最終更新日:2017年02月23日 | 8785views

【美味しい本格派はどれ?】家庭用エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキング3選

  • 6164a8828c8bcf7b637ba53034b8d4a53f748321
  • 37aa0207ab1997070bb6c6a580df214001df1485
  • B3d14e968fd4944e306243a6a36c72dea825d689

自宅でもコーヒー専門店で楽しめるような美味しいコーヒーやカフェラテが飲みたい!そんな人にオススメなのが家庭用エスプレッソマシンです。デロンギ、イリー、サエコといった有名ブランドから様々な商品が発売されており、最近では全自動タイプの商品も人気です。今回はエスプレッソマシンの選び方のポイントを解説し、人気商品の機能や価格、口コミなどを比較して、おすすめのエスプレッソマシンをご紹介したいと思います。お気に入りのエスプレッソマシンで毎日をちょっと贅沢にしちゃいましょう♪

330da311a4563091817b2970a21c8377abecdb88
監修者:LIFE SAVER編集部LIFE SAVER編集部です。日用雑貨・家電・美容・ヘルスケア商品など様々なジャンルのおすすめ商品を紹介しています。

そもそもエスプレッソマシンとはどういう機械?

エスプレッソマシンは、エスプレッソ用に細かく挽いたコーヒー豆に、高い蒸気圧をかけて抽出するための機械のことを言い、イタリアで発祥したと言われています。豆を挽いてくれて抽出までを全てマシンが自動的に行ってくれる全自動式(オート式)と、コーヒー豆を専用のフィルターに入れてタンピングしたり、ホルダーの装着やスチームなどは自分で行い、抽出はマシンが行うセミオート式があります。

とにかく手軽に美味しいエスプレッソを楽しみたいならば全自動式を、色々とこだわりたいならばセミオートマチック式を選ぶようにするとよいでしょう。

またこれらに加えて、カフェポッド(コーヒーパウダーが封入されたもの)に対応するタイプや、専用カプセルに対応するタイプなど、誰にでも簡単に安定したエスプレッソを抽出することができるタイプもあります。

エスプレッソマシンの選び方

では、どのように購入するエスプレッソマシンを選べばいいのでしょうか?エスプレッソマシンを選ぶ際のポイントを解説します。

1. ポッド対応かどうか

ポッドとは、本来相当な技術を必要とするエスプレッソ抽出を簡単にできるように開発された方式です。カフェポッドとも呼ばれ、規格で定められているポッドに、細かく挽いたコーヒー豆が1杯分ずつペーパーフィルターにパックされたものをいいます。

この専用のフィルターにコーヒー豆を入れる作業は、タンピングと呼ばれる本来非常に技術や経験を必要とする作業です。フィルターに豆を入れて上から押して固めるのですが、この時にかかる力が強すぎても弱すぎても美味しいエスプレッソは抽出できないからです。

コーヒー職人を目指している人ならばこの作業にストレスを感じないかもしれませんが、簡単に美味しいエスプレッソを楽しみたい人にとっては非常に面倒な工程ですよね。この難しい作業をせずにすむのが、ポッドに対応しているエスプレッソマシンということになります。各社から様々なポッドが発売されており、手軽に色々な味を楽しむことができるのが、ポッド対応のエスプレッソマシンなのです。

2. パウダー対応かどうか

パウダー式のエスプレッソマシンとは、自分で挽いたコーヒー豆をフィルターに詰めて抽出できるタイプのことです。

作業に慣れていなければ、挽いたコーヒー豆をフィルターに詰めてタンピングしたり、抽出前後の段取りなどに最初は手間取ってしまうかもしれません。しかし、使用できる豆の種類が広がりますし、味にも様々な広がりが生まれてきます。味にこだわりを持ちたい人にとっては、パウダーに対応しているかどうかはチェックしておきたいポイントです。

3. 1杯当たりの価格

最近ではカフェが増えているからこそ、1杯当たりの価格にも注目しないわけにはいきません。いくら美味しくて便利だからといって、1杯当たりの価格が通常のカフェで購入するよりも高かくては日常使いなどできませんよね。そのため、1杯あたりのコストにも注目して選ぶようにしましょう。この場合、その機種では専用ポッドが必要かどうかで異なってきます。汎用性のあるポッドが使えるのならいいのですが、専用のものしか使えない場合は、特にコストに注目しておくべきでしょう。

4. ポンプ圧について

エスプレッソを美味しく抽出するのに必要なポンプ圧力は、9〜10気圧が最適な圧力と一般的に言われています。これは気圧が低すぎると、お湯がしっかりとコーヒーパウダーに回らず、エスプレッソの抽出が適切に行われないからです。逆に高すぎると、コーヒーが本来持っているえぐみや雑味などが出きってしまって美味しさが損なわれてしまいます。

そのため、適切に抽出するためのポンプ内部の圧力は15~18気圧くらいは必要になりますので、ポンプ圧についてもチェックしておきましょう。

5. クレマとミルク

エスプレッソの味を大いに左右するのがクレマ(泡)とミルクの出来です。

クレマとは、エスプレッソの表面を覆うきめ細かい泡のことです。エスプレッソは極細く挽いたコーヒー豆粉を絞り出すようにして抽出させるため、その時にクリーミーなクレマが作られ、スプーンでかき混ぜても簡単には消えません。クレマはエスプレッソの香りを閉じ込めるという重要な役割があるため、その厚みや量はチェックしておくべき項目です。

また、ラテアートなどを楽しみたい人にとっては、きめ細かいミルクフォームが作れるかどうかも重要になってきますので、そこもチェックしておきましょう。

6. 操作性と手入れのしやすさ

美味しいエスプレッソを飲むためには味はもちろん、クレマやミルクもチェックするべきなのですが、使い続ける上で決して疎かに出来ないのが、操作のしやすさと手入れのしやすさです。せっかく美味しいエスプレッソを作れたとしても、操作が煩雑で中々使いこなせないのでは意味がありません。

また使った後の手入れも煩雑すぎると、使うのが億劫になってしまい、結局置物状態になってしまう恐れがあります。長く楽しく使い続けるためには、洗浄するための手間が比較的簡単であることなども大切なポイントです。

7. 味

美味しくて本格的な味が楽しめるかどうかは非常に大きなチェックポイントです。抽出圧力が適正で、しかもキメ細かいクレマやミルクフォームができていればとても美味しいエスプレッソが楽しめます。やはり味はこだわりを持ちたいポイントです。

エスプレッソマシンのおすすめ人気ランキングBEST3!

以上の選び方のポイントを踏まえて、実際に売れ筋の人気エスプレッソマシンを、機能、価格、口コミで比較して、おすすめ順にランキング形式でご紹介したいと思います!

1位 illy FrancisFrancis!X7.1

FrancisFrancis!X7.1
27,490円(税込)
ミルク
クレマ
コストパフォーマンス
操作性
お手入れのしやすさ

ポッド:非対応(専用カプセル使用)
パウダー:非対応(専用カプセル使用)
寸法:(W×D×H)28×28×31cm
水タンク容量:1リットル(約30杯分)、取り外し可
ポンプ圧:15気圧
重量:5kg
機能:スチームノズル付 
1杯当たりの価格:94円

ボタン一つで驚くほど本格的な味わい

家庭用なのに驚くほど本格的な味が楽しめると話題なのが、この「illy FrancisFrancis!X7.1」です。イタリアのカフェで飲むような本格的な味を家庭やオフィスでも手軽に楽しんでほしい、そんなコンセプトで作られています。

最大の特徴は、専用のカプセルをセットしてスタートボタンを押せばすぐに美味しいエスプレッソが抽出されるという点です。操作がシンプルでとてもわかりやすくなっています。
操作ボタンは電源、コーヒー抽出、スチームの3種類しかありません。電源を入れると、コーヒースイッチの周りのアイコンによって水の温度が上がっていく様子が分かります。お湯が抽出に適した温度になれば、後は専用のカプセルを入れてコーヒースイッチを押すだけ。すると30秒も経たないうちに表面にきめ細かいクレマができた、本格的な味わいのエスプレッソを抽出してくれます。

なお、水が抽出温度に達するまでに要する時間は、電源を入れてからわずか60秒。これは加熱システムにサーモブロック式を採用しているためで、例えば忙しい朝の時間帯にすぐ飲みたい人でも満足できるスピードですね。

滑らかなキメの細かいフォームドミルク

「illy FrancisFrancis!X7.1」にはスチームアームが装備されているので、滑らかなキメの細かいフォームドミルク(泡立てた牛乳)を作ることができます。カバーをしたままでも使えますし、カバーを外して上級者向けの状態にして繊細なフォームドミルクを作成することもできます。

これを使えばカプチーノやラテアートなども楽しめるので、簡単に楽しみたい人も少しこだわりたい人も両方満足できます。

スタイリッシュなフォルム

出典:www.illy.com

味にこだわっているのはもちろんのこと、キッチンに置いておくだけで高級感あふれる存在を放ってくれるデザイン性の高さにも見てとれます。

なお、カプセルは専用のものを使う必要があります。香り豊かでバランスの取れた「ミディアム」、苦みが効いたコクのある濃厚な味の「ダーク」、抽出量が多くすっきりとした味わいの「ルンゴ」、カフェインレスの「デカフェ」の4種類で、好みや飲み方に合わせて選べます。

illy FrancisFrancis!X7.1の評判・口コミ

デザインは質感含めて最高です。
味も合格!
何よりも作るのも片付けも手軽でこんなに美味しいエスプレッソが飲めるのは嬉しいです。
細かなユーザーの利便性を考えて作られている商品です。
スチームは初めてなので実力が分かりません・・
エスプレッソの種類がもう少し増えて欲しいです。
あとillyのオシャレなカップとかも販売して欲しい。

出典:価格.comレビュー

2位 デロンギ ECO310

ECO310
26,312円(税込)
ミルク
クレマ
コストパフォーマンス
操作性
お手入れのしやすさ

ポッド:対応
パウダー:対応
寸法:(W×D×H)26.5×29×32.5cm
水タンク容量:1.4リットル、取り外し可
ポンプ圧:15気圧
重量:4kg
機能:スチームノズル付 
1杯当たりの価格:84円

美しさと本格的な機能を備えたボディ

美しさだけでなく、本格的な機能も両立させたエスプレッソマシンとして人気を集めているのが、「デロンギ ECO310」です。1950年代のイタリアを思い出させてくれるようなレトロでそれでいて新しさも感じさせてくれるデザイン性の高さは、充分にキッチンの主役として存在感を出してくれます。

スチール製のボディはデザインの良さを更に際立たせていますが、同時に堅牢性や耐久性にも優れており、見た目だけでない質の良さが体現されています。

カフェポッドとパウダーの両方に対応

大きな特徴として、カフェポッド専用ホルダーとパウダー専用ホルダーのどちらも付属してくることです。市販のカフェポッドを使って簡単にエスプレッソを楽しむ場合は、デロンギがカフェポッド用に独自に設計したデザインによって、簡単にセット・取り外しが可能になっています。パウダー専用ホルダーを使う場合は、こだわりのコーヒーを使って抽出ができます。2杯まで同時に抽出できるのも嬉しいですね。

二重構造のスチームノズルでフォームドミルクが作りやすい

フォームドミルクも、二重構造のスチームノズルを使うととても簡単に作ることができます。これにより、きめ細かいクリーミーなミルクが簡単に作れてラテアートなども楽しめますし、スチームノズルは簡単に取り外して洗うことができるので、いつでも清潔に使用することができます。

ポンプ圧も、業務用マシンと同じくエスプレッソを抽出するのに最適な9気圧を発揮できるように、15気圧を実現させているので、最適な状態での抽出が可能です。また高性能なサーモスタットを内蔵していますので、電源ボタンを押してからエスプレッソを抽出するまでには約90秒、スチームを使用するだけならば約30秒以内に使用可能な状態にできるスピーディーさも魅力です。

デロンギ ECO310の評判・口コミ

エスプレッソマシンを初めて本格購入しましたが、マニュアルがとてもわかりやすく充実しているので参考になりました。指示通りにエスプレッソを入れてみたところ、すぐにクレマができで驚きました。粉の量、圧力などを毎回調整して試行錯誤を繰り返してますが、入れる度に発見があります。少しずつ上達していることがわかる、使うのが楽しいマシンですね。味も素晴らしく、食後の一杯が日課になりました。
お手入れに関してはさほど面倒だとは思いません。タンクを取って水を拭いたり、抽出口をタオルで拭いてブラシしたり、最低限こういうことはしますが、せいぜい5分程度でしょうか。これを面倒と感じるかどうかは人によるところでしょう。
総じてお気に入りです。今の所は文句無しですね。あと、お店の側からエスプレッソを入れるコツなどを記した書類を添付していただいたと思うのですが、これがわかりやすくて大変助かっています。マシンを作る人、売る人、使う人。関わる人たちの情熱を感じますね。そういう意味でも素晴らしいマシンなのだと思います。

出典:Amazonレビュー

3位 ASCASO DREAM

DREAM
102,600円(税込)
ミルク
クレマ
コストパフォーマンス
操作性
お手入れのしやすさ

ポッド:対応
パウダー:対応
寸法:(W×D×H)24.5×28×32cm
水タンク容量:1.3リットル、取り外し可
ポンプ圧:15気圧
重量:8kg
機能:スチームノズル付 
1杯当たりの価格:84円

アナログ感にこだわった作りの高級機種

スペイン バルセロナの職人がハンドメイドで作っており、コーヒーやスチームの温度を表示するのはレトロなゲージやスイッチ。著名デザイナーのマーク・アラーニョが手掛けた丸みのあるフォルムと相まって洗練さを極めています。

カラーバリエーションも豊富なため、キッチンやインテリアのイメージに合わせて選ぶ楽しみもありますね。

本格派向けでありながら、カフェポッドとパウダーの両方に対応

最も業務用に近い家庭用エスプレッソマシンと言われているのが、この「ASCASO DREAM」です。100%アルミボディを採用しているため耐久性が高く、ボイラーは重さ1㎏の真鍮製と本格仕様です。業務用パーツを40年間作り続けてきたメーカーが自信を持っておすすめできる耐久度になっています。

ポッドとパウダーの両方に対応でき、値段は高めですがそれも頷けるクオリティの味を提供してくれます。カプチーノなどのミルクフォーミングもとてもパワフルに行えます。

ただし、価格から期待するほどの他社商品との際立った違いを感じることは難しいかも知れません。価格からして、本気でエスプレッソやラテアートを追及したい方向けの家庭用マシンです。

ASCASO DREAMの評判・口コミ

以前サエコの全自動を持っておりましたが、自分で色々調整ができないのと清掃が面倒くさい点でずっと使っておりませんでした。
その点こちらの商品はデザインも素敵だし、なによりクレマが立つ本格的なエスプレッソが抽出できるのが最高です。
まだまだ美味しく抽出するのは難しいですが、全自動にはない面白さがあります。
スチームも強力だし木目の細かい泡を作れます。
今は毎日ラテアートの練習をしています!

出典:Amazonレビュー

まとめ

オススメのエスプレッソマシンをご紹介しました。本格的なエスプレッソを飲むのに相応しいマシンばかりです。少し値段にばらつきがありますが、手軽さを求めるならば「illy FrancisFrancis!X7.1」、手軽にも本格的にも楽しめる「デロンギ ECO310」、業務用にも匹敵する本格的な使い方を求める人は「ASCASO DREAM」という選び方がおすすめです。

工夫次第で美味しさや楽しさの幅はいくらでも広がります。素敵なエスプレッソライフを送るためにも、自分にとって最適なエスプレッソマシンをぜひ見つけてください。

この記事に関連するキーワード