最終更新日:2017年03月25日 | 7851views

車用芳香剤のおすすめ人気ランキング10選

  • 4da8432f5c8a3c286130378f666252b175a13c21
  • 833aa6f92e65d911eba6ab5f5c793e8eb90399dc
  • 7cc8ca013801f85a34322d6c62746873d017a683
  • Bd63aba36c0c4a0db5002bdb925444214922b198
  • 51a5b6d6324f941d015e9a559465858285119098

車独特の消臭や雰囲気作りに役立つカー用品である芳香剤。最近はアロマなどその香りのバリエーションもさることながら、目を引くようなおしゃれデザインの芳香剤も増えていて、インテリアとしても楽しめるものが多くあります。車は部屋と同じで、自分の空間を確保できる大切な場所。自分好みの芳香剤で車内にいる時間を快適に過ごしたいですよね。

そこで今回は、車用芳香剤の購入を考えているけれど種類が多くて迷ってしまうという方におすすめの車用芳香剤をランキング形式でご紹介します!効果が長持ちするものや女性におすすめのものなど多彩なランナップなので、ぜひ参考にしてください♪

車用芳香剤の選び方

まずは、車用芳香剤の選び方のポイントをご紹介していきます。

車用芳香剤は、その形状や設置場所によりいくつかのタイプに分けられます。置き場所・香りの強弱・消臭効果などをポイントに、7つのタイプに分けてみました。それぞれの特徴についてご紹介していきますので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

1. 固形タイプ

樹脂やセラミック、プラスチックなどの素材に香料を染み込ませたものが固形タイプになります。固形なので揺れる車内でも中身がこぼれる心配がなく、ダッシュボードやドアポケット、シート下などに置くことができます。

使い勝手は非常に良い固形タイプですが、液体のような高い揮発性がないため、香りが広がりにくいという欠点があります。その分香りの持続性がよく、コスパは良いと言えるでしょう。強い香りが苦手な方にもおすすめです。

2. 液体タイプ

液体タイプは、揮発性が高く香り立ちが良いのが特徴で、車内にその香りが広がりやすくなっています。車のインテリアとしても使えるデザイン性の高い香水のような瓶に入ったものが多く、好みに合わせて選べるのも嬉しいところ。

芳香剤としての役目は充分果たしてくれる液体タイプですが、平らなところにきちんと置かないと、車の振動などでこぼれてしまう可能性があります。こぼれた液体は、ダッシュボードなどを変色させたり、悪臭の原因にもなるため、扱いに注意が必要です。強い香りが苦手な方は、酔ってしまうこともあるかもしれません。

3. ゲルタイプ

中身がゼリー状になっているのがゲルタイプです。液体ではないため中身がこぼれにくく、固形に比べ香り立ちが良いのが特徴です。芳香成分に加え、消臭成分が配合されているものが多く、芳香と消臭の効果を同時に期待できるものもあります。

固形と液体の中間の特徴を持っており、一見とても優れているように思えるゲルタイプ。その分、香り立ちや持続性に秀でているとは言い難い点があります。使い続けることによりゲルが減少し、徐々に香りが薄くなっていきます。

4. エアコン取付タイプ

エアコンの通風口に取り付けるタイプの芳香剤で、エアコンの風を使い、効率よく車内に香りを広げることができます。中身は液体から、素材に香りが染み込ませてあるものなど様々。香りの強さも風で調整でき、一度取り付ければ効果がなくなるまでそのままで良く手間もかかりません。見た目も可愛いものからデザイン性の高いものまであり、車内のインテリアとしても一役買ってくれるでしょう。

ただ、サイズが小さくエアコンを付けなければ、香りが感じられないなどという欠点があります。また、エアコンルーバーの形状により取り付けられない場合があるので購入前にチェックが必要です。

5. ディフューザータイプ

多くのディフューザータイプは、車内のシガーソケットから熱源を取り、アロマを車内に拡散させることでその役割を果たします。すでに香りが固定されているその他の芳香剤と異なり、その日の気分に合わせて自由に好きなアロマオイルを使い楽しめるという利点があります。

何度も繰り返し使えるという利点がある一方、ディフューザーやエッセンシャルオイルの価格は高めで、アロマを染みこませるパッドも数ヶ月に1度の交換が必要になります。また、香りの持続性が低く、数時間から数日で再度の補充が必要となり他の芳香剤と比べると手間がかかります。

6. 吊り下げタイプ

好みの場所に紐で吊り下げて使うタイプの芳香剤です。厚紙などの吸収剤に香料を染み込ませたものや、小さな瓶に入った固形タイプや液体タイプなどがあります。

香りの強さや持続性はあまり期待できませんが、比較的安価でデザイン性もあることからインテリアとしても使えます。運転中視界に入らない場所に吊り下げておくと安全でしょう。

7. スプレータイプ

車内空間にシュッとひと吹きですぐに香りが広がるスプレータイプの消臭剤です。他の消臭剤と異なり、スプレーした直後に強い香りが残るので、香りが足りない、と感じることもありません。

スプレータイプのため、持続性に乏しいという欠点があります。また、香料や消臭剤などが含まれているため、車のシートや天井、ダッシュボードなどにかかってしまうと劣化や変色の原因にもなりかねません。スプレーする際には、配慮が必要です。

車用芳香剤のおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの車用芳香剤をランキング形式でご紹介していきます。

香りは好みが分かれるので実際に使用してみないとわからないものではありますが、気に入った物があればいろいろな香りを試してみるのも一つの手でしょう。

10位:WY クリップ式車載アロマホルダー (CARLO)

WY クリップ式車載アロマホルダー (CARLO) 好きなアロマオイルの香りを車内で楽しめる エアコンの風が香りを運ぶ 花粉症対策にも 扇風機にも使える WY-AD002
2,180円(税込)

・タイプ:アロマディフューザー・エアコン取付タイプ
・内容量:-
・成分:-
・その他:パッド5枚付属
・生産国:-

好きな香りを車内に手軽に持ち込める

こちらは、好みのアロマを車内で楽しむためのアロマホルダーになります。商品そのものには香りは含まれておらず、付属のパッドに手持ちのアロマを含ませ、エアコン送風口に取り付けることで、香りを楽しめるようになっています。

車用芳香剤のアロマディフューザーの多くは、シガーソケットに接続し、その熱源を利用してアロマを拡散させるものになっていますが、こちらはエアコンの風を利用するタイプになるため、安全性もより高くなっています。また、熱で拡散させる場合は数時間ごとにアロマを追加する必要がありますが、こちらは2、3日と若干持続性は良くなっています。

アロマホルダー自体は他の芳香剤に比べ高額ではありますが、専用パッドは1枚で3ヶ月程度使用可能。このパッドが5枚ついてきますから、最終的なコスパは優秀なのではないでしょうか。パッドは追加購入可能です。

9位:Mr&Mrs (ミスターアンドミセス) cesare ホワイト フレッシュエアー(車用)

Mr&Mrs(ミスターアンドミセス)cesare レッド ペパーミント (車用)
1,420円(税込)

・タイプ:エアコン取付タイプ
・内容量:-
・成分:-
・その他:約3ヶ月間香り持続(使用環境・状況により異なる)
・生産国:イタリア

え?これが芳香剤?!と驚かれること間違いなし!

ビビッドなカラーが目をひく、可愛い「ひとがた」芳香剤です。付け方はとても簡単。エアコンの送風口に両手を差し入れセットすれば設置完了!香りは素材に練りこまれており、風に乗って車内を包んでくれます。香りがなくなった後は、そのまま飾っておくも良し、家に連れ帰ってオブジェとして使うも良し。個性的な商品が好きな方におすすめの車用芳香剤です。

香りは全部で9種類。車用ですが、扇風機などに付けて楽しむこともできますよ。香りの強さの調整ができないので、強過ぎると感じた場合は、部屋などでしばらく使ってから車で使用すると良いかもしれません。また、ひとがたの手には伸縮性がないため、エアコン送風口の形によってはつけにくいこともあるでしょう。

8位:Millefiori (ミッレフィオーリ) カーエアーフレッシュナー

Millefiori カーエアーフレッシュナー オレンジ オレンジティー CDIF-A-003
1,410円(税込)

・タイプ:エアコン取付タイプ
・内容量:-
・成分:香料
・その他:約2~3ヶ月間香り持続
・生産国:イタリア

リフィルの交換で、いろんな香りを楽しめる

スタイリッシュなデザインが目を引くこちらの芳香剤はイタリア生まれ。30種類以上のカバーと香りが選択肢の幅を広げてくれます。

カバーとリフィルを個別に選択することができないため、好みのカバーに合わせ香りを選ぶか、香りに合わせカバーを選ぶことになりますが、リフィルは別途購入して装着することができるので、気に入ったカバーを選ぶと良いでしょう。もしかしたら、思いがけない好みの香りに出会えるかもしれませんよ。

7位:エステー クルマの消臭力 クリップタイプ

クルマの消臭力 クリップタイプ 消臭芳香剤 車用 アクアブルーの香り 3.2ml
223円(税込)

・タイプ:エアコン取付タイプ
・内容量:3.2ml
・成分:香料、溶剤
・その他:約45日間香り持続
・生産国:台湾

香りの強弱が選べる、調節機能付

あの「消臭力」のCMで有名なエステーの車用消臭芳香剤です。悪臭を良い香りへと変えるペアリング消臭の技術が使われています。残量がひと目でわかるようになっているシンプルなデザインはスタイリッシュでどんな車にも合いそう。また、本体には香り調節機能がついており、好みにより香りの強さが選べるのが嬉しいですね。

リーズナブルで、香りの持続期間は約45日と比較的長くコスパ抜群です。ただ、厚み1.5~5mm、奥行き10mm以上のエアコンルーバーで使用可能となっており、場合により取り付け不可の場合があります。購入前にしっかりと確認した方が良いでしょう。

6位:ランドリン 車用フレグランス

ランドリン 車用フレグランス クラシックフローラル
496円(税込)

・タイプ:エアコン取付タイプ
・内容量:-
・成分:香料、DPG
・その他:約30日間香り持続
・生産国:日本

セレブな香りで車内を上質な空間に

柔軟剤で有名なランドリンの車用芳香剤は、柔軟剤を彷彿とさせる爽やかな香りを車内に広げてくれます。主張し過ぎないほのかな香りが特徴で、強い香りが苦手な方に特におすすめの芳香剤になります。エアコン取付タイプになっており、車に乗るのが楽しくなりそうなスタイリッシュなデザインもポイントです。

香りの持続性は約30日。もともとが強い香りではないため、エアコンを付けないと感じられない香りかもしれません。

5位:カーメイト 車用芳香剤 ブラング リキッド BK 置き型

カーメイト 車用芳香剤 ブラング リキッド BK 置き型 プラチナシャワー ブルー 70ml L57
702円(税込)

・タイプ:液体・置き型タイプ
・内容量:70ml
・成分:香料、エチルアルコール、界面活性剤、消臭剤
・その他:-
・生産国:-

香り立ちの良さではNo.1

上品で洗練された容器が特徴のこちらの芳香剤は、香り立ちの良さではNo.1の液体タイプ。男性向けフレグランス調の香りで車内を包んでくれます。容量も多く、液体タイプながらも強すぎない香りが人気です。消臭剤も配合されているので、消臭効果も期待できるでしょう。

液体タイプのため、水平な場所に置く必要があります。しっかりと固定して液漏れしないように注意しましょう。

4位:ナポレックス ダースベイダー フィギュア型車用芳香剤 エアコン取付タイプ

ナポレックス ダースベイダー フィギュア型車用芳香剤 エアコン取付タイプ スターウォーズ マスコットACコロン ホワイトムスクの香り 汎用 SW-9
741円(税込)

・タイプ:エアコン取付タイプ
・内容量:4g
・成分:香りタブレット0.4g×10個付き(2回分)
・その他:-
・生産国:中国

フィギュア型芳香剤で、気分をあげよう!

車用芳香剤そのものの効果ももちろん大切だけれど、それよりも、好きなデザインで気分をあげたい、という時に活躍するフィギュア型です。本体にタブレットが10個付属しており、1回の上限は5個。香りの強弱をタブレットの数で調整可能なところが優れています。使用後は鑑賞用としてそのまま飾って置いても可愛いですよね。

タブレット型ということで、香りの持続性はあまり期待できないでしょう。交換用タブレットの販売も現状ではないようです。

3位:カーメイト 車用芳香剤 ブラング フレグランス スプレー型

カーメイト 車用芳香剤 ブラング フレグランス スプレー型 ホワイトムスク(フローラルムスク系の香り) ブラック 75ml L311
582円(税込)

・タイプ:液体・スプレータイプ
・内容量:75ml
・成分:香料、アルコール、界面活性剤
・その他:液性/弱酸性、使用回数/約200回
・生産国:日本

即効性を求めるなら、やっぱりスプレー型

消臭効果も期待できるスプレー型の消臭芳香剤です。スプレー型の利点はなんといってもその即効性。芳香剤ではすぐに消えない食べ物等のニオイを瞬時に消してくれます。芳香剤は苦手だけれど、人を乗せるときだけ香らせたいという方に特におすすめです。コンパクトなサイズで、車内のちょっとしたスペースに置いておくことができます。

ただ、持続性はないため、常に香りが欲しい場合には、その他芳香剤との併用などをすると良いでしょう。また、液だれを防ぐために立てて保管し、使用する際には、シートや天井などに直接かかることのないよう気をつけましょう。

2位:栄光社 車用 芳香消臭剤 エアースペンサー 置き型

栄光社 車用 芳香消臭剤 エアースペンサーカートリッジ 置き型 スパークリングスカッシュ 40g A57
428円(税込)

・タイプ:固形・置き型タイプ
・内容量:40g
・成分:香料、消臭剤
・その他:-
・生産国:日本

発売以来、35年以上も愛されているロングセラー商品

1980年の発売以来、改良を重ねながら販売され続けているエアースペンサー。新シリーズや香りのバリエーションも増加中です。人々に長い間愛される理由は、その香りの良さに加え、持続性の良さ。缶型に入っているこの芳香剤は、上下面に缶詰のフタがついており、上面を開けて芳香剤としてしばらく使用した後、下面を開けて2度香りを楽しめるようになっています。

缶の中には、同社で改良の上生み出されたセラミックの吸収体がはいっており、液体などと違って内容物が減ることはなく、香りがなくなるまで使い続けることができます。とにかく香りを楽しみつつ、持続性を確保したい、という方におすすめの芳香剤になります。固形なので、ダッシュボードの上だけでなく、シート下などにも置くことができます。

1位:カーメイト 車用芳香剤 ブラング ブースター 置き型 シート下

カーメイト 車用芳香剤 ブラング ブースター 置き型 シート下 ホワイトムスク(フローラルムスク系の香り) ブラック 165g G631
464円(税込)

・タイプ:固形・シート下タイプ
・内容量:165g
・成分:香料、消臭剤、ゲル化剤
・その他:-
・生産国:-

消臭効果もありシート下でしっかり香る

アマゾンの車用芳香剤のベストセラー1位に輝いた、シート下専用芳香剤です。運転中はしっかり集中したいもの。ダッシュボードに物が乗っていたり、フロントミラーに飾りなどがぶら下がっていると気が散る!という方にもおすすめの車用芳香剤です。

シート下に置いて使用できるので、邪魔にならずにしっかり香ります。また、消臭剤も配合されているので、消臭効果も期待できるところが嬉しいですよね。香りはワイルドベリーやクリスタルスカッシュなど数種類から選ぶことができます。一番人気は、優しいほのかな甘みを感じさせるホワイトムスクです。

香りの強さは、アルミフィルムの剥がし具合で調整をすることができ、そうすることにより多少長持ちするでしょう。また、シート下専用ですが、運転中に滑り出てブレーキペダルの下などに入り込まないとも言えないため、助手席の下などに置くようにしましょう。

車用芳香剤を使う前に、ニオイの元をチェックしてみよう

エアコンのカビ、タバコや食べ物のニオイなど、車に染み付いたニオイは芳香剤や消臭芳香剤ではなかなか取りきれないのも事実。強いニオイを芳香剤などで隠そうとすると、より強い悪臭に繋がることもあります。もし気になるニオイがあるなら、そのニオイの元を取り除いてから芳香剤を使用することをおすすめします。

車の中に薬剤のスチームを炊いて消臭できるものや、エアコンダスターを掃除できる商品などもありますので、試してみるのも一つの手です。また、コストはある程度かかりますが、カー用品店などで、エアコンのフィルター交換や洗浄をしてもらうこともできます。車内のニオイがどうしても気になる場合には、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、車用芳香剤のおすすめをランキング形式でご紹介してきましたがいかがでしたか。香りや、その持続効果、タイプなどにより選ぶ幅も広がる車用芳香剤。どれもデザインにも工夫があり、魅力的な商品ばかりです。

ぜひお気に入りの車用芳香剤をゲットして、快適なカーライフを過ごしてくださいね。

この記事に関連するキーワード