最終更新日:2017年01月27日 | 510views

パン切り包丁のおすすめ人気ランキング10選

  • 67588a21d23bbd250c7e50a298003c29b5bdd847
  • A4431fa184278834278ee412ec5396b1c4d46b7d
  • 0d2e8b52710d68b538a1a3ef3362f2e734cc6f52
  • Ee1d5a6927e390ef03ee242fe62cdce91b286bcc
  • 94acadedfa86486b4736fbf3a33a269fe1d54fec

肉や魚、野菜などに使う通常の包丁では、なぜかなかなかうまく切れないパン。そんな時に役立つのが「パン切り包丁」です。パン切り包丁といっても、普通の包丁と何が違うのか、何を基準にどういうものを手に入れたらいいのかと迷ってしまいがち。

今回は、「今使っているものよりももっと使い勝手がいいものを」と探している方や、パンを切る為だけに包丁を買うのはちょっと迷っている方に、おすすめの人気パン切り包丁をランキング形式でご紹介していきたいと思います。ぜひ商品を比較検討する際や購入する際の参考にしていただき、よく切れるパン切り包丁を手に入れて、自宅で美味しいパンを味わってみてくださいね。

パン切り包丁とは

そもそも、パン切り包丁とはどういうものなのでしょうか。

一般的な家庭で広く使われているのは、どのような食材にもとりあえず対応できる「三徳包丁」や「牛刀」と言われる包丁です。これらの包丁さえあれば料理はできます。でも、決して完璧なわけではありません。食材に合わせて多種多様の包丁が存在していることからも、それぞれの食材に合った専用の包丁が一番良いということがわかります。

家庭にある普通の包丁でパンを切るとどうなるでしょうか。肉のように力を入れて押し切ろうとすると、柔らかいパンでは断面が見るも無残にボロボロになったり、フランスパンのような硬いパンでは中のふわふわ感がなくなるほどぺちゃんこになってしまいます。そうならないように、多くのパン切り包丁はのこぎり状や波状をしており、パンを綺麗に切り分けることができるようになっています。ケーキなどを切るのにも適しているので、一本持っていると重宝しますよ。

パン切り包丁の選び方

ここからは、パン切り包丁の選び方のポイントについてご紹介していきます。

使いやすさはもとより、手入れのしやすさなども使い続けていく上では大切になります。購入後、後片付けが面倒で結局使わなくなった、なんてことにならないよう、よく吟味してお気に入りの一品を手に入れてくださいね。

刃の材質で選ぶ

パン切り包丁に主に使われている材質はステンレスです。錆びにくく、お手入れしやすいので助かりますよね。このステンレスにモリブデンやパナジウムなどを添加し、硬度・耐摩耗性・耐久性・耐腐食性などを向上させているものもあります。一般的に価格に比例して、これらの特性が優れていたり、バランスが良かったりします。

ステンレス以外には、セラミック製のものもあります。セラミック製は、ステンレスに比べ圧倒的に軽く女性でも扱いやすいでしょう。また、金属ではないので錆びることがなく、頻繁に研がなくても元の切れ味が長持ちします。メンテナンスなどを考えるとセラミックが便利でしょう。

セラミックの欠点は、非常に硬い物を切ろうとした際に割れたり欠けたりすることですが、パン切り包丁でかぼちゃほどの硬さのパンを切るということはほとんどないでしょうから、セラミック製のパン切り包丁も候補に入れていいでしょう。

柄の材質にもこだわって選ぶ

パン切り包丁の柄には木でできたものや、プラスチックでできたものがあります。木でできたタイプだと、水などが入り込んで腐食し、柄が抜けてしまう場合があります。プラスチックタイプでも、刃と柄が分かれていると、接合部分に汚れが溜まってしまうことがあります。

汚れの落としやすさやお手入れのしやすさを考えると、刃と柄が一体になっているものが良いでしょう。中には食洗機で洗えるものもあります。

パンに合わせて選ぶ

パン切り包丁の刃には、主に「波刃」と「のこぎり刃」の2種類があります。フランスパンのようなハード系のパンには粗い「波刃」、食パンなどの柔らかいパンには刃が細かい「のこぎり刃」が向いています。もし、どちらかに食べるパンが集中している場合には、そういった点も考慮して選ぶと良いでしょう。

どちらで切るにしてもパンを削ぐように切るため、パンの表面はでこぼこと粗くなりやすいですが、空気を多く含むことで食感は柔らかくなります。中にはパンに刃を入れる時だけ「波刃」を使い、あとは平らな「平刃」で切る事ができるものもあります。こちらは、パンの断面がでこぼこしないので、見た目が非常に綺麗です。

パン切り包丁のおすすめ人気ランキング10選

それでは、パン切り包丁のおすすめ人気ランキングをご紹介します。

包丁は頻繁に買い換えるものではなく長く使っていくものですので、ぜひ選び方のポイントも参考にしながらじっくり選んでみてくださいね。

10位:佐藤金属興業 SALUS キュイジーヌ ブレッドナイフ

SALUS キュイジーヌ ブレッドナイフ
380円(税込)

・全長:285mm
・刃渡り:-
・重量:35g
・板厚:-
・材質:刃/ステンレス、柄/天然木
・刃型:波刃
・生産国:日本

非常にリーズナブルな価格が魅力

パン切り包丁は、その刃の特徴から研いで使うことができないため、パンを切るためだけに高価な包丁を買うのはちょっと……という方もいるのではないでしょうか。こちらの包丁は、そんな方に特におすすめのリーズナブルなパン切り包丁です。

「硬いパンも柔らかいパンもよく食べるし、ほとんど毎日パンを切る」という方には物足りないかもしれませんが、小さいサイズで軽く扱いやすいため、ちょっとしたときにテーブルの上などでパンを切りたいときに重宝します。

9位:京セラ セラミックナイフ パン切り&スライスナイフ FKR-180P-N

京セラ セラミックナイフ パン切り&スライスナイフ FKR-180P-N
3,872円(税込)

・全長:310mm
・刃渡り:180mm
・重量:83g
・板厚:-
・材質:刃/ファインセラミックス、柄/ポリプロピレン
・刃型:のこぎり刃
・生産国:刃/日本、柄/中国

切れ味抜群で錆びないセラミック製

パン切り包丁では珍しいセラミック製です。セラミックは金属ではないため錆びず、熱にも強いため、食洗機の使用もでき、お手入れが簡単です。

小さなギザギザ加工が施された「マイクロギザ刃」で、柔らかくて切りづらいサンドイッチやケーキなどを素早く綺麗に切ることができます。製品自体が軽い上、持ち手が握りやすい形状になっていて使いやすいですが、刃が非常に硬い分、ぶつけたり落としたりすると、刃が折れたり欠けたりしやすいため、取り扱いには要注意です。

8位:佐藤商事 柳宗理 ブレッドナイフ 21cm

柳 宗理 ブレッドナイフ 21cm
4,980円(税込)

・全長:320mm
・刃渡り:210mm
・重量:86g
・板厚:-
・材質:刃/モリブデン・バナジウム鋼、柄/18-8ステンレス
・刃型:波刃
・生産国:日本

シンプルなデザインが美しい

プロダクトデザイナー、柳宗理デザインのパン切り包丁です。シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴で、持ち手と刃の部分が一体型になっているため洗いやすく衛生面も安心です。刃には、強度などを高めるモリブデンや耐摩耗性などを高めるパナジウムが加えられており、通常のステンレスに比べ質が高められています。

硬いフランスパンも、具を重ねたサンドイッチも綺麗に切れます。そんな鋭い切れ味を持つこちらのナイフですが、波刃になっているので、他の多くのパン切り包丁と同様、研ぎ直しは不可能です。大切にお手入れしながら使っていきたいですね。

7位:吉田金属工業 グローバル パン切り 刃渡り 22cm G-9

グローバル パン切り 刃渡り 22cm G-9
8,450円(税込)

・全長:350mm
・刃渡り:220mm
・重量:155g
・板厚:-
・材質:刃/モリブデン鋼、柄/18-8ステンレス
・刃型:波刃
・生産国:日本

硬いフランスパンでも楽々

焼きたての柔らかいパンから硬いフランスパンまで潰さずに切ることができます。切った断面も綺麗で、でこぼこ状にならないため、バターなどもすっと塗ることができるでしょう。切れ味やデザインもさることながら、その品質に対する評判も高く、安心して使用できる一品となっています。持ち手のドットも滑り止めとして機能してくれそうですね。

ずっしりと手に来る重さがあるので、切る際にブレづらいという利点がある一方、長時間持っていると疲れを感じる方もいるかもしれません。また、食洗機・食器乾燥機等は使用不可です。価格はパン切り包丁の中では決して安くないお値段となっていますが、刀身から柄までのオールステンレス化を世界で初めて実現させたグローバルブランドの切れ味を一度試してみてはいかがでしょうか。

6位:貝印 関孫六 わかたけ パン切り包丁 210mm AB-5425

貝印 関孫六 わかたけ パン切り包丁 210mm AB-5425
1,600円(税込)

・全長:338mm
・刃渡り:210mm
・重量:82g
・板厚:-
・材質:刃/ステンレス刃物鋼、柄/ポリプロピレン
・刃型:波刃
・生産国:日本

軽い力でスパっと綺麗に

国内の包丁市場でトップシェアを誇る貝印が送るブランド「関孫六」の一つである「わかたけ」シリーズのパン切り包丁です。「関孫六」の中では下位ランクの非常にリーズナブルな商品ですが、刃にはサビに強いハイカーボンステンレス刃物鋼、持ち手には耐熱性・耐久性に優れた樹脂が使用されており、食器洗浄機や食器乾燥器対応にも対応しているため、お手入れが大変しやすくなっています。

包丁の側面にパンが貼りつくことで切れ味が落ちてしまうことのないよう、「特殊スキ加工」が施されており、パンとナイフの間に空間を作って、軽い力でもスパっと綺麗に切れるようになっています。「高価なものはできれば避けたいけど、しっかりと切れるものが欲しい」という方におすすめです。

5位:ツヴィリングJ.A.ヘンケルス Henckels HI Style パンナイフ 16716-401

Henckels HI Style パンナイフ 16716-401
2,336円(税込)

・全長:-
・刃渡り:200mm
・重量:103g
・板厚:-
・材質:刃/特殊ステンレス鋼、柄/ポリプロピレン+ABS樹脂
・刃型:波刃
・生産国:日本

ドイツの老舗刃物メーカー・ブランド

美しいフォルムが特徴のこちらは、1731年に設立されたドイツの刃物メーカー「ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス」が展開している「ヘンケルス」ブランドのパン切り包丁です。高品質ステンレスを用いることにより、切れ味はもとより、耐久性・耐蝕性・持続性に優れています。

刃はゆるやかな凹刃で、少し冷めた状態のパンであれば、硬いものも柔らかいものもパンくずをあまり気にすることなく綺麗に切れるでしょう。持ち手は無理なく効率的に包丁を扱えるよう、人間工学に基づいてデザインされているという徹底ぶり。ただ刃の長さが20cmとやや短めで、食パンなどを切る際にはもう少し長さが欲しくなるかもしれませんね。

4位:グローバル ベーグル サンドイッチナイフ 16cm GS-61

グローバル ベーグル サンドイッチナイフ 16cm GS-61
6,480円(税込)

・全長:280mm
・刃渡り:160mm
・重量:110g
・板厚:-
・材質:刃/モリブデン・バナジウム、柄/18-8ステンレス
・刃型:波刃
・生産国:日本

小さめのパンのカットに最適

持ち手のドットが目を引き、見た目も美しいオールステンレスの商品。長さは短めの16cmで、サンドイッチやベーグルなどの小さめのパンを食卓で切りながら食べたいという方におすすめできるパン切り包丁です。

刃はやや緩やかで、硬いパンも切ることはできるものの、どちらかと言うと柔らかいパン向きです。サビに強く、刃と柄の間には繋ぎ目がないため、雑菌がつきにくく衛生的に使っていけるでしょう。ただ、サビ対策として食洗機・食器乾燥機等は使用不可となっているので、手で洗うことが必須です。

3位:貝印 パン切りナイフ&ガイドセット AC-0059

貝印 パン切りナイフ&ガイドセット AC-0059
1,409円(税込)

・全長:328mm(ナイフ)
・刃渡り:210mm
・重量:パン切りナイフ/約62g、ガイドセット/約155g
・板厚:1.5mm
・材質:刃/モリブデンバナジフムステンレス刃物鋼、柄/ポリプロピレン(耐熱温度110度)
・刃型:波刃
・生産国:日本

お好みに合わせて選べる、5段階の厚さ

食パンを均等に綺麗に切ることは難しいですよね。そんなときに重宝するのが、パン切り包丁とパン切りガイドがセットになったこちら。なんとその厚さはサンドイッチ用から5枚切りまでの5段階から選べるという優れもの。熱々の食パンも綺麗に切れるため、ホームベーカリーでパンを焼く方におすすめです。

パン切りガイドにはすべり止めがついていて安全に使用できるようになっています。使用後には折りたたんで収納することができますので、場所を取らないところも嬉しいですね。

2位:下村工業 パンスライサー 225mm ヴェルダン OVD-17

下村工業 パンスライサー 225mm ヴェルダン OVD-17
1,152円(税込)

・全長:351mm
・刃渡り:225mm
・重量:110g
・板厚:1.8mm
・材質:刃体/モリブデン鋼、柄/18-8ステンレス
・刃型:波刃
・生産国:中国

オールステンレスで食洗機にも対応

スタイリッシュなデザインが目を引くこちらのパン切り包丁は、刃と柄が一体型のオールステンレス。丈夫で洗いやすく、食洗機にも対応しているのでお手入れが簡単です。ステンレスといっても全く錆びないわけではなく、錆びにくくなっているだけですので水気はきちんと拭き取って収納しておきましょう。

刃が凹刃で少し粗い形状になっているので、切った断面はやや粗く見えるかもしれませんが、その分口当たりは良くなるでしょう。熱々のパンよりも、少し冷ました後のパンに向いています。

1位:貝印 パン切り包丁 230mm ブレッディ 焼きたて AC-0054

貝印 パン切り包丁 230mm ブレッディ 焼きたて AC-0054
936円(税込)

・全長:390mm
・刃渡り:230mm
・重量:100g
・板厚:1.5mm
・材質:刃体/ハイカーボンステンレス刃物鋼、柄/天然木
・刃型:波刃
・生産国:日本

大手刃物メーカーのさすがの切れ味に脱帽!

家庭用包丁で国内トップシェアを誇る刃物メーカー「貝印」から販売されているパン切り包丁は、刃渡りは約23.5cmと、食パンなども切りやすい長さになっています。刃は丸みがある凸刃になっているため、パンくずはほとんど出ず切った断面も綺麗です。板の厚みも薄く、常温のパンはもちろん、熱々の焼きたてパンも綺麗に切れるので特にホームベーカリー派におすすめできる商品です。

薄くも厚くもお好みに合わせ自由自在にスパっとカットできるのに、価格は信じられないほどリーズナブル。Amazonの「パン切り包丁」カテゴリでもベストセラー1位を獲得しただけのことはありますよ。コスパ抜群のパン切り包丁をぜひこの機会にご自宅で試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、おすすめのパン切り包丁をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

満足できるパン切り包丁を手に入れて、綺麗にカットされたパンのおいしさをぜひご自宅で味わってみてくださいね。