウムから発売されているIHハイキャストシリーズの改良版です。家庭用ガスコンロやラジエントヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、シーズヒーター、家庭用IHなどすべての熱源に対応しています。以前のハイキャストシリーズよりも少し深めになっており、側面にカーブが付いているので食材も返しやすくなりました。内面は3層のふっ素樹脂加工が施されており、汚れは落ちやすく金属ヘラも使用可能です。

大きな特徴がないのは使いやすさの裏返し。万能の最強フライパンの証です。

まとめ

おすすめのフライパンランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

お手頃価格のものから長く使える高めの価格のものまで様々な商品がありますが、ぜひあなたにあったフライパンを購入して、楽しく快適にお料理してくださいね!

この記事に関連するキーワード