最終更新日:2017年01月07日 | 3331views

【妊娠前・妊娠中の人は必見!】徹底比較!本当におすすめできる葉酸サプリ4選

  • 790c7e31c26cc772f0d6049d1f4baf144cb9e71b
  • F630956bd9ed7efff1bc22ec76b954b2ab7a482e
  • 97b11f968afb8ca0217037554b839c3c701194b3

「妊娠中は葉酸を摂取した方が良い」ということは、ご存知の人も多いと思います。しかし食事からでは十分な葉酸がとれないこと、妊娠前から葉酸をとった方がより良いこと、赤ちゃんを希望する男性も葉酸をとった方が良いことはご存知でしょうか?今回は、葉酸についての詳しい情報と葉酸サプリの選び方、そして妊娠中の人・妊娠を希望する人におすすめの葉酸サプリをご紹介します。

そもそも葉酸とは?

葉酸とは水溶性のビタミンB群の仲間で、ほうれん草から発見されたことが、その名前の由来です。

DNAや細胞の生成・再生に必要不可欠な栄養素であり、ビタミンB12とともに赤血球の細胞の形成を助けることから「血をつくるビタミン」とも呼ばれています。

葉酸は細胞分裂が活発な胎児の正常な発育を促し、妊娠初期に妊婦が十分な葉酸を摂取することで胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させたり、妊婦の悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも効果があることがわかっています。

2002年からは母子手帳にもその必要性が記載されるようになった、赤ちゃんとお母さんにとって大切な栄養素なんです。

葉酸を多く含む食品

葉酸を多く含む食品には、以下のようなものがあります。

(すべて100g当たり)
鶏レバー(生):1,300μg
牛レバー(生):1,000μg
ひよこ豆(乾):350μg
大豆(乾):260μg
モロヘイヤ(茎葉、生):250μg
しいたけ(乾):240μg
ほうれん草(葉、生):210μg
ブロッコリー(花序、生):210μg

しかし葉酸は水溶性である上に熱に弱く、調理中に失われてしまいやすい成分です。

さらに、食品に含まれる葉酸は体内に吸収されにくいという欠点があります。食品中に含まれる葉酸はポリグルタミン酸型葉酸といい、体内で消化酵素の働きによりモノグルタミン酸型葉酸に分解され、小腸で吸収されます。この分解・吸収の過程で様々な影響を受け、実際に吸収されるのは葉酸全体の50%以下と言われています。

葉酸サプリの必要性

毎日の食事からでは十分な葉酸摂取が困難なことが予測されることから、厚生労働省は、妊娠を計画している女性・妊娠の可能性のある女性に対し、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日当たり400μgの葉酸を摂取することが望ましいとしています。

この「いわゆる栄養機能食品から」という部分が葉酸サプリメントを指していて、吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸を利用して葉酸を摂取することを厚生労働省でもすすめています。

葉酸が不足すると?

胎児の脳や脊髄などの元になる「神経管」が作られる妊娠初期の4~5週頃に葉酸が不足すると、「神経管閉鎖障害」という先天性異常が発生しやすくなります。

神経管閉鎖障害は神経管が上手く結合されないことで、脳や脊髄が正しく成長できなくなる疾患です。神経管の下部が結合されないことで下半身の運動障害や膀胱・直腸機能障害が起こる「二分脊椎症」と、神経管の上部が結合されないことで脳が形成不全になる「無脳症」の2つが見られ、「無脳症」は流産や死産のリスクも高まります。

これらのリスクは、葉酸を必要なだけ摂取していれば罹病確率を7割も軽減できることが母子手帳にも明記されています。

胎児に血液を送り続ける母体についても、「血をつくるビタミン」である葉酸が不足すると貧血気味になりやすくなってしまいます。

葉酸サプリの選び方

妊婦さん、そして妊活中の女性に必要不可欠な葉酸サプリ。

では、世の中にたくさんある葉酸サプリの中から、一体どのサプリを選べば良いのでしょうか?葉酸サプリの選び方を解説します。

1日あたり400μg(0.4mg)の葉酸を摂れること

厚生労働省が推奨している1日当たり400μg(0.4mg)の葉酸が摂取できるものであることは最低条件です。

天然葉酸よりも合成葉酸

「天然」と聞くと安心・安全というイメージを持つ人もいらっしゃるかと思いますが、必ずしもそうではありません。

ここで言う天然葉酸とはポリグルタミン酸型葉酸、合成葉酸とはモノグルタミン酸型葉酸のことです。

「天然葉酸400μg配合」とされていたとしても、実際には半分以下しか吸収されません。全く効果がないわけではありませんが、天然葉酸は食事から摂取するようにして、サプリメントは合成葉酸のものを選んだ方が良いでしょう。

パッケージの原材料欄に「葉酸」または「葉酸含有酵母」と記載されているものは、合成葉酸です。

葉酸以外の栄養素

葉酸とともにDNAの合成や正常な赤血球の形成を行うビタミンB12、葉酸を活性化させるビタミンC、つわりを緩和させるビタミンB6が配合されているものが望ましいです。

妊活としてではなく妊娠中に飲むものであれば、妊娠中に不足しがちな鉄分やカルシウムもバランスよく配合されているとなお良いでしょう。

GMP認定工場・準拠工場で作られている

妊活中・妊娠中の人が毎日口にするものなのですから、製造管理体制がしっかりしているサプリメントの方がいいですよね。

GMP(Good Manufacturing Practice)とは、原料・製造・出荷のすべての行程において、製品が安定的かつ一定の品質で作られていることを示した厚生労働省が定めた基準です。

サプリメントにはGMPが義務づけられておらずメーカーの任意となっていますので、安心・安全を思うのであれば自主的にGMP準拠工場で製造しているメーカーのものを選びましょう。GMP認定されている工場であれば、より安心です。

サプリメントそのものの安全性

胎児のことを考えると、香料や着色料、 人工甘味料といった化学合成添加物の入ったサプリメントは飲みたくありませんよね。また、奇形や先天性異常、障害のリスクを高める放射能汚染についても気をつけなければなりません。

ホームページで公開されている原材料や検査体制、商品の検査などの情報を確認し、分からない部分は購入前にメーカーに問い合わせるようにしましょう。

価格

葉酸サプリは妊活から妊娠・出産、そして授乳中と、長ければ数年飲み続けることになるものです。それだけの長期間続けられる価格かどうかは重要ですよね。

ただし、安かろう悪かろうでは意味がありませんし、必ずしも高いものが良いものというわけでもありません。配合成分や原材料と価格のバランスをチェックし、無理のない範囲で良いものを選ぶようにしましょう。

割引価格で定期購入やまとめ買いができるメーカーであれば、それを利用することでより安く続けていくことができますよ。

販売業者の信頼性・サポート体勢

販売業者の信頼性は、サプリメントを選ぶにあたって非常に重要なポイントです。

景品表示法違反などで措置命令を受けるメーカーや通販会社がニュースで取り上げられることがありますが、過去にそのような事例のあった業者はやはり信頼性に欠けます。事前にホームページで信頼性や企業理念、何か問題が起こった時の対応などを確認しておくようにしましょう。

顧客のサポート体制がしっかりしているかどうかも安心感に繋がります。

飲みやすさ

サプリメントの大きさや味、においも、長期間毎日飲み続けるためには重要です。特につわりの時期などは味やにおいで気分が悪くなってしまわないか心配ですよね。

初回限定割引やお試し販売を行っている業者であれば、まずはそれらを購入して自分にあっているかどうかを実際に飲んで確認しましょう。

梱包

特に妊活の一環として葉酸サプリを利用する場合、あからさまに「葉酸サプリ」と書かれた段ボールで商品が届くのはプライバシーの面から考えものですよね。

例えばAmazonなど、販売業者の多くは「葉酸サプリ」という品名を梱包や伝票に記載せずに送る対応をしていますが、気になる人は、事前に梱包や伝票に記載される品名を確認しておくようにしましょう。

おすすめの葉酸サプリ4選

それでは、おすすめの葉酸サプリをご紹介します。

もちろんGMP認定工場もしくはGMP準拠工場で製造され、残留農薬検査や放射能検査も行われているので、安心してご利用いただけます。

ベルタ葉酸サプリ

出典:belta-shop.jp

ベルタ葉酸サプリ 定期便コース
3,980円(税込)

・単品買いは通常価格5,980円
・送料無料
・定期便コースは6回以上の継続が必要

ベルタ葉酸サプリは、21種類の野菜、27種類のビタミン・ミネラル、20種類のアミノ酸、そして6種類の美容成分を贅沢に配合した、2015年モンドセレクション金賞受賞の葉酸サプリです。「天然型酵母葉酸100%」と記載されていますが、これは合成葉酸を酵母で培養させたものですので、100%モノグルタミン酸型の葉酸です。

高品質の素材をふんだんに使用しているため、1日当たりの単価が約130円〜と高めですが、価格に見合った品質であると言えるでしょう。

女性用120粒、男性用60粒がセットになった「夫婦で定期便」が提供されているので、夫婦での妊活にもおすすめです。

添加物や栄養の過剰摂取に配慮された葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤といった安全性に問題のある添加物が一切使用されていません。

また闇雲に栄養成分を盛り込むのではなく、通常の食品に加えてサプリメントを飲むことで脂溶性ビタミンの過剰摂取になってしまわないよう、敢えてビタミンAとビタミンEの含有量を0.45μgと16.12μgに抑えるなど、利用者の健康に配慮されています。逆に妊娠中不足しがちな鉄分は16mgとたっぷり配合されており、妊娠中の鉄分摂取もベルタ葉酸サプリのみでカバーできます。

小粒でにおいもほとんどないので、つわりの時期でも飲みやすいサプリメントです。

6種類の美容成分配合で妊娠中の肌トラブルにも安心

ベルタ葉酸には、ビタミンやミネラルといった栄養素の他に、ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・黒酢もろみ・珊瑚カルシウムという、アレルギーのことも考慮した6種類もの高品質な美容成分が贅沢に配合されており、まるで美容サプリのようです。

妊娠中はホルモンバランスの崩れから肌の調子が悪くなったり便秘になってしまうこともありますから、美容成分がたっぷりと配合されているのは嬉しいですね。

万全のサポート体制

ベルタ葉酸サプリのコールセンタースタッフは、外部スタッフではなく全員が出産・授乳・育児経験のある社員スタッフです。飲み方や効果などベルタ葉酸サプリのことはもちろんのこと、妊娠や子育てについての相談など、どんなことでも気軽に相談できる体制が整っています。

ベルタ葉酸サプリはこんな人におすすめ

・添加物や過剰摂取などの心配のない安心して飲める葉酸サプリが欲しい人
・妊娠中でも女性として美容に気を遣いたい人

ベジママ

出典:vegestory.jp

VEGEMAMA(ベジママ)初回限定割引価格(無期限全額保証付)
2,750円(税別)

・単品買いは通常価格5,500円(税別)
・定期購入4,680円(税別)
・送料無料

ベジママは、特に妊活中の女性におすすめの葉酸サプリです。

その最大の特徴は、ピニトール・ルイボスという他社の葉酸サプリにはない栄養素が配合されていることです。ピニトールは生活習慣病やメタボリックシンドローム対策の野菜としても注目を集めている成分。ルイボスはルイボスティーの元となる植物で、亜鉛・カリウム・マンガンなどの豊富なミネラルを含み、体を錆びさせ老化させてしまう活性酵素の増加を防ぐと言われています。

ベジママを販売してる関西鉄工株式会社では、使用する野菜は自社の植物工場および同一基準を満たした契約閉鎖工場で栽培しています。クリーンな環境で安心・安全な原料が育てられているだけでなく、自社の植物工場だからこそ天候などに左右されず、年間を通しての安定的な収穫と品質の維持、低価格を実現しています。

とはいえ、希少な成分を使用していため1日あたりの価格は約156円〜と高額なので、妊活中はベジママを利用し、妊娠したら他の葉酸サプリに切り替えるという使い方も良いのではないでしょうか。

不妊治療の現場でも採用されている「ピニトール」配合

ベジママに配合されているピニトールは、体内でカイロイノシトールに変換されます。

カイロイノシトールは、ホルモンバランスを正常に戻し、不妊の原因疾患の一つである多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にも有効であることが、海外の臨床試験でも明らかになっています。欧米では、不妊治療に有効な成分として妊娠用サプリメントとしても利用されています。

鉄分・カルシウムは未配合

「本当に必要なものだけを体に優しく配合し、毎日長く続けていただく」ために、カルシウムと鉄分は基本的な食事で摂取可能として配合されていません。

妊娠中には不足しがちなカルシウムと鉄分ですが、妊活中であれば他の栄養素と比べて特に積極的に摂らなければならないというものもありません。

葉酸と一緒に摂りたいビタミンB6、ビタミンB16、ビタミンCはしっかり配合されていますので、妊活サプリと考えるならカルシウムと鉄分が配合されていないことは気にしなくて構いません。

初回限定!安心の無期限返金保証

どんなによいサプリメントでも、体に合う合わないは人それぞれであるという考え方により、ベジママは初回購入時限定で無期限100%返金保証キャンペーンを行っています。

また、他社の定期購入は最低6ヶ月は継続しなければならないという規定があるところが多いですが、ベジママはいつでも休止・中止が可能であるという柔軟性の高さも魅力です

ベジママはこんな人におすすめ

・妊活として葉酸サプリを利用したい人
・生活習慣の乱れが気になっている人

ママニック葉酸サプリ

出典:mamanic.jp

ママニック葉酸サプリ定期購入
3,500円(税別)

・単品通常価格 1個 5,000円(税抜)
・3個セット 12,000円(税抜)20%OFF
・6個セット 22,500円(税抜)25%OFF
・定期便コースは6回以上の継続が必要

200人の女性へのアンケート結果を元に開発された葉酸サプリです。

ママニック葉酸サプリは、「他社にはない、こんなスゴい成分が含まれている!」ということは一切ありません。しかし、妊婦さんに必要な12種類のビタミン、14種類のミネラル、3種類のアミノ酸が非常にバランスよく配合されてた栄養機能食品です。

ビタミンやミネラルなどの栄養素は、厚生労働省が推奨する栄養機能食品基準(1日の推奨摂取量の範囲内)を元に、通常の食事にママニックを足しても過剰摂取にならないよう、配合量が調整されています。食事からは摂りづらい栄養素や妊娠中や産後の美容に嬉しい成分もバランスよく配合し、妊活中から産後までしっかりとサポートしてくれる葉酸サプリです。

無添加にこだわり絶妙なバランスで栄養素が配合されている葉酸サプリでありながら、1日あたりの単価は116円〜と手頃です。

無添加へのこだわり

使用されている野菜・フルーツはすべて高品質の国産です。

原材料には添加物もほとんど含まれておらず、独特の香りを抑えるためのコーティングといて配合されている光沢材も、ミツバチが分泌する蜜蝋が使用されています。

赤ちゃんのアトピーを予防する乳酸菌配合

ママニック葉酸サプリには、生きたまま腸まで届く有胞子性乳酸菌が配合されています。妊娠中に乳酸菌を補給することで生まれた赤ちゃんのアレルギーを予防し免疫力を高め、アトピーの発症率も半分に抑えられたという研究結果もあります。

妊娠中は便秘に悩まさせる人も多いので、整腸作用のある乳酸菌は赤ちゃんだけでなく妊婦さんにも嬉しい成分です。

ママニック葉酸サプリはこんな人におすすめ

・添加物や過剰摂取などの心配のない安心して飲める葉酸サプリが欲しい人
・妊娠前から産後まで1種類のサプリメントで乗り切りたい人

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

出典:464981.com

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
1,800円(税別)

・3ヶ月分 4,800円(税抜)10%OFF
・6ヶ月分 8,400円(税抜)20%OFF

創業180年以上の本草製薬と健康食品販売実績40年以上のエーエフシーの共同開発、および日本予防医学研究所の協力により生まれた葉酸サプリです。

品質や製造工程、そして正しい情報を届けることに徹底的にこだわり、常に利用者の声を聞きながら商品の改良を続けるなど真摯な企業姿勢を持っています。

非常に安価なので、初めて葉酸サプリを試してみようと思っている人にもおすすめです。

徹底した品質・安全管理

製薬会社との共同開発のため、医療薬品製造レベルの製造工場で厳しく品質・栄養管理されています。成分の最終加工地および品質試験を依頼した第三者機関の名称まで公表するなど情報公開も徹底されています。

また、葉酸は神経管閉鎖障害の発症を防ぐものではなく発症リスクを低減するものであること、1日当たりの摂取量を越えないように摂取することなどを公式サイトに掲載しており、正しい情報を発信していこうという企業姿勢も評価できます。

圧倒的なコストパフォーマンスの良さ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、1日あたりの価格が約51円〜と他社と比較して圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。

その理由の一つは、原材料に天然成分がほとんど含まれていないことでしょう。天然ではないというのは必ずしも安全性や品質に劣るということではありません。確かな科学的根拠に基づいた確かな成分のみを配合した、安心して続けられるサプリメントです。

女性100人の声から生まれた葉酸サプリはこんな人におすすめ

・できるだけ安価で品質の良い葉酸サプリを飲みたい人
・初めて葉酸サプリを試してみたい人

いつから飲めば良いの?いつまで飲めばいいの?

厚生労働省は、受胎前後から妊娠初期(12週)までの積極的な葉酸の摂取を推奨しています。ただ、胎児の神経管が作られる4~5週頃といえば、女性が「もしかして妊娠?」と気付くくらいの時期ですので、その頃から葉酸サプリを飲み始めるのは現実的ではないかもしれません。

葉酸は胎児の健康な発育だけでなく、子宮内膜の絨毛組織の細胞が作られるのを助け、着床率を向上させる効果があるとされています。ですので、妊娠が分かってからでなく、妊娠を希望してから妊活の一環として飲み始めるのが良いのではないでしょうか。

また、胎児の先天性異常を防ぐという意味では、妊娠初期の15週までが非常に重要な時期となります。

しかし、妊娠中期や後期の悪性貧血や妊娠中毒症の改善、そして産後は血液から作られる母乳を赤ちゃんに与えることを考えると、授乳期間が終わるまで飲み続けた方が良いでしょう。

男性も葉酸サプリを飲もう

不妊の約4割は、男性に原因があると言われています。男性の精子にも奇形があり、胎児の先天性異常や不妊に繋がるのです。

葉酸は精子の生成や細胞分裂にも必要な栄養素で、質の良い精子を生成するためには欠かすことのできないものです。

精子は生成されてから射精できる状態になるのに約3〜4ヶ月かかりますので、男性も奥様と一緒に葉酸サプリを飲んで妊活するようにしましょう。

サプリを飲む時の注意

水かぬるま湯で

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれるカフェインやタンニンは、葉酸の吸収を妨げてしまいます。

そのため、葉酸サプリを飲むのは必ず水かぬるま湯とし、食後にコーヒーを飲む習慣のある人は、サプリは寝る前に飲むなど時間をずらして飲むようにしましょう。

過剰摂取に注意

葉酸は胎児が健康に発育するためになくてはならない栄養素ですが、摂れば摂るほど良いというものでもありません。

過剰摂取で食欲不振や吐き気、むくみ、蕁麻疹や倦怠感、不眠症といった副作用が起こったり、ビタミンB12欠乏の発見が遅れてしまう原因になります。

厚生労働省からも、サプリメントなどの栄養補助食品からは1日に1,300〜1,400μg以上は摂取しないようにと通告されています。念のため、1日に1,000μgを目安として過剰摂取にならないよう注意しましょう。

まとめ

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減や妊婦の悪性貧血や妊娠中毒症の改善、そして妊活にも効果がある葉酸。サプリメントでしっかりと葉酸を補給しておきたいですね。

今回ご紹介した4つの葉酸サプリは、どれもこだわりを持って作られた高品質のものばかりです。しかし、つわりで味やにおいが合わないこともありますので、ぜひお試し購入や初回限定商品を購入し、飲みやすさを比較してください。

また、葉酸サプリだけで健康な妊娠生活を送れるわけではありません。バランスの良い食生活を心がけ、普段の食事では不足してしまう分を葉酸サプリで補うという使い方を心掛けましょう。

この記事に関連するキーワード