• 23b29d637526e4908fa85785e489e60050b64a93
  • 4463d800914d5f1d2fcf8aac3f9bf9523684a86b
  • Efe197013fedcda508e339e09a5d2ba7d9c03e34
  • 6a9d4d00ad116c344856ec113d15eb6c13f0b16c
  • Fd39d5d28f555694090298eb491f1e6973760fb6

スクリーンタープのおすすめ人気ランキング20選

日差しや雨・風を防ぎ、自然の中で過ごすための快適スペースをつくってくれる「スクリーンタープ」。コールマン・ロゴス・スノーピークなど様々なメーカーから大きさやデザインが異なる製品がたくさん登場しています。テントとコネクトできるものや設営が簡単なものなど、機能や特徴も様々。一体どれを選べば良いのか…と、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、さまざまなスクリーンタープを徹底比較!大型・中型・小型に分けて、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。選び方のポイントも説明しますので、目的に合ったもの見つけてくださいね。虫の侵入や雨・風を防ぎ、リビングのようなゆったりとした時間を過ごしちゃいましょう♪

最終更新日:2017年06月16日 | 6,988views

スクリーンタープとは?

主に寝るために使われるテントに対して、その中で時間を過ごすために使われるのが「タープ」。自然の中のリビングというイメージでしょうか。タープにもいろいろな種類がありますが、その中でも最もテントに近いものが「スクリーンタープ」です。

スクリーンタープは、いわば床のない簡易テントのようなもので、四方が布などで塞がれているのが特徴。使い方のアレンジの幅が広いものが多く、虫を防ぎながら風を入れたい時はメッシュパネルを使ったり、サイドの覆いを跳ね上げて開放性を高めたり、寒い冬や雨の日にはサイドシートをしっかり閉めて中を守ったり…と、状況に応じた居心地の良さを作り出すことができます。そのため、オールシーズン、全天候に対応して使えますよ♪

リビングのように快適にくつろぐことのできるスクリーンタープですが、設営は少々大変。テントの設営に似ており、2人以上で行うのが基本です。また、タープ全体で風を受けてしまうため、強風だと飛ばされてしまうこともあるので注意しましょう。

スクリーンタープの選び方

アウトドアを楽しむなら使ってみたい、スクリーンタープ。でも、初めてスクリーンタープを購入するという方は、一体どんなポイントに気を付けて選んだら良いか分かりませんよね。

そこでまずは、スクリーンタープの選び方をいくつかのポイントに分けてご紹介していきたいと思います!これを読めばあなたにぴったりのスクリーンタープがきっと見つかりますよ♪

使用人数に合ったサイズを選ぼう!

居住性抜群のスクリーンタープの中でより快適に過ごすために、まずチェックしてもらいたいのが、サイズと使用する人数です。使用人数目安が表記されている商品もありますが、表記されていない商品も多いので、迷うこともあるかもしれません。

そんな時のために、以下に目安となるサイズをまとめておきます。形によっても異なってきますが、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

・1~2人:300×300cm
・3~4人:330×330cm
・5~6人:360×360cm
・7人~:400×400cm

持ち運びやすいものを選ぼう!

テント・寝袋・クッカーなど、キャンプ時はなにかと荷物の量が多くなってしまうもの。車に乗せる荷物も、あれこれと多くなりがちです。また、使わない時の保管用スペースを確保するのも大変です。特に、スクリーンタープはタープの中でも大きいアイテムになるのでサイズチェックを入念に。なるべくコンパクトに収納でき、軽量で持ち運びやすいものを選ぶことをおすすめします。

耐水圧は1500mm程度でOK!

耐水圧とは、タープの生地がどれだけの水圧に耐えることができるかを表すもの。この数値が高くなるほど強い雨にも耐えられるタープということになります。一般的なタープの耐水圧は1000~3000mmですが、1500mm程度あれば強い雨にも耐えられますよ。

また、耐水圧が高いほど良いというわけでもないので要注意!数値が大きくなるほど通気性が悪くなり、夏場にはタープ内が蒸し暑くなりやすくなってしまいます。また値段も高くなるので、予算や使用シーンに合った耐水圧のアイテムを選びましょう♪

遮光性の高いものを選ぼう!

特に夏キャンプのためにスクリーンタープを購入したい、と考えている方にチェックしてもらいたいのが遮光性です。遮光性が高いということは、それだけしっかりとした影を作ってくれるということ。太陽がギラギラと照り続ける夏場は、遮光性の高いタープの下が強い日差しや暑さから身を守ってくれるオアシスになります。

遮光性を高くするには、色が濃く、生地に厚みがあるものを選ぶと良いでしょう。中にはUVカット加工がされているものも登場していますので、そういうアイテムを選ぶようにするのもおすすめです♪

設営しやすいものを選ぼう!

スクリーンタープの設営は他のタープに比べて手間がかかり、基本的に2人で行うもの。でも、キャンプなどのアウトドア活動ではタープ以外にも準備するものがたくさんあるので、できることなら設営にあまり時間を掛けたくないですよね。そこで、なるべく簡単に設営できるスクリーンタープを選ぶことが大切になってきます。

設営が簡単ということは撤収も簡単だということなので、片付けもスムーズに行えますよ♪中にはワンタッチで簡単に設営可能なアイテムもあります。キャンプに慣れていない方や設営に時間をかけたくないという方はワンタッチタイプを選ぶのもおすすめです

小型サイズのスクリーンタープおすすめ人気ランキング6選

お待たせしました!ここからはいよいよおすすめのスクリーンタープランキングの発表です!今回は人数やスタイルに合ったアイテムをより簡単に見つけていただけるように、サイズ別にランキングしてみました!

ますは使用人数の目安が2~3人ほどの小型サイズから見ていきましょう!

6位:ドッペルギャンガー ワンタッチスクリーンタープ

ドッペルギャンガー ワンタッチスクリーンタープ TT5-205
15,805円(税込)

・サイズ:(使用時)約310×310×225cm、(収納時)約135×20cm
・重量:約7.9kg
・耐水圧:800mm
・UVカット加工:あり(UPF30+)

一瞬で設営完了!のワンタッチ式

なんとこちらの商品は、タープ上部のロープを引っ張ってフレームを伸ばすだけで設営完了!その名の通りワンタッチで誰でも簡単に1人でも設営できちゃうんです!初心者や女性にもぴったりなアイテムですよ♪

しかしフレームが弱く耐水圧も800mmしかないので、強めの雨風にはちょっと耐えられないかも…。ペグをしっかり打ち込み、天候の良い日に使うことをおすすめします。

5位:キャンパーズコレクション スクリーンハウス300 PSH-300

キャンパーズコレクション スクリーンハウス300 PSH-300(BE)
9,400円(税込)

・サイズ:(使用時)305×305×220cm、(収納時)60×17.5×17.5cm
・重量:6kg
・耐水圧:1000mm
・UVカット加工:あり

圧倒的なコスパの高さで人気

大人4人が余裕で過ごせる広々サイズなのに、お値段はなんと1万円以下!UVカット加工もされており、初心者でも組み立てやすいのも魅力的。その圧倒的なコストパフォーマンスの高さから、多くのアウトドア好きに選ばれている人気商品です。日帰りのバーベキューなどにおすすめです!

ただしフルクローズできないので、雨の日には使いにくいところはちょっと残念。プライベート空間を確保したいという方にも向かないので注意しましょう。

4位:クイックキャンプ ワンタッチ スクリーン タープ

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーン タープ ALST-300
14,800円(税込)

・サイズ:(使用時)約300×300×210cm、(収納時)約20×20×135cm
・重量:約7.3kg
・耐水圧:1000mm
・UVカット加工:あり(UPF50+)

設営も撤収も超クイック!

クイックキャンプは、有意義な時間を少しでも多く過ごして欲しいとの想いから、だれでも簡単に素早く設置できるキャンプ用品を作っているメーカーです。もちろんこのアイテムの設営も超簡単!場所を決めたら、折り畳み傘を広げるようにタープを開いていくだけで、90秒ほどで設営が完了しちゃいます!もちろん撤収も楽チン。「おかげでキャンプがもっと楽しくなった」という口コミもたくさん見られます。

しかし構造上、風には弱め。付属のペグは貧弱なため、頑丈なペグを用意してしっかり固定するようにすると良いでしょう。

3位:ロゴス ナバホ ラウンドタープ

ロゴス タープ ナバホラウンドタープ 71806504
10,900円(税込)

・サイズ:(使用時)約320×320×140cm、(収納時)54×18×18cm
・重量:約4.8kg
・耐水圧:1600mm
・UVカット加工:あり

おしゃれ・安い・設営簡単!3拍子揃ったロースタイルタープ

エキゾチックなデザインが魅力のこちらのタープは、おしゃれで設営も簡単、そして安い!3拍子揃っているうえ、収納時もコンパクトなので車にも積みやすく、ピクニックといったちょっとした時でも使えると大変好評なアイテムです。

高さが140cmと低めなうえサイドパネルの形状が三角形のため、開放感には欠けてしまいますが、ロースタイルのキャンプを行いたい方にはぴったり!ナバホ柄のチェアやシュラフなども登場しているので、ナバホシリーズでトータルコーディネートしてみるのもおすすめですよ♪

2位:コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢ

コールマン タープ スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986
22,070円(税込)

・サイズ:(使用時)約320×340×215cm、(収納時)約23×82cm
・重量:約11.3kg
・耐水圧:約1200mm
・UVカット加工:あり

キャノピーテントと接続すれば雨の日も快適!

山の天気は変化しやすいもの。突然の雨でも困らないように、居心地の良いリビングスペースを確保しておきたいところです。そんな時にぴったりなのがこちら。その名の通り、ジョイントフラップが付いていて、キャノピータイプのテントと簡単に連結できるんです!雨の日でも濡れることなく広々とした空間でキャンプを思いっきり楽しめますよ♪

設営方法も簡単なので、デイキャンプで使うのもおすすめですよ!

1位:ロゴス Q-ストロングスクリーン 315-AE

ロゴス タープ Q-ストロングスクリーン 315-AE
74,175円(税込)

・サイズ:(使用時)約315×315×235cm、(収納時)122×32×32cm
・重量:約13.2kg
・耐水圧:1600mm
・UVカット加工:あり

パーツは全て一体化!クイックシステムで設営も簡単

設営も撤収も簡単に行える、クイックシステムを採用したモデルです。パーツは全て一体化しているので、ポールをうっかり無くしてしまった、なんてことも起こりません!

立ち上がっても余裕のある高い天井には大型のベンチレーションが付いているので、通気性の良い快適な空間をつくってくれます。開放感もバツグン!天気の良い日には、星の降る夜空を満喫することができるでしょう♪

中型サイズのスクリーンタープおすすめ人気ランキング9選

次にご紹介するのは、使用人数目安が4~6人ほどのファミリーキャンプにぴったりな中型サイズです!

9位:モンベル アストロドーム

アストロドーム
79,000円(税別)

・サイズ:(使用時)360×425×200cm、(収納時)約27×70cm
・重量:12kg
・耐水圧:1500mm
・UVカット加工:なし

使い方は自由自在!簡単設営の自立式タープ

自立式タープに使われているポールは、わずか4本!このポールの少なさによって、短時間での設営を可能にした優れものです。

アレンジの幅がとっても豊富なのも魅力の1つ。フルクローズでプライベート空間を作れるのはもちろん、モスキートネット地で通気性を確保できたり、サイドパネルをすべて上げれば解放感溢れるタープに早変わりしたり…。インナーテントを合わせれば前室付きのテントとしても使えます!同社のムーンライトテントと連結も可能なので、合わせて購入するのも良いですね♪

8位:キャプテンスタッグ ラニーメッシュタープテント

キャプテンスタッグ テント ラニーメッシュ タープ テント[6人用] M-8717
12,980円(税込)

・サイズ:(使用時)約350×380×210cm、(収納時)約72×22×22cm
・重量:8.2kg
・耐水圧:-
・UVカット加工:なし

レクタタープとしても使えるお手頃アイテム!

つくりはシンプルですが、6人入るサイズ感と手頃なお値段で人気なのがこちらのアイテム。メッシュパネルは取り外し可能なので、写真のようにパネルのないレクタタープとしても使うことができます。虫が気になるときにはスクリーン、解放感を楽しみたい時にはレクタと、様々なシーンで活躍してくれること間違いなしです!

ただし慣れていない場合には、設営にかなり時間がかるという口コミも多くみられます。コツを掴めば1人でも設営可能なようですが、多人数で行うとよりスムーズに組み立てられますよ♪

7位:MSR バックカントリーバーン

MSR BACKCOUNTRY BARN(バックカントリーバーン) 【4~5人用】 並行輸入品
148,900円(税込)

・サイズ:(使用時)約301×239×188cm、(収納時)30×71cm
・重量:約6.6kg
・耐水圧:3000mm
・UVカット加工:なし

着脱可能なフロアマットでテントとしても使えます!

フロアシートが着脱可能なので、4~5人用のテントとしてもスクリーンタープとしても使える多目的アイテムです。かまぼこのような独特な形状にすることで天井が高くなっており、窮屈に感じないだけでなく、風への強さもアップ。最高の使い心地と性能を追求し続ける、MRSならではの技術がしっかりと詰まっています!

シングルウォールだから設営が簡単なうえに収納性もGOOD!ただし冬キャンプでは結露しやすいという欠点があるので、テントとして使用したい場合には温かい時期だけにしてくださいね♪

6位:キャンパルジャパン リビングシェルターN-02

リビングシェルターN-02
194,400円(税込)

・サイズ:(使用時)350×400×210cm、(収納時)幕72×30×30cm、フレーム112×31×18cm
・重量:約27kg
・耐水圧:1500mm
・UVカット加工:なし

まるで家にいるかのような安定感!

高い強度と優れた耐候性を兼ね備えた素材を採用。まるで小さな家を持ってきたかの様な見た目と、居心地の良さが魅力です。安定感抜群のフレーム構造にすることで生まれた広々とした入り口で、出入りもとってもスムーズ。4面に設置された大型メッシュも相まって、快適なキャンプライフを楽しめますよ。

生地にはテフロン加工・シームシール加工も施されているので水を良く弾き、縫い目から雨漏りすることもなく、雨の日でも、その快適さは変わりません♪

5位:スノーピーク メッシュシェルター

スノーピーク テント メッシュシェルター [4人用]
85,394円(税込)

・サイズ:(使用時)400×430×210cm、(収納時)65×25×28cm
・重量:約12kg
・耐水圧:1800mm
・UVカット加工:あり

6面メッシュパネルが生み出す快適空間

限られた空間でものびのびできる広いスペースを確保できるようにと、なんと6面すべてにワイドなメッシュパネルを採用しているのがこちらのメッシュシェルターです!ほとんど垂直に近く立ち上がるという構造もポイント。どこにいても通気性・視界性良好なので、虫嫌いの方でも思いっきり景色を楽しむことができますよ♪

もちろんメッシュパネルはフルクローズも可能。遮光性に優れたルーフや大型のベンチレーターもあり、プライベートな空間もちゃんと確保できるアイテムです。

4位:キャンパルジャパン ドームシェルター ラナ

小川キャンパル テント ドームシェルターラナ 3353
81,000円(税込)

・サイズ:(使用時)370×370×210cm、(収納時)74×25×25cm
・重量:約10.7kg
・耐水圧:1800mm
・UVカット加工:あり

2つのドアで出入りを楽に♪

前面開閉できる4面の壁に加え、専用のドアが2つ付いているのが最大の特徴。荷物を持ったままでもスムーズに出入りや移動ができるようにとドアが付けられており、このドアがあるから買ってよかったという口コミも多くみられます。設営も簡単。ドアを基準にして行えば、撤収作業もとってもスムーズですよ♪

そしてこのタープは、テントと接続した時にさらに本領を発揮!2段階式の接続用カーテンを使うことで接続部から雨風が入り込んでくることを最小限に抑え、いつでも快適な空間を提供してくれるように工夫されています♪

3位:キャプテンスタッグ プレーナメッシュタープセット

キャプテンスタッグ プレーナメッシュ タープ セット M-3154
9,747円(税込)

・サイズ:(使用時)約310×330×200cm、(収納時)約72×22×22cm
・重量:約6kg
・耐水圧:-
・UVカット加工:なし

キャンプ初心者にもおすすめ!お手頃価格の2WAYタープ

虫の侵入や日差しを防いでくれる、シンプルで安いスクリーンタープを求めている方におすすめしたいのがこちらのアイテムです。前面に大きなメッシュパネルを採用し、巻き上げればヘキサタープとしても使用可能。耐久性も抜群で、毎年20回使っても壊れないという口コミもあるほどなんです!

4~5人分のリビングスペースが余裕で入るゆったりサイズながらも、重量は6kgそしてかなりコンパクトに収納できるので、持ち運びが楽なのも選ばれている理由の1つ。最高クラスのコスパの高さで、キャンプ初心者でも選びやすい一品ですね♪

2位:コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400

Coleman コールマン 2016SS ウェザーマスタースクリーンタープ/400 (キャンプ用品 タープ) (onecolor):2000027284

・サイズ:(使用時)400×360×218cm、(収納時)30×72cm
・重量:12.8kg
・耐水圧:3000mm
・UVカット加工:あり

コールマンの技術が詰まった最高峰スクリーンタープ!

ウェザーマスターシリーズは、コールマンの持つ技術をあますことなく詰め込んだ最高峰モデル。四季のある日本のどんな環境・シーズンでも快適に過ごせるように作られており、その高い品質・性能で多くのアウトドア好きを虜にしています!

このタープの優れたところはなんといっても、防水性と遮光性の高さ。耐水圧は3000mm。そして、遮光PUコーティングが施された生地により、いきなり雨が降っても夏の日差しが強くても、居心地の良いリビングスペースを提供してくれます!開放感たっぷりの4面フルオープンにして、景色を楽しみながら広々とくつろぐのも良いですね♪

1位:キャンパルジャパン ロッジシェルターⅡ

小川キャンパル ロッジシェルターII 3378
150,003円(税込)

・サイズ:(使用時)350×460×210cm、(収納時)92×36×54cm
・重量:約26.03kg
・耐水圧:1800mm
・UVカット加工:なし

分割割り出し機能搭載でアレンジの幅がアップ!

キャンプ好きに長年愛され続けてきたロッジシェルターが改良され、生まれ変わって登場したのがこのロッジシェルターⅡです!グループキャンプにも最適な全面メッシュの開放的な空間やドームテントとの接続性の良さ、そして簡単な設営方法などのいいところはそのままに、ひさし機能とサイドの幕を2分割できる分割割り出し機能が追加されました。アレンジの幅が格段に広がり、さらに使いやすく魅力的になったと大評判のアイテムです。

風の入り具合を調節したり、プライベート空間を確保したりと、アレンジ自在の分割割り出し機能はとっても便利!オールシーズンどんな天候でも活躍してくれること間違いなしの、中型サイズのイチオシ商品です♪

大型サイズのスクリーンタープおすすめ人気ランキング

最後にご紹介するのは、6人以上でも広々過ごせる、大人数やグループキャンプにぴったりの大型サイズです!

5位:ノースイーグル NE190 オクタゴンBIGスクリーン480

ノースイーグル テント オクタゴンBIGスクリーン480 NE190
40,338円(税込)

・サイズ:(使用時)約495×495×238cm、(収納時)約30×27×70cm
・重量:約13.1kg
・耐水圧:1500mm
・UVカット加工:あり

広々サイズなのに超軽量!

495×495cmという、7人以上入っても余裕のあるほどの超広々サイズながらも、重量はわずか約13kg!その秘密は、ジュラルミン製のポール。丈夫なのに軽いジュラルミンをポールに採用することで、しっかりと風にも耐えられる、大きくて軽いスクリーンタープに仕上がっています!

4面開閉可能なうえ、天井には4つの大型ベンチレーションを完備。大人数でワイワイ食事を楽しんだり、広々としたリビングスペースでゆったり涼んだりするのに丁度良いアイテムです♪

4位:スノーピーク カヤード

スノーピーク タープ カヤード TP-400
41,904円(税込)

・サイズ:(使用時)680×490×210cm、(収納時)23×27×76cm
・重量:5.23kg
・耐水圧:3000mm
・UVカット加工:あり

夏でもおしゃれに涼しく!

蒸し暑い夏場でも抜群の風通りの良さ!このカヤードがあれば、そこはいつでも涼しい快適空間に早変わりします。パネルは全て自由に巻き上げることができるので、レイアウトしやすいのはもちろん、2つのカヤードをつなげることも可能です。グループキャンプにもぴったりですね!

フルオープン・メッシュ・フルクローズの3WAY仕様ですが、フルクローズするためのパネルカバーは別売りです。プライベートな空間も確保したいという方は、フロントとサイドのパネルカバーも同時購入してくださいね♪

3位:ロゴス スペースベース デカゴンコスモス-N

ロゴス タープ スペースベース デカゴンコスモス-N
194,400円(税込)

・サイズ:(使用時)約610×570×295cm、(収納時)147×37×37cm
・重量:約31kg
・耐水圧:1600mm
・UVカット加工:あり

10人は入れる超大型サイズなのに設営簡単!

出典:amzn.asia

グループキャンプやイベント用に超大型タープを選びたいけれど、設営が大変そうだからちょっとなぁ…とためらっているあなたにおすすめしたいのが、これ。ロゴスのスペースベースデカゴンコスモス-Nです!高さ3m以上、大人10人が余裕で入れる広々サイズなのに、組み立て時間はたったの5分。設営が超簡単なアイテムなんです!

そして大型タイプの欠点でもあった風への弱さを克服するため、独自の筋交い構造をパネルルーフに採用して強度アップ。テントとの連結の他、最大3台までの車と連結させることもできるので、開放的な空間でみんなでワイワイ楽しみたいときに最適ですよ♪

2位:スノーピーク ランドステーションL

スノーピーク ランドステーションL TP810
71,820円(税込)

・サイズ:(使用時)885×510×210cm、(収納時)76×28×33cm
・重量:8.15kg
・耐水圧:3000mm
・UVカット加工:あり

スタイルに合わせて自由にアレンジ♪

8~10人用のリビングをセットできる超大型サイズのタープです。ちょっと変わったかたちをしていますが、実は折り紙のような独創的な形状のいたる場所にファスナーが取り付けられているんです!それによって、前方パネルを跳ね上げる基本パターンを筆頭に、小さな出入り口をたくさん作ったり、両側のパネルを羽のように広げたりなど、アイディア次第で様々な自由なアレンジができるようになっているんです!

どんなかたちで活用するかはあなた次第。天候や人数に合わせて、その時々のキャンプスタイルにぴったりのレイアウトを見つけるのも楽しいですよ。

1位:スノーピーク ソル Pro.

スノーピーク テント ソル Pro. TP-700
305,640円(税込)

・サイズ:(使用時)580×510×210cm、(収納時)40×70×20cm
・重量:25.5kg
・耐水圧:1800mm
・UVカット加工:あり

約束された快適空間!スノーピークの最高峰スクリーンタープ

リビングのようにくつろぐことのできるスクリーンタープを生み出したスノーピークが、「最高のアイテムを作る」ということで完成させたのがこちらのソルPro.。天地に設置されたメッシュパネルによる通気性の良さ、標準搭載のシードルーフや各サイドパネルに取り付けられたバイザーによる雨対策、3つの出入り口による動線の確保…などなど、至る所に快適に過ごすためのこだわりが詰まっています。

その分、他の商品と比べるとお値段はかなりお高めですが、居心地の良さは約束されたも同然!この快適さ抜群のタープ内で楽しむ食事はもう最高でしょう!グループキャンプにもゆとりがある広々サイズで会話も弾み、キャンプの楽しさを倍増させてくれること間違いなしのおすすめアイテムです!

まとめ

今回はおすすめのスクリーンタープをご紹介しました。

様々な大きさ・デザイン・機能の商品がたくさんあり、迷ってしまうかもしれません。そんな時には頭の中でどんなキャンプにしてみたいか、イメージしながら選ぶのがおすすめです!また、テントのブランドと合わせることで、連結したりと使えるシーンの幅も広がります。とっておきのスクリーンタープを選んで快適なキャンプライフを満喫しちゃいましょう♪

人気の記事