洗顔料の最強おすすめ人気ランキング5選

洗顔料の最強おすすめ人気ランキング5選

誰もが憧れる美肌。美肌を実現するには化粧水や乳液も大事ですが、まずは毎日使う洗顔料を見直すことも大切です。

今回は薬局や通販などで市販されている洗顔料の中から、コストパフォーマンスの良さを比較しておすすめの洗顔料をランキング形式でご紹介したいと思います。選び方もご紹介しますので、是非洗顔料選びの参考にしてみてくださいね!

最終更新日:2017年04月28日 | 29,773views

洗顔の役割

洗顔を正しくすることで、次のケアの効果がぐんとUPします。まずは、洗顔の役割を理解しましょう。

目的①汚れを取り除くこと

顔の肌は、衣服などに覆われている部分と違って排気やホコリ、雑菌など空気中の汚れに常にさらされています。

ここに汗や皮脂、古い角質、メイク料などが混ざり合ったのが肌の汚れです。この状態をそのままにしていると、雑菌が繁殖したり皮脂が酸化してシミやしわの原因になる過酸化脂質がつくられたりと、肌の刺激物に変化してしまうおそれがあります。

ちなみに、クレンジングはメイクなど油性の汚れを、洗顔料は水性の汚れを落とすことを目的としてそれぞれつくられています。ですからメイクをした日はクレンジングと洗顔の両方が必要になります。

目的②次に使うスキンケアのベースをつくる

汚れを落とすためというのはともかく、「スキンケアのベースをつくる」ということまで意識して洗顔をしている人は案外少ないのではないでしょうか。

洗顔料を使って正しく洗顔することで化粧水の効能を邪魔する余計なものが肌からなくなり、より高い効果をもたらします。洗顔はスキンケアの大切なファーストステップなのです。

洗顔料の選び方

毎朝のスキンケアに欠かせない洗顔料。洗顔料の目的は素肌についた汚れや、余分な皮脂を落とし、肌のターンオーバーを正常に導くという大切な役割を持っています。自分の肌に合っていない洗顔料を選んでしまうと、肌トラブルの原因にもなってしまうので注意が必要です。

まずは、洗顔料の選び方について見ていきましょう。

洗顔料の種類

現在、市販されている洗顔料には「固形タイプ」や「クリームタイプ」「リキッドタイプ」「泡タイプ」「パウダータイプ」などのいくつかのタイプがありますが、タイプによってそれぞれ異なる特徴を持っているのはご存知でしたか?まずはタイプ別にそれぞれの特徴や性質を見ていきましょう。

固形タイプ

洗浄成分を1つに固めた固形タイプは、一般的にアルカリ成分が多く洗浄力が強いのが特徴で、しっかりと汚れを落としてくれるため洗い上がりはすっきりとした印象です。きめ細かい泡を作るのに若干手間がかかるといった弱点がありますが、泡立てネットなどを使うと比較的簡単に泡を作ることができます。

丸みを帯びたものや、そのまま切り出したような四角い形のもの、色や香など成分もさまざまです。固形タイプはどちらかと言うと、混合肌やオイリー肌の人と相性のよい洗顔料です。

クリームタイプ

チューブや容器に入っていることが多く、手に取り出しやすく泡立ちやすいのが特徴です。保湿成分や美白成分が配合されていることも多く、自分の肌の状態に合わせて選ぶことができます。

容器に入っているので固形タイプより衛生的に保存できるのもメリットです。一般的に市販されている洗顔料で最も多いのがクリームタイプの洗顔料です。

リキッドタイプ

水分の多い液体状の洗顔料で、軽めの泡立ちが特徴です。洗浄力が強いものが多く、どちらかというとオイリー肌の人に向いています。

プッシュするだけで必要分量を出すことができるため、片手や濡れている手でも簡単に出せるのがメリットです。

泡タイプ

最初から泡になって出てくるため、面倒な泡立て作業が入らず手間がかからないのが特徴です。忙しい朝にはとても便利な反面、泡立ちを良くするための発泡成分が添加されていたり、他の不純物が配合されていることが多いため、肌の弱い人や敏感肌の人には刺激が強すぎるので注意しましょう。

パウダータイプ

出典:lohaco.jp

石鹸を粉末状にしたタイプで、一般的に酵素パウダーと呼ばれているものです。水分を含んでいないため防腐剤の添加の必要がなく、他の洗顔料よりも肌への刺激が少ないのが特徴です。

パウダータイプは泡立ちにくいといった性質があるため、たっぷりの泡を作るのにちょっとしたコツが必要ですが、泡立てネットを使用したり、他の洗顔料に混ぜて使うと言ったこともできます。

洗浄力

洗顔料は主に弱酸性のものと弱アルカリ性のものがありますが、その2つの成分の大きな違いは洗浄力の違いにあります。一般的に弱酸性の洗顔料は刺激が少なくマイルドな洗い上がりを実感出来ますが、その反面、肌についた汗や皮脂汚れなどの汚れ落ちが弱いという弱点があります。逆に、弱アルカリ性の洗顔料は洗浄力が強く、しっかりと汚れを落とすことができます。

洗顔料の役割として大切なのが、皮脂や汚れ(メイク)をしっかり落とし、その後につける化粧水の浸透を良くすることです。皮脂や汚れを落としきれず残った状態のままスキンケアを重ねてしまうと、やがて毛穴が詰まってしまい肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

人間の肌のph(ペーハー)はもともと弱酸性なので、弱アルカリ性のものだと肌に良くないのではないかと心配になるかもしれませんが、泡を洗い流すための水道水が中性で、その後につける化粧水が弱酸性のため、肌はすぐに元の弱酸性の状態に戻ることができます。ですので、弱アルカリ性であることを気にしなくても特に問題はないと言えます。

弱アルカリ性かどうかの見分け方ですが、成分表示に「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」「石鹸素地」などが書いてあると弱アルカリ性だと判断できますので、肌トラブルを避けるためにも、しっかりとした洗浄力のものを選ぶように心がけましょう。

ただし、肌の弱い人や敏感肌の人は弱アルカリ性の洗顔料だと刺激が強い場合がありますので注意をして下さい。

成分

洗顔料は皮脂や汚れを落とし、肌を元の状態に戻すために必要不可欠なものですが、肌を痛めてしまうほどの刺激成分があるようでは本末転倒です。

一般的に刺激が強い成分としてあげられるのは「アルコール」や「殺菌剤」などです。特に注意をしなくてはならないのは、酸化防止や殺菌の目的としてよく使われる「BHT」や「サリチル酸」。この2つは刺激が強いため、肌の弱い人がこの成分の入っているものを使うと使用中や使用後にピリピリとした刺激を感じることがあります。

洗顔料の成分表示は、商品パッケージやネット上の商品成分で確認ができますので、購入する際は上記を中心にチェックするようにしましょう。

泡立ちと泡切れ

洗顔の基本はたっぷりの泡で洗うこと。泡立ちが悪いと指で肌を強く擦ってしまいがちで、摩擦による刺激はシワやタルミ、シミなどを引き起こす原因となります。洗顔は強く擦らずに円を描くように丸く泡で包み込むようにして洗うのが理想です。

また、泡切れが悪いとすすぎ残しで肌が荒れたり、すすぎの時間が必要以上に長くなったりするため乾燥肌を招く恐れもあります。泡立ちは実際に使用してみないと判らない部分ではありますが、サンプルを取り寄せてみたり、ネット上の口コミを読んでみたりして判断することができます。店頭で泡立ちの実演をしている場合は、積極的に触ってみるようにしましょう。

泡立ちと泡切れの両方が良いことが選ぶ際に重要なポイントとなります。

洗顔料のおすすめ人気ランキング5選

それでは、洗顔料の選び方のポイントを踏まえた上で、選び抜いたおすすめ洗顔料の5品をランキング形式でご紹介していきます。是非参考にしてみてください!

【広告】濃密泡でもっちり洗顔!頑固な黒ずみと毛穴の汚れを落とすなら「どろ豆乳石鹸どろあわわ」で決まり

出典:px.a8.net

どろ豆乳石鹸 どろあわわ
1,490円(税別)

※価格は初回限定のキャンペーン価格です

最近、乾燥で肌がカサつく…。お肌の根本を解決して、頑固な黒ずみや毛穴の汚れをしっかりと除去したいとお考えの方におすすめなのが、どろ豆乳石鹸「どろあわわ」です。

沖縄産マリンシルトと国産ベントナイトの2種類の泡が、汚れによるくすみや古い角質を取り除き、角質層の毛穴の汚れをしっかりと吸着します。根本の汚れを洗浄してくれるので、肌本来のコンディションがアップ!

コラーゲン・ヒアルロン酸・黒砂糖エキスに加え美容界で注目され続けている豆乳醗酵液で、年齢を重ねるごとに乱れがちなお肌の潤いもしっかりとケアできますよ。すっぴんに自信を持ちたい方に特におすすめの洗顔アイテムです。

初回限定、半額の1490円!1日約49円でもっちりお肌を手に入れる

出典:px.a8.net

初回限定価格、通常価格の半額1,490円で購入できるチャンス!1日約49円で、荒れた素肌の汚れを補い潤いをプラスしてくれるどろ豆乳石鹸どろあわわは口コミ良好、発売以来690万個も売れ続けているネットでも大人気のアイテムです。

濃密な泡クッションでお肌を優しくいたわりながら洗浄、長年悩んできた黒ずみの汚れや毛穴の汚れを徹底除去してくれますよ。

5位:無印良品 マイルド保湿洗顔フォーム

無印良品 マイルド保湿洗顔フォーム(携帯用) 30g
999円(税込)

シンプル・イズ・ベスト

シンプルさで人気の無印良品マイルド洗顔フォームに、保湿成分を配合したマイルド保湿洗顔フォームです。天然のアンズ果汁や桃の葉エキスを配合し、洗い上がりのつっぱり感が無くしっとりと洗い上がると評判です。

泡立てネットを使用しなくても十分な泡を作り出すことが可能で、なおかつしっかりと弾力のある泡が作れます。香料を使用していないので、洗顔料の時に物足りないと言った声もありますが、香料が苦手という人には向いています。

際立った特徴の無い洗顔料ですが、クセの無いシンプルさから多くの人が使いやすいと感じている洗顔料です。

4位:カネボウ suissaiビューティークリアパウダーa

【kanebou(カネボウ)】suisai スイサイ ビューティクリアパウダーa 0.4g×32個 【洗顔料】【薬用】【酵素洗顔パウダー】
1,533円(税込)

黒ずみ・角栓に威力を発揮

suisaiビューティークリアパウダーaは、肌の黒ずみや角栓など肌にとって嬉しくない数々の肌トラブルに効果を発揮してくれる洗顔料です。あまりの効果に角栓が取れすぎて困る、という驚きの声も!

毎日の使用で毛穴が開き過ぎてしまうのが気になる方は、夜だけの使用や週に2~3回など回数を決めて使うと安心して使用することができます。必ず効果を実感できる洗顔料ですよ!

個包装で常に新鮮

取り扱いが面倒な酵素パウダータイプの洗顔料も、suisaiビューティークリアパウダーaなら1回分が個包装になっているので常に新鮮で、水が入り込んでダメにしてしまうと言った心配もありません。

旅行に持っていくのにも便利ですし、残りがあと何日分と一目で分かるのもいいですよね。小さくて可愛いケースを開けるのも毎日の洗顔の楽しみになりますよ!

カネボウ suissaiビューティークリアパウダーaの評判・口コミ

週に2回使っています。
半分になったころ、毛穴の汚れが目立たなくなりましたが、その後の引き締めケアを怠り、開きっぱなしになりました。
今は毛穴の引き締めに頑張ってます。

出典:Amazon.co.jp: 【kanebou(カネボウ)】suisai スイサイ ビューティクリアパウダーa 0...の匿名さんのレビュー

届いてすぐに朝晩使用していましたが、朝使用すると角栓が取れすぎて、ファンデーションをのせた時に穴が目立つ為、途中から夜のみの使用に変えた所、ファンデーションを塗っても毛穴が目立つことも無く、とても良いと思います。

出典:Amazon.co.jp: 【kanebou(カネボウ)】suisai スイサイ ビューティクリアパウダーa 0...のKiyomiさんのレビュー

3位:DHC マイルドソープ

DHC マイルド ソープ 90g
1,285円(税込)

リピ買い続出の実力派洗顔料!

しっかりした洗浄力ながら、洗顔後に肌がつっぱらないと評判のDHCマイルドソープ。使い始めたらなかなか他の洗顔料に変えられないとリピート買いをする人が後を絶ちません。

伝統的な製法にこだわった作り方で、30年間変わらぬ人気をキープし続けています。手間がかかってもお客様にいいものを届けたいというDHCスタッフの思いがギュッと詰まった洗顔料です!

家族で使える

キツすぎる香料や、ヌルヌルとしすぎる保湿成分を配合していないので、オイリー肌の人はもちろん、皮脂の分泌が活発になる年頃のお子さんのニキビケアとしても安心して使うことができます。

泡立ちと泡切れが良いので肌への負担が少なく、家族皆で使える洗顔料としてもおすすめです!

DHC マイルドソープの評判・口コミ

5年程使用中。 洗顔はこちらがかなり気にいってます。洗顔ネットを最近使う様になったのですが、やっぱり全然違います。泡で洗ってるなーという感じで毛穴レス目指せます。 本当に良い石鹸です。 丁寧に作られているのがよく解ります。

出典:Amazon.co.jp: DHC マイルド ソープ 90gのnagi*さんのレビュー

家族とも、この石鹸がいい!って言うので、欠かさず購入しています。大学生と高校生の息子はニキビがなくなったと言っていました。さっぱりした使い心地です

出典:Amazon.co.jp: DHC マイルド ソープ 90gの米山さんのレビュー

2位:FANCL 洗顔パウダーⅡしっとり

FANCL ファンケル 洗顔パウダー II しっとりa 50g (約30日分)
1,850円(税込)

濃密泡でうるおいキープ!

きめのかい濃密泡で肌を優しく包み込みながら洗い上げてくれます。洗顔中に失いがちな肌のうるおいまでキープしてくれるので、洗顔後に慌てて化粧水をつけるといった必要がありません!

パウダータイプなので水なじみが良く、少量の水でもしっかりと泡立つのが特徴。酵素洗顔パワーで皮脂や汚れをすっきりと洗い流してくれます!

防腐剤・香料不使用の安心成分!

防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤、香料など一般的な洗顔料に配合されがちな刺激性添加物を一切使っていない安心成分が魅力です!そのため、開封後は60日間で使い切らなくてはいけない等の注意事項がありますが、安心して毎日の洗顔に使えますよ!

敏感肌の人はもちろん、肌がデリケートになりがちな時期の洗顔にも、肌への負担を気にすることなく使用できるのでおすすめです!

FANCL 洗顔パウダーⅡしっとりの評判・口コミ

1位:ロゼット 洗顔パスタ海泥スムース

ロゼット ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース 120g
484円(税込)

バツグンのきめ細かさ!

ロゼット洗顔パスタ海泥スムースは、少量でもきめの細かいモコモコの泡を作ることができ、肌の汚れや古くなった角質をしっかり吸着して、洗い流してくれます。

弾力のある泡が肌への負担も軽減し、泡切れも良くすっきりと洗い上げてくれるので使い心地もバツグン!使うたびに新しい肌へと生まれ変わらせてくれるので、その後につける化粧水や乳液の浸透力を高めてくれます!

毛穴対策もバッチリ!

ロゼット洗顔パスタには、ニキビ対策の「アクネクリア」、ヒアルロン酸とコラーゲンが配合された「白泥リフト」、くすみ対策の「ガスールブライト」、ざらつき・黒ずみに効果のある「海泥スムース」と4つのシリーズがありますが、この「海泥スムース」は中でも一番の人気です!毛穴がきゅっと引き締められ、鼻周りの黒ずみを改善してくれると多くの女性から支持されています!

80年以上も洗顔料を作り続けてきたロゼットだからこそ、このコストパーフォーマンスの良さとクオリティの高さが実現しています!

ロゼット 洗顔パスタ海泥スムースの評判・口コミ

正しい洗顔方法

自分に合った洗顔料が見つかったら、正しい洗顔方法をマスターして効果をUPさせましょう!下記に手順をご紹介しますので、是非先行にしてみてくださいね♪

手順

①手と顔を濡らす
まず手を洗って泡立ちの邪魔になる汚れや油分を落としましょう。乾いた肌にのせると泡がつぶれやすく、肌の負担にもなります。

②弾力のある泡をつくる
水を加えながら泡立て、きめ細かく弾力のある泡をたっぷりつくります。手につけた状態で逆さにしても落ちないくらいが目安。注意したいのは洗顔料の指定量を守ること。そして両手のひらを合わせて洗顔料をのばすこと。十分にのばさずに水を加えると、溶けるのに時間がかかり、泡立ちづらくなります。

③泡の弾力で洗う
肌の上で泡を転がすように、その弾力を感じながら顔全体をやさしく洗う。最初に皮脂の分泌の多い額や鼻に泡をのせ、指の腹を使ってやさしく円を描くようになじませましょう。次に頬やあごなどのUゾーンにも泡をのせて洗い、最後に目もとや口もとなど繊細な部分を洗います。全部で30秒くらいが目安です。

④ぬるま湯ですすぐ
すすぎはぬるま湯の流水で1分を目安にしてください。生え際、Uゾーン、凸凹のある部分などではすすぎ残しが多いのでていねいにすすぐことです。お風呂の湯は熱すぎるので注意してください。

⑤タオルで押さえる
タオルで軽く顔全体を押さえるようにして水分をふき取ってください。しっかり水分を拭き取ろうとタオルを上下に動かしてふくのは、肌を傷める原因になるので注意してください。

自分の顔が卵だったらとイメージしましょう。その卵が割れないように、たっぷりの泡で洗うことが大事です。

まとめ

洗顔料は毎日のケアに使うだけに自分に合ったものを選ぶのが大切ですよね。ですが、間違った選び方をしてしまうと肌荒れなどの肌トラブルを起すことがあり、正常な肌に戻すのに時間がかかることもあるので慎重に選ばなくてはなりません。

まずは自分の肌の状態をしっかりと把握し、サンプルを取り寄せたり、ネット上の口コミを比較してみたりして今の自分の肌に合いそうな洗顔料を見つけましょう。

自分の肌に合った洗顔料を見つけることができたら、今までとは違った肌の質感を実感できるかもしれませんよ!