最終更新日:2017年03月25日 | 5868views

就活に役立つボールペンのおすすめ人気ランキング20選

  • 77d216175caabbedf7988154c2ab2c403f32ccaf
  • 25a3c8e95f852457a5eba9445fbb4973914d5f78
  • E03eea4f7358622531ebecf01a9e63b8f916159a
  • 434ba9b535a980e777ff94096c9c47ad12d71731
  • D8d8178d32ffe2f38a8ac0cb87f995d42d2be269

就職活動で大活躍のボールペン。いつも身近にあるものですが、履歴書や筆記試験などに使う場合はちょっとこだわりたいですよね。三菱鉛筆やトンボ鉛筆などの国内メーカーから、パーカー・ウォーターマン・クロスなどのちょっと高級なブランドまで種類豊富なので、就活生へのプレゼントとしても人気です。

今回は、社会人のなってからも使える、ビジネスの場に向いているボールペンの中から、書きやすくて使いやすいおすすめの商品をランキング形式でご紹介いたします。これを参考にして他の人とちょっと差をつけちゃいましょう!

そもそも履歴書は手書きがいいの?

近頃は印刷した履歴書も可としている企業も増えましたね。トレンドを追う先端企業やパソコン技術を必要とする企業、メディア関連企業、外資系企業などは特にこの傾向があるようで、2009年の調査では、手書きであるかどうかは評価に影響しないと答えた企業が62.7%ありました。今はもっと多くなっていると思われます。

ですが一方で、手書きの履歴書が好まれる可能性の高い企業や職種があります。たとえば、ハローワークや求人誌で募集をかけている企業や歴史のある老舗、家族経営の小規模な企業、公務員などの職種は「履歴書は手書きで書くもの」という認識があり、手書きで書かれた履歴書から人柄や性格、気配りなどを判断している傾向にあるようです。

そのような企業に応募する際には手書きで履歴書を書くほうがベターだと言えるでしょう。

就活におすすめのボールペンの選び方

では早速、就活で使うボールペンにはどんなものを選んだらいいのか、ポイントをご紹介したいと思います。

見やすい文字が書けるものを選ぶ

履歴書や提出物に使用するペンのインクは「書きやすく、相手からも見やすい」ものを基準にし、あまり字体の印象が細すぎるものや文字色がはっきりしないものは選ばないようにしましょう。

万年筆に慣れているのなら万年筆で書くのも好印象のようですが、書きなれていないとやはり自信が無いような字に見えがちです。書き慣れていない万年筆で書くよりも書きやすいボールペンで、見やすく自信に溢れているような字を書くほうが好感を得られるみたいですよ!

インクごとの特徴で選ぶ

ペンで重要なのはやはりインクの種類です。最近は水性や油性以外にも色々なインクが開発されています。それぞれの特徴について見ていきましょう。

水性インク

水性インクは軽くさらさらと書けるのが特徴で、筆圧が弱い方や長時間筆記する方には向いています。ただ、水にぬれるとにじんでしまったり裏にうつってしまうことがありますので、郵便の宛名書きや伝票など公式な文書や事務用にはあまり適していません。履歴書などに使用するのは避けた方が良いでしょう。

油性インク

油性インクは耐水性がありにじまず裏写りしないのが大きな特徴です。耐光性があり劣化が遅いので、公式文書などに向いていると言われています。昔はインクダマになってしまったりインクが垂れてしまうこともあったようですが、最近はそういった点も改良されたものが多いようです。

ただし、長期間使わないとやはりインクがダマになりやすかったり、粘度が高いため書き味が重い、書き出しが掠れやすい、油性のため赤っぽい色になってしまうなど発色が劣るという欠点があるようです。

低粘度油性インク

油性インクの欠点を改良したインクが低粘度インクです。発色がよく滑らかな書き味が特徴で、油性インクほどではありませんが耐水性に優れているのも特徴です。

ただしその滑らかさのため紙の種類や筆圧によっては文字がすべりすぎることもあります。カリカリとしっかりとした字を書きたい人にはあまり向いていないかもしれません。

ゲルインク

出典:lohaco.jp

油性インクと水性インクのいいところを併せ持ったのがゲルインクと言われています。

ゲル状のインクが、書いている間は粘度が低くなり、書き終わると再びゲル状になるという仕組みです。粘度が高いので耐水性に優れていますし、にじむことはありません。裏移りもしにくいです。いいところばかりですよね。でも、染料ゲルボールペンか顔料ゲルボールペンかによって多少特徴や欠点の違いが出てきますので注意してください。

染料ゲルボールペンは発色がきれいで細い文字が書けるものも多いのが特徴ですが耐水性は少し劣り、にじみやすさが出てしまうのが欠点です。

それに比べて顔料ゲルボールペンですが経年劣化に強いという特徴があります。ただし乾くまで多少時間がかかります。また、油性の欠点であるインク詰まりもおきやすいようです。耐光性には特に優れていてシグノなどのボールペンは半永久的に退色がありません。

フリクションボールペンは履歴書にはNG

履歴書や企業に提出する書類においては、フリクションボールペンは絶対に使わないようにしましょう。

フリクションボールペンは、インクがある一定以上の熱で無色になる仕組みになっているため、夏の直射日光のあたる場所や電車のヒーター部近くに置いたり、コピー機にかけたりすると、熱によって文字が消えてしまう可能性があります。

面接や説明会などでは業種や会社の雰囲気に合ったペンを選ぶ

就職活動では筆記試験以外にも、アンケートに記入したりメモをとったりと筆記具を出す場面があります。

企業によってはバッグや靴同様、使用しているペンが身だしなみの一部としてビジネスの場にふさわしいかを見ている企業もありますので、年齢や仕事内容などにふさわしいものを選ぶようにしましょう。あまりにもカラフルでカジュアルなものや、身分不相応に高級すぎるものは避けてくださいね。

事務など実務が多い職種であれば実用的なペン、顧客折衝や金融業界などであれば万人に見られても恥ずかしくないような落ち着いたデザインのものを選ぶと好感度が高いようです。

就職活動で役立つボールペン20選

ではこれから就職活動で役立つボールペン20選をランキング形式でご紹介します。

人気商品を中心に、書きやすくてビジネスの場向きであまり値段が高くないものを集めました。就職活動以外に普段の生活にも使いやすいものばかりですよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

20位:ゼブラ ラバー80

ラバー80 (0.7mm)【黒】 R-8000-BK
55円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.7mm

地味だけどしっかり書けるベストセラー

昔ながらの地味な見た目が特徴のボールペン。役所などの公共機関に置いてあったり、金融機関などにも置かれているので、見たことがある人もいるかもしれませんね。このボールペンは見た目の通り「地味だけどしっかり確実に書ける」1本です。

インクの溜まりがなくボールのすべりも滑らか、定規で線を引いたりしても線が擦れないのが特徴で、「10年以上愛用している。このペン以外は使わない」「探して見つけました」という口コミもあるほどコアなファンが多い1本です。

19位:パイロット アクロボール

パイロット 油性ボールペン アクロボール150 細字 0.7mm ブラック BAB-15F-BB
105円(税込)

・インク:油性(アクロインキ)
・文字の太さ:0.7mm

低粘度インキで滑らかに濃く書ける

油性ボールペンの良さを残しながらインキ粘度を抑え、さらに潤滑剤を配合して、すべりすぎず滑らかで濃い書き味の1本です。

軸は独自調査に基づいた握りやすいカーブ形状のラバーにタイヤパターンを施し、最適な握り心地を実現させています。発売以来「これしか使わない」「書きやすいと評判の他のペンもこちらが好き」という熱烈なファンを持つ隠れた名品です。

18位:ぺんてる 多機能ペン ビクーニャ

ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX XBXW1375Z シルバー軸
715円(税込)

・インク:油性(低粘度インキ)
・文字の太さ:ボールペン0.7mm・シャープペン0.5mm 

筆圧が強くてもすべらず書ける

地味な印象ですが、低粘度インクのサラサラ感と色の濃さが魅力のボールペンです。筆圧が強い人でもすべりすぎないので安定して筆記でき、しっかりとした文字が書けるのが特徴となっています。

最後までインク詰まりがない、インク色が濃く赤っぽくテカらないので見やすい、といった点を好むファンが多いようです。

17位:三菱鉛筆 ジェットストリーム

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム SXN-150-07 黒 24
95円(税込)

・インク:油性(ジェットストリームインク)
・文字の太さ:0.5mm

すべるような書き味で大人気の1本

三菱鉛筆が開発した、油性インクの欠点を改良したジェットストリームインク搭載の1本。乾きが早く文字のにじみやかすれがないのが嬉しいですね。油性インクに顔料が組み合わさることにより黒色の密度も高くなり、軽い力で滑らかに濃い文字が書けるという特徴のため人気の高い商品です。

その反面、人によってはすべりすぎて字がうまく書けないなどの感想を持つ人もいるようですが、履歴書や素早く書きたい企業との連絡に向いています。

16位:シェーファー500 ボールペン

シェーファー 500 ボールペン 油性 グロスブルー SGC9333BP 正規輸入品
3,136円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.5mm

42グラムの重さが手に馴染んで心地よい書き味

アメリカ大統領の国際会議や吉田元首相の署名などで活躍しているシェーファーのキャップ式のボールペンです。適度な重みがあり、書き始めると手に馴染んで書きやすいと評判の1本で、見た目の高級感も魅力です。

油性インクなので人によっては書き味が重いという人もいるようで、特にインクジェット系の書き味が好きな方には不評のようです。好き嫌いがはっきり分かれる商品ではありますが、有名ブランドのボールペンですので、相手からの印象が良いペンを探している方にはおすすめです。

15位:ステッドラー 多機能ペン アバンギャルド

ステッドラー 多機能ペン アバンギャルド 927 AG-BB ブラストブラック
1,991円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.5mm

グッドデザイン賞を受賞したクールな外観と機能の多さが魅力

製図用ペンで有名なステッドラーの多機能ペンです。赤青黒シャープペンの4本が入っているのに軸は普通のボールペンより少し太いかな?と思える程度の細さです。グッドデザイン賞を受賞しているだけあります。

高級感があり重そうに見えますが硬質アルミ軽合金を使っているので18gと軽いのが特徴。欠点としては人によっては軸がすべりやすく、力を入れにくいということが挙げられます。

なお、ジェットストリームの替芯が使えるので必要に応じて変えてみるのもいいかもしれません。

14位:シェーファー ボールペン VFM9401

シェーファー ボールペン 油性 VFM ネオンブルー VFM9401BP 正規輸入品
950円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.5mm

安価だけれど書き心地と高級感は抜群

シェーファーのノック式のボールペンです。1000円未満の低価格にもかかわらず、高級感と伝統の書き味を楽しめる1本となっています。

最初は書き味が固いと感じる方もいるかもしれませんが、使用しているうちに馴染んでいくようで、この高級感と書き味にほれ込んで、名門クロス社のものより好きという人も。コスパを重視する方におすすめしたいボールペンです。

13位:ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル

ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル 0.5mm 黒 BLN75Z-A
140円(税込)

・インク:ゲルインキ
・文字の太さ:0.5mm

紙質を選ばず滑らかで速乾性があるインクが魅力

見た目は男性的で実用的です。紙質を選ばず細く濃く滑らかに書けインクの乾きも早いという利点があるので書類の記入に向いており、「1度これを使用してからずっとこれ」「書き味は最高レベル」など評判が高い1本です。また、インクのもちもよく、最後まで書けるというところもポイントが高いですよね。

欠点としては長く使用しているとグリップに亀裂が入ってくることですが、価格が高いものではないので本体が壊れたらためらわずに買い替えできるのも良い点ですね。

12位:ウォーターマン メトロポリタン エッセンシャル ボールペン

ウォーターマン ボールペン 油性 メトロポリタン エッセンシャル ブラックCT S2259322 正規輸入品
4,283円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.8mm

持つ喜びと書く楽しみを与えてくれる1本

見た目の美しさと書き心地の良さに「書くことが楽しくなりました」「持っているだけでも楽しいです」などの称賛を受けているボールペンです。

一見すると女性向けの商品のように思えますが、実際に手に持ってみると男性が持っていても違和感がない商品です。初めから滑らかな字が書けるのもポイントが高いですね。改まった雰囲気で使用しても嫌味がなく、就職してからも長く使える1本だと言えるでしょう。

11位:パイロット ドクターグリップ フルブラック

パイロット ボールペン ドクターグリップ フルブラック BDGFB80F-B 0.7mm ブラック
564円(税込)

・インク:油性(アクロインキ)
・文字の太さ:0.7mm

20年前から疲れにくさを追求してきたペンがさらに進化

20年前に「人間工学に基づき、無理なく握れて筋肉への負担を軽くするペン」として発売されて以来人気のシリーズが進化しています。

グリップは二重構造のソフトグリップになり、ペンを動かしやすく疲れにくくなりました。インクも低粘度油性インク「アクロインキ」へ変わり、滑らかで濃く速乾性がある文字が実現されています。

企業の筆記試験など人前で使用するには実用的すぎる外見ですが、大量に文字を書く履歴書や小論文などでは大活躍する1本です。

10位:トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM

トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM L105 0.5mm FLB-111C ブラック
1,346円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.5mm

紙を選ばず滑らかでトメハネがしっかり書ける

10位は、30年近く愛されているzoomシリーズから、2015年10月に発売された油性ボールペンをご紹介します。

細目のすっきりしたデザインのこのボールペンは、見た目にはかなり軽量なイメージがあるのですが、実際に持ってみると驚くほどしっくりとくるその適度な重さと握りやすさに、いい意味で裏切られます。

適度な重さと軸の太さ、滑らかな書き味とインクの発色の良さが魅力で、滑らかですべりすぎないインクなので書くことが楽しくなりそうな1本です。

実際は参考画像よりも派手すぎない上品な色味ですので、筆記試験やビジネスシーンでも違和感なく使うことができそうですよ!

9位:パイロット ゲルインクボールペン G-2 極細

パイロット ゲルインクボールペン G-2 EF ブラック LG-20EF-B
147円(税込)

・インク:ゲルインキ
・文字の太さ:0.5mm

万年筆の書き味が楽しめる1本

9位はボールペンの中でも珍しい、万年筆のような書き味が楽しめるボールペンをご紹介します。

ゲルインク採用なので耐水性に優れており、履歴書向きです。文字色が濃く字がすべらずにトメハネがしっかり書けるので、綺麗な印象の字に見せることができるかもしれませんね!

ただし、他社の0.5ミリに比べると文字が太めに出るようですので、細い字をカリカリ書きたいという方はこの点を不満に思われるかもしれません。購入前に試し書きをするか、いつも使用しているものよりも細いタイプを選ぶことをお勧めします。

また、乾くのには時間がかかるので、ご使用の際は乾くまで触らないようにご注意くださいね。

8位:ゼブラ スラリ エアーフィットグリップ 0.7

ゼブラ スラリ エアーフィットグリップ 0.7 軸色 ネイビー BA62-NV
214円(税込)

・インク:エマルジョンインク
・文字の太さ:0.7mm

滑らかなのにトメハネがかっちり書ける

8位は油性とジェルの特性を持つエマルジョンインク搭載のボールペンです。

使用した印象では、滑らかですがジェットストリームインクよりすべりすぎず、トメハネがきちんと出たしっかりした字を書くことができるペンのように感じました。細字の万年筆で書いたような文字の印象です。

ペン自体が軽く、指があたる部分にグリップが使われているので、長く字を書いていても疲れにくい構造です。履歴書のように大量に文字を書くときにおすすめの1本です。

7位:三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ スタンダード

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ スタンダード UM-100 黒 24
69円(税込)

・インク:ゲルインキ
・文字の太さ:0.5mm

耐水性があり色濃くしっかり書けるボールペン

7位は顔料インクを採用したゲルボールペン「シグノ」です。他のボールペンに比べるとかなり濃くはっきりとした発色です。

軸はゆるやかな六角形をしているので握ったときに力を入れやすく、全体的に軽いので長く書いていても疲れない印象があります。耐水性に優れている上、細かい字も書きやすいので履歴書などの提出物に向いています。

ただし、多少乾くのに時間が必要です。また、紙によっては裏うつりすることがありますので、薄いノートなどに使用する場合には注意してくださいね。

6位:三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 MSXE510005.24 ブラック
620円(税込)

・インク:油性(ジェットストリームインク)
・文字の太さ:0.5mm

4色+シャープペンがついたスケジュール管理にも使いやすい1本

絶大な人気があるジェットストリームに、赤・青・緑の多色インクとシャープペンがついたタイプがこちらです。乾きが早く文字のにじみやかすれがなく滑らかに軽く文字が書けるため、メモを素早くとりたい時などに便利です。また、多色ペンなので、アポイントメモやスケジュールを色分けして管理するのにも役立ちますね!

ただし見た目が非常にごつく実用メインというイメージがありますので、スマートなイメージを重視している企業相手の面接など使用に考慮が必要な場所があるかもしれません。

欠点として、多色に切り替えて元色のタブがあがるときかなり大きいカチッという音がします。静かな場所ではご注意ください。また、つるつるした紙などでは字がすべりすぎるような印象を受けるかもしれません。そのときは下に紙を1枚敷くだけでもかなり書きやすくなりますよ。お試しくださいね。

5位:ウォーターマン エキスパート エッセンシャル マットブラック - CTボールペン

ウォーターマン ボールペン 油性 エキスパート マットブラックCT S2270372 正規輸入品
10,094円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:F(細字)

ペン先の重心と適度な太さが手に心地いい

5位は、今から200年ほど前に世界初の万年筆を作った歴史あるウォーターマン社のボールペンです。売上ランキングでも常に上位に入っている人気のボールペンとなっています。

葉巻のような形の太めのペン軸ですが、持った時にしっくりと落ち着く握り心地です。また、ペン先に重心を持たせたスタイルのため、長く書いていても疲れにくいという特徴があります。

高級感がありながら嫌味がないデザインなので、顧客折衝の多い職種での面接や筆記試験で、落ち着きとセンスをアピールできる1本でしょう。

4位:パーカー IM ブラックGT ボールペン

パーカー ボールペン 油性 IM ラックブラックGT S1142332 正規輸入品
1,417円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:F(細字)もしくはM(中字)

価格以上の書き味と高級感が魅力

英国王室から御用達の認定を受けているパーカーのIMシリーズのボールペンです。

軸は少し太めで持ちやすさがあります。独自の油性インクは書き出しが出にくい時もありますが、書き始めると滑らかで、カートリッジの最後までかすれずにしっかりと書けます。カートリッジは1本でかなりの量の文字が書けるので、コスパも良いように思います。

同程度の値段の商品だと書きにくさや安っぽさなどが目立つものもあるのですが、このシリーズはこの値段でデザインの美しさと書きやすさを兼ね備えていて、パーカーシリーズ最初の1本としてもおすすめです。

3位:ラミー LAMY2000 4色ボールペン

LAMY ラミー 4色 ボールペン 油性 2000 L401 正規輸入品
5,275円(税込)

・インク:油性(高粘度)
・文字の太さ: -

優れたデザインと書きやすさで多くの人に愛されるペン

出典:www.lamy.jp

万年筆で有名なラミー社の多色ボールペンです。多色ペンは、見た目に太かったり安っぽかったりして美しいデザインのものは少ないのですが、こちらは多色ペンと思えないデザインと適度な太さとなっています。

就職活動のみならず実際のビジネスの現場でも、多色ペンを使用してアポイントメント管理やチェックをする場面はかなり多いのですが、このペンはデザインも美しく適度な高級感を持っていますので、顧客や同僚の前に出しても恥ずかしくないですね。

多くのファンを持つボールペンで、将来的に考えても持っていて損がない1本です。

2位:パーカー ソネット ラックブラックCT ボールペン

パーカー ボールペン 油性 ソネット オリジナル ラックブラックCT S11130312 正規輸入品
5,301円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:F(細字)もしくはM(中字)

仕事でも長く使える、ビジネスマン必携の1本

1993年の1993年に発売されてから、そのデザインの美しさと書きやすさで絶大な人気を誇り、「ビジネスマンの3種の神器」と言われ長く愛されているパーカーのソネットシリーズです。

軸は持ちやすく、長く書いていても疲れにくい適度な重さがあります。また、パーカー独自のインクは早く書いてもかすれないという特徴があり、カートリッジの最後までかすれることなく滑らかに書き続けることができます。

シンプルで洗練されたデザインなので、業種を問わず使えるのも嬉しいですね。就職活動だけでなく、その先のビジネスの場でも長く活躍する1本ですよ!

1位:クロス アベンチュラ ボールペン

CROSS クロス ボールペン アベンチュラ AT0152-1 ブラック
2,280円(税込)

・インク:油性
・文字の太さ:0.5mm

嫌味のない高級感と疲れにくさを実現した1本

1位はこちら!あらゆる国のビジネスマンから絶大な人気を誇るクロス社のボールペンです。アメリカでもっとも古い歴史と数多くの特許を持つクロス社のボールペンの確かな書き心地に惹かれ、アメリカ大統領やビジネスマンなど多くのファンが愛用しています。

値段以上の高級感と書きやすさが魅力で、油性の滑らかな書き味に加え、太めでわずかな重みがある軸によって文字を書く力が安定しやすいという特徴があります。太めの軸ですが、男性ばかりでなく女性でも持ちやすい太さで、さらに軸部分がすべりにくいので、長く字を書いていても疲れにくいと人気のボールペンです。

値段・書き味・デザインとすべての要素のバランスが良く、老若男女問わずおすすめしたい1本です。

まとめ

就活に役立つボールペンをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ペンの軸の素材や太さや重量、インクの種類などによって書き味や使いやすさが変わってくるので、用途に合わせて使い分けられるのが面白いところですね。お気に入りの1本を見つけて、少しでも筆記の負担を少なくしていきましょう。

あなたの就職活動のご成功を心よりお祈りしています!

この記事に関連するキーワード