最終更新日:2017年01月10日 | 31924views

【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選

  • 76a4f9ac48cd59363fb08bc6e34171269d988a23
  • 65dbf613c61f78f0cd12e696708ef5b83e5b467f
  • D3cc0eb69e7287808b41f2867408c3c54571a296
  • 1a24554a04edaf9f22ab1c8cdc820b5c1a9515a8
  • D4ca9858241f4c3ed115bd43e1c57dd6278bea6b

油性、水性に続いて登場したゲルインク(ゲルインキ)ボールペン。三菱、ゼブラなど様々なメーカーの商品がラインアップされており、最近ではフリクションペン(消せるボールペン)も登場するなど、とても機能性の高いボールペンです。今回は選び方のポイントを説明しつつ、人気商品の中から、インクの質や機能性、コスパなどを比較して、おすすめのゲルインクボールペンをランキング形式でご紹介したいと思います。最強のゲルインクボールペンは果たしてどれ?!

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

ゲルインクボールペンの選び方

かつてのボールペンは、書き心地の滑らかな水性とインクの耐水性に優れた油性の2種類でしたが、その後2つのいいところを取ったようなゲルインクボールペンという種類が登場しました。

ゲルインクボールペンは、さらさらとした滑らかな書き心地と耐水性を実現し、しかもインクが乾きやすくて紙をにじませることもありません。また発色が良くカラーバリエーションも豊富です。

昨今、各メーカーが競って商品を展開しており、店頭で何を選んだらいいか悩んでしまうなんてこともあるでしょう。まずはゲルインクボールペンの選び方を紹介します!

書き心地の良さ

どんな筆記具でも共通して選ぶ基準になるのが何と言っても書き心地の良さです!ゲルインクボールペンは書き心地がいいものが多く、どのメーカーの物でも比較的書きやすいです。

より自分に合った物を探したい場合は、自分の筆圧の高さを考えてみましょう。筆圧の高い方はスラスラ書けるゲルインクはペンが滑りすぎてストレスになるかもしれません。ゲルインクはどちらかと言えば筆圧の低い方におすすめのボールペンです。

店頭で購入する際には試し書きをして、自分の筆圧の高さとボールペンの滑りについて確認してみてください。

インクの種類

ゲルインクボールペンには染料タイプと顔料タイプの2種類があります。メリットとデメリットがあるので、利用シーンによって使い分けましょう。

染料ゲルインクボールペン

染料インクの特徴として、インクの発色が綺麗でカラーバリエーションが豊富という点が挙げられます。また、粘度の低いインクのため、ペン先が細い物でも書きやすいので、細かい書き込みの多い方におすすめです。

ただし、どちらかと言えば耐水性に劣る部分があり、書いた直後に擦れたりにじんだりしてしまうというデメリットもあります。

顔料ゲルインクボールペン

顔料ゲルインクボールペンの最大の特徴はボールペンに使われるインクの中で、最も耐久性に優れている点です。書いた物が劣化しにくいので、長期の保存にも向いています。油性ボールペンと同じように正式な書類にも対応できるでしょう。

しかし、水性や染料ゲルインクに比べてインクの粘度が高いため、インクの詰まりが起きやすいのが難点です。

手に入れやすさ・コストパフォーマンス

ゲルインクボールペンは書きやすく、耐水性にも優れてメリットしかないと思えるかもしれませんが、実はインクの減りが早いというデメリットも存在しています。たくさん使用する人であれば数日程度でなくなることもあるでしょう。勉強や仕事などで高頻度で使うことがわかっている際には、ストックを用意しておく必要がありますね。

そのため、安価でどこでも購入できるタイプの商品を選んでおくのがおすすめです。替え芯をストックしておくことでさらにコスパを抑えることができます。

ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング

さあ、それではランキング順に人気のおすすめ商品をご紹介していきます!選び方のポイントと併せて、ぜひご参考ください!

1位:ゼブラ サラサクリップ0.7mm

ゼブラ サラサクリップ0.7mm 黒
69円(税込)

ゲルインクボールペンの定番

書き味の良さで人気のサラサですが、最大のポイントはそのバリエーションの多さ。今回ご紹介しているのは黒の0.7mmという、シリーズの中でも太すぎないオーソドックスなものですが、これ以外に0.3、0.4、0.5、0.7、1.0mmのそれぞれのボール径ごとに37色が発売されていることに驚きます。限定品を除いても185種類あるという事で、用途に合わせて細さや色を選べるのがとても魅力的ですね。

2位:ぺんてる エナージェル・エックス0.7mm

ぺんてる エナージェル・エックス ゲルインキボールペン 0.7mm 砲弾チップ 黒 [1本] BL107-B
70円(税込)

インクの出が一定なのでなめらかな筆記を実現

エナージェルはインクが出る時の、ゲルから液体へ変化する速さが特に速いので、従来のゲルインクボールペンと比べ筆記時のなめらかさが格段に上がっています。このエナージェルシリーズは他の0.7mmのボール径の筆記具より太めの線が出るのが特徴で、黒でも赤でも青でも太くはっきり書きたい方にはおすすめ。速乾性も上がっており総合的にはかなり評価が高いボールペンです。

3位:ゼブラ サラサドライ0.5mm

ゼブラ サラサドライ 0.5mm 黒 JJ31-BK
137円(税込)

ゲルボールペンなのに驚きの速乾性

サラサシリーズと言えばその名の通りさらさらした書き味が大好評のボールペンですが、そのサラサに超速乾性をプラスした商品が発売されたのをご存知でしょうか?

サラサドライのインクは紙に染み込みやすいようにする新成分を配合しており、文字の滲みや書いてすぐに触れても汚れる心配がないので消しゴムをかけても大丈夫。通常のサラサシリーズよりもインクの濃度や発色が共に高く、ゲルインクなのにはっきりとした文字を書くことができます。

4位:ぺんてる ハイブリッドテクニカ0.4mm

ぺんてる ゲルインキボールペン ハイブリッドテクニカ 0.4mm 黒インキ KN104-A
105円(税込)

グリップのラバーが短いのでインクの減りを確認しやすい

ぺんてるのゲルインクボールペンの中でも文字がきれいに書けると愛されてきたハイブリッド。そのハイブリッドから0.4mmの極細が誕生しました。

以前のハイブリッドはグリップも樹脂だったため長時間使用すると手や指が痛くなってしまうという難点がありました。ハイブリッドテクニカはグリップをラバーにすることで弱点を克服しつつ、ラバー部分を短くすることでインクの減り具合を確認しやすいという良い点を残したデザインのボールペンです。

5位:三菱鉛筆 ユニボールシグノRT1 0.38mm

三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグノ RT1 UMN-155-38 黒 24
108円(税込)

新配合インクで耐水性と耐光性がさらにアップ

ゲルインクで気になるのは水性にない耐水性や油性にないさらっとした書き味。シグノRT1はシグノシリーズのインク配合を見直し、さらに滲みにくくなめらかに細い線が書けるようになったボールペンです。新搭載のエッジレスチップはチップ(芯ではなくボディの先の芯が出ている部分)に角が付いておらず、傾けて書く時のチップと紙の摩擦抵抗を軽減して、なめらかな書き味を実現しました。

6位:パイロット G-2(極細)

パイロット ゲルインクボールペン G-2 EF ブラック LG-20EF-B
147円(税込)

手に馴染むグリップ

グリップには程よい弾力があってとても手に馴染むボールペンです。その弾力のおかげで長い間書いていても手が痛くなりません。インクは発色が良いので、まるで万年筆や墨で書いたかのような文字色です。力を入れずともさっと書ける上に0.5mmの極細タイプなので、細かい部分に記入する際もすらすらと書ける優れもの。手帳の記入などにはおすすめのボールペンです。

7位:パイロット ハイテックCマイカ0.3mm

パイロット ハイテックCマイカ 激細0.3mm ブラック
106円(税込)

可愛さと機能性の両立

ハイテックCマイカはハイテックCの滲まずなめらかな激細ボールペンという高性能はそのままに、女性向けの可愛らしいデザインをプラスした新しいシリーズです。ハイテックCよりも若干ボディが長くなっており、書く時の持ち手のバランスがとりやすくなりました。ノック式より乾きに強いキャップ式で、6色セットや12色セットはそれぞれ並べて保管できる簡易ケースがついているのも便利ですね。

8位:三菱鉛筆 スタイルフィットノック式(レフィル入)0.28mm

ゲルインクボールペン スタイルフィット ノック式 0.28mm ブラック UMN13928.24
117円(税込)

ペンケースの中に何本でも入りそうな今までにない細いボディ

スタイルフィットシリーズは単色用から多色5本用までのボディを選ぶことができます。カラーバリエーションはブラウンブラックやマンダリンオレンジ、ベビーピンクなど他メーカーにはない絵の具のような色が多く、たくさんのペンで1つの筆箱では足りないような方や普通の3色ボールペンに飽きた方にもおすすめ。

ボール径は0.28、0.38、0.5mmでそれぞれ16色。0.28mmの単色を買って細すぎると感じたら、同じボディで0.38mmの替え芯を使用することも可能です。

9位:無印良品 選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm

【書きやすいのはどれ?】ゲルインクボールペンの最強おすすめ人気ランキング10選

出典:www.muji.net

選べるリフィルボールペンポリカーボネイト六角軸0.38mm
100円(税込)

無印良品らしいシンプルなデザインが長く使えて人気

無印良品の商品全体にも言えますが、シリーズ名や企業名のロゴがありません。デザインを重視される方には嬉しいですね。半透明なので透明の商品のような安っぽさもなく、インクの減りがすぐにわかるのも便利。ニードルタイプの0.38mmなので手帳はもちろん、絵などの細かい描写などにも向いています。可動式のクリップではありませんが、ポリカーボネイト素材でとても軽いのでポケットなどに入れても落ちにくいボールペンです。

10位:パイロット フリクションボールノック0.5mm

パイロット フリクションボール ノック 0.5mm ブラック LFBK-23EF-B
161円(税込)

消せるゲルボールペンならこれ

消せるボールペンは数少ないですが他メーカーも販売しています。しかし一番話題なのはやはりこのパイロットのフリクションシリーズです。

以前の消せるボールペンは砂消しの要領でインクや紙を削って消していましたが、フリクションは温度で変化する特殊なインクを使用しているため、消しかすが出ず紙の傷みが少なくて済みます。消した部分に上書きも可能なので会議のメモなどにはうってつけ。(消えると問題のある公的文書には利用不可)発売当初よりカラーバリエーションも増え、現在は10色まで選べます。

まとめ

いかがでしたか?

ゲルインクボールペンは、水性でも油性でもない新しい書き味のボールペンとして登場し、最近では消せるタイプも登場しました。用途によって使い分けるのも賢い使い方ですね!ぜひゲルインクボールペン選びに役立てて下さい!

この記事に関連するキーワード