• 3a29e3b54970a972f9f3750fd0637524488da614
  • B2b1c815816090cf7568426e0064b282b03a7b15
  • Cb9058d651ba1f6d2e53751af90979f5f11fc907
  • 577ecbadc1169cbcf8216f85b6775f66c707a07c
  • C0d8adf6c2a7801f94ae73c8b801b425b83a983f

【コスパ最強!】市販のヨーグルトのおすすめ人気ランキング10選

便秘解消など様々な健康効果が期待できるヨーグルト。明治、森永、フジッコ、メグミルクなどのメーカーから、プレーンタイプはもちろん、カスピ海ヨーグルト、ギリシャヨーグルト、ブルガリアヨーグルト、R1ヨーグルトなど数多くの種類の商品が発売されています。

そこで今回は、毎日食べるのに最適なヨーグルトを探している方のために、選び方のポイントを解説しつつ、人気商品の中からおすすめのヨーグルトをランキング形式でまとめてみました。あなたの好みと体調管理にぴったりのヨーグルトを探しましょう!

最終更新日:2017年06月05日 | 48,782views

市販のヨーグルトのおすすめ人気ランキング

人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介したいと思います!あなた好みのヨーグルトを見つけて、美味しく健康的に腸内環境を整えましょう♪

1位:雪印メグミルク ナチュレ 恵 megumi

雪印メグミルク ナチュレ恵megumi
1,827円(税込)

爽やかな酸味と特定保健用食品の実力!

乳酸菌と言っても千差万別。中でも生きたまま腸に届くガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株は内臓脂肪の減少に効果があることが証明されています。ナチュレ恵はその2つの菌を配合。まろやかな味わいとバランスの良い酸味が人気です。プレーンヨーグルトタイプは食品添加物を気にされる方にもおすすめで、料理やデザートにも幅広く使えます。そのまま食べてもいいですが、ハチミツを加えて食べれば栄養価もさらにアップしますね!

2位:ダノン ダノンビオ プレーン加糖

ダノンビオ プレーン加糖
2,348円(税込)

ポッコリお腹に効果てきめん

世界売上ナンバーワンのヨーグルト、ダノンビオ。海外ではアクティビアという名前でも知られています。酸に強く生命力の強いビフィズス菌BE80株が入っており、食べ続けることで腸内環境が改善された!という方も。健康志向のファンが多いのも納得です。加糖タイプは食べやすく、小ぶりなサイズが食欲のない朝食にもピッタリ。世界中で愛されるヨーグルトらしい味わいです。

3位:森永乳業 森永アロエヨーグルト

森永乳業 アロエヨーグルト
844円(税込)

アロエヨーグルトといえばこれ!

アロエ好きにはたまらない、ごろごろと大きめのアロエキューブが入ったヨーグルトです。みずみずしいアロエと爽やかなヨーグルトがベストマッチ。アロエヨーグルトといえばこのヨーグルトを思い浮かべる方も多いと思います。美肌効果や、医者いらずと言われるほどの健康食品として知られるアロエが手軽に摂取できるのは嬉しいですね!体の中から美しくなりたいと願う方は新習慣として、是非取り入れてみてください。

4位:フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン

フジッコ カスピ海ヨーグルト
2,418円(税込)

原材料は生乳のみのコクありカスピ海ヨーグルト

肌荒れの改善や血糖値の上昇を防ぐ効果があるといわれるクレモリス菌FC株が入っています。生きて大腸まで届くクレモリス菌はカスピ海ヨーグルトのみに入っている菌なので積極的に摂取したいですね!独特のとろりとした質感で、生乳のコクのある味わい。プレーンタイプはフルーツやハチミツ、メープルシロップなどと食べたり、オリジナルのデザートを作ったりとアレンジも楽しめます。

5位:日本ルナ トップカップ アサイーヨーグルトボウル

日本ルナ トップカップ アサイーヨーグルトボウル
1,283円(税込)

人気のアサイーとグラノラで食べ応えあり!

グラノラがトップカップに入っているので常にサクサクな歯ごたえが楽しめます。お好みでヨーグルトにインしても!人気のアサイーやチアシード、バナナやブルーベリー、イチゴの果肉も入っていて大満足。リニューアルして南国フルーツのピタヤも加わり、トロピカル感がアップしました。食べ過ぎてしまった翌朝の調整食や小腹がすいた時のおやつなど、シーンを問わずに食べられる手軽さも嬉しいですね!

6位:チチヤス クラシックヨーグルト

チチヤス クラシック ヨーグルト
1,062円(税込)

日本人なら誰もがホッとするような懐かしい味

ヨーグルトの発酵臭や酸味が苦手だけれどチチヤスヨーグルトなら食べられる!という方もいるほど甘みのある優しい味で人気です。ゼラチン・寒天などの使用を最小限に抑え、防腐剤や保存料を一切使用していないのでお子様のおやつにも最適です。日本初の国産ヨーグルトを作り、130年以上たった現在も高品質のヨーグルトを作り続けているチチヤスだからこその、安心できるホッとする味です。

7位:森永乳業 ビヒダス BB536 バラエティパック4ポット

森永 ビヒダスBB536 バラエティパック
1,385円(税込)

4種類の味と抜群の栄養バランス

アロエ、みかんミックス、いちご、ブルーベリーミックスの4種類の味が楽しめるバラエティパックです。毎日飽きることなく食べられます。花粉症予防、免疫力アップにも効果が高いと言われている乳酸菌BB536株が入っているので、美味しく腸内環境改善を目指せます!小さくカットされたフルーツはお子様でも食べやすく、低脂肪なのでスタイルを気にする方にも人気です。

8位:ダノン ダノンデンシア ブルーベリー+ストロベリー

ダノン デンシア ブルーベリー&ストロベリー
1,574円(税込)

カルシウムたっぷりのダブルベリー

ブルーベリー味とストロベリー味の2種類が2つずつセットされていて、ベリー系好きには嬉しいパックです。ダノンデンシアがベースの商品で、1つのカップで1日に必要なカルシウムの50%、ビタミンDはなんと100%が摂取できます。クリーミーなヨーグルトとフルーティーなブルーベリー、爽やかな甘さのストロベリーがマッチしていて、ダノンデンシアの中でも人気の高いパックです。

9位:雪印 メグミルク 牧場の朝 ヨーグルト 生乳仕立て

メグミルク 牧場の朝ヨーグルト 生乳仕立て
933円(税込)

コストパフォーマンスが良く、家族みんなが楽しめる味

家族で食べる毎日のヨーグルトにぴったりなお手頃価格です。優しい甘い香りと、寒天を使ったちょっとハードな食感は食べ応えがあります。プレーンヨーグルトのような強い酸味がないので、お子様にも食べやすいヨーグルトです。ほっこりするような牛のイラストも印象的。1986年の発売から、変わらぬ生乳の美味しさと爽やかな後味は今も多くの方々に支持されています。

10位:日本ルナ 乳マイルドヨーグルト 朝のプレーン(加糖)

日本ルナ 乳マイルドヨーグルト 朝のプレーン 加糖
1,503円(税込)

整腸作用が高いHN019株

コクのある味わいとなめらかな質感で、酸味が苦手な方にもおすすめのヨーグルトです。生きたまま腸に届き、腸内の細胞にくっつきやすい性質のあるHN019株は整腸作用が高く、毎日継続して摂取することで体の中から調子を整えてくれます。栄養バランスも良く、加糖タイプで食べやすいので毎朝の習慣に取り入れやすいですね!

ヨーグルトの選び方のポイント

様々なメーカーから出ているヨーグルトですが、どのように選んでいますか?色々な種類がありすぎて迷ってしまいますよね。

以下のポイントに気をつけて選ぶことで美味しくて体にも良いヨーグルトが選べますよ!

乳酸菌

ヨーグルトといったら一番に思いつくのはやはり「乳酸菌」ではないでしょうか?乳酸菌とは体に良い菌(善玉菌)の一種で、腸内を酸性に保ってくれる働きがあります。腸内が酸性に保たれることで、悪玉菌を防御もしくは増殖しにくくさせ、腸内環境が守られます。

実は、それぞれのヨーグルトごとに乳酸菌が異なります。最近ではメーカーの研究により、整腸作用に加えて特別な働きをもつ菌を使用しているものが多く販売されています。

それぞれの菌がもつ作用は以下の通りです。パッケージを確認して自分の体調に合わせて選ぶようにしましょう。

ガセリ菌SP株

ヒト由来の菌で、日本人と相性がいいと言われており、生きたまま腸内に長期間とどまるという特徴があります。代表的な商品は「雪印メグミルク 恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」で内臓脂肪を減らすシリーズとして販売されています。

BB536株

出典:bb536.jp

こちらもヒト由来の菌で、胃酸に強く生きたまま大腸に届きます。
代表的な商品は、「森永乳業 ビヒダス」で、便秘解消などに効果があるといわれています。

BE80株

上記同様胃酸に強く、生きたまま大腸にに届きます。
口から食べたものが肛門まで到達する時間を腸管通過時間といいますが、乳酸菌BE80株を含んだヨーグルトを摂取すると、腸管通過時間が短縮される(=便秘解消)という実験結果も発表されています。

代表的な商品は、「ダノン ダノンビオ」です。

クレモリス菌FC株

血糖値の上昇を抑えたり、免疫力を強化してくれる作用をもった乳酸菌で、独特の粘り気のあるカスピ海ヨーグルトを作る時にも使用されます。

代表的な商品は、「フジッコ カスピ海ヨーグルトプレーン」などです。

LB81菌

LB81菌入りのヨーグルトを食べ続けた人に、便秘の改善や、乾燥などの肌荒れの解消がみられたという実験結果が発表されています。

代表的な商品は、「明治 ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」などです。

BB-12株

免疫力の強化やピロリ菌の抑制などに効果がみられるといわれています。酸に強く、生きたまま腸に届きやすいのも特徴です。

代表的な商品は、「小岩井乳業 小岩井生乳100%ヨーグルト」などです。

添加物の種類は要チェック!

健康のためと思ってヨーグルトを食べていても、体に良くない添加物が入っていたら意味がありません。避けたほうが良い添加物の一例として、果糖ブドウ糖液糖があげられます。これは、血糖値を急激に上昇させる作用があり、糖尿病リスクを高めてしまう可能性があります。

添加物の全てが危険であるというわけではありません。ただ、添加物は体内に蓄積されていくものなので、せっかく乳酸菌を摂取して腸内環境を整えても、添加物で汚されてしまうという相反する効果が出てしまうこともあります。購入前にはきちんと原材料名を確認して、添加物の有無をチェックしましょう。


含まれる栄養素をチェック!

ヨーグルトは乳酸菌の力によって、牛乳よりも栄養素の消化や吸収が良いことが特徴です。そのため、より多くの栄養素が含まれているヨーグルトを選ぶと良いでしょう。骨を強くする「カルシウム」や、体づくりに必要な「たんぱく質」が多く含まれているヨーグルトなどがおすすめです。

また、毎日ヨーグルトを食べるという方はカロリーが抑えめの商品が◎。むくみや高血圧で悩んでいる方は「ナトリウム」は少なめが良いでしょう。また、「脂質」・「炭水化物」も摂りすぎは体に良くないので、これらの成分が多いものは避けましょう。

はちみつに含まれる「オリゴ糖」はビフィズス菌の働きを活性化してくれるので、はちみつをヨーグルトにかけて一緒に食べるのもおすすめですよ。

効果が高まる食べ方

ヨーグルトにはさまざまな健康的、美容的効果があります。食べ方を工夫するだけでその効果が十分に発揮されるので、以下のことを是非実践してみてください。

オリゴ糖や食物繊維と一緒に食べる

オリゴ糖はバナナ、リンゴ、ハチミツなどに含まれており、一緒に食べると乳酸菌の働きを活発にします。
また、食物繊維は乳酸菌のエサになるので、食事のときにこれらの成分を含む食品と一緒に食べたり、ヨーグルトに混ぜて食べたりしましょう。

食後に食べる

乳酸菌は胃酸に弱く、空きっ腹や食前に食べると菌が死んでしまうので、生きて腸に届くためには食後のデザートとしておいしく食べることをおすすめします。(ただし、R-1ヨーグルトなど胃酸に強いヨーグルトもあります)

毎日食べる

ヨーグルトは継続的に食べることが大切です。腸内の善玉菌は悪玉菌に負けてすぐ減少してしまうので善玉菌のエサとなる乳酸菌を継続的に摂らなくてはいけません。毎日コツコツ食べ続けることでその効果がより期待できます。

ただし、胃腸が弱いときに過剰に摂取すると、胃もたれを起こす場合があるので注意しましょう。

ヨーグルトの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ヨーグルトのAmazon、楽天、価格.comの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

いかがでしたか?ご紹介したヨーグルトは、種類は様々ですが、どれも整腸効果などが期待できる商品ばかりです。改善したいご自身の健康状態に合った乳酸菌が入ったヨーグルトを選ぶとより効果が高まります。無糖、加糖、フルーツ入りなど味の好みも合わせて、お気に入りのヨーグルトを見つけてください。

人気の記事