最終更新日:2017年01月30日 | 449views

中古ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング10選

  • F6c710edd2c2bd4e3f7d1ea3c639e4f74d74ccb1
  • E57b27ba7546dc0f50eaf8258b63a54b3324880a
  • B0cb8a8bb687dcb2e699aaddbfda7b8425f667af
  • F4e5e5cc187a48f8d7859b15b5dbb8fd2f649998
  • 01d9785425497b21d397c3ac43720353e17ea108

新車市場だと以前に比べて日本での人気は下がり気味と言われますが、中古車市場では隠れた人気車種になっているのがステーションワゴンです。ミニバンとセダンの快適性と便利性のどちらも取り入れた良いとこどりの車で、検討価値が大いにある車種です。

中古車と言えど、車を買うのは大きな決断ですので何を基準に選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は中古ステーションワゴンの選び方と、マツダ・トヨタ・ホンダ・ボルボなど人気メーカーのおすすめ車種10選をランキング形式でご紹介します!

中古ステーションワゴンの選び方

ステーションワゴンの良さは、なんといっても荷室の広さと居住空間の広さです。乗車している際の快適性はもちろん、荷物をたくさん詰められる利便性もあります。更にしっかりしたエンジンを載せているので、走行性も抜群のものが多いです。

たくさんの魅力があるステーションワゴンですが、購入の際はどんなポイントで選んだらいいのか、さっそく見ていきましょう!

大きさを見る

コンパクトカーよりも全長が長いステーションワゴンですが、その中でも更に大きさに違いがあります。

ステーションワゴンの高さは1550mmに収まる物がほとんどですから、ここではエンジンや全体のサイズから大きさを3つに分類しています。

どんな人にどんな大きさが最適なのか、見てみましょう。

街乗りが多く、小回りを重視する人はコンパクトサイズのものを

自宅近くの街乗りを中心として使用する人におすすめなのが、コンパクトサイズのステーションワゴンです。

ステーションワゴンは全長が長いイメージがありますが、最近ではコンパクトカーに近いサイズ感のものも多く小回りが効くのがポイントです。

中にはハイブリッドのものもあり、エンジン音も静かで住宅街でも使いやすくなっています。ガソリン代も減って家計にも優しいですよね。

走行性を重視し、スポーティーに乗りたい人はミドルサイズのものを

ステーションワゴンは低重心のため、走行性に優れたデザインなのが特徴です。

ミドルサイズのものは、そこに更に2000cc前後のエンジンを搭載することで、より快適で力強い走りをすることができます。ボディも丈夫にできているので、激しい走りでも安定した走行感を味わえます。ドライブが趣味の人におすすめです。

長距離運転に安定性と利便性を求める人はLサイズのものを

長距離での移動が多い人におすすめなのが、Lサイズのステーションワゴンです。Lサイズの物は全長が5000mmを超える物が多く、荷物も心置きなく十分に積むことができます。

エンジンも大きいので、長距離を運転していてもドライビングへのストレスを軽減させることができます。中には、エンジンは大きく駆動力は抜群なものの、軽油車なので長距離運転しても燃料費が安く抑えられる、といったものもあります。

仕事で車を使う人や、キャンプなどのレジャーに行くことが多い人におすすめです。

ルーフの傷は要チェック

中古のステーションワゴンで特に注意したいのがルーフに傷がないかです。

荷物を積むことが主な目的なステーションワゴンは、ルーフキャリアと併用で使われていた場合もあります。そうすると、キャリアとの接触部が傷になっていたり、荷物の上げ下げの際にできた傷があったりします。

他の中古車にも言える注意点ですが、ステーションワゴンの場合は特に多いので注意しましょう。

おすすめの中古ステーションワゴン10選

ここからは、実際に人気のあるおすすめの中古ステーションワゴンをランキング形式で10個ご紹介します。中古車は1台1台違いがあるので一概には言えませんが、基本的な特徴は同じなので参考にしてみてください。

10位:マツダ アテンザワゴン

・サイズ:Lサイズ

長距離移動を快適にする駆動力

ボディも迫力のある大き目サイズですが、なんといっても駆動力が抜群のステーションワゴンです。4000CCのガソリンエンジンに匹敵する駆動力で、長距離の運転の際も安定した、疲れを感じにくい走行が可能です。使用燃料は軽油なので、燃料費はグッと抑えることができます。

ただ全長が4805mmほどあり、小回りは利きにくいです。仕事やレジャーで、荷物を載せての長距離移動が多い人におすすめです。

9位:マツダ アクセラスポーツ

・サイズ:コンパクト

スタイリッシュかつパワーのある走りが可能

「スポーツ」の名前からも分かる通り、走りに特化したステーションワゴンです。ディーゼル車で、どの領域からでもスムーズに加速します。峠道もぐいぐい攻めていくことができるので、走りを楽しみたい人におすすめです。

荷室は364Lの広さで、荷物が多い人には物足りなさがあるかもしれません。荷室が狭い分、コンパクトな全長なので小回りが利きやすいのはメリットです。

8位:スバル レヴォーグ

出典:www.subaru.jp

・サイズ:ミドル

力強くスポーティーな走りが魅力

出典:www.subaru.jp

4WD(4輪駆動)で安定して力強い走りができるステーションワゴンです。

加速にも強く、雪など悪天候の際にも安定した走りをすることができます。ボディの強さに加え、ステーションワゴンならではの低重心のフォルムで、流れるようなスポーティーな走りが可能です。

新しいモデルなら、4WDながら低燃費なものもあるので要チェックです。ドライブによく使う人におすすめです。

7位:ボルボ V60

・サイズ:ミドル

洗練されたデザインと力強い走りが特徴

スウェーデン産の外車として有名なボルボ。その中でも人気のV60は、北欧ならではの洗練されたスタイリッシュな見た目が特徴です。後方の見た目がクーペのようなコロンとしたデザインで、独創的ですよね。

エンジンも、どのグレードでも基本的に1500CC以上を搭載していて走行性抜群です。北欧性ならではのボディの丈夫さもあり、アウトドアが好きな人にもおすすめです。

6位:マツダ アテンザスポーツワゴン

MAZDA ATENZA SPORTSWAGON

・サイズ:ミドル

ワゴンの良さと、スポーティーな走りを両立したステーションワゴン

ステーションワゴンとしての良さを凝縮したマツダのアテンザ スポーツワゴン。153馬力を発揮するエンジンを搭載し、滑らかで力強い走りを可能にしています。ステーションワゴンならではの低重心の視線と相まって、スポーツカーに乗っているような感覚を味わえます。

後部座席に乗る人も圧迫感を感じない広い居住空間があり、ワゴンとしての便利性も備えています。走りを楽しみながら、室内の快適性を求める人におすすめです。

5位:トヨタ カローラフィールダー

出典:toyota.jp

TOYOTA COROLLA FIELDER

・サイズ:ミドル

たくさんの荷物を効率よく積める広々荷室が魅力

出典:toyota.jp

スタンダードでどんな年代の人でも乗りやすいカローラフィールダー。新しいモデルだと、よりスタイリッシュな見た目になっています。

新しいモデルの物なら、通常時には407L、後席を倒した際には872Lの荷物を載せることができる広々とした荷室が魅力です。シンプルなデザインなのでデッドスペースも少なく、効率的に積み荷を載せることができます。

デッキの下に収納スペースがあったり、荷物をかけるフックがついていたりと、荷物が多い人には嬉しい作りになっています。ファミリーや、お仕事で日頃から積み荷が多い人におすすめです。

4位:スバル インプレッサスポーツワゴン

SUBARU IMPREZA SPORTSWAGON

・サイズ:ミドル

スポーツカーのような加速性能と走行性を持つステーションワゴン

実際に乗ってみた人の多くが高く評価するのが、その走行性の高さです。馬力があり、走り出したときや加速時にストレスなくスピードが上がります。中古で購入しても、スポーツカーにも負けない加速性があるので、コスパが良いと感じる人もいるようです。

また荷室の広さもあり、乗っている際の快適性も問題ありません。走りを楽しみたい人におすすめのステーションワゴンです。

3位:ホンダ フィットシャトル

・サイズ:コンパクト

今が買い時のコンパクトステーションワゴン

2015年3月で発売が終了したフィットシャトル。中古車市場に多く出回ってくるので、これから手に入れやすくなる車種の一つです。

コンパクトカーとしても人気のフィットの全長を長くして、居住空間を広げています。座席・荷室がより広くなり、フィットの良さをそのままに、利便性をUPさせています。

ステーションワゴンとしてはコンパクトな部類に入り、小回りの利くフィットと同じ感覚で運転することができます。燃費も良く、フィットとさほど変わらないものがほとんどです。街乗りで普段使いしたい人や、主婦の人におすすめです。

2位:スバル レガシィツーリングワゴン

SUBARU LEGACY TOURINGWAGON

・サイズ:ミドル

中古の国産ステーションワゴンの代表格!

出典:autoc-one.jp

スバルのステーションワゴンの軸ともなっていたレガシィ ツーリングワゴン。ステーションワゴン選びに悩んだらとりあえず選んでみて失敗はない、スタンダードなデザインです。また遠出でも疲れない、安定感のある走りも人気の理由です。

中古車市場にも多く出回っているので、比較的手に入れやすい価格になっているのもおすすめポイントですね。

またスバルならではの馬力のあるエンジンで走行性が抜群に良く、走りを楽しめるミドルサイズです。ステーションワゴンデビューの人にもおすすめできる安心感のある中古車です。

室内は広々だけど、小回りが利くのも魅力

出典:www.subaru.jp

室内はワイド感があり、5人乗っても圧迫感を感じることのない広々とした空間になっています。荷室ももちろん広く、日常使いの荷物はもちろん、ゴルフ用品なども寝かせて余裕で収納することができます。

室内の快適さは十分にありつつ、運転の際の小回りがきくのもレガシィツーリングワゴンの特徴です。街乗りや駐車の際にも取り回しがしやすいので、女性でも扱いやすい車です。

日常使いでもレジャーでも使いたいファミリーの方におすすめです。

1位:MINI クラブマン

出典:www.mini.jp

・サイズ:コンパクト

おしゃれでキュートな見た目が魅力!

出典:www.mini.jp

MINIならではのデザイン性はそのままに、居住空間の快適さを大幅にUPさせたクラブマン。ステーションワゴンとは思えないキュートな見た目が魅力です。中は広々とした5人シートになっています。

全長は4270mmで、ほどよいコンパクトな部類に入りますね。エンジンも1400CC前後なので街乗りで使いたい人におすすめです。毎日の運転をちょっとハッピーにしてくれるステーションワゴンですね!

利便性を追求したスプリットドア

出典:www.mini.jp

クラブマンのもう一つの特徴は、後方のスプリットドアです。スプリットドアとは、観音開きになる2ドアのことです。一般的に荷室のドアは1ドアが基本ですよね。でもそうすると後方が狭い時にドアが開けづらかったり、小さな荷物を載せるためにちょっと開きたい、という時に不便です。

このスプリットドアなら、ちょこっと開けはもちろん、狭い場所でもドアを全開にして荷物の出し入れができます!

リモートキーでの自動操作も可能なので、荷物で手がふさがっていても問題ありません。荷室の出し入れをスムーズにしたい人におすすめのステーションワゴンです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?走りの楽しさも居住性の良さも兼ね備えたステーションワゴンは、車好きの人にこそ、ぜひ一度試してみていただきたいです。

旧モデルの中古車だとお手頃な価格になっているので、比較検討しながら自分にぴったり合う車を探してくださいね!

この記事に関連するキーワード