最終更新日:2017年03月25日 | 1548views

車用灰皿のおすすめ人気ランキング10選

  • 3bd7f9a4dccf02a32f0056448fbba9f8177e39fe
  • D4fc01327062e00b41c15763662a9360a57ed267
  • 2f214e1bcb9df08ccb7ad97ee808b9d685fca99c
  • Ecd3600e433837b26cc0ba35ae2c61232becbd05
  • Abdc69d8aacc850fe65615d8268259c2da3366bc

最近はカフェやファミレスで全席禁煙化がどんどん進んできており、愛煙家はちょっと肩身の狭い思いをすることが多くなってしまいました。そんな中で、ドライブ中のたばこはとても癒されるひとときですよね。でも自分の愛車がたばこ臭くなってしまうのはイヤだし、同乗者が非喫煙者だとなおさら車で使う灰皿には気を遣いたくなります。

最近はカー用品店だけではなくホームセンターでもたくさんの車用灰皿を見かけるようになりました。おしゃれな高級品から手軽に使えるシンプルなものまで、いろいろな形や種類がありますが、いったいどのような点に着目して選べばいいのでしょうか?今回は車用灰皿を選ぶ際に注目すべきポイントと、おすすめの車用灰皿ランキングをご紹介します!

車用灰皿の選び方

最近の車には灰皿がついていないことが多くなっているので、車用灰皿のニーズはどんどん高まる一方です。カー用品のメーカーからいろいろなタイプが出ているので、たくさんの種類の中から愛車のインテリアや自分のカーライフに合わせて灰皿を選べるようになりました。

ニーズが高まるにつれて進んだのが灰皿の多機能化です。ここでは車用灰皿ならではの様々な機能をご紹介しながら、車用灰皿を選ぶポイントをご紹介します。

形状で選ぶ

車用灰皿は、形状によって主に4つのタイプに分けることができます。それぞれ違った特徴を持っているので、まずは灰皿の形状に着目して、車の内装や置き場所に合わせて使いやすいものを選ぶようにしましょう。

円筒型

カー用品店で一番よく見かけるのが、円筒形の車用灰皿です。大容量のものが多いので、長時間のドライブが多い方におすすめします。ドリンクホルダーにすっぽり入るサイズになっていて、置き場所にあまり困ることがないのがメリットです。

しかしドリンクホルダーがコンソールボックスの下や運転席と助手席の間など下方についている車で使用すると、ドライブ中に蓋を開けたりタバコの火を消したりする際に目線が下に行ってしまうため、前方から一瞬目を離してしまう危険があるということも考えておかなければいけません。

円筒形の灰皿を下方に置いて使用したい場合は、灰皿の蓋は開けやすいか、暗い場所でも灰皿の場所が分かるようにライトがついているか等をチェックする必要があります。

据え置き型

ダッシュボードの上などに固定して使う形状の、据え置き型タイプです。車内にドリンクホルダーがついていなかったり、ドリンクを置く機会が多いので灰皿をドリンクホルダーに入れたくないという場合にはこちらが便利です。ほとんどの商品にマグネットが付属していて、マグネットを取り付けたい場所に両面テープなどで固定して、灰皿をマグネットで接着する方式になっています。

ダッシュボードの上に固定する場合は目線が自然と上を向くので、ドライブ中に前方から目を離す危険が減るという点が長所です。一方で、マグネットを取り付けたい場所に平らなスペースがないと灰皿が置けないというデメリットもあります。また容量が小さめの物が多いので、ロングドライブだとすぐに灰皿がいっぱいになってしまうというところも弱点です。

吊り下げ型

車のドアに取り付けたり、エアコンの吹き出し口に吊り下げたりするタイプの車用灰皿もあります。ダッシュボードの上に置くと視界が狭くなる、邪魔に感じる場合などにはこちらがおすすめです。器具をドアや吹出し口に挿して灰皿本体を固定するタイプと、器具を内装に貼り付けて固定するタイプがあります。

吹き出し口やドアの他、ヘッドレストに取り付けて後部席用に使えたりと使用可能な場所が幅広いことが長所で、省スペースという点ではこのタイプが一番ですが、その分据え置き型と同様に容量が小さくなるのが短所です。また車によっては固定する器具とドアの幅やエアコンの吹出し口とのサイズが合わず、取り付けが難しいといったデメリットもあります。

アーム型

最近はあまりカー用品店でも見かけなくなりましたが、アームで固定するタイプの車用灰皿もあります。シガーソケットに固定できるものもあり、取り付けが簡単です。またアームがフレキシブルに動くので、使いやすい位置に灰皿を動かすことができます。助手席に乗る人と灰皿を共有したいときなどにおすすめです。

蓋の密閉度で選ぶ

ほとんどの車用灰皿には蓋がついています。この蓋はタバコの灰が飛び散るのを防ぐのに役立ちますが、同時にタバコの煙やにおいを封じるのも重要な役割です。しかし中には本体と蓋との密閉性が少なく、煙が漏れてしまうものもあります。これではいくら蓋のついた灰皿を使っても車内がいつの間にかタバコ臭くなってしまうので、タバコ嫌いの同乗者がいるときや、お子さんを車に乗せるときには考えものです。

蓋の密閉度が高いかどうかを見る目安は、蓋の開閉部分にシリコンやパッキンが使われているかどうかです。蓋を閉めた時にパカンと音がするようなタイプは密閉度が低いものと言えます。お店で選ぶ際には、できるだけ本体の見本などでパッキンが使われているかどうかを確認するようにしましょう。

灰詰まり防止機能がついたものを選ぶ

車用灰皿に欠かせないのが「火消し穴」です。吸い終わったタバコの火を確実に消すためのものですが、何度も使用しているとタバコの灰が詰まってしまっていざという時にタバコの火を消すことができずに慌ててしまうことがよくあります。愛煙家から「火消し穴が詰まった時に備えて爪楊枝を車に積んでいる」という話を聞いたことがあるほどです。

これを防ぐのが「オートクリーニング機能」です。蓋を開閉すると同時に火消し穴に詰まった灰を除去してくれる構造になっているので、いつでも火消し穴をきれいにしておくことができます。安全なドライブを実現するためにはかなり便利なので、この機能の有無はぜひチェックしておきたいところです。

洗いやすさで選ぶ

車内にタバコのにおいがこもってしまう原因の一つが、汚れた灰皿を長時間放置しておくことです。吸い殻が溜まったらこまめに捨てることが大切ですが、灰皿も常に綺麗にしておくとにおいがこもる心配もなくなります。そのためにも、洗いやすい形状であるかどうかは、車用灰皿を選ぶ際の重要なポイントです。

車用灰皿の多くは暗い場所でも分かりやすいようにLEDライトがついていて、その電気系統のおかげで蓋部分は水洗いできないものがほとんどです。なのでできるだけ蓋が本体から外れて本体だけでも洗える構造のものを選ぶことをおすすめします。また最近は防滴仕様で蓋ごと丸洗いできるものもあるので、そちらを探してみても良いでしょう。

車用灰皿のおすすめ人気ランキング10選

それではここからは、おすすめの車用灰皿をランキング形式でご紹介します。上記の選び方を参考にしながら、愛車のインテリアや使いたい場所などに合わせて、長く使えるお気に入りの灰皿を見つけてくださいね。

10位:ナポレックス 車用灰皿 フレキアッシュ

ナポレックス 車用灰皿 シガーソケット取り付けのフレキシブルアームタイプ ブルーLEDライト スイッチ付き 汎用 Fizz-783
1,872円(税込)

・アーム型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:×
・水洗い:本体のみ〇

根強い人気を誇るアーム型!LEDランプの光も◎

ユニークな形で根強い人気を誇る、数少ないアーム型の車用灰皿です。蓋と本体が外れる構造ではありませんが、本体の受け皿のみを外して吸い殻を捨てることができます。パッキンが使われていないので密閉性はなく、オートクリーニング機能もついていないのですが、ドリンクホルダーを灰皿置き場として使えない場合や、すぐ手の届くところに灰皿を設置したい方におすすめです。

スイッチでon/offができるLEDランプは、暗い場所でも灰皿の位置が分かるよう照らしてくれるという点はもちろん、イルミネーションのような優しい光がきっとドライブ中の癒しになってくれます。

9位:星光産業 フラットソーラーアッシュ

星光産業 車用 灰皿 フラットソーラーアッシュ ダッシュボード置き型 ブラック LED付き ED-139
1,060円(税込)

・据え置き型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:×
・水洗い:不可

省スペースの決定版!フラット型で視界良好

灰皿をドリンクホルダーに置けない・灰皿を置くスペースが限られているという場合には据え置き型のこちらの商品がおすすめです。サイズが小さいため容量が少なく、水洗いもできないので、溜まった吸い殻をこまめに捨てる必要がありますが、その代わり、ダッシュボードの上だけではなくドア上のわずかな隙間などにも設置することが可能です。使いやすい場所を選んでコンパクトに設置できるという点では、薄型で省スペースなこの形状が優れています。

8位:カーメイト 愛煙缶 スクエア 吊下げ型

カーメイト 車用 灰皿 愛煙缶スクエア 吊下げ型 ブラック CZ84
1,200円(税込)

・吊り下げ型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:蓋部分・本体ともに〇

タバコホルダー付きで使い勝手良好!しかも蓋まで丸洗いできる

吊り下げ型の中で唯一オートクリーニング機能を持った車用灰皿です。本体の横にタバコを設置できるクリップがついており、タバコをすぐに手が届くところに置けて重宝します。その形状ゆえに小さめの作りなのでロングドライブではすぐに吸い殻がいっぱいになってしまいますが、付属している数種類の器具を使うことで、エアコン吹出し口・ドア・ヘッドレストなどいろいろな場所に取り付けられます。

蓋にパッキンがついていないのでにおいを密封することはできませんが、蓋部分のソーラーユニットを外して本体と蓋を丸洗いすることができるので、いつも清潔に保つことができます。

7位:セイワ ラクすてソーラーアッシュ

セイワ(SEIWA) 車用 灰皿 ラクすてソーラーアッシュ ドリンクホルダー型 木目 LED付き G103
1,586円(税込)

・円筒型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:×

切り替えワンプッシュで上からも下からもパカッと開く

こちら商品のメリットは何といってもワンプッシュで簡単に蓋が開けらることと、切り替えスイッチで底も開けられるというところです。パッキンが使われていないので密閉性がなく、蓋と本体が外れないので水洗いできないというデメリットこそあれ、ワンプッシュで底が開くので吸い殻を捨てるときに手を汚すことがありません。タバコのにおいが手につくのが嫌という方におすすめです。

6位:カーメイト 愛煙缶プレミアム ドリンクホルダー型

カーメイト 灰皿 愛煙缶プレミアム ドリンクホルダー型 カーボン調ブラック LED付き DZ186
1,127円(税込)

・円筒型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:蓋部分・本体ともに〇

丸洗いできるのでいつでも清潔

円筒型の車用灰皿です。大きめの作りなのでロングドライブでも吸い殻がいっぱいになることはありません。ワンプッシュで蓋を開けられたり、オートクリーニング機能がついていたりと至れり尽くせりですが、なんといってもソーラーユニットを外せば蓋まで水洗いできるというところが大きなおすすめポイントです。

惜しむらくは蓋部分にパッキンが付いておらず、密閉性に欠けてにおいが漏れてしまうことです。ただ値段と機能のバランスはとても良い商品だと言えます。灰皿をいつも清潔に保ちたい方におすすめです。

5位:ミラリード ラバーソーラーアッシュトレイ

ミラリード 灰皿 ラバーソーラーアッシュトレイ カーボン ブラック/カーボン ドリンクホルダー型 汎用 DA-1511
1,600円(税込)

・円筒型
・密閉性:×
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:蓋部分・本体ともに〇

ラバーボディが気になる振動音を軽減してくれる

車用灰皿を置く場所によっては、ドライブ中の振動で灰皿が周囲に当たってカタカタと音がしてしまうことがありますよね。その点こちらの灰皿のラバーボディなら、振動音をかなり軽減してくれるので音が気になる方にはおすすめです。

また開口部が斜めにカットされているので、蓋を開けた時に火消し口が見やすくなっています。さらに蓋部分が防水構造になっているので、蓋と本体が外れなくても水洗いすることができるのもポイントです。こちらも、あと密閉性さえあればもっと上位にランクインできるポテンシャルを秘めた商品だと言えます。

4位:ナポレックス 車用灰皿 センサーイルミアッシュ

ナポレックス 車用灰皿 センサーイルミアッシュ タフギアブラック ブルーLED付き フルスペックタイプ 汎用 Fizz-975
1,841円(税込)

・円筒型
・密閉性:〇
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:本体のみ〇

開口部が広口でタバコを捨てやすい多機能灰皿

スポーツタイプの腕時計かロボットアニメを連想させるような独特のデザインの車用灰皿です。パッキンが使われていて密閉性があって、オートクリーニング機能もついており、さらに蓋を外して本体を水洗いできるという、まさにフルスペックな仕様になっています。開口部では、タバコをもみ消す波パネルを敢えてなくしており、広いスペースを取っていることで運転中でもタバコを捨てるのが簡単です。

ほど良く重さがあるので、ドリンクホルダーに置いても安定しやすいという点もおすすめポイントです。他の車用灰皿に比べるとちょっと価格は張りますが、お値段以上の価値はあると言えます。

3位:ヤック アッシュトレイ ユースフルアッシュ

槌屋ヤック アッシュトレイ ユースフルアッシュ ブラック/ブラックメッキ PZ-521
1,371円(税込)

・円筒型
・密閉性:〇
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:蓋部分・本体ともに〇

蓋部分が防滴機能つきで丸ごと水洗いできる

何と言っても蓋のソーラーユニットが防滴仕様で「丸ごと洗える」というのが大きな特長の車用灰皿です。密閉性にも優れ、オートクリーニング機能もついており、車用灰皿に求められるスペックを全て備えていると断言できます。

非の打ちどころがないのですが、敢えて弱点を挙げるなら、開口部のもみ消しパネルが大きめで若干タバコが捨てにくいという点でしょうか。それも裏を返せば火を消しやすいというメリットとも言えますし、値段も手頃なお値打ち品です。

2位:ミラリード ハイクラスアッシュトレイ フェザータッチオープン

ミラリード 灰皿 ハイクラスアッシュトレイ 純正調 BN フェザータッチオープン DA-1613
1,740円(税込)

・円筒型
・密閉性:〇
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:本体のみ〇

蓋がゆっくり開くので振動せずに安定

オートクリーニング機能を備え、パッキン付きで密閉度も申し分なく、さらにワンプッシュオープンボタンで片手で開けることができる多機能な灰皿です。プッシュボタン一つで開けられる灰皿は他にもありますが、こちらは特殊ダンパー構造で蓋がゆっくりと開くので、蓋が跳ね上がる反動で灰皿がガタついてしまうのを防いでくれます。エアコンの吹き出し口に吊り下げているちょっと不安定なドリンクホルダーに置いても安定しているので、とても使い勝手のよい灰皿です。

また火消し口が手前ではなく横についているので、手前についているものに比べて火消し口の場所が分かりやすいというメリットがあります。いろいろな面で運転中の安全性が配慮されている良品です。

1位:カーメイト ソーラーアッシュトレイ セレクト

カーメイト 車用 灰皿 ソーラーアッシュトレイ セレクト クローム DZ274
1,909円(税込)

・円筒型
・密閉性:〇
・オートクリーニング機能:〇
・水洗い:本体のみ〇

見やすさと安定性に徹底的にこだわった構造

こちらの灰皿の特徴は、上部が手前に傾斜している形状をしていることです。傾斜をつけることで、蓋を開けたときに火消し部分が立ち上がって見えるので、どこに火消し口があるのか運転中でも分かりやすくなっています。こちらの商品も火消し口が手前ではなく横についているので、より火消し口の場所が安全に確認できます。

また底部分の前側が少し手前にせり出す形になっており、蓋を閉めた時の力で本体が前に倒れるのを防いでくれます。灰皿に目線を奪われることが少なくなるので、ドライブの安全性を格段に上げてくれます。

車をきれいに保つための工夫が盛りだくさん

蓋を開けると、火消し口やもみ消し板が他の灰皿よりもほんの少し深い箇所に設けられています。こうすることで火を消す際に灰が車内に舞い散るのをかなり防いでくれる効果があります。パッキンが使われており、密閉度も申し分ありません。

蓋を外して本体を水洗いすることができるのでにおいが籠ってしまうこともなく、しっかり火を消して蓋をしておけば、タバコを吸っていることを気づかれないくらいに車内をきれいに保っておくことができます。車用灰皿に求められる機能をすべて兼ね備えた名品です。

まとめ

いかがでしたか?車内でつかう灰皿の選び方と、ぜひ使ってみてほしいおすすめの車用灰皿をご紹介しました。愛煙家にとって必需品とも言える大切なアイテムである灰皿。愛車のインテリアに合わせてつい見た目だけで選んでしまいがちですが、機能を比べてみればかなりの差があることが分かりますね。

車内についたタバコのにおいを消すのは、プロのカークリーニング業者でもなかなか難しいそうです。いつの間にか愛車がタバコ臭くなってガッカリしてしまう前に、今回の記事を参考にしていただいて、ぜひ後悔しないお気に入りの灰皿を見つけてくださいね。

この記事に関連するキーワード